「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2011年 01月 29日
またもや寒ブリに挑戦!
全国寒ブリファンの皆さま~~~~~~~~~今が最高のチャンス!
近年まれに見る豊漁のうえに氷見ブリ偽装問題で安いのだ~~~もう買ってけ泥棒状態!
ということで9.5キロ(14,000円位)のこれは京都は伊根のもの。
一か八かここのヤフオクで買ったのだが、大当たり~~~~~~~!
高いように思うかもしれんが、100gあたり150円!歩留まりのこと考えても安いって!(牛肉と比較して)
d0108737_0444238.jpg

下の写真、手前のがオオトロ!

しかし、見事なメタボでしょ~~腹の中も脂だらけ!
このブリ、ご存知の通り出世魚でハマチくらいから日本海を北上、夏場から秋まで北海道沖で食っちゃ寝、食っちゃ寝してこんな状態になるんですな~~~人間的表現なら「ここは涼しいし、うにもイクラもタラバガもジンギスカンも食い放題じゃ~~」てな感じ。

秋も後半に入ると寒くなり「さむ~なってきたな!しゃ~~ない~卵も産まなあかんし、九州方面まで南下するか~~」
と言いながら、その地の産物をむさぼり食いながら移動しよるんや。

「新潟ちゅうたら煎餅やし、米も旨いな~ちょっとここで休憩していこか!」てな具合で11月後半ごろ佐渡島の定置網に入って最初の寒ブリとして出荷されてしまいよるんです。

それを逃れた奴が「富山といえばホタルイカじゃ~~~波も七尾湾で静かやし~」。
もう各地の産物をいやというほど食べながら旅したブリはそりゃもう見事なメタボになってるわけや、多分・・・・・・・まあ、こうなると完全なダメ人間やな~~って、おいおいそれ似てるやん私と、汗

「いやいや、はようセッ○スしたいし富山や石川で休憩せんと先行きますわぁ~~」といって京都の経ヶ岬沖で嵐にあい、湾内に入って休憩したエッチな奴が、可愛そうにこのブリちゅうことですわぁ~~~~~セッ○スしたかったやろうに~(魚はセッ○スしませんし、念のため・・・・)

ブリちゅうてもドラマがあるもんですな~~(どこが?)

このことで分かることは別に「氷見のブリでないといかん」てなことも無くメタボな奴は同じ味わいちゅうことですわぁ~~ただ氷見はメタボの率がそうとう高いという話です。
d0108737_044545.jpg

こんな、素人の盛り付けで恥ずかしいがのっける!

好みにもよるけど、背の身が好きかな!
マグロでいえば中トロみたいな感じ。
繊細で細かなさしと身自身の甘みが絶妙に絡み合って人間をダメにしてしまうほど美味。

刺身だと、獲れて3日目が一番旨いと思う。
ブリ大根やカマの塩焼きにするには逆に新鮮なほどいい!
d0108737_045970.jpg

天然のブリちゅうても、獲れ方、絞め方によって味わいが全然違うことを知った。
定置網や一本釣りはやっぱり旨い!
そして10キロ以上であることと日本海産。

この後、さらに安くなるけど2月後半以降は寄生虫が出てくるからやめた方がいい!
12月から1月の上旬までと本当に短い旬の魚なのである。

「こんなようけ、いらんわ~~~」とか、まあクリアせなあかん問題がた~~くさんあるが、根性でこうてみてくださいな~~~~絶対後悔しませんで~~~~~~多分・・・・・・

ブリを語らせたら長いこと!
それは、こやつを釣るのも必死やったから、私にとっては特別な魚なのだ。
d0108737_0452140.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2011-01-29 01:09 | こだわり
2011年 01月 25日
浦村牡蠣食べ放題「谷川水産」  (三重県鳥羽市)
本当は、3月の身がデカデカ肥満体の時期に行きたかったのだが、我慢できずに三重県は浦村の牡蠣退治にやってきた!
前々回の牡蠣退治、そして前回の牡蠣退治
「牡蠣退治なら僕も行く!」と塾だクラブだと忙しい息子2人も参戦だ!
d0108737_0225273.jpg

この豪快な焼き風景を見るとアドレナリンが沸きたってくる!
当然、皆朝から餌を与えずにやってきた。(かなりせこい・・・・・・・)
d0108737_0233423.jpg

そうそう、お店だが「谷川水産」というHPも無い浦村内最安値の店!
大人1,500円の子供750円。
建物は工事現場の飯場小屋より品祖であるが、まだ屋根と壁があるだけましなのだ。
d0108737_0234792.jpg

座るとすぐに「いっぱい食べてや~~~」と蒸し牡蠣、そして焼き牡蠣がてんこ盛り!
そんでもって、左手に軍手がここでの正装。(怪我しないように、そう教えてくださるのだ)

味噌汁と牡蠣おにぎりが一個付いているのだが、これが美味しくない・・・・・・・・
不思議と、結構気持ちがなえるものなんやな~~
d0108737_02428.jpg

牡蠣はめっちゃ旨い!!!
とにかく来て食べてくださいな~~味わいが濃いし、ぷりっぷりなんや!
これね!お店に売っとるやつ焼いても、ぜ~~~ったいこの味にはならんのやわ!
これ食べたら、お店のあのビニールの中でぷよぷよ水中遊泳しとるやつでは満足できんようになるんのが大きな問題。

そして、結構大きくなっとる!
3~5月はさらに大きく成長しとるらしい。
d0108737_0241644.jpg

何個か食って、理性を取り戻し、周囲を見ると面白いのだ。
それぞれ工夫をこらした調味料のオンパレード!
面白いのでは普通のトマトがあった。
それをのっけて食べてはるんやけど、相性いいの??
d0108737_0245594.jpg

我が家はオーソドックスにレモン!これは絶対必要。
d0108737_0252061.jpg

さてさて、次男がどうしても食べたいとうるさかった生牡蠣を10個ほど注文。
これは別メニュー、現金清算で1個100円。

これがね、塩辛いのや!何で????
d0108737_0254989.jpg

塩っ辛いから急遽、酢牡蛎に挑戦。ポン酢1に対して酢2で合わせた。
これでちゃぽちゃぽ洗ったが塩辛い!
どうやら内部まで塩が入っているようや、そんなのってありえるの???

満天★青空レストランで宮川大輔が「ううう旨~~~~~~~~~い!」って、うなって食べるのを見てどうしても食いたかったと言う次男だが一個で退散。
いやいや、決して不味くはないんやけど、レストランで出てくるのとは違うから不思議???
d0108737_026074.jpg

マンガのようなカニ、ハハハア~~
可愛そうに灼熱地獄の刑にあわされたのである、むごい・・・・・・・・・
d0108737_0262139.jpg

どんどん、込み合ってくるし、せわしなってきて、あまり退治していないのに退散。
牡蠣はものすごく旨いし、安いねんけど満足度がもうひとつかもしれない。
海が見えないのも原因かな・・・・・・・・・・・味噌汁と牡蠣ご飯も関係あるかも・・・・・・・・・・・

お店のために書いとくけど、いい人ばかりやし、いいお店であるのは間違いないとは思う!
けど何かが、我が家の波長と違うねんな・・・・・
牡蠣退治3回目で、飽きたかのかも。
リピートできない性格もあるのかもしれん。

というより、このお値段で波長がうんぬん、いってることがおこがましいちゅうねん。
d0108737_0263564.jpg

***********************************************
さて、谷川水産さんの隣はこちら。
大将に割引券もらって入ってみる。
d0108737_0264613.jpg

まあ、なんというか・・・・・・・・・・
ここも我が家とは波長が合わへんみたいや・・・・・・・・・
d0108737_0265528.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2011-01-25 00:27 | B級グルメ
2011年 01月 21日
「栃生梅竹」さんの鯖寿司  (滋賀県高島市)
前回のはせ川さんの帰りは、ここ「栃生梅竹」さん。
まずもって、なんて読むのか分からんよね~~(とちうめたけ)って読むんです。
鯖寿司屋さんですわぁ~~~
高島市朽木の鯖街道には多くの鯖寿司屋さんがひしめいているんです。
他はあまり食べたこと無いから、ここが一番とは言い切れないけどよく買ってます。
d0108737_06348.jpg

お客が注文してから、作らはるから酢飯がカチカチでないのがええ!

あああ~~うめ~~~~~~~~~!
d0108737_064820.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2011-01-21 00:06 | 寿司
2011年 01月 16日
「はせ川」さん (滋賀県高島市)
大寒波到来で朝は銀世界と思いきや、なんも積もってないやん・・・・・・・・
大雪の中、太平洋側の浦村牡蠣へ疎開予定だったが、方向転換して雪をもとめてふらり。
高島市は雪国朽木へ。
d0108737_22212186.jpg

ここは、隠れ家で有名な「はせ川」さん
いやいや、隠れ家を通り越している感がある。

店へ向かう急坂の私道では、ご主人さんがプラスコップもってせっせと仕事中。
われわれの為に一生懸命除雪して道を作ってくださっていた。
d0108737_22213538.jpg

電話で天候を確認したところ「ものすごく積もっていますよ~~でも何とかなります」
その通り、道はちゃんと除雪されていて案ずるほどでは無かった。
案外、雪国の方が対策が施されていて、かえって走りやすいものなんです。
d0108737_22214958.jpg

くま小鍋が愛おしく感じる、笑。

今日はこの天気、どうやら貸切のようである
d0108737_2222074.jpg

とりあえずおまかせ料理3,400円でいってみよう。
d0108737_2222976.jpg

鹿の佃煮とクラゲの酢の物。
d0108737_22221756.jpg

岩魚の刺身。
それ自身も美味いのだが、付け合せの紫蘇がやたら濃厚、ニンジンも甘い!これってたまたま?
d0108737_22222529.jpg

地鶏の鍋。
鰹系の出汁が絶品。
野菜は細く切って白菜、水菜、きのこ類を混ぜてある。
しゃきしゃきで食べられるからよい!
最後の出汁、嫁と2人で全て平らげた!
こりゃ~~~~~~めっちゃ旨い!
d0108737_22223595.jpg

岩魚の塩焼き、頭から食らいつける!
焼いているのを見ていたのだが、途中でアルミホイルを巻いていた。
おそらく、頭だけ出して、そこをよく焼くためあったのかも。

なるほど、ここに来て食べログなどで高い評価なのか分かってきた。
写真では現れない、細やかな気遣いが随所に込められているのだ。
思えば、最初の鹿の佃煮も人肌に温められていた。
それだけで味わいが大きく変わるものだ。
d0108737_22224798.jpg

骨せんべい。
d0108737_22225635.jpg

鹿のフライ、ソース味。
この時点でソース味なのが新鮮。
d0108737_2223685.jpg

鯖寿司と、とろろの味噌汁!
まずこのとろろの味噌汁が旨ひ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~なこと!
これは凄いわぁ~~出汁が旨いのだろうが?柑子味噌で甘いのだが好みの味。
とろろと青ネギ、他の具は何も入っていないきわめてシンプル。
「味噌はご近所のおばあちゃんに造ってもらっているんです、それ以上のはうちでは造れないんですよ~~」とのこと。
この椀を両手に抱え、外の雪を見ながらすする、なんとも幸せである。

鯖寿司も特筆に価する。
塩辛くない。
あくまで想像だが、こちらのは塩鯖を仕入れてではなく生鯖から造っているのかもしれない。(間違っていたらゴメンネ)
鯖街道沿いで販売している鯖寿司とは違うものだ(好みは分かれる)。
「栃生梅竹」さんの鯖寿司も好きで土産に買って帰ったが、私はこちらに軍配を上げる。
d0108737_22231593.jpg

「冬場は開店休業ですわ!えらいとこに店だしたものです」とはご主人の弁。
われわれが帰るまでに、積もった雪をどけて滑らないよう配慮いただき、見送ってくださった。

あくまで朽木のもの、地のものにこだわってこの地で14年、いいお店だ。
淡水魚、山のものなんて・・・・・・・・・って正直思っていたが、いやいや大満足!
猪も熊も今が旬!雪道を行く値打ちありでっせ~~~
d0108737_22232580.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2011-01-16 22:23 | 和食
2011年 01月 12日
天下一品 上朝宮
さすがにこの冬の雪には降参!
10年ぶりかな~スタッドレスをはいたのだ(前輪だけだが・・・・・・・・)。
どんな雪道もノーマルで走りたおす自信家だったが、もう若くもないんやからっと自分に言い聞かせはいてみた。(事故したら、相手さんに迷惑かかるねからマナーやな)

そうなると、新しい長靴を買ってもらった子供が水溜りに入るがごとく、雪道を走りたいちゅうもんですわぁ~
ってことで何故か信楽の朝宮。
だが実際には信楽って冷えるのだが雪はたいしたことないんだった・・・・・・・・
d0108737_1458935.jpg

何か昼飯でも食おうかと来たのが在所の中の料亭風建物。
d0108737_14581789.jpg

まあ、結構評判にもなってるし題名にも書いている通り「天下一品 上朝宮店」
d0108737_1501385.jpg

元料亭を買い取って始められたとからしい。
その方は天下一品の幹部、その個人店(あくまでネットの書き込みなので確かな情報ではない・・・・)

それはさておき、内部も到底あの天下一品とは思えない豪華さ。
その上、接客されている女性がずば抜けて凄い!
機転が利くし、温かみも感じる。
d0108737_14585336.jpg

天下一品が好きちゅうわけではないので、あっさりを頼んだ。

何に興味があるって、この金のかけように対して利益が上がるのかということ。
んんんん・・・・・・・・逆に物件自体が安くって本当は金がかかっていないのでは・・・・・・・・・
フランチャイズちゅうのは人がいるところしか経営がなりたたないと思い込んでいたが、これは挑戦やな!

とにかく、興味を惹かれるお店である。
d0108737_1459443.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2011-01-12 15:27 | ラーメン
2011年 01月 08日
お取り寄せ「山口製菓」さんのアンドーナツ
お出かけネタが命の我がブログではあるが、引きこもり中である。
体の具合がわるいわけでなく、忙しいのである。
その上に、雪がコンコン降りよるからさ~~~ノーマルタイヤさし出られんのやさ!
あああ~~~出かけたい・・・・・・・と遠い目・・

そんな時も、何か楽しみをってことで、お取り寄せ。

1/17 追記
これの、めっちゃ旨い食い方が分かった!
①一度冷凍庫で凍らせる。
②電気トースターで3~5分焦げないように焼く
③出して、1~2分ほど放置。
中のアンが解けて、ちょうどいい感じの温度になり、かつ冷えても表面はカリッカリ!
めちゃんこ旨いのである。
d0108737_924425.jpg

秋田県では「油パン」と呼ばれ愛されている山口製菓のアンドーナツ。
45年前に売り出された、まさにそのもの袋。
一般に売られているものより少し大きく、ずっしり重い。一個139円
今でも90歳をこえた常松さんが東京で修行して覚えてきた味を創業当時のままアンをこさえ、生地に包んでおられるらしい。
そんな話を聞くと、買わんといてられませんな~~全く、ハハハァ~~
d0108737_9241917.jpg

うわ、てかってるがな。
袋を破った瞬間、あの独特の揚げパンの香りが広がる・・・・・・・・・・・胸焼けしそう。

気持ち一歩後退・・・・

むんん・・・・・・・・なんかこの景色が、日焼けしたおっさんが、仕事でくたくたになった帰宅途中脂ぎった額の雰囲気で食らいつく私を拒絶している(1/9 加山雄三さんに失礼な文章だったので変更しました・・・・・)

気持ち二歩後退・・・・・・

d0108737_924283.jpg

うううう旨~~~~~~~~~~い!
食べたら結構あっさりしていて、何より漉しアンが上手に出来ている。
手作り感があるわぁ~
いやいや、ホンマに美味しいって!
アンドーナツファンの方、見逃したらあかんよ~

とはいえ、キャベジン多数飲めど胸焼けは必須。
d0108737_9243693.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2011-01-08 10:56 | その他
2011年 01月 03日
壮絶な元旦の朝
壮絶な初夢やった・・・・・・・・・・
のああ~~~~と声を出して、おきてしまったくらい。

その内容なのだが、体調が悪くなって隣の医院へ見てもらいに行ったら、「癌でヤバイですよ~」と笑いながら告知されたところから始まるのであった。
そんでだ、その癌の場所というのが大問題。
あの大切な男のシンボルのタマタマなのである。
「な~~に、これに付け替えたら大丈夫!」と先生が出してこられたものが鉛の塊!それがだ、豆腐位の大きさなのである。
ふっと気がついたらもう手術が終わっていて、私のタマタマがその鉛の塊なのである。
それが重たいのなんのって、両手で抱えながら必死になって道を歩いて家に向かうのである。
何故か、信楽の狸のようにむき出しで、笑
「これ、仕事どうしたらええねやろ・・・・・・・・・」と大切なところを抱えたまま途方にくれてる最中に目が覚めたのだ・・・・・・・・・・怖かった・・・・・

正月早々、こんな下世話な話で申し訳ないが、いったい何を暗示してあるのだろう?
まあ、とりあえず、病院で検査してもわうわぁ~~(頭じゃないよ、体やで!)

(この写真はそのタマタマとは無関係、姉のお土産のキャビア、旨かったですぞ~~)
d0108737_23195133.jpg

壮絶といえば、我が家の元旦の朝もなかなかなのものなのだ。
今年は3重の御節、プラスもう1重、しめて4万5千円(お祖母ちゃん負担)くらいなのだが・・・・・
d0108737_2320931.jpg

「あけましておめでとう」を合図に完全な争奪戦。
イセエビもアワビもフォワグラも飢えたピラニアが獲物をむさぼるがごとく消え去っていく。
d0108737_23202455.jpg

30分後には、この通り、8人(子供4人)で空っぽにしてしまうのだ。
なんちゅう行儀の悪さ・・・・・・・・・・・・
こんなご家庭は、多分少ないと思う。
でも、遠慮なしに取り合いで食べるのは旨いものである。

この御節を用意しているのは、お祖母ちゃん。
さすがにこ、こいつらにはもったいのでは思い始めたように感じる・・・・・・
来年もありつけるか不安である。
d0108737_23203785.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2011-01-03 23:44 | その他
2011年 01月 01日
あけまして、おめでとうございます。
さてさて、皆さん食ってますか~~~美味しいもの!
私、食いすぎてすでに苦しいのだ。
ああ~~社会復帰無事にできるやろかな~~

今年の我が家のカウントダウンは区の山上にあるお寺で除夜の鐘つきである。
先着107名の特典!
まあ、今年の私の状況やと、よそへ行くわけにいかんしな~
d0108737_22151379.jpg

里帰りの姉の息子は今年受験、なんとラッキー7!

さて、いったい何人が来るのですが、人でいっぱいなのかと思っていたが、ほとんどが関係者ばかりで2~30名かな?
人は少ないのだが、まさにNHKの行く年来る年的雰囲気でけっこうええもんである。
d0108737_22152568.jpg

まあ、とりあえず思いっきり鐘をひっぱたいてた甥っ子。
d0108737_22153684.jpg

***********************************************
寒すぎる空気が肌に痛い!雪道を歩き区の八幡神社へ。

宮守の方が新年のありがたい祝詞をあげていてくださった。
当然、お参りの方々は顔見知りさんばかり。
真っ暗の神社の提灯がきれいや!
d0108737_22154853.jpg

今日はここまでとしときます。
ネタはあるけど、食べすぎで書くのがしんどいんですわぁ~~~


今年も、気まま勝手なブログですが見てやってくださいな~~~
[PR]

by guwaguwa58 | 2011-01-01 22:42 | その他 | Comments(20)