「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2011年 06月 27日
2011農と食のコーディネーター講座 補修編
何度も登場しています「農と食のコーディネーター講座」

昨年受講したのですが、見事落第。(テストでと違うで、出席人数不足やし・・・・・・・・・・念のため)
滋賀県の事務局の方からの「今年、もう一度出席していただければ認定しますよ~~~」優しいお誘いに甘え、恥ずかしながら6月25日(土)の第2回目に出席。
しかし、落第しての補修は極めて恥ずかしい、小さくなっとこ・・・・・・・・・・・

っでもって、ここはというとあの日野菜で有名な蒲生郡日野町の鎌掛地区。
気持ちのいい風が吹く山間なのだ。
d0108737_1347664.jpg

400~500年の歴史があるこの日野菜。
自生しているものを発見し、漬物にしたのが当時の領主蒲生貞秀様であったらしい。

そんな歴史はさておき、やはり農業の現実は大変である。
サルは遊んで引っこ抜くわ、シカは食べつくすわ、虫はくるわでしっちゃかめっちゃか状態らしい。
やっと収穫できても、形の悪いのはダメやしで大変気の毒な日野菜達。
d0108737_13471525.jpg

「日野菜がお嫁にいくときにゃ~ほんのり桜色にお化粧して~~♪」(←探して聞いてみて、おもろいよ!)なんて日野菜漬のテレビCM知っています???現在、50歳前後の方だけやろな~覚えてるの。
今でもそのCMの映像も歌も記憶にあるということは、かなりあのCMを放映していたのだと考えられる。
それを考えると、今は本当にこじんまりという表現になってしまってる。
d0108737_13472396.jpg

栽培からこの製品になるまでの過程を見ていると、これで3百円代は安い、いや安く感じてしまう。
d0108737_13473257.jpg

お昼は、手塩になけて作られた日野菜のさくら漬けと弁当。
畑で収穫するところから見て食べるのと、知らずに食べるとでは大違い。
なんか、しみじみするな・・・・・・・・・・

これ、子供達に見せてあげたいわ~~子供編「農と食のコーディネーター」企画もありやな。
農業に関心があったり、その仕事に向いている子もいることだし、これが後押しになったりするかも。
まあ、それは学校の仕事か・・・・・・

それはさておき、漬物が食卓から消えていくのは時の流れで仕方がないと思うのだが、この日野菜の純血種だけは伝統野菜として残っていって欲しいものだ。

d0108737_13474737.jpg

****************************************************
さて場所変わって、ここは近江八幡市。

「えんこう米」ってご存知。
これ、けっこう有名なんですな~~旨いちゅうで!
その米を作っておられ農業団体「近江タンポポ村」の代表者が園田耕一さん(写真左、シルバーヘアに日に焼けた方)。
現在、息子さん2人も手伝われておられ、11名で100ha(1ha=100m×100M)を耕作されておられる。
その園田村長の説明から始まるのだが、本題は肥料の話。
d0108737_134886.jpg

普通、肥料って鶏糞が主流。
まあ言い換えれば、鳥のフンである。
ある日、お客さんから肥料は何ですかと聞かれ「鶏糞」ですと答えたら「それって、鳥のフンですよね~そうですかフンですか・・・・・・・・フンというのは、なんか引っかかりますね・・・・・・・フ~ン・・・」(←ゴメン、ちょっと作りました、汗)
みたいな会話が園田村長とあったらしい。
耕作する側にしてみたら当た前すぎる話で、本来疑問の余地無しが常識。
そこに疑問を持たれたことが園田村長凄い!

ということで、このドラム缶の中身の肥料の原料は弁当の食べ残しや余ったもの!
人様の食べ残しが肥料の原料ならフ~~ンともいわれないやろう!ちゅうこってす。
d0108737_13481930.jpg

当然、農家の園田さんだけでこの肥料を作ることは不可能。
ここは協力業者の一社、弁当屋さんの「いちばん」さん。
この機械で弁当の残り物などから肥料が作られているのだ。
ごみの98%を循環利用。残る2%は割箸のみというのも凄い。
d0108737_13482782.jpg

聞くところ、ゴミとして処理するのと、こうして肥料として循環させるのとでは、コストに変わりがないらしい。
「分別などで人手がかかることを考慮すると、労働が発生するこちらが有利」とイチバン社長の話。

金銭的に無理があり、税金や補助金を大量投入しないと成り立たないリサイクルなどは今後厳しいのではと想像する。
これは、そろばん上でも無理が無く、継続できるリサイクルかと思える。
これを仕掛けておられるのが「NPO法人日本食品リサイクルネットワーク」さん。

なんか、硬派な内容になったな・・・・・・・・・・
d0108737_13483618.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2011-06-27 13:48 | 農と食
2011年 06月 21日
津ちゅうたら“うなぎ” うなぎ うなぎ料理「はし家」さん (三重県津市)
前回の魚買出し一人ツアーの昼食は、そりゃ~~~~~うなぎですわぁ!
滋賀の私が、わざわざ津市の宣伝するのもなんやけど、ほんま凄いのだ。
「津ぅのうなぎプロジェクトも「いとう」「新玉亭」「川治」「おがわ」「うなふじ」まで攻略。
まだまだあるな・・・・・・・・・・・
d0108737_1412111.jpg

さて、今回は表題にあるとおりの「はし家」さん
津市ではメジャー級とのことだが、でっかい建物・・・・・・・・・3階までお店だそうだ・・・・・・・
このメジャー級のうなぎ屋が、そこかしこに数件あるちゅうから、本当にうなぎ好きなのね津の方々。
d0108737_14121280.jpg

とりあえず上うなぎ丼1570円。
大盛り各品200円増しです。
初心者の方、これには注意してくださいな~~えらいことになりまっせ~
d0108737_14122350.jpg

少し甘めが好きな私には、ちょっと辛めのタレかな。
そやけど、香ばしくって美味い!

食べ物の原価は売価の3分の1が常識。
その常識が、どう考えても通用しないと思うのだな~津のうなぎ。
d0108737_14123140.jpg

**************************************************

はじ家さんからほど近い「蜂蜜まん本舗」
うなぎのこってりの後はこれ必須。
d0108737_14124323.jpg

車の中で、あっちっち~~といいながら、かぶりつく!
ああああああ~~甘い頭痛がするほど~~~~けど美味い!カリッとして。
半端なく甘いが、それがうなぎのこってりを忘れさせてくれるありがたい饅頭であるのだ。
d0108737_1412518.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2011-06-21 14:13 | 老舗
2011年 06月 15日
鮮魚を求めて三重県へ
そろそろ海水温度も高くなってきたし、魚も旨くなってきたように思う今日この頃。
6月11日の土曜日は三重県へ魚の買出しに一人出かけてきたのだ。

尾鷲の岩崎魚店へ行きたいのだが、さすがに遠く断念。

とゆうことで津市の丸商商店さんへ。
d0108737_030649.jpg

11時に到着したのだが、すでに店員さん一服状態・・・・・・・・・
なんか様子がおかしい・・・・・・・・・・

「大将!大将こっちこっち」と、呼ばれ冷蔵庫の中へ連れ込まれ「これどう2000円にしとくは」とトロ箱に入った立派な鯛を勧められる。
「鯛一匹もいらんねけど・・・・・」との答えに「いやいや、まずこれ全部5匹で2000円、一匹400円や!」
うっそ~~めっちゃ安い!
d0108737_0304297.jpg

そう、ここは卸の店やってん。
そして、ほぼ仕事も終わって皆さんくつろいではったところに、ちん入したちゅうこってす。

私のことは、どうやら居酒屋かなんかの大将と間違えはったようや。
まあ、風貌からすると納得してしまうけどな~ハハハァ~
d0108737_0315082.jpg

正直に滋賀から旨い魚を求めてきたんや!と告げると「任しときなはれ!」ときっぷのいい言葉が返ってきたのと同時にヨコワ(クロマグロの子)を出してきてくださったのだ。
d0108737_032336.jpg

ヨコワとウニ、これ三重の地物と違うけど買った品物。
それぞれ1000円。
ヨコワ、これは絶品でしたわぁ~~~
ウニは普通。
d0108737_0322248.jpg

何が何でも地物が欲しくって買ったこれ、アカシャエビのむき身。
これぜんぜん旨そうに見えへんのだが、逆にそれを攻めてみた!
関西ではなじみの無いエビだが旨いらしいのだが・・・・・・・・・・・これ冷凍庫の中でまだ食っていないのだ・・・・・
d0108737_0323448.jpg


***************************************************

なんかすっきりせん。
この買い物だけやと、近所のハズイでも買えそうな気がする。
ガソリンたいて、高速乗って、時間かけた意味が無い。

ということで、予備で探しておいた情報のお店「田中青果海産」さんへ。
小売店舗の奥で魚が買えるらしいのだ。
d0108737_0324584.jpg

素っ気の無い店舗内風景はベリーグッド!
やけど、野菜はあれど魚は・・・・・・・・・・・・・
d0108737_0325897.jpg

あったあった!
そやけど、あんまりアドレナリンが沸き立ってこんな~~
養殖の不細工な鯛が並んどるからかな・・・・・・・・
d0108737_0331050.jpg

奥がそのまんま、市場とつながってるのだ。
それにしても時間が遅いのかお客が少ない、土曜日やからかな・・・・・・
d0108737_0332382.jpg

おおおお~~これは、まさしく地物?
動いてう動いてる!

けど箱買いはでけんな4500円・・・・・・・・
d0108737_0333884.jpg

とりあえず、トリガイでも買って今日は退散とするか。

何のオチもない、不完全燃焼なネタやな・・・・・・・
というか、魚だけ買いに三重までオッサン一人で行く方、他にいるのやろか・・・・・・
d0108737_0341699.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2011-06-15 00:29 | その他
2011年 06月 07日
創作うどんが旨い「九庵」さん   (三重県伊賀市)
三重県伊賀市の新天地商店街。
映画のロケにも使われたりの味わい深いアーケードがある商店街。
昔はにぎやいていたんだろうな~
d0108737_14494288.jpg

その中に、ひときわ活気のある「九庵」さん
三重では結構メジャーなお店。
d0108737_14495710.jpg

とにかくメニュの種類が多いのがこちらの特徴。
「メニュの多いお店に、美味しい店なし」という私の勝手な思い込みが、現在まで行かなかった理由。
d0108737_1450956.jpg

「いやいや美味しいで、九庵さん」という信用ある筋からの情報を得たのだ。
それでも「ほんまか・・・・」と半分疑いながら来てみたのが本音の話。
d0108737_14501729.jpg

内部はいたって普通のうどん屋。
12時前には満員となるほど人気で、静まり返った新天地商店街の活気の大部分を担っているように思える。
d0108737_14502728.jpg

黒胡麻は好きなだけいただける。
とりあえず、適量をゴリゴリやってみる。
胡麻の香りが食欲中枢を刺激して、胃の受け入れ体制が整う。
d0108737_14503732.jpg

まずカレーうどん。
まさに和風だしのきいた、うどん屋の定番カレーうどんである。
d0108737_1450478.jpg

麺は手打ち細めん、柔らかタイプ。
やけにカレーうどんと相性がいい。
d0108737_14505782.jpg

和風ポン酢うどん?と胡麻風味のうどんのセット!(ゴメン、完全に名前忘れた・・・)
まず和風の方だが、ポン酢の酸っぱさ加減とかよく考えていて、上手にさっぱりまとめられた一品。
特筆すべきは胡麻風味のうどん。
坦々麺のラー油がかかってなくって、麺がうどんに替わったものと思っていただきた。(それでは、分からんよな・・・・笑)
これがまた、めっちゃ旨いし、ほかでは味わえない独創的なうどんだ。
よく研究しているし、メニュが多いながらそれぞれちゃんとまとめきっている。

うどんはシンプルに小麦の味わいを楽しむものと四国本場の讃岐うどんを食べてからそう思い込んでいたのだが、これを食べてい「やいやいろんなうどんがあっていいのだ」と思い直した。
d0108737_1451624.jpg

****************************************************

話題変わって演奏会の話。
6月6日の日曜日、甲西高校第24回定期演奏会を聴いてきた。
守山市民ホールは満員で立ち見もいたほどの大盛況(毎年らしい・・・・・)。

まずもって、その内容にビックリ!
高校生のレベルでないでこりゃ・・・・・・・・・
といっても演奏会たるものなんか、数回しか行ったことの無い私がゆうのも変だが、それでも凄いと思えたから凄いんだろう(なんのこっちゃ・・・・・)

なるほど、これの練習していて塾での授業中「ウトウト」と居眠ってしまうんやな~~と理解できた。
完全体育系(昔のこと・・・)だった私は、「吹奏楽とか楽やんけ~~」と上から目線やったのだが、この演奏会を聴いて目からウロコが落ちまくりやった。その落ちるさまは、まるでごろごろと音がなるほどであったのだ。

年齢を重ねるほど、思い込みを是正することって難しくなる。
危険やな~それって。
いくつになっても体験してみないと!と反省しきった一日であった。


d0108737_14514488.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2011-06-07 14:52 | こだわり
2011年 06月 01日
2011農と食のコーディネーター養成講座受付中! 「カフェ&アート ゼロゼロ」 (滋賀県大津市)
受付が始まってまっせ~~~~「2011農と食のコーディネーター養成講座」!
去年、参加させてもらって、えらい勉強になったのだ。
まあ、そんなこというても最終的には3回しか参加できず落第したのですが・・・・・・・・・・(昨年は4回以上参加で卒業やったのだ)

子育てが終わって何か挑戦したい人、いやいや子どもさんがいるほうもっといいかもしれない。
とにかく農業と食、そしてそれと密接につながってくる環境問題(琵琶湖)などを実体験で学べる貴重なイベントなのである。

参加者との出会いも、これまた面白い。
そこから人の輪がどう繋がっていくか、繋げていくかは自分しだい。

おっと、本題から外れたが重要なのは終わってからの活動。
「こだわり滋賀ネットワーク」に活動参加することを願いたい。(という私は、これといってしとらんが・・・・汗)
旅行気分で参加して、終わったら「さいなら~」ちゅうて逃げたらあきまへんで~~~

とりあえず、行動あるのみ!6月6日(月)までにfaxで申し込みを!
よ~~~~し、いったるで~~~~!といきまいても、実は抽選だす。
後は運しだいでんな~~~~
d0108737_0385020.jpg


*************************************************

さて、ここからは別のネタ。

「どないして変わったお店を見つけるの?」とよく聞かれるのだが、自分でもその理由が良くわからない。
全てではないが、うろうろしていて偶然見つけたりちゅうのも、結構うあったりする。
d0108737_12461.jpg

例えばこんな看板。
大津に来たついでに、とある魚屋さんを探していたとき偶然見つけた、こんなわけの分からん小さな看板。
興味本位でこの矢印方向へ行くか、無視するか、目にも入らないかで、大きく状況は変わってくる。
d0108737_13098.jpg

私や嫁の場合は、本題をほってでも見に行ってしまうのだ、猫が動くものを捕捉そるがごとく。
細い道を入ると、こんな建物があったりする。
カフェって書いてるけど、アート教室とも書いてある・・・・・・・・
人の気配は全く無い・・・・・・・・・・
でも気になって仕方が無い・・・・・・

一応どうしようかと考えるが、どんなとこでもとりあえず入ってみる。(食い物があろうと、無かろうと)
d0108737_131011.jpg

入った時点で魚屋のことなんか、すっかり忘れ飛んでいるのだ。
これはアトリエ???
若い女性が一人「ここで絵とか教えているんですよ~~どうぞゆっくり見学してくださいな~」
なんか、楽しめそうな予感。
d0108737_132221.jpg

奥がカフェの空間なんや~~と腰をおろしコーヒーゼリーを頼んで、うら若き女性にねほり、はほり攻撃。

とまあ、いつもこんな感じで始めての空間、そして始めての出会いを楽しむのだ。
そうそうこちらカフェ&アート ゼロゼロさん
成安造形大の学生さんや若いアーティスト、地域の方々で改装されたお店なのだ。
洗練されたというより、若いエネルギーを感じる空間。

d0108737_133474.jpg

このお店、偶然出会うことの無いめっちゃ奥まった場所にある。
それゆえ、飛び込みのお客は本当に少ないみたいだ。
あいた時間を利用して、こんな手の込んだメニューを楽しそうに書いておられた奥智恵子さん。
昨年、成安造形大を卒業してカフェをやりつつアートスクールの講師もされておられるのだ。
ういういしいな~~
d0108737_134564.jpg

浮御堂の近所です。
良かったらのぞいてください。
d0108737_135750.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2011-06-01 00:56 | こだわり滋賀ネットワーク