「ほっ」と。キャンペーン
<   2014年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2014年 05月 30日
魚三昧  「シーフーズ大谷」はん (京都市)
今日は写真多いで~~~~~~~~~~~!
溜まっていた、魚の写真放出!!!

現在、美味しい魚が欲しいときは京都市中央卸売市場内のシーフーズ大谷さんを利用している。
これは3月29日に仕入れに行ったときの写真。(仲卸だが、一般人も買える)
いやいや~~~仕入れゆうても、魚屋や居酒屋をしているわけやないしな。
単に、シーフーズ大谷さんへ買出しに行くとき使う言葉なだけやし、誤解のないように!
それの方が、雰囲気でるやろ。
d0108737_14102365.jpg

ヨロイイタチウオ、これ食べたいんや~~~
「残念やな~~これ売れてるねん」
と、店頭に並んでいるヤツが全て買える訳ではない。
d0108737_1410473.jpg

チャイロマルハタ
これも絶品らしいのだが、売れている。
いつ食べられるのやら・・・・・・
d0108737_1411680.jpg

で、この日の仕入れはこれ全てで1万円くらいだったと思う。
左上からバイガイ、カイワリ、キンメダイ、ハガツオ、ヒメジ。
d0108737_14245768.jpg

キンメがメインであり一番高かったのだが、そこそこ。
d0108737_14114455.jpg

上のバイガイは想定どおりの美味しさ。
なにより、初体験のカイワリ、これが安いのに、予想に反して上質な脂をまとって旨いのだ!
d0108737_1412192.jpg

ハガツオはカツオ類の中で、最も旨いと私は思っている。
脂が乗った魚好きには、たまらんヤツだ!
d0108737_14121371.jpg

で、髭ののびたこやつ、ヒメジというのだが、食ったことある方、どれくらいおられるかな?

これは本当に安い(600円)のに絶品!
ほぼ期待を裏切らない!
塩焼きは、5000円/キロのアマダイを凌駕するのではないかと、密かに思っている。
焼いた皮めからかすかな海老の香りがして、幸福の世界へ導いてくれる。
我が家では、絶対的な存在となっておるのだ。
是非是非是非、死ぬまでに一度は食べて欲しいのだが、最近見かけないので旬は終わったのかもしれん。(そこは素人なのでわからん)
d0108737_14122358.jpg

****************************************************

これは5月3日の写真だな。
今年のGWはどこにも出かけないから、美味しい魚でも買おかと、シーフース大谷さんへ電話して、送ってもらったもの。
まずは、スズキ(2.7キロ)
「芸がないけど、今は安くてお買い得ですよ」との言葉で買ってみた。
まあ、ぎりぎりスズキと言えるサイズかな。
見た目、雨に濡れた野良犬みたいにみすぼらしいが大丈夫、と疑ったことお許しいただきたい。
お勧めに外れはほぼ無いから安心して。
d0108737_14123854.jpg



「送ってもらったら、次の日到着だから鮮度は大丈夫?」と思われるんじゃ、ないでしょうか?
の~~~ぷろぶれむ!
魚は鮮度が命ではなく、質が命だと思うようになってきた。
このスズキには脳天に穴が、そして尾も切断されているのだが、神経〆の痕跡。
d0108737_14151833.jpgd0108737_14152789.jpg


このころは1000円/キロでこの一匹2700円。
夏に近づくにつれ高くなるらしいのだが、本当にめっちゃくちゃ旨かった!
時々釣れたりするのだが、たいがいたいして美味しくないのに、なぜこんなに旨いのだ???
d0108737_1416641.jpg

メインは超大型チカメキントキ、1.7キロで一匹3800円くらいだった。
これ、たまに小型は釣りの外道で手に入れるのだが、あまり美味しい印象は無かった。
d0108737_14162047.jpg

こここれが、捌いてる最中に爪と身の間に、刺さりよった~~~~~~~
スパイ映画の拷問みたいな状況で、ええおっさんが絶叫してしもたがな。

あぶないやつや~~~~~~~~~~!!!
d0108737_14164669.jpg

皮目を焼いてみた。

仕返しとして、火あぶりの刑じゃ~~
d0108737_14173129.jpg

これ、うにの瓶詰め。
重宝しよるんやわ~~
d0108737_14174439.jpg

上のウニと生クリームとバターと牛乳、コンソメ少々でウニソースの完成!
もう少し上品にできたらよかったのだが、味わいは絶品!
d0108737_1418119.jpg

右側は、大型キンメの刺身、これがなんとも言えん旨さ!
皮は硬すぎで、無いほうがよかった気がする。

手前左側がスズキ。
これも旨いのだが、スズキは火を上手に通してこそ真価を発揮する魚のような気がする。
d0108737_14181259.jpg

アラの味噌汁。
赤い魚は、こうすると美味しそうに見えますな~~~
実際、美味しかったけど。
d0108737_14182538.jpg

***************************************************

チカメキントキ、獲れて2~3日ほどかな?
またまだ身が固く、キッチンペーパーに包んで2日寝かせてみた。
d0108737_1419986.jpg

ううううっそ~~~~もっちりで、めっちゃ甘く、美味しくなってるやん!
d0108737_14222419.jpg

上品な旨みが、凝縮しとる!
下魚と勝手に思い込んでいたチカメキントキも、大きさ食べ方によりこんなに変わるものなんだ~

写真を整理していると、明日の土曜日、そろそろ仕入れに出かようかな~という気になってきた。
朝が早いのが難儀なんやな~~~
5時~6時ごろがベスト。
d0108737_14223569.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2014-05-30 15:14 | こだわり
2014年 05月 22日
「VERT DE GRIS 」さん  (京都府木津市)
何気なく信楽経由で京都南部へ出かけてみた。
「VERT DE GRIS (ヴェール・デ・グリ)」さんへ。
d0108737_16555662.jpg

昭和の、いやトトロの時代の香りが残ったポンプ小屋。
木津川の水を奈良方面へせっせと送っていたそうだが、今はお役御免となりこのようなカフェへ。
d0108737_1656713.jpg

こんな建物が、もし滋賀で売りに出たなら即買うのに。
d0108737_16561454.jpg

カリーと紫蘇のピザをお願いしてみた。
d0108737_16562258.jpg

上手に内装が出来上がっている。
トトロの時代をそのまま残した仕上がりだ。
d0108737_16563099.jpg

ここの、半分は花屋さんのスペースで、カフェは4卓のみ。
すぐに満杯になってしまう。
遠方から行く場合は要注意。
d0108737_16564042.jpg

ポンプも残してある。

この日は母にの日で、花が飛ぶように売れていて店員さんもばたばた。
「いつもは、こうではないんですよ~~」とのこと。
雰囲気もいいのだが、それ以上に接客していただく方の優しさを感じる。
「この仕事が好きなんです!」という気持ちが伝わる。
嫁と、上手にいい人を探さはるな~~と感心していた。
d0108737_16565235.jpg

トマトの酸味が利いたカリー。
なかなか美味しい。
d0108737_1657473.jpg

これは家で使える!!!!
紫蘇とチーズが合う合う!
d0108737_16571383.jpg

手作りで、こつこつ仕上げていかれた様子をアルバムで残しておられた。
こんな建物を手に入れられたなら挑戦して見たいものだが、われわれだと完成まで10年はかかるだろうな。
家のちょっとした棚ですら3ヶ月仕事だからな~
d0108737_16572076.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2014-05-22 17:25 | カフェ
2014年 05月 15日
洋食屋さんの「カシトラ」さん (滋賀県守山市)
姉と嫁、そして私のそれぞれの車を守山の陸運局でユーザー車検を終え、昼飯へ。
来たのは守山駅前商店街にある「カシトラ」さん。


ユーザー車検、けっこう気力使うんやわ~~~
開放されて食欲全開!
d0108737_15125346.jpg

なかなかの人気で外で順番待ち。
客の大半はおなじみさんみたいだ。
d0108737_15131047.jpg

今時珍しいショーケース。
これね、田舎者、特に私の年代ではテンション上がるですわ~~
子どものころ草津線使って京都に出かけ、食堂のショーケース、どれにしようかワクワクしながら眺めていたんだわ。
今でもこれ見ると、不思議と嬉しくなる。
d0108737_15152076.jpg

やっぱりこれかな!
d0108737_1515374.jpg

さらに悩んでお店のお姉さんお勧めのカシトラランチ1080円。
d0108737_15155978.jpg

創業50年位とのことで、それをシャンデリアが証明している。
老舗には若すぎだが、滋賀としては十分古きよき洋食屋の部類に入るのではないかな。
d0108737_15161165.jpg

姉と嫁のハンバーグ。
d0108737_15162215.jpg

私のカシトラランチ。
牛肉の焼き加減が絶妙!
なんとも気取りの無い昼飯にうってつけだなこれ。

次回はとオムライスにカツ、さらにデミソースがかかっているやつを食おう!
CPもええし、近くに来たらもう一度来たい!
d0108737_15163448.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2014-05-15 15:36 | 老舗
2014年 05月 08日
「ふじっこぱん」さん 「CAFE SNUG」さん (三重県三重郡)
知り合いから、時々「いったい、どのお店が本当はお勧めなのか?」と聞かれる。
特に、パンでは?と聞かれたらこの「ふじっこぱん」さんと答えるのではないかな。
当然他にもお気に入りはたくさんあれど、天然酵母としての食べやすさとシンプルさではピカイチだと思う。
d0108737_14375784.jpg

めずらしくGWはどこへも出かけず、ネットで遊んでいて、ふじっこぱんさんが「CAFE SNUG」さんでパンを販売してはる日(5月6日)であることが判明。
久しぶりに食べたいと、新名神にて三重は菰野町まで走る。
(2012年2月のふじっこぱんさんの記事)
d0108737_14352216.jpg

この「CAFE SNUG」さんも味わい深く、人気店のようだ。
これは・・・・・多分なら・・・・女性比率が高いんだろうな~~と、ため息つきながらドアをくぐる。
d0108737_14352991.jpg

1,2,3人・・・・・・100%女性で、しかも満杯。
嫁同伴とはいえ、おっさんと不釣合いなお店に、本当に入りづらくなってきた今日この頃である。

よかった!パンはたっぷりあったがな~~~。
代金はふじっこさんに直接支払うようだ。
そのふじっこさんは、カウンターで食事中。
d0108737_14354068.jpg

お隣に嫁と座らせていただき、パンの話を少し聞かせていただいた。
「普通に作っていますよ!深く考えず、酵母と上手に付き合ったらいいねん」というあっさりした方です。
「海の向こうでは日常的に食べていて、われわれのごはんみたいなもんなんやから、シンプルに考えることやね」
なるほど~~~~。
d0108737_14355036.jpg

なにげに「CAFE SNUG」さんのパンプキン・チーズケーキ、これうっま~~~~~~~~~~~~~!
d0108737_14355717.jpg

ここのパンは、小麦の味わいを楽しむという感じで、菓子パン系は少ない。
ちぎって、バターを少しぬって、口へ放り込む。
かみ締めると小麦の味わいがじゅわ~~と染み出てくる、そんなパン。
d0108737_14362251.jpg

自宅販売が5月17日(土)、5月31日(土)にあるので試してみて。
10時から販売で、予約は10時30分。
遠方から行く場合は予約しておく方がいい。
「2000円分、適当に入れておいて下さい」とかざっくりとお願いしておくといい。
d0108737_14362919.jpg

夜はパスタにしようかと思ったが、焼肉とパンで!
ピタパンにレア状態の肉を挟みこんで、ううううま~~~~~~~~~~~~!!!!
d0108737_14363974.jpg

*****************************************************
番外編で!
最近はまっている“すき焼き肉”。
d0108737_14364846.jpg

なんんてことはない、エバラすき焼きのたれにすき焼き用の肉を絡ませて焼くのみ!
肉は安くてもいいが黒毛和牛であってほしい。
d0108737_1437177.jpg

いたってシンプルだが、京都のすき焼き屋さんのあの最初の一枚目の肉に、少し近づきたく考案してみた。
ごっちゃ煮してしまう、田舎のすき焼きとは一味違うで。
d0108737_1437877.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2014-05-08 15:24 | パン
2014年 05月 01日
「ヴォーリズ(旧水口図書館)春の日マルシェ」  (滋賀県甲賀市)
4月29日、円舞曲の森田さん企画のイベント。
行くことは決まっていたのだが、何時に行くべきかが問題。
d0108737_1752070.jpg

10:30から始まっていたのだが、11:30ごろ到着。
車も多いし、これはやっちまった~~~遅すぎた。
d0108737_1722942.jpg

人でいっぱいやんか~~
d0108737_1725026.jpg

ひさしぶりの「ワイルドキッチン」さん。
「あと3個だけですわ~~~」
おお・ま・いが~~~これが怖かったんやわ!
アップルパンを買おうと決めていたのに・・・・・売り切で涙涙涙。
この状況で残り全部、は申し訳ない気がして2個のみ持ち帰り。
d0108737_173456.jpg

で、隣の「晴粒」さんは、この木箱にこれ一個???
「見本ですか??」
いえ、これが最後の一個、ありがたく頂きました。
d0108737_1731456.jpg

いろいろ持ってきてはったのに、ほとんど売り切れていたのだ。

来るのが遅すぎだ・・・・・・
d0108737_1735447.jpg

草津市の「おべんとう屋、結び月」さん。
こちらは、初対面のお店だ。
お弁当一ついただこう。

最近はまっている「しあわせな花屋」さんも出店。
だが、うかうかしている間にパイは売り切れ。

「甲賀バウム」さんのバウムクーヘンは持ち帰れた。
d0108737_1741126.jpg

*************************************************
2階は、さらに多くのお客様。
小さなお店は「te-no-hira」さん。
ほのぼのする温かい作品。
展示の仕方も上手いんだわ~~

5月3日からは信楽の作家市に出店予定。
d0108737_1743194.jpg

美大生のお店。
d0108737_1743822.jpg

これが若い女性に人気とか。
上手にキモさが表現されている。
リアル実物おやじは嫌われるのに、なぜこれが売れるのだ???魔よけか?
おっさんとして、複雑な心境だが、不思議とこの絵に惹かれる。
d0108737_1744544.jpg

二階もこんなに人気。

次回も楽しみにしていますよ、森田さん。(ちょっとお疲れみたいでしたが、ニコニコ)
d0108737_17561.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2014-05-01 17:07 | イベント