「ほっ」と。キャンペーン
<   2015年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2015年 03月 25日
土佐へ行ってきた!
息子達の高校入試、大学入試も無事終わった!
塾の受験もほぼ思い通りの結果で、あああああ~~~開放感120%。

で、表題の通り土佐へ!
d0108737_046668.jpg

この時期は、文旦というものが美味しいとのこと。
2月ごろのもぎ取り、熟成したうえ3~4月に順次出荷されていく。
d0108737_0465662.jpg

訪れたのは白木果樹園
出荷最盛期なのにいろいろ説明いただいた!
しかも、一個丸ごとの試食まで。
d0108737_0471491.jpg

グレープフルーツの仲間だとのことで、まさにそれに近い味わい。
九州のボンタンも仲間であるが、はるかにこちらの方が美味い。
d0108737_0472093.jpg

これは土佐小夏で、もうすぐ収穫。
d0108737_0472798.jpg

「皮したの白いふわふわしたものが甘いから」とのこと。
うううわ~~濃い味わいやわ~~
美味い!

色々試食して10個2500円で文旦を購入。
d0108737_0473457.jpg

文旦を引っ下げて、宿へ。
高知市中土佐にある黒潮本陣のコテージを利用。
d0108737_047455.jpg

階段が30段。
d0108737_0475220.jpg

階段には参ったが、「土佐の一本釣り」の舞台となった久礼の漁港が見下ろせる部屋。
d0108737_0475827.jpg

バルコニーからの景色も凄い!
今回は、ここで2泊してあちこちへ気ままに出かける予定だ。
d0108737_04879.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-03-25 01:09 | 旅行
2015年 03月 15日
「ハクナマタタ」   (滋賀県甲賀市)
前から行ってみたいと思いつつ、なかなか行けなかったお店
甲賀市は土山町の鮎川という山奥の集落にあるカフェ。
こんな辺鄙な場所で、30年以上営業されておられるというから、不思議だ。
d0108737_1545879.jpg

ううううそやろ~~~~満杯!
しかも待っている方、3組。

青土ダムの奥だけに、とにかく静かで気持ちええし。
外をぶらぶらしながら待つこととしよう。
他に行く店もないし、選択はそれしかない。
d0108737_15451769.jpg

店前の席が空いたので注文するものを決める。
d0108737_15452510.jpg

連花茶・・・・・・はすちゃ、読めなかった、汗。
d0108737_15453774.jpg

アジアを意識した食べ物が多いのか?
d0108737_15461689.jpg

30分後、やっと店内へ。
とにかくケーキに悩む。
オーナーのブログでは、薬膳パウンドケーキが赤字率no1とのこと。
薬膳とか体にいいワードは、美味くないイメージがつきまとい選べない。
無難にホワイトチョコケーキ400円で(←赤字率no3)。
d0108737_1546431.jpg

現在の店主で3代目で、ちょうど一年前に交代したばかりとか。
建物は初代店主の昭和の香りと、旅行好き女性店主の好みの備品が混ざり合って面白い空間である。
完成しすぎた作品のような内装のカフェより、はるかに落ち着く。
d0108737_15465439.jpg

嫁のインドネシア風のワンプレートランチ。
金額は忘れたが、アジアンな味わい。
d0108737_15481622.jpg

d0108737_1548279.jpg

私のチキン南蛮プレート。
これが、この店の名物らしく、先代の女性店主から受け継がれたものか?

お店が少し落ち着いたこと、店主と話したのだが、まあ気さくで元気な方だわ。
途中、鮎川のおじいちゃんが遊びに入ってこられたのだが、満杯で申し訳なさそうに謝っておられた。
普段は、地元の方にも受け入れられたゆったりしたお店なのかもしれない。
d0108737_161592.jpg

うううううううう美味い!
これか~~~~~~~順番待ちの原因は!
ホワイトチョコが濃厚で中のベリーの酸味があっさりさせてくれて絶妙!
これは値打ちアリやわ~~~~人気の理由がわかった!
d0108737_1548382.jpg

ちょっと遠いけど、ホワイトボードに書かれた6種のケーキを制覇せずにはおれない、そんなお店だ。
ブログ見ていてのこだわりが十分感じられた一品だわ。
d0108737_15484813.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-03-15 15:47 | カフェ
2015年 03月 07日
「手打ちそば やまだ庵」さん (三重県伊賀市)
ちょっと好きになってしまった「伊賀風土MARKET」。
その帰りに、ふらっと歩いていけるお店へ。
d0108737_1730221.jpg

本当に目立たない蕎麦屋さん
ちょうど市役所の向かいに存在している。
なんとなくだが、美味しいお店が存在する環境ではないような気がするが、とりあえず入ってみる。
d0108737_17303226.jpg

室内の装飾、掃除の状態で、なんとなくだが店主の実直さやこだわりが香ってくる。
茨城県ご出身なのか、そちら方面のものが多く置かれてある。
d0108737_17323226.jpg

昼時ではあるが、われわれ夫婦のみ。
寂しい雰囲気ではあるが、とりあえず"ざるそば(大)”を2つ。
d0108737_17324182.jpg

メニュをめくっていても、なんとなく蕎麦が出てくるのが楽しみになってくる。
d0108737_17325576.jpg

了解!
いつもは、つゆに入れてしまっているが今日はやめておこう。
d0108737_1733393.jpg

白くて美しい蕎麦だ。
蕎麦猪口も藍の手書きでいい>
d0108737_17331255.jpg

ううううううう美味い!
が、蕎麦でウンチク語れるほどのツウではないので感想は割愛。

何より嬉しいのは、偶然ひょいっと入ったお店が本物志向であったこと。
なんか、小額の宝くじにあたったような、そんな小さな嬉しさかな。
d0108737_17332041.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-03-07 18:06 | 蕎麦