「ほっ」と。キャンペーン
<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2012年 12月 25日
「モクズガニ」と「セコガニ」の共演!
今日は調理方法も合わせて掲載。
最後には垂涎ものになりまっせ~~~。

さて、写真のこやつをご存知?
手にふさふさの毛を生やした、そうモクズガニである。
どうしても今年は上海蟹の親戚のモクズガニが食いたかったのだ!
メス1キロとオス1キロ、合計2キロを2,900円でオークションにて落札したのだ。
d0108737_1481928.jpg

丹後の伊根町にある筒川で捕れたものである。
いろいろあって、最終オスしか準備できないということでメスの分はセコガニに代替えいただいた。

待ちに待った一ヶ月、やっとお越しいただけた!
(汚い部屋がいやはやなんとも・・・)
d0108737_149180.jpg

梱包を開けると、「なんやお前わ~~~~~!」と威嚇行動。

想像を絶する元気さと、筋力の持ち主のオスモクズガニ。
子供のころに戯れていたカニとは大違いの暴れん坊将軍である。
d0108737_149927.jpg

逃げ出そうとする将軍を監視しつつ調理法を確認するが、繁殖行動が面白く、そちらに興味が向く。

この将軍たち、子孫を残すためには腕力が重要らしい。
川から秋口には海に降りて、同時に降りてきたメスを海の中でナニをするために、必死で探すそうだ。
見つけてからがひどい!「ちょっとお茶しませんか~~」なんてゆうちょうな求愛行動もなく強靭な爪で後ろから羽交い絞めにするらしい。それは、動くものなら何でもで、たまにオスを羽交い絞めにしてたりするとか。
無事、メスにナニをすることが出来ても他のオスに取られないよう、そのメスを持ったまま一日くらいは離さす、持ち歩くらしい。
ひどい将軍たちだ・・・・・
d0108737_1492124.jpg

将軍を流しに放り込み、シャワーでキレイになってもらう。

どうやら将軍たちはシャワーが嫌いなようで「何すんねん、おみゃ~~!」とクレームをつけてくる。
しか~~し、手に汚らしい毛をふさふさ生やした彼らを嫁は許さない!
「これハサミで切り取ったら」とまで言うほど汚らしい毛に見えるらしい。
私は、ただただ、羨ましい・・・・そんなとこに生やすくらいなら分けてくれよ、将軍・・・・
d0108737_1493199.jpg

そこそこ洗ったら、水風呂に入っていただく。塩を適量(5%位?)入れる。
急に熱湯に入れると、足を自ら外すので要注意で、水から茹でるべし!

最初は、おとなしく入っていたが、すし詰め状態が嫌なのか脱出を試みる将軍たち!
必ずフタをして、茹でてあげよう。
d0108737_149497.jpg

沸騰してから、最低18分位は茹でよう!

ウェステルマン肺吸虫、ベルツ肺吸虫等、文字として見ただけで鳥肌がたつ、人間に害する寄生虫を体内にもっているからよく茹でることが重要だ。
将軍は、体の中に最終兵器を仕込んでいるのだ、恐るべし!
d0108737_1410298.jpg

ウニのようにきれいな色のみそ!

十分、泥を吐かせてから送ってくださったので旨い!
だが、若干クセがあるから好き嫌い分かれる。
d0108737_14103978.jpg

特筆すべきは身がめっちゃくちゃ旨~~~~~いのだ!
毛が生えて気色悪いが、爪の身なんて、シャキシャキ音がするほどの歯ごたえで、将軍の名に恥じぬ美味さである。
後から出てくるセコガニよりはるかに旨い!
d0108737_14104754.jpg

モクズガニのメスの代替え品のセコガニ!こちらは、毎年恒例になっている。
足折れはあるが、これも元気で上質なものだ。
カニは元気が一番!
d0108737_14111848.jpg

こちらは、まず真水に浸けてしめるところから始まる。
基本、動かなくなるまでで約30分位かな。(若干動いても30分たてば足を外すことはない)
d0108737_14113388.jpg

セコガニは熱湯から茹でる。
塩加減は、実はいつも適当だが、それで問題なし。
よく言われているのは7%の塩分濃度。
私は、それよりかり塩分を少なくして3%位で茹でている。

再沸騰してから15分~20分で出来上がり。
d0108737_1411495.jpg

茹でたて、ホヤホヤ!
必ず裏返してミソを固める。茹でたて状態ではミソはまだゲル状なのだ。

ここで必ず、足の身の味見!
足の身は、茹でたてが間違いなく旨く、悶絶ものだ!
わざわざ家で茹でる以上、茹でたてを食べな何していることだか分からんぞ~~~
ただし、足を全部食ったら、カニじゃなく別のものに見えるので、カニの体をなすていど間引いて食べる、それが湯がきの仕事をした人への駄賃だ、笑。
d0108737_1412291.jpg

元気なカニの内子は、まったりして、ホンマに旨~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~いわ!
d0108737_14121876.jpg

ご飯の上に、こんなにしてまマヨネーズをぶっかけ、セコガニ丼!
開高健がこよなく愛した、カニであり食べ方がこれだ!(マヨネーズは無かったと思うが・・・)
開高健丼とも呼ばれていて、気絶するほど旨~~~~~~~~~~い食い方なのだ!


さて、このセコガニだが漁は1月10日くらいで終わる。
それまでに購入する必要があるが、注意点は相場と生きの良さの2点。
そこそこ調べて、ポチッとしてくださいな~~
一匹200円~400円くらいなものだから、失敗しても怪我は少なし!
d0108737_14122629.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2012-12-25 14:14 | こだわり
2012年 12月 18日
「とり長食堂」さん  (滋賀県湖南市)
時々地鶏を買いに来ていた「とり長食堂」さん。
用事で近くまで来たついでに、嫁と来てみた。
真っ暗の中のあやしげな看板、それとは不釣合いな、中で走り回っている子ども達。
ガテン系のおじさんはもちろん、家族連れにも支持されているようだ。
d0108737_1431516.jpg

6割がた席が埋まっている。

さて、食べるのは初めてだから何をどうオーダーしたらいいのか分からない。
大将に「初めてやねけど、何たのんだらええの?」と聞くとニコリと恵比寿さんのような笑顔で「ホルモンかな」とのこと。
写真の左から2番目がそれ。
メニューはいろいろ書いているが、基本的にこのホルモン(650円)とやらの一本勝負のようだ。
d0108737_1432211.jpg

夜に来て見ると、昼間ほどの不気味さはない。
だが、昭和にどっぷり、時代遅れのこのお店に誰もがなじめるわけではない。
われわれは、間違いなく好きな部類に入る。
d0108737_1435629.jpg

しげしげと店内を眺めて悦に浸っていたら、運ばれてきたホルモン3人前。
普通の鶏肉8割にホルモン2割をタレで絡めたものだった。
やっぱりええな~~わけのわからんもの注文して、出てくる瞬間のドキドキ感は!
d0108737_144685.jpg

これ何や???と嫁と話していたら、店のお母さんが「女の子には無いもんや、ハハハ~」と楽しそうに。
これね、何が旨いって中に入っているホルモンが旨い!
ホルモンだけ追加したいほど。
d0108737_14432100.jpg

この醤油ダレでいただく。

そして嫁は生中でご機嫌。
私は下戸なのでごはん大盛り。

そうそう見ての通り無煙ロースターてなものは無いんだから、服装は考えるべし!
d0108737_1444358.jpg

「これ食べて」と出してくださったニンニクが真っ黒になったヤツ。
「臭くなくって果物みたいやで~~」とのことだったが、ニンニク苦手で手が出んかった。

ここでお勘定で二人分3050円。
大人が、もう少し飲んで食ってで一人2000円強というのがここの標準的な金額ではと思う。
何とも安いこと!子連れで来られている意味がよく分かる。
d0108737_1445283.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2012-12-18 14:33 | B級グルメ
2012年 12月 12日
滋賀がいいもん市
師走とは、よくいったものだと毎年思う。
やっぱり、忙しいわ~~12月。
ケツに火がついて爆発寸前。
にもかかわらず、ブログを書いている、笑。

12月9日、息子のサッカーシューズを買いに田舎から出てきて、ついでに寄った「滋賀がいいもん市」。
d0108737_14102060.jpg

何故か、寒空のなか厚着をし、白い息を吐きながらこういったところを回るのが、結構好きだったりする。

太鼓をたたいているのは、タンザニア出身の絵描きさん。
赤ちゃんをおぶった奥さんと一緒に出店。
まずここで酸味の利いたコーヒー(200円)をいただき温まる。
d0108737_14103124.jpg

近江八幡の「ひつじぐも」さんのとこでシュトレーンみっけ!

いろいろ食べ物をあさっている私に対し、嫁は布製品などの品を物色、次男はというと「車で寝とくわ」とそれぞれ別行動。
d0108737_14104714.jpg

アメリカのテレビドラマにはまりまくっていて、自然とアメリカの文化のカケラが私の中に入り込んでいる。
まあ、クリスマスを楽しむ年齢でもない息子達の前にコレを出して説明しても、何の意味もないんでしょうがね。
とりあえず1500円で購入。
d0108737_14105619.jpg

理屈抜きに旨そうに見える。
d0108737_1411471.jpg

おとなのプリン??
d0108737_14111387.jpg

トーナツを買おうと私が手を出した瞬間、置いてあった半額の札に手をかけてしまわれたご主人。
お互い、大笑いし無事半額にしていただきました。

日々の買い物で対面販売が少なくなっているからか、ほんの少しのことが面白く楽しく感じる手作り市。
昔の買い物は、いつもこんな感じだったな~~と、少し懐かしく想う。
子どものころ、正月準備として、寒い中あちこちに買い物に行った、その想い出としてなんとなくこの手作り市に引き寄せられたのかも・・・・・
d0108737_14112323.jpg

少しずつ食べながら、クリスマスを皆で楽しみに待つケーキ。

ケーキは旨かった、だが。
ケツに火(仕事で)がつき爆発寸前の私にとっては、導火線みたいな存在で、きついなこれ!
d0108737_1411305.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2012-12-12 14:52 | その他
2012年 12月 05日
念願の鰤! 浜大津駅の朝市
苦節ウン十年年、やっとやっと釣れたブリ。
何回挑戦し、どれだけお金と時間を消費したことだろう。
2012年11月にやっと仕留めることが出来た。
d0108737_133324.jpg

場所は、福井県は三国の港から出航してすぐのポイント。
ジギングではなく立て釣りというこの一帯だけの独特の釣り方で挑んでみた。
ただし、この釣りの本命はヒラメ。
よって、鰤は外道となるのだが、それでも良しとしておこう。
d0108737_1334128.jpg

写真中央の島は三国の心霊スポットとして有名な雄島。
d0108737_1334891.jpg

で、この大きい方がブリ84cm。
モジャコ→ツバス→ハマチ→メジロ→ブリと大きさにより名前が変わる典型的な出世魚。
そうなるとブリの定義が問題となる。
釣りを生業とされている遊漁船の方的には小さくってもブリというのが都合よし!
大体の船は全長80cm以上をブリと決めているので、まあ立派なブリと言える。
d0108737_1335547.jpg

流しに置いて、しげしげと眺めてみる。
細い、やせている・・・・・・・・・・
前に買った12キロのと比較すると一目瞭然。
d0108737_134494.jpg

気を取り直して捌いてみると、口の中に錆び錆びの釣り針。
d0108737_134928.jpg

なんともアッサリした、ブリだこと。

これはブリに関わらずよくあることだが、天然だからといって全ての魚が絶品ということはない。

釣り、やめたくなってきた・・・・・・・
が3ヶ月もすると、また挑戦したくなるんやな~~これが。
d0108737_1341647.jpg

******************************************************

釣りだけのネタでは申し訳ないので、美味しい話。
(この写真は春のころの)
毎月第3日曜日の午前中のみ京阪浜大津駅で開催している浜大津こだわり朝市をご存知だろうか?
d0108737_1353976.jpg

どの品も美味しいのだが、この2つを外してはいけない。
まずは、沖島の漁師さんの天ぷら。
d0108737_1355862.jpg

ネタは季節によりワカザギやコアユになったりするが、揚げたてホクホクカリカリがめっちゃ旨い!
部活帰りに、寄り道して食べた揚げたてコロッケを彷彿させてくれる。
d0108737_136747.jpg

そして、このあんころ餅。
目の前の杵で突いた餅をその場で餡にからめて作ってはります。
栃餅と普通のがあるが、私は栃が苦手だから普通(季節により蓬)のを買う。
d0108737_1361777.jpg

すぐ硬くなるから買ったらすぐ食うべし!
なんて表現したらええのか分からんが、ほんま旨い!
次は12月16日の日曜日。
d0108737_1362633.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2012-12-05 13:07 | こだわり