<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2012年 09月 30日
「キッチンハウスジンゼンジ」さん   (滋賀県大津市)
小説の1行目は、肝心である。
読む側にとっては、その一行で後の内容を想像し、言葉使いの技術を推し量り、と極めて重要な一行になる。
書き手も、それが分かってかその一行に苦悶する。

本題だが、この門、先へ進むことへの楽しさを予感させてくれないかな?素晴らしい小説の一行目のように。
d0108737_13355923.jpg

まず、この建物のある町から説明が必要かもしれない。
ご存知だろうか?比叡平(ひえいだいら)という町を。
比叡山ドライブウェイの入り口近くにある自然に抱かれ、静かで広々した町。
便利なことと引き換えに、何か別の価値を求めて、住処を変える場合、よく移住という言葉を使う。
その移住という言葉を使う、ぎりぎりの境界線上に位置する町、それが比叡平。
その比叡平の中にある「キッチンハウスジンゼンジ」さんが本日の主役。
d0108737_13362119.jpg

まさに土間、という言葉が似合う玄関に靴を置き、素足でスギ板の床に上がらせていただく。
お店、という言葉が使えない・・・・・・・・・・サロンだここは!

貸切状態、選び放題の中から選んだ席はここ!
d0108737_13364695.jpg

座ると同時にオーナーである泰泉寺由子先生が隣へ。
「食べることが、お好きなの?」という問いかけから、いろいろお話を伺った。
こちらを開放されたのは、若い方々などとの新たな繋がり求めてとの思いもあるようだ。
先生自身、吸収したこともあるし、次世代に残したいいこともあるとのこと。
d0108737_13393568.jpg

じっと、目を見て話されることに、自然な迫力を感じる。
何より素晴らしいのは、今の、そして先の話をされること。
年をとるとつい、過去の中に居場所を探し、その価値観で全てを知った気になってしまうものだ(私がそうなりつつある、汗)。
先生には、微塵もそれを感じない。
「今は、食にこっているの!まず和食の基本の出汁から、そう昆布から調べているのよね~~」という先生は昨年、北海道の昆布産地まで足を運んだとか。
話の流れから魯山人を想像してしまった。
d0108737_13383023.jpg

まだ、あまり知られていないのか、私どもの貸切。
恥ずかしい話だが、先生のことを何も知らずに来てしまったのだ。
キルトって、あの継ぎ接ぎの給食コップ入れの袋のイメージだった。
d0108737_13385210.jpg

それがだ、先生の作品は、全世界の美術館、博物館が引き取っていき、一般には販売していないとのこと。
そのキルト、少しあるので皆さんは直接来て確かめるべし。
d0108737_1339281.jpg

建物の設計も、その素材もいい!
使い込まれて、半世紀、一世紀後さらに味わい深くなっているのではと思う。
これが、私の専門分野だが書くと長いので省略、笑。
とにかく、建てられて3年もたっていないのに、昔からそこにあったような錯覚に陥る建物だ。
d0108737_1339935.jpg

大谷石を多用したキッチンは明るく、小物の一つ一つが面白い。
d0108737_13392971.jpg

チーズケーキとホットケーキをセットで。
厳選された素材、そしてこの空間、高いはずが無い。
d0108737_14595469.jpg

目の前の大谷石のグリルで焼いて下さる。
d0108737_13395118.jpg

お料理していただいた女性が「有機メイプルシロップ、全部かけていただいてくださいね~~」とやさしく言って下さった。
結構な量があり、全部使っていいの?いやいやマナー上、残すべき・・・・・・と、私の卑しい心を読んでの言葉なのかは定かでない。
パッリと焼かれた皮目が、ううう旨~~~~~~~~~~~~~~い!
良質な材料のみで構成されたこのパンケーキには、安っぽい香料や添加物の雑味がまったく無い。
それぞれの素材の味がシンプルに主張している。
d0108737_1340529.jpg

チョコチーズケーキ。
こちらも旨~~~~~~~~し!
原価がかかっているわ~~~こりゃ!
d0108737_13401845.jpg

雑多に置かれた小物、それを見ているだけでも飽きない!
手作り感の強い黄色のシュガーポット、耳かきの様な木のこのスプーンで砂糖を入れるのか?
d0108737_13403160.jpg

んん??
変わった砂糖やな・・・・・・・・・いや、砂糖じゃないのか?
口へパクリ・・・・・
ハハハハぁ~~~~~先生のいたずらや~~~
d0108737_13404226.jpg

外もふらふら。
d0108737_13405258.jpg

裏口の扉も味わいある。

いつもそうだが、お店の全てを写し表現しないよう、一応心がけている。
次に行かれる方に配慮して。
まだまだ、山盛り発見がありますよ、こちら。
d0108737_1341383.jpg

これは、何を表す??

とにかく、絶対行くべし、しかも比較的空いている今のうちに、キッチンハウス・ジンゼンジさんへ。
d0108737_1341729.jpg

キッチンハウスジンゼンジgallery&cafe
営業時間:毎週金・土・日 11:00~18:00
滋賀県大津市比叡平2丁目46-1
tel:077-535-4670
d0108737_1623847.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2012-09-30 15:24 | カフェ
2012年 09月 25日
「養鶏かた岡」さん    (滋賀県高島市)
小栗旬主演の映画「岳(がく)」を見た。
山に行かなくなって、もう何年だろう・・・・・・
何かのきっかけで、山のことを想い出す度、大変な重荷になっている贅肉を落とし来年こそは穂高へ・・・
と思うのだが、猛獣のような食欲を抑えられないのだ。
では、ここで宣言しておこうかな「来年の夏には20キロ減量して子供達と山へ行きます」
はぁ、すっきりした。(書いただけで達成したような気分・・・)

ということで、めっさ美味しかった鶏肉のこと!(←やっぱ、来年も無理かも・・・)
d0108737_13135016.jpg

数年前より目をつけていた「養鶏かた岡」さん
HPはあるものの、実際旨いのかネットでもほとんど情報が無い。
行って買うしかないか~~と、2時間かけて高島市安曇川町まで買いに走った。
d0108737_13135996.jpg

「ほとんど、業者販売なんですよ~~~。こんな辺鄙なとこ、一般の方はだれも買いにこられませんよ!」
と地鶏一筋20年の片岡さん。
2時間前につぶしたばかりの近江しゃもを1キロいただいた。(3300円)
必ず朝に注文をしておくことと少量は不可、半匹以上。
d0108737_1314762.jpg

お一人で鳥を育て、捌き、販売して・・・・・
結構大変で、確かに小売にまでは手が回らない。
京都の有名なお店にも卸してはるそうな。
d0108737_13142529.jpg

道中の車の中では嫁と、すき焼きで喰うか、焼鳥かで議論しまくっていた。
私がすき焼派、嫁が焼鳥派。
じゃ、ご主人に審判してもらおうやんけ~~となったわけだ。
ご主人の審判は、薄味のすき焼!
d0108737_13143396.jpg

内臓も含めてのワンセット!(ほぼ一匹分)
これがね!めっちゃ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~旨いねん!
歯ごたえのある鳥が好きな人にはとくにお勧め!(歯の悪い人は不可)
若鶏での出荷ではなく、5ヶ月育てて親鳥で出荷するから歯ごたえ半端ではない!
そして、旨味が濃い!歯ごたえあるからすき焼との相性もグ~~だわ、なるほど!
息子達も大絶賛。立ってすき焼食べとったわ~
とり長さんのは、かなり普通の鶏肉に近いが、これは別物。

次は通販で買うわ!
そうそう、ドモホルンリンクルみたいな一回だけのお試しセットもあるで!
湖西の方面から帰る時の渋滞はもうこりごりや~~
d0108737_13143973.jpg

おまけで。

往路は朽木廻り。
いつもおなじみの栃生梅竹ではなく、派手な黄色い看板の某お店で買った鯖寿司。
安いからと試しで買ったが、がっかりだった。
このブログに載せていない美味しくないと思うお店は、かなりの数になる。
いつも美味しいものに当たってるわけではないですよ~~笑。

それより、減量しての山登り、どうしよう・・・・・・・・・
d0108737_1314463.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2012-09-25 13:33 | こだわり
2012年 09月 18日
越前でクラゲと戦う! そして「魚屋の喰い処 まっ田」さん (福井県)
本当なら、本日の書き込む記事は沖縄特別編となるはずだった。
9月14日から17日は沖縄の楽園へ行く予定でいたのだが、あのすさまじい台風に怖気づきキャンセルしてしまった。

ということで、8月末の越前での息子達に対するシュノーケリング講習を掲載。
d0108737_1313411.jpg

物を大切にするって、ずいぶん高くつくものだ。
槍のゴムが劣化したので、ゴムのみ買い換えたら一本分で、なんと1200円もしよった(なんぼ、高いゴムやねん!)。
道中の釣具店で、一本新品の槍買ったらなんと1000円!
それを買って以降の車内では、私の複雑な心境を察知して「エコは大切やって・・・・・・・」てな言葉なんてかけてくれることも無く、大爆笑で私を攻撃してくる。
なんたるこった。
d0108737_1315125.jpg

まあ、その槍のことはさておき、今回はさらにレアな海水浴場?から出陣。
d0108737_132092.jpg

なんと、「リュウグウノツカイ」が海面をゆらゆら・・・・・・
現れると天災地変がおこるという、縁起の悪いやつちがうんか、こいつ。
d0108737_1321690.jpg

先の魚は見なかったこととして海へ出かけるも、海中の生物は少なめ。
ちょっと濁りもありイマイチ。
さらに、クラゲの猛攻で嫁・息子達は2時間で戦意喪失、アカンやつらや!
d0108737_1322697.jpg

ゴムに高い金出した割には、チンケな結果。
まあ、シュノーケリングの練習ちゅうことで。
d0108737_1324652.jpg

***************************************************
午後1時には海から上がり飯屋へ向かう。
今回は、趣向を変えて「魚屋の喰い処 まっつ田」さんへ。
d0108737_1325430.jpg

子供達は、ほぼ写真だけで何を食うかを決める習性があるようだ。
d0108737_1331985.jpg

なんでも魚屋さんが経営しているとか、このお店。
d0108737_1332927.jpg

注文したら、ぼ~~~と海を眺めていれば良し!
d0108737_1334185.jpg

ミックスフライ1300円。
別段、こんな海の近くでこれ食わんでもいいような・・・・・
d0108737_1335785.jpg

のどぐろ1,000円。
んん・・・・イマイチ。
d0108737_134418.jpg

刺身御膳1,580円。
d0108737_1341949.jpg

マグロ、ヒラメ、カンパチ、鯛、サンマ、シロイカ、?の7種。
山葵もパンチ効いててこだわりを感じる。
これは、まあまあ納得じゃないかな!
d0108737_1342687.jpg

ちょっとつかりすぎだが、しめ鯖もまあまあ旨い。

息子達といっしょにスキューバダイビングをやることが夢だったのだが、来年に持ち越しかな・・・・・
d0108737_1343472.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2012-09-18 13:05 | 和食
2012年 09月 11日
新米で「ごっつぉさん」  (滋賀県野洲市)
おにぎりにまつわる想い出、何があります。
私は、若かりしころ登った奥穂高で食べたおにぎりを想い出す。
尋常やない旨さやったな~~~

味覚はセンサー。
体が必要としている栄養素が多く含まれるものを美味しいと感じるように出来ている。
エネルギーの源である炭水化物の塊のおにぎりを美味しく食べるのは、当然だがエネルギーの消費である。
さもなくば、下の写真のような新米のおにぎりなんだな~~
d0108737_1228516.jpg

ここからが本題。
9月8日(土)に、こだ滋賀ネットワーク南部・甲賀支部の「新米でごっつぉさん」のイベントを開催。
といってもわれわれは共催であり、主催は「須原魚のゆりかご水田協議会」。
100人ほどが野洲市「蓮の池公園」へ集まって、まず説明から。
d0108737_12255489.jpg

徒歩で「魚のゆりかご水田」へ移動。
刈り方、束ね方のレクチャー。
束ねるのって、どうすると思います?
髭のようにはみ出してる藁を、くるくる~~と回して、くりくりっときゅっと〆る、笑。
d0108737_12261167.jpg

戦闘開始!

私なんか、奉仕作業の草刈り想い出すから、鎌持ってしゃがむこと自体に抵抗がある。
田んぼも見飽きているし。
収穫体験って、何が面白いねやろ・・・・と、イベント組んどくながら、不埒な思いを胸に収めていた。
d0108737_12262034.jpg

子供達皆、本当に、本当に楽しそう!!!
塾で勉強しとる表情とは全く違う!
不埒なこのおじさん反省である。
そういえば、田んぼは遊び場やったよな・・・・・・・・かえるにおたまじゃくし、どじょう、へび・・・・
d0108737_12263995.jpg

稲を刈ったときに発するあの独特の香りが、子供のころの記憶をよみがえらせてくれる。
いいイベントだな、これは。(←何とも、単純)

そうそう、この「魚のゆりかご水田」はオーナー制度がある
田植えから収穫、収穫祭まで一通り楽しめて、なおお米も付いて来る。
d0108737_12264857.jpg

田んぼで遊んだな~~~ええもんやな~~~と、想い出に浸っていたら、トランスフォーマーのような超大型コンバイン登場!
これはこれで、まためっさ凄い!
街を破壊するがごとく、稲を刈って行く。
d0108737_1227652.jpg

びわ湖放送来てました。
10月13日放送らしい。
私も2度ほどインタビュー受けましたが、多分カットやなあれは・・・・・・かみかみやったし、涙。
d0108737_12271632.jpg

須原自治会館で冒頭のおにぎりを頂く。
「こだ滋賀」の南部・甲賀支部女性部隊が、この自治会館で、私が田んぼで戯れていた間、必死で70人分のおにぎり&漬物を用意いただいていたのだ。
つまり、田んぼでいかに私が遊んどったのかは、このブログでばれてしまうちゅうこった、オオ・マイ・ガ~
d0108737_12272898.jpg

まず「魚のよりかご水田」の新米、旨し~~~~~~~~~~~い!
一粒一粒が、力強く主張している!(←これ、インタビューで言ったらよかった・・・・・)
そして、8種類の漬物バイキングが抜群に旨い!
きゅうりの浅漬けが特に好きだった。
いつもながら凄いな~~女性部隊。
d0108737_12273626.jpg

自治会館の前の水路にザリガニが大量におったのだ。
つつつ、釣りたい・・・・・めちゃ釣りたかった・・・・
ええとこやな~須原。
しかし、半世紀生きててもなんも成長してないみたいだな、私。

この「魚のゆりかご水田米」売ってます。
d0108737_12274714.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2012-09-11 13:23 | こだわり滋賀ネットワーク
2012年 09月 04日
かしわが旨し!「とり長食堂」さん  (滋賀県湖南市)
この店を知ったのは、んん・・・・・記憶があいまいやな・・・・・・・7~8年前かな?
湖南市のTOTOの工場前の道(1号線)を近江八幡方面へ曲がってすぐ、この看板がある。
探したところで、3回は通り過ぎてしまうこと間違いなし。
d0108737_152324.jpg

先の看板に誘われ、細い路地を入ると「とり長食堂」さん
食堂と名がつくが、ここで食べたことは無い。
d0108737_1524535.jpg

食べたことが無い、というかお客を過去に見たことも無いから、よけい食べる気もしない。
なら、何が目的かというと鶏肉の持ち帰り。
d0108737_152559.jpg

夜には怪しげな色合いの、何個か切れた電飾が異色な雰囲気をかもし出すのであろう。
それにつられ、お客が来て賑わっているのかもしれない。
ネットで調べると、店で食べる鶏焼肉は旨いらしい。

昼間のお客のいない、こういう類のお店に入ると、不思議と腰が引ける。
さらに、ご主人の風貌に、エビが逃げるがごとく、しゅるしゅる~~と後ずさりしたくなる。
この気持ち、行けば分かる、笑。
d0108737_153839.jpg

「今日のは、黒鳥ですわぁ~~」とご主人。
そう、ここは自分とこで鶏飼ってはるのだ。
朝に引いたもののみを使用して商いをしてらっしゃる。
d0108737_1531997.jpg

こうして、ちゃんと包装してくださる。
自宅の来客時の水だきの時は、ここへ買い出しにくるのだが、ここ数回はずっと閉まっていた。
失礼な話、もう店じまいしたのかと、勝手に思っていた。
d0108737_1533372.jpg

鳥好きなら、この脂の黄色さに、垂涎もののはず。
値段は、案外高いのかもしれない。。
このモモ肉で800円。
d0108737_1534213.jpg

この日は、嫁と次男が留守で長男と2人で晩飯。
「ごはん、ちゃんと準備して、食べさせてや!」の嫁の指令。
大丈夫、任せなさい!
といいつつ、なんてことは無い、私が食べたいもの準備するだけじゃ~~~ハハハ~
本能のおもむくまま、牛と鳥の禁断のカーニバルじゃ~どや長男・・・・・あまり盛り上がらんがな・・・・

d0108737_1535783.jpg

基本、牛と鳥を一緒に食べるのは、ご法度。
鳥の淡白な旨味が牛に負け、打ち消されるから!

余計なお世話だが、旨い鳥は大く切って食べること。
水だきならなおさらで、旨味を閉じ込める為に大きく切るべし!
d0108737_154390.jpg

そやけど、この鳥は負けてませんで~~~
歯ごたえがあって、肉と脂の旨味がすごいんだ!
出来ることなら、炭火で焼きたい!さらに旨味が増すだろう。

今度、お店で食べてみよう。
d0108737_1541076.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2012-09-04 15:39 | こだわり