「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2010年 07月 29日
2010沖縄② 天然酵母パン「宗像堂」さん 「海人食堂」さん ゲストハウス「結家」さん
2010年7月22日、仕事に追われ1時間の睡眠しかとれず、ふらふらだが無事9:30那覇空港へ到着!
とりあえず、ばんざ~~~いと言いたいところだが、なんと滋賀よりはるかに涼しい・・・・・・・
後で聞いた話だが、海に囲まれた沖縄では32度以上にはなかなかならないらしい。
案外、すごしやすいものらしい。
d0108737_0444074.jpg


**************************************************


格安レンタカー(何でも格安)で、いの一番でやってきたのが宜野湾市(那覇から30分)にある天然酵母石窯ぱん宗像堂さん
d0108737_0444931.jpg

沖縄にしては、しっかりしたお値段である。
今でこそ、売れに売れているようだが、受け入れられるまで苦労があったと思う。
ここで、4000円分近く購入したのが後でものすご~~~役に立った!
沖縄の奥地に行くには、旨いパンとムヒは絶対重要アイテム!!
d0108737_0445883.jpg

ここで食べてもいいし、カフェスペースでもある。
d0108737_045858.jpg

石窯は3基、スタッフも5~6人で6日間開店。
自家製天然酵母でこの体制は珍しい!本当に旨いのかと疑問に思ったが、ごめんなさいめっちゃくちゃ、旨いです。
「結構、癖強いですが天然酵母経験者ですか?」と奥さんが聞かれておられたのが印象的。
ご主人は琉球大学で微生物の研究をされておられたとかで、素晴らしい酵母をお持ちのようだ!宗像堂のパンですよ~~と名刺代わりになるほど天然酵母好きにはたまらん旨さに焼きあがっている。
d0108737_0451780.jpg

**********************************************


宗像さん家のパンをかじりつつ昼食場所に到着。
漁港運営の海人食堂である。
見慣れん魚が無造作に置かれた奥で出荷用の魚をさばいておられる。
ここ、まずもってシステムがややこしく、ここで注文、支払を済ませてから、表の漁港沿いのお店で待つのだ。
のおお~~ブラボ~~~~~~~~天ぷらも1個50円で注文できる!
沖縄の天ぷらってフリッターみたいで旨いやわぁ~~~早速出会えた、ウッシッシ~

d0108737_045305.jpg

雰囲気いいね~~~
なんちゅっても、地元のおば~~が食べていることで期待が膨らむ。
食い物にシビアなダイバーが多いのも高得点!
d0108737_0454448.jpg

紙袋に包まれて、まず揚げたての天ぷらが、のぞき窓のような90cm四方の窓から渡されやってきた。
「なんや、この天ぷらゎ・・・・・・・ぼってりした不細工な姿やな~~」という反応。
もずく、タコ足、かき揚げ。
けったいな姿の天ぷらだが食べたら旨い旨いと4人で奮闘戦の勃発!
d0108737_0524444.jpg

写真は奇麗だが、沖縄でボタンエビやイクラ、〆サバってのは、どうよ~~~
まあ、これは注文者のセンスの悪さやな!お店が悪いんじゃない。
d0108737_0525455.jpg

味噌汁にはグルクンが一匹入っていてビックリしたが・・・・・・・・・・
味は普通。
d0108737_053574.jpg

**************************************************


昼食、大ブーイングの中「結家」さん到着。
おおお~~思っていたよりきれいでいい感じ、と思ったのは私と嫁。
息子達はというと、プールがあって、オーシャンビューのバルコニーがあって、ヤシの木生えてて、奇麗なおねんさんが受付にいて・・・・・・・・という夢破れ撃沈・・・・・ハハハァ~~そんなん我が家であるわけ無いわァ~
実は、家に5~6冊置いてあった沖縄ツアーのパンフの豪華写真を見て勝手に妄想していたようだ、勝手に!
そのパンフは参考に見てた、だけやちゅうねん!

でも、最後には「ここ最高!帰りたくない」となったのは言うまでもない。
d0108737_0544343.jpg



**************************************************

沖縄の魅力は、個性あふれる人が集まる聖地であること。
ここで、ちょいっと気になった方を紹介。
右側の方が通称「ゆいねえ」と呼ばれている結家の女将、。
彼女の号令でヘルパーと、なぜかゲストも一糸乱れず行動をする、「ハイ、片付けるね~~」って感じで!
大阪芸大卒業後、なぜか木下大サーカスにもぐりこみ全国行脚。
5年前に思い立って沖縄へ、その1か月後にはこの宿を経営していたというツワモノ!
こんな生き方もあるのか~~と思える横綱級人間である。

右の方が物腰柔らかい旦那さんと、海音クン。
旦那さんは、島ぞうりアートの会長でもあり手相見さんでもある。
さて、その実態は・・・・・・・・・・・・・不明。
とにかく温かい方だと思う。

海音クンがいるというこって、ゲスト家族連にとって重要なこと。
宿を選ぶポイントなんだな~~~子供に理解があるのかな~~と勝手に思ってしまうのだ。

宿のロケーションもすごいが、この家族あっての結家であると言い切れる。
d0108737_055183.jpgd0108737_05512100.jpg


[PR]

by guwaguwa58 | 2010-07-29 00:05 | 沖縄
2010年 07月 26日
2010沖縄① ゲストハウスなるものに挑戦!「結家」さん
本日、帰ってきました沖縄から!
案外すごしやすくって、ある意味避暑みたいでもあった。

久しぶり沖縄であったのだ。
今回困ったのが宿、なじみの阿嘉島のウエストコーストが子供不可になり、宿を探す作業に難航。
結構こだわりがあってね、絶景であり且つゲストが楽しく仲良くでき、そしてローカル色の強いという3条件をクリアすることである。
(こちら、結家の裏の海、プライベートビーチ状態じゃ~~)
d0108737_22362278.jpg

その条件でスクリーニングし残ったのが、この絶景海岸の崖っぷちに建つ、というかしがみ付いている「結家」という安宿ゲストハウス。値段は一泊2,300円(個室)で飯なし!ゲゲゲ~~~安すぎて、大丈夫なのか・・・・・・・・・・・汗汗汗

この年齢、そして家族づれで本当に楽しめるのか、不安はいっぱいあるが、まあ行きゃあ分かるってもんですな~~
d0108737_22363591.jpg

嫁も私も若かりしバブル時代は海外も含め、リゾートホテルばかり渡り歩いていたものである。
ある日、たまたま沖縄の離島の掘っ立て小屋みたいなダイビング宿に泊まるはめになったのが切っ掛けで旅や宿に関する考え方が180度変わってしまったのだ。
飯場のプレハブ小屋に質素な2段ベットと小さな庭だけの、どないも仕様がない宿。大半を島ぞうりと短パン姿で外庭で過ごすスタイルのその宿はいやでもゲストの絆ができてしまう。目の前には、けがれ無き海が広がり満点の星空を一緒に眺めていると、見知らぬ人といつしか長年の友人のようになってしまうから面白い。島のはおじいは夜になると、やることもなく暇なのだろうその宿に遊びに来ては三味を奏でて島唄を聞かせてくれる・・・・・・・・知らず知らず、どっぷり沖縄につかりきるのであった。
これ、結構楽しいかも、いやこれはめっちゃ楽しい!と感じた、20年前の話。

よくよく考えると、高級リゾートホテルに泊まってはいたものの、楽しい記憶としてはほとんど無く、あるのはダイビング宿や無人島のバラックのような宿、等々安宿だけ。

(今回泊まった結家の玄関と前庭)
d0108737_22375455.jpg

何より子供ができて負担人数も多くなった現在、安宿で楽しいなら経済的にもありがたいこと、この上なし!!

今回結論から言うと、めっちゃくちゃ、めっちゃくちゃ楽しかったのだ!人生旅シリーズ3本の指に入るほど。
「子連れであっても、そんな変わった沖縄の旅もあるんや~~」とちょびっとでも参考にしていただければと長編でお送りします。

(梯子で、恐々登った、結家の屋上)
d0108737_22383985.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2010-07-26 23:21 | その他
2010年 07月 22日
久しぶりにラーメンの投稿 北海道の味「えぞ」さん
夏バテって、どんなのか経験してみたい私です!
風邪をひいても、下痢しても、夏のあっつい日でも食欲が減退したためしなし。
あっついこの時にラーメンなんて全く問題なし!

初めて訪れた「えぞ」さん、名前から想像される通り北海道もののお店である。
その品はラーメン、それ一本勝負で38年である。

(7月27日まで遊びに行ってきま~~す!更新ありませんぜ~~~)
d0108737_1412398.jpg

写真では表現できていないが、ええ感じで年季が入っている。
「おとうさん、ノンアルコールビール2本な~~~」とお母さんが階段の下からお客さんの注文を指示、笑
2階の居間から、トントンと2本片手に降りてくる、そんな小さなことが様になったお店。
d0108737_1413441.jpg

門外不出の味を北海道の有名店から受け継ぎ、競馬好きなので栗東トレセン近くのここへお店を構えたのが38年前とのこと。
賭けごと好きで、よくぞ暖簾をまもりぬいたものだと感心。
d0108737_1414498.jpg

最近のラーメンは麺が脇役になっているような気がして、旨いんだがちょっと違うと思っている私。
時代とは逆行なのかもしれないが、ちゃんと麺が威張って主役をはってますな、これは!!

なかなか一見では入りにくいかもしれないが、原点的な味わいのこのラーメン、一度どうですか?
d0108737_1415343.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2010-07-22 01:42 | ラーメン
2010年 07月 18日
梅雨あけましたな~~~自家製炭火ローストビーフに夢中。
あっついですな~~~
なのに、さらに暑いことをしている完全M男状態の私。

夏休み講習前の塾の掃除をしていたのだが、冷蔵庫のあふれんばかりの肉肉コレクション。
「口蹄疫大流行で牛肉食べられへんようになるぞ~~」とかの理由で満杯の状態。
いやいや、打ち上げやなんちゃらいって常に満杯なんですがね~~
流行もなさそうなので一気に処分!ということでローストビーフ!
どうせやるなら炭火で本格的にやりますぜ~~~って、こんなに暑いのにである!
d0108737_212440.jpg

たっぷり目の塩とコショウ、そしてガーリックパウダーをふりかけタコ糸で縛って準備完了。
困るのが手が脂でべとべとになること、電話かかってきたらこれまた大変!受話器が脂でギトギトでっせ~

さて、この肉の塊をどこから手に入れるかやけどネットです!
だいたい、200円~300円/100gと結構安い、そして個体識別番号から追跡調査もできたりする。
どこを、どう探すか奥が深いですが探してみてくださいな~~
d0108737_2122352.jpg

ローストビーフを難しく考える必要はない、単純に焼くだけなのだ!
注意点は下記のとおり
1、火力が強くなりすぎないよう炭火が落ち着いてから焼きだす。
2、焼いたら、炭から下し少し休ませ、焦ることなくじっくり焼き上げる。
3、そして焼きすぎず、生過ぎずである。最後のは鉄串でちゃんと確認してくださいな~~
4、冷めるまで切るべからず!温かいと肉汁が流れ出し、悲しくって涙目になっちゃいますよ~~うるるん。
d0108737_2123936.jpg

この焼き加減がええ!
今回は、炭の中に燻製用のチップをしのばせてあり、広葉樹の香りもしみこませるのだ!裏ワザやで~~
上をアルミホイルで覆うと香りが付きやすい。
d0108737_212567.jpg

これはちょっと焼きすぎ・・・・・・・
真也(次男)曰く「普通の焼肉みたいや・・・・・・・・・・」
そう、焼きすぎは単なる焼肉ちゅうこと、要注意、笑。
d0108737_213644.jpg

嫁さんは次男のサッカー随行で私が晩飯当番、ということでご覧のとおりである、ハハハァ~
手前がイチボ(Tボーン)、ちょっと脂多すぎかもだが旨い!
この歳になると奥の赤身のラムの方が旨く感じる。

どちらにしても、是非この夏には自家製ローストビーフ挑戦してほしい。
本当に香りが、味わいがちがうんだって!
d0108737_2131430.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2010-07-18 21:52 | こだわり
2010年 07月 13日
選挙で、どっぷりの週末
何処へも遊びに行けなかった週末である。
この日曜日は朝の6:30から夜の9:00まで、ずう~~~~~~~~~~~~~~~~とこの箱とにらめっこ!立会人という仕事で投票所に詰めていたのだ。
何かをするわけでなく、ひたすら見ているだけ・・・・・・・・・・・・・・・・・まいった。
時間が、こんなに進まないのは人生初かもしれない!
d0108737_2348193.jpg

昼夜の弁当と、このお菓子がついてくるのだ。
「なんや、子供だましな~~」なんて最初は思ったが、これに結構救われた。
次何食べようかな~~って考えたり、ちっちゃなことだが気がまぎれる、笑

ということで、美味しい話はお休みですわぁ~~~~~
d0108737_23483540.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2010-07-13 00:00 | その他
2010年 07月 09日
最近はまっている丸亀製麺さん  (滋賀県野洲市)
梅雨の晴れ間って暑いね~~~~~駅前のポストまで200m歩いただけで行き倒れになりそうだった・・・
雲の上では、ちゃんと真夏の準備が整っている感じ!

これといって、面白いネタがないので最近やたらハマっている丸亀製麺(野洲店)さん載せときますわぁ~~
d0108737_23361374.jpg

四国のうどんや模した全国展開のお店って、どこも大したことないと思っていたが、なかなかやるやんけ~~丸亀製麺さん!
d0108737_23362437.jpg

四国のうどん行脚以降、この辺のうどんが食べられなかったのだ!
これならいけるぞ~~
うどん大+かき揚げ+ちくわ天+いなり=720円。
d0108737_2336345.jpg

我が家では絶対天ぷらは作ってもらえないだけに、ああああ~~サクサクかき揚げがたまらん旨さや!


かなり手抜き投稿でした・・・・・・
d0108737_23364338.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2010-07-09 00:00 | 和食
2010年 07月 04日
農と食のコーディネーター養成講座その②
うっとうしい天気が続く中、行ってきました農と食のコーディネーター養成講座②(6月27日)

まずは水源の里 甲津原交流センター
d0108737_18102382.jpg



到着して即、餅突き!笑
実は初体験だったんです、こんな田舎に住んでいながらね~~
d0108737_18105621.jpg
d0108737_1811766.jpg
d0108737_18111854.jpg


あんこが面白い!
大豆のあんこなんや~~何でも、満足の仕上がりまで1年かかった逸品、これが予想に反して旨ひ~~~~~~~~なんです。
d0108737_18122861.jpg

よっしきた~~~弁当!農産物を中心のやさしい味わい。
d0108737_18123738.jpg

水源の里、限界集落という単語はあまりによろしくないと、この言葉を使うようになったのですが、不便極まりない場所に存在し若い世代が少なく存続を脅かされていることは変わりがない。
滋賀の中にもこんなに心休まる村があるものだと思うのだが、それは一時の滞在であるから言える無責任な思いなのだろうな~~奥伊吹スキー場の隣の村と言えば結構多くの方が位置を理解できると思う。
d0108737_18124992.jpg


**********************************************
2つ目の学習場所。
大規模農家「有限会社もりかわ農場」さん
80ha以上の広大な土地に耕作されておられる。80haって800町?8000反?いったいどれくらいの大きさなのか計算できない・・・・・・・・・・
d0108737_1813749.jpg


**********************************************
最後はこの日の講座をコーディネートしていただいた松本茂夫さんの本拠地「農業法人 大戸洞舎(おおふらしゃ)」さんへ。自分たちの手で建てられたこの建物、ええ味出しているんですよ~~~
カフェにしてほしい空間!!
d0108737_2291059.jpg


雑穀と豆のぜんざい!アイスをのっけて冷たくいただく。
黒米なども入ってちゃんと赤黒くなっているのだが、小豆はほんの少し。

プチプッチとする食感が気持ちよく、本当に美味しくオリジナリティーあふれる品や!
d0108737_18141250.jpg

話に夢中になっていて、これ何だったのか覚えていない・・・・・・・・・・
d0108737_18143680.jpg

予約制で蕎麦のコースもされている。もちろん、自家栽培のそば粉を使用。
d0108737_18145270.jpg

私的に、一番引き付けられた場所であり松本さんであった。
実際には時間が少なく、詳細がつかめないまま後にした大戸洞舎さんであったが、とっぽ村なる若い方を育てる取り組みもあったりする。
間違いなく機会を作って、来なければいけないそんな場所である。
d0108737_1815377.jpg

課外での講座、個人では決して体験できないことに出会えることが何物にも代えがたいものである。
口にしない日などまずないほど身近で大切な農作物のこと、実は何も知っちゃあいないことに気がついた。
書きたいこと山盛りなんですが、きりがないし問題もありそうなのでやめときます、笑

まあ、りっぱなコーディネーターになれるよう精進していきますが、食べ専門の「くぅ~でぃね~た~」ではいかんかな~~~~~~ハハハァ ^^!)
d0108737_18151398.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2010-07-04 19:03
2010年 07月 01日
おまけ投稿、大中のスイカ! (滋賀県近江八幡市)
教科書にも載っている琵琶湖を干拓して造られた大中の湖。そこを縦断する街道沿いにはスイカを競って売っているお店が軒を連ねる。
誰もが「どのお店が旨いの???」と悩んでおられることだと思う。
いろいろ探ってみると、このレインボーマークのお店という意見がけっこう多い。
本当かはわからんよ~~
d0108737_0362388.jpg

ずっら~~~~と気持ちよく整列している行儀のいいスイカ隊。
大きい方が美味しいのがスイカの法則。
そやけど、冷蔵庫に入らんしな~~~
でっかいの、こうて帰ったら、怒りよるしな嫁が・・・・・・・・・・
と一人で呟いていると、かっぷくのいいお母さんがそれを聞いて「そうそう、かってにそんなことおとうちゃんにされたら、腹立つねんな~」と、ハハハハァ~~うりっ気のない言葉が気持ちいい!

そんなら、一番でっかい3000円のこうて帰ったるぞ~~~と豪快に言おうとしたが、少しだけ気が引けたのか2700円のと意に反して口が勝手に答えてしまってた・・・・・・・・ちっちぇ~
d0108737_0363484.jpg

スイカは白っぽいのが旨いのだ!
甘味とシャキッとした歯ごたえが命!
これは久しぶりに本当に旨いスイカだった!

でも、2,700円というと前回のビワマスと同じ値段。
それならビワマスを買うかな?いやスイカもすてがたい・・・・・・・・・・悩むところやな~
d0108737_0364981.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2010-07-01 01:02 | 特選素材