<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2015年 02月 27日
ケーキの「MILK」さん 「もったい農園」さんのプリン (滋賀県甲賀市)
滋賀県の県立高校の一次受験倍率が発表されましたね~~~
いや、それがどうしたというわけではないのですが・・・・・・

そうそう、田んぼの真ん中にあるケーキ屋さんに先日行ってきましたわ。
「MILK」さん。
窓も無いし、遠目では農業倉庫にしか見えないのだが、近くで見るとシンプルなデザインでかっこいい!
d0108737_14421615.jpg

中はこんな感じ。
d0108737_14514873.jpg

だいたい400円前後の価格帯。
d0108737_14424191.jpg

イーインも可能。
d0108737_14425039.jpg

嫁とコーヒーすすりながらのんびり。
辺鄙な場所ですが、お客さんは次々入ってこられ、びっくり。
なかなか人気のようですな~

なんやな、普通に綺麗で洗練されたお店はええねんこど、コメントが殺風景になってしまうな・・・・
d0108737_14425914.jpg

**************************************************
上の記事だけでは、何なので、幻となってしまった記事を。
「リカーたちばな」さんで売ってはるもの。
d0108737_1443887.jpg

数年前、一度このプリンを載せたのですが勘違いで消去してしまったのである。
また、機会があれば載せさせてもらおうと思ったきり、数年が経過してしまったというわけなのだ。
d0108737_14431866.jpg

「もったい農園」さんが手塩にかけて育てた鳥が産んだ平飼い卵で使られた贅沢プリン。
説明がいやに長くなったが、こだわりのプリンゆうことやわ。
わすれたことに、ふと買いに走るのだ。
d0108737_14432795.jpg

美味い!
卵の味が前面に出たシンプルなプリン。
d0108737_14433597.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-02-27 15:15 | こだわり
2015年 02月 18日
糸切り餅の「ひしや」さん   (滋賀県多賀町)
昨日、録画の秘密のケンミンSHOWを見ていて、大阪府民はあのソース二度付け禁止の櫛カツをあまり食べないというネタに大笑いしていた。
あああ~~なるほど~~。
嫁も大阪出身で、さも食っていたようなこと言っていたが、やっぱりほとんど食ったことなかったんや~~~
いや~~これ、あるあるやな~~~

ということで、滋賀にもそんな名物が存在する。
多賀にある糸切り餅なんぞは、そうちゃうかな?

といっても、私は機会があると赤福とこれは買うのだが。
今回、今も伸ばして伸ばしての手作りしてはる「ひしや」で買ってみた。
d0108737_15323145.jpg

「いつもやと、作業してはるねんけど~~」とのこと。
昔は、多賀大社前の元祖と本家のお店も見せ前で伸ばしてはったものである。
d0108737_15324457.jpg

15個入り1000円位?。
d0108737_15325237.jpg

おお、これはぜんぜん違うな~~
やわやわで、ヘラ使わないと取れない。

美味いといっても、滋賀の住民でわざわざ好きで買う人、私以外にいるのかな??

そうそう、仕事が・・・・・・
忙しいとは、決して、決して言わないようにして淡々とこなしてはいろのだが、一言だけ言わしてほしい。
忙しいがな~~~~

すっきりした、頑張ろう!
d0108737_1533211.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-02-18 15:43 | 和菓子
2015年 02月 10日
手作りドーナツ「ワッカ」さん (滋賀県犬上郡多賀町)
仕事が、佳境に入ってきた!
この時期が一番忙しく、そして面白い。
少しの休憩も大切。

受験では、穴の開いたものが縁起がいいという(たぶん・・・・)。
先の見通しが利くということで。
d0108737_13555879.jpg

ということで滋賀県犬上郡多賀町にある「ワッカ」さんというお店。
前回に来たときのお店から50Mほど移動されてる。
d0108737_135695.jpg

お客さんのスペースが狭く、服屋さんの更衣室並や、ハハハ~~
だけど、なんかそれが新鮮で、お店の方との距離感が近い。
d0108737_13562033.jpg

シンプルな味わいで本当に美味い!

子どもたちはというと、ミスドの味がデフォになっているから受け入れにくいようだ。
もっと、味覚を成長させろよな!
d0108737_13563621.jpg

他にもいろいろ商品があるようだ。
d0108737_13564859.jpg

ベーグルも。
もっと近かったら頻繁に来るのに、とにかくここまでが遠い!
こちら方面へ来られた際は是非どうぞ。
d0108737_13565864.jpg

***************************************************
ネタが変わって今年の寒鰤。

毎年買っては、いやというほど毎日食べて、飽きて、「来年は、もう買わへんわ・・・」と宣言して、一年がたってまた買う、これの繰り返して笑えてくる。
まあ嫁も半分あきらめている。
d0108737_1357619.jpg

今年も購入は京都中央卸売市場の仲買「シーフーズ大谷」さんより。
壱岐の一本釣り12キロ、血抜き神経締めのもので1800円/キロ。
半身なので、10800円(税、送料別)
毎年1月の末から2月上旬は天然寒鰤が暴落して激安(1000円/キロ以下)になるのだが、ちょっと高いのに手を出してみた。
d0108737_13571561.jpg

味わいは、まあまあ。
最近、寒鰤になにを求めているのかが、はっきりしてきた。
それは、この写真の正面に写っている腹身ではなく、シルクのような繊細な脂をまとった背の身なのである。
まあ、マグロで言えば中トロと呼ばれる部位。
そこがやはり抜群に美味い!
そこに見事な脂をまとう鰤は13キロ級になるし、なかなか出会えない。
重さだけではないような気もするし。
富山の氷見ブリだからといって、背の身が見事とも思えないし。
とにかく山陰から九州にかけてのブリは怪しいような気もするし・・・・・
いやいや、全くわからない。
「来年は買わない」宣言をしてしまったが、いろいろ考えるとやはり来年も買うことになる。
やっぱり天然ものは奥が深いね~~~
d0108737_13572352.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-02-10 13:57 | 洋菓子
2015年 02月 03日
今年も絶品やった「TAKAGIファーム」さんのイチゴ  (滋賀県東近江市)
美味しい果物があるとして、どれくらいの遠さまで買いに行けるかは、その種類による。
葡萄なら、ひょっとすると日本全国どこへでも行くかもしれない。
それくらい、味、香りの差が激しいものである。
そういう意味ではイチゴはせいぜい10km位しか買い求めに走れない評価であったのだが、たまたまここのイチゴを食べて考えが変わった。
100km位は走れそうだ。

昨年も載せているTAKAGIファームさんのイチゴ。
是非、食べてほしい。
d0108737_13523284.jpg

今シーズンは一番最初に採れた長男紅ほっぺを食べるぞ!と去年の12月ごろから狙っていた。
だが、日照不足で今やっと少しずつ収穫できるようになったということ。
d0108737_1352461.jpg

無理を言って大粒のをそろえていただいた!
比較するものが無いからわかりにくいが、赤ちゃんのゲンコツほどある。
一口では無理。
この一箱で750円。
d0108737_13525492.jpg

普通はこんな大きさ。(この箱は大きいヤツです)
不思議と、イチゴは大きいほうが美味しいイメージがあるが、関係ないみたい。
試食させてもらっても、違いは無かった。
d0108737_1353281.jpg

「大きくなりすぎると穴があくんですよ~~」とのこと。
d0108737_13531218.jpg

味は?
聞くより先にパクリ!
うううううううううううう美味い~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!
甘み、酸味、香り、そのバランスがたまらない!
ここのイチゴは、絶対何かを足してはいけない。
練乳、アイスクリーム、砂糖、不可である。
一口食べて、目をふさぎ、イチゴの香りの余韻に浸り、若かりし甘酸っぱい思い出を引っ張り出すのだ。
d0108737_13531919.jpg

場所は東近江市建部下野町。
上記あたりを適当に探して。
必ず坪田トシ子さんに連絡・予約してから行くべし!
お勧めは紅ほっぺで、大きさは基本リクエストできない。
重要なことは、必ず2月中、というより早く行くべし!
イチゴは、早く生る実が美味いのであって、暖かく春を感じる時期では遅いのだ。
d0108737_13532592.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-02-03 14:20 | こだわり