「ほっ」と。キャンペーン
<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2013年 08月 29日
「政所旭仙翠」さん  (滋賀県東近江市)
私のブログに載せているお店は、全てお勧めと思っておられる方にご忠告!
危険なものも存在します。
今回紹介しますのも、まさにそれ!
d0108737_13121512.jpg

暑いお盆の最中に東近江市の政所へ出かけてみた。
永源寺ダム下流の愛知川、えげつない人、人、人、人、ですな~~

それを避けて、かなり危険な香りが漂う「マイミータン」という喫茶店へ。
残念なことにお休み。
d0108737_12593582.jpg

さらに難易度の高いお店へ移動。
この橋がその危険度を示す。
d0108737_130190.jpg

どうやら、この萱葺きの建物が目的物のようだ。
d0108737_1301139.jpg

確か「喫茶&ギャラリー旭仙翠」と、私の見つけた謎のマップには書かれていたが・・・・・・
嫁といっしょに、ここで歩を止め、しばし思案、入るべきか否かを。
d0108737_12592734.jpg

後ずさりする嫁の背中を押しつつ、突入!

入ってびっくり、奥さんが前の間で昼寝してはるやん。
普通の家やんけ~~
「すんませ~~ん」と出ようとしたら「いらっしゃいませ~~」と普通に案内された。
あれ・・・・・・???

そやけど、これ、この後どうしたものやろ・・・・・・・
d0108737_1303162.jpg

BGMはラジオ放送。
FMとかではなく、AMのNHKである。
この場の雰囲気に、馴染みすぎている。
d0108737_131381.jpg

テーブルのカップには沢蟹。
パーツで写真を撮ると、すごく良い印象となってしまうが、周囲は何とも奇妙な雰囲気である。
d0108737_1312679.jpg

とりあえずコーヒーを頼む。
貸切状態ということで、自然にご主人、奥さんとの会話へ進む。

今年の春にこちらをオープンされ、本業は天然岩魚料理のお店とのこと。
昨年までは長野でお店をされていたとか。
とにかく、ご主人が魚釣りが好きで、それは海釣りも川釣りも何でもこなし、その追求ぶりは半端ではない。
予約をいただいて、ご主人自ら完全天然の岩魚を山奥の源流まで釣りにいくとか。
ご主人の言う天然岩魚とは、放流されたものでなく、川で生まれ育った岩魚のこと。
それは放流岩魚とは全く別の魚と思うほど違く凄く、凄~~~~~~~く、美味いとか・・・・・
d0108737_131359.jpg

あかん、ご主人の話をきいているだけで、唾液の分泌が半端ないほど凄いことに。
完全天然の岩魚、食ってみたいものだな。

だけど、もう一度来るのは、遠いしな・・・・・
d0108737_131429.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2013-08-29 13:44 | その他
2013年 08月 20日
越前海岸→敦賀「海鮮料理うおさき」  (福井県)
お盆は、福井の越前海岸へ。

だが、いつもの場所はけっこういっぱい・・・・・・・
ネコの額ていどの浜やしね~~~~
d0108737_15241581.jpg

とぼとぼ、次の場所へ・・・・・・
露天風呂状態やん、ハハハ~~~
こちらは、ダイバーでいっぱい。
ここから出撃して、何ぼか魚突いて帰るとするか!
d0108737_1524745.jpg

晩飯のおかずはいつものここ!
d0108737_15242291.jpg

お盆の最中は、地物の魚も少なく撃沈!
もずくくらい。
d0108737_15242895.jpg

敦賀まで戻って、駅の近くの「鮮魚料理 うおさき」さんへ。
d0108737_15243799.jpg

おすすめ「うにめし」もええな~~
d0108737_1524548.jpg

ううわ~~メニュが多い!
どれにしようか~~
d0108737_1525470.jpg

定食もあるがな~
どれにしようか悩む様は、まるで孤独のグルメの「井之頭五郎」のようだな。
d0108737_15251386.jpg

とりあえず、適当にたのみ奥の厨房を覗く。
おやっさん一人で丁寧に刺身を切り、盛ってはる。
掃除の行き届いた厨房だな~~~
旨い物が出てくる予感がする。
d0108737_15252090.jpg

長男と嫁は「海鮮丼」1500円。
トロマグロ意外は地物です!
「この盆の市場が休みの期間、地物の魚を仕入れるの苦労したんですよ~」と女将さん。
d0108737_15252650.jpg

次男と私の「盛合わせ刺身定食」1780円。
刺身が、少な~~~~~~~~~。
ちょっとがっくりしたが、ヒラマサの刺身がうううう旨~~~~~~~~~~~~~い!
2日ほど寝かして甘み旨味が凝縮しとる!天然地物ならではですな~~
イカも旨い。
めっちゃ旨いのだが、少なすぎ、これは評価に困るな・・・・・。
d0108737_15253573.jpg

「自家製ささづけ」700円。
小鯛とサヨリの昆布締めで酢はしていないのが、うおさき流とか。
これも旨い!
d0108737_15254271.jpg

もう、何が凄いって「すずきのアラ煮」800円強烈~~~~~~。
これは驚きの旨さ!
脂がブリ並みにのりのりやん!
夏が旬で旨いことは知っていたが、ここまで脂がのって旨いとは知らなかった。
すずきみたい、たいしたこと無いだろうと今まで避けていたのだが、目からウロコがポロポロ。
家族4人で過激な争奪戦に突入となった次第です。

天然地物の魚にこだわる方には、なかなかええお店となりますな~~こちら!
d0108737_15254856.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2013-08-20 15:56 | アウトドア(キャンプ、他)
2013年 08月 14日
もうこのパフェが最高!「逢茶 あまな」さん (滋賀県近江八幡市)
今、近江八幡が一番面白い!
古い家を改装しての、個性的なお店が増殖中だから。

ここも八幡掘に面したところにある、古い建物を改装しての新たなお店
d0108737_1032214.jpg

「CAFE CACHE(カフェ カシュ)」さんの後に来てみた。
有名な和た与さんの経営らしい。
私の偏見なのだが、地元有名店経営の新たなお店に面白いものなしと思っている。
d0108737_1031111.jpg

さほど期待をすることもなく、2階に上がってみる。
そこには大正の香りが。
思いのほかくつろげる。
d0108737_104185.jpg

注文の一つは決まっていた。
「あつあつ揚げういろ」500円。
和た与さんのういろは本当に旨い!
それを、あつあつに揚げたもの、どんなものなのか期待が膨らむ!
d0108737_1041489.jpg

熱いものと冷たいもの、いいですやん!
d0108737_1042588.jpg

んんん?・・・・・・・・・・・
いや、別に揚げんでもええのとちゃうか?
が、嫁との共通意見。
d0108737_1045113.jpg

地味~~~~な朝宮ほうじ茶パフェ800円。
まず、最中でソフトクリームをすくって食べる。
おおお~~最中が焼きたてで香ばしい!
さらに、ソフトクリームが旨い!高級なヤツやこれ。
そして、ういろとめっちゃ相性ええ!
中からほうじ茶味の、甘さ抑え目の薫り高いムースとゼリーが!
のおおお~~ほうじ茶の香りが口の中で、弾けよるがな~~~~~~~
バランスがいいし、ううう~~旨い!
さらに、中からは玄米のポン菓子。
これも、エエ仕事しよるな~~~~香ばしさと、少しの塩っけが。

いいいや~~~~~これは、めっちゃくちゃ旨~~~~~~~~~~~~~~~ひイ~~~~
地味やけど、逸品やな。
期待していないなんて、思っていたこと本当に申し訳ない。
偏見はいかんな~~。

一階に下りてお店の方に美味しかった旨伝えると、本当に嬉しそうであった。
「いろいろ考えて開発したんですよ~~~ほとんどが手作りです。」と、苦労報われた感、を全快で表現しておられた。

これはめっけもんやったな!
d0108737_1043850.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2013-08-14 10:05 | 和菓子
2013年 08月 06日
「和みカフェ うららか」さん 「cafe 結」さん (岐阜県不破郡垂井町)
ちょっと遠出して岐阜まで!
岐阜となると、お隣の県であるにも関わらず知らないことだらけ。

まずは昼飯にと選んだ「和みカフェ うららか」さん
d0108737_1571964.jpg

田舎の建替え前の集会所みたいだ。
d0108737_1573579.jpg

カフェもいろいろあるが、ここは野菜を美味しく食べさせることを主としているようだ。

とりあえず私が・・・・・・・・
とメニュから選んで言おうとしたら「私、おばんざいランチの魚!」と先越された!
同じもの頼みゃよい話しなのだが、いろいろ味見したいですやん・・・・・

しかたなく、私が肉・魚・卵・乳を一切使用していない「菜食プレートランチ」・・・・・・
d0108737_1575565.jpg

嫁め、だんだん学んできやがったな~~いつもは決めるの時間かかってたのに・・・・
頼む内容は、私の独断で全て決めていたのだが・・・・・・・・クーデターやなこれは・・・・・

てな女々しいことぶつぶつつぶやきながら、周囲を見回す。
d0108737_158998.jpg

ずいぶん人気があるようで、あっというまに満杯!
予約しておいて助かった~~

しかし、田舎の昭和の家だな!
豪華でなく、庶民の普通の普通の家で何とも懐かしく落ち着く。
d0108737_1528164.jpg

嫁の「おばんざいランチ」1150円。
豆腐も手作りだし、どれも味付けに一工夫されていて美味しい!
d0108737_1583744.jpg

シソがふりかけてあり、ほんのりカレー風味が食欲を引き出してくれる。
d0108737_1584839.jpg

私の「菜食プレート」1200円、ご飯大盛りで仏さんのみたいやん。
本来、これがうららかさんの推しメニュだと思う。
なかなか、美味い!
d0108737_1585780.jpg

***************************************************

さて、腹を膨らませてから、本日の目的の「cafe 結」さん
「うららか」さんから10分ほど山に入ったところにある。
d0108737_1595885.jpg

セルフビルド。
そう、2~3年かけてできうる限り黒川さんや仲間で建てられたお店なのである。
d0108737_1510451.jpg

眺めのいい里山の風景を上手に取り込んだ設計となっている。

これだな!
そうこの土間、土っぽさを表現する為に苦心してはったんやな~~
計画段階からず~~とブログで見ていたから。
d0108737_15101248.jpg

2008年10月のアートインナガハマで黒川さんの木の皿を買わせていただいてから、ブログ等で活動を見させていただいていたのだ。
d0108737_1510263.jpg

なんとも眺めが素晴らしい!
素足に木の床、これもなかなか無い体験で、気持ちがいい。
何より、木の香りがいい!
d0108737_15103564.jpg

cafe結さんは2013年4月にオープン。
明確なhpがあるわけでもなく、住所もはっきり分からない状態だったのだ。
ナビと、ブログで見た山の形などから「こっち方向ちゃうかな~~」という怪しいカンで無事到着。
d0108737_15104479.jpg

黒川さんの木工製品などが置かれた手作りの棚。
d0108737_15105830.jpg

ブルーベリータルト。
バターの薫が素晴らしい逸品!
いやいや本当に美味しかった。

建物、立地、食べ物、何処を切っても商業ベースには無い味わいを感じる。
d0108737_15111364.jpg

お隣の木工所。

cafe結さんのあるこの垂井町は、関が原インターから10分ほどと滋賀からもかなり近い。
滋賀からも是非是非訪ねていただきたいお勧めのcafeである。

店名:cafe結(むすび)
住所:岐阜県不破郡垂井町敷原173
電話:090-7957-3166
オープン日:金10:00~16:00
      土・日13:00~17:00
      月~木は休みです。
d0108737_15112369.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2013-08-06 15:11 | カフェ