<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2016年 02月 25日
「嘉原」さん (滋賀県草津市)
昔に勤めていた会社の旧友に誘われて、南草津(南草津駅前)へ。
「美味しい、行きつけのお店やし」と、その呑み助が選んだお店は“嘉原”さん。
調べると、珍しいことに食べログに載っていない。
開店されて浅いからか。
d0108737_1511029.jpg

料理人さんとの垣根の低い割烹料理店さんやわ。
全てのネタ・調理を見て楽しみながら、出てくるのを待つ。

付け出しはアワビの酒蒸し。
ええ?味わ?って。
美味いにきまっとるがな~ハハハ。
d0108737_151199.jpg

イカはマイカかケンサキかな?
それが一番美味かった。
寝かせて甘みを出しているそうだ。
後はマダイとクロマグロ。
d0108737_15111759.jpg

煮ダコ。
といっても想像しているすし屋の煮ダコとは違う。
d0108737_15112524.jpg

ヒラメの昆布〆。
ヒラメの美味しい季節もあと少しだな~~
d0108737_15113212.jpg

これが、この日一番の大ヒット!
しゃきしゃきトリガイ。
いったい、今まで食べとったやつは、なんだったんだろう。
というほど美味かった。
d0108737_15114135.jpg

煮アナゴ。
この類に外れなしやわな~~美味い。
d0108737_15115261.jpg

煮牡蠣。
まさにこの季節の牡蠣らしく大きくプリップリだわ。
そやけど、牡蠣の美味いのはいっぱい食べられるから、驚きはないかな。
d0108737_15115936.jpg

フグの白子。
そらあ~~た、美味いの間違いないわな~~
ああああ~~永遠に食い終わらないでくれ~~と祈りたくなる。
d0108737_15122499.jpg

白魚の天ぷら。
春ですな~~
d0108737_15123411.jpg

サワラのタタキ。
ちゃんと藁で炙ってだしてくれはります。
一番いい部位を選んでいただいた!
d0108737_1512427.jpg

焼きシイタケと白ネギ。

とにかく、ストップというまで出してくれはります。
「どこまで、食べはるねやろ・・・・」と大将と旧友。
今、腹7分目やし、もうちょっとだけ食べるわ。
d0108737_15125022.jpg

ねこんぶ。

大将は、元ホテルの料理人。ちょうど1年前くらいに独立して、この店を開かれたとか。
「実家は魚屋で、継ごうかとも最初は考えていたんです」とのこと。
魚ばかり食べてますが、牛肉ステーキも独特の火の通し方で、うならせること間違いなしとか。
d0108737_15125760.jpg

そろそろ、ラストにしようかで、出していただいたウナギの白焼き。

目の前に炭火があって、そこでいろんなものに火を通して出してくださる。
それも、こちらの特徴かな。
d0108737_1513556.jpg

〆に煮物サラダ。
野菜の煮物が入っているんんやけど、なかなか美味い。

これで、飲み代込みで2人で3万円ジャスト。
そこそこの値段やけど、品質を考えると、納得かな。
d0108737_15131413.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-02-25 15:44 | 和食
2016年 02月 18日
「日本料理朔(さく)」さん 「ホーム・コーヒー・ロースト」さん (三重県津市)
予約のお店は、苦手だ。
いつも、その日の気分で遊びに行くから。

三重県の美杉にあるこの「朔(さく)」さん、行きたいと思いつつ半年かかってやっとの訪問である。
予約表を見たら、珍しく空いていたので2日前に予約してだ。
d0108737_1555025.jpg

とにかく、誘導看板がええ感じやさかい、全て公開。

そう、川を越えるのである。
d0108737_156011.jpg

美杉の里山という表現が正しいかも。
その奥へと、誘導してくれる。
d0108737_156967.jpg

到着。
道の右側は渓流が。
d0108737_1561769.jpg

人懐こいヤギが、出迎えてくれる。
お店は、奥に見える建物。
d0108737_1562833.jpg

元々は、梅ばあさんという方が住んでおられた地所。
それを購入され、コツコツ改装し、昨年にオープンされた。
d0108737_1565918.jpg

素晴らしい杉のカウンターへ案内していただいたのは、奥さん。
この日は、こちら2人を含め4人だけで、ゆっくりできた。
料理はお任せのみで3500円(3月4300円)
食前酒、ではなく、ええっとなんだっけ、とにかく柑橘類の濃厚果汁???
酸味が、胃に食事の準備をしろと、促してくれる。
d0108737_1571036.jpg

前も、後ろも大きなガラスで、自然の中にいるような気持ちになる。

ご主人も奥さんも、美大出身。
手前の瓜は、紙と粘土で奥さんが作成された。
食事だけでなく、全ての細部にこだわりを感じる。
d0108737_1572255.jpg

前菜、美杉の黒豆、サザエ、しいたけと鹿・・・・・・・
手前は寒ヒラメのにぎり。
「黒豆、旧正月ということで準備しました。このあたりでは、直ぐサルが食べてしまうから、その豆は貴重なんですよ」とのこと。サザエは奥さんの実家近くの海のです」とご主人。
d0108737_1573140.jpg

「アマゴを一時間半、炭火で焼いてます。頭からどうぞ!」とご主人。
真っ黒やねけど・・・・・・・
頭からぱっくり・・・・・・ううううううう美味い!
こんな火の入れ方があるんや。
骨の美味しさもいっしょに味わうということ。

この器は、奥さんの作品で、水面を表現されているんだろう。
d0108737_1537957.jpg

くみ上げ豆腐にふきのとうの天ぷら。
春を感じる苦さがええ。

そうそう、「嫁よ、この朔さんでの食事が、バレンタインのチョコのお返しやからな~」
ふと今、思いついたわ!
これで、一つの今年の難題が解決したわ。
d0108737_1575310.jpg

特筆すべきは、この鹿の炭火ロースト。
鹿肉は不味いという認識だっただけに、これには驚いた。
ご主人は「とにかく天才的な鹿獲り名人(古田洋隆さん)がおられ、その方の技術のおかげ」と言われる。
その話を書くと長くなるので割愛。

まず変な臭みがない。
味わいは極めて淡白だが、その奥に野生の微かな旨味が、山の旨味というか、それが存在する。
牛でも豚でも鳥でもなく、野生の鹿の味ってこうなんだと、初めて感じる、見過ごしてしまいそうな味だ。
それは、血の臭みや、生姜などの臭みを消す薬味を使ったら、絶対に出会えない、繊細なもの。
魚で言えば牛がマグロなら、鹿はヒラメのような存在だな。
ご主人は、その味を知ってもらいたいがために、あえて味付けをシンプルにされておられるのだろう。
こ美杉の鹿を、この美杉のこの地に食べに来る値打ちのある一皿だと感じた。
d0108737_158597.jpg

〆は、かまどのごはん。
途中、めっちゃけむたかったが、これを食べたら、まるで自分も炊くのに参加した気分になった。
「米も作っているんですよ~~。不耕起栽培という方法で・・・はぁ~~~」とご主人。
最後の「はぁ~」は、なんでも、かんでも、やってしまうんだよな~~を表していたのだと思う。
d0108737_15832100.jpg

おかわりはおこげ。
全部で3杯食べました。
d0108737_1584154.jpg

デザートは喫茶コーナーへ移動。
景色も変わり、ヤギも見える。

ウニの器(奥さん作)の上に、裏山のニッキの木から作ったというニッキ寒天??やったかな??
d0108737_158515.jpg

滋賀では、まだまだ知られていないと思う、この朔さん。
高速を利用したら、それほど時間はかからないので、是非行ってほしい。
寒いうちは予約が取り易いのではないだろうか。
d0108737_1585843.jpg

*************************************************
朔さんの帰りは、少し道草をして、ホーム・コーヒー・ローストさんへ。
d0108737_1591388.jpg

運がよければ、スコーンの種類がたっぷり!
そしてテイクアウトのコーヒーを飲みながら、心温まる2つのお店の余韻に浸って帰路につく。
最高のバレンタインのお返しスペシャルコースでっせ、お父さん方。
d0108737_1592177.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-02-18 18:43
2016年 02月 11日
「カフェ・ド・ココ」さん 「薪火石窯パン工房アウビング」さん (滋賀県東近江市)
もうスタッドレスは、はずしてもいいのかな~~と思案させてくれる快晴でしたな。
気持ちがいい。
d0108737_2116811.jpg

東近江市にある、南欧の服や雑貨を売っておられるルトンセランさん
その裏手に、カフェがあるみたいなのだわ。
d0108737_2116309.jpg

普通の家ですやん・・・・
靴を脱いでスリッパに履き替える。
d0108737_21165289.jpg

一階はこんな感じ。
正体不明の男性が、「2階がゆっくりできますから」と誘導いただき、2階へ。
d0108737_21175554.jpg

ここ、寝室やったな。
貸し切りでゆっくりできるが、話の続かない夫婦がここに封印されたら、拷問やろな~~
d0108737_2118577.jpg

ガレット登場!!!!
んんん???ナイフ・フォークがないがな。
ご案内いただいた男性、コーヒーも忘れたりと、いろいろ間違えはるので、ご注意を。
d0108737_21181330.jpg

オレンジのクレープ。
クレープは美味いのだが、今度はコーヒーが出てこない・・・・。

ご案内いただいた方が男性なら、いろいろ間違えはるので、復唱して伝えてくださいな。
d0108737_21182734.jpg

************************************************
帰り、久しぶりにアウビングさんへ。
時間が遅いので、残り少しだった。
d0108737_21183930.jpg

この写真は味噌やけど、オレンジのカンパーニュが残ってて、それを持ち帰り。
旨いんだわ~~~
d0108737_21184780.jpg

で、こえも持ち帰り。
キンピラに入れたら結構旨いんやわ。
d0108737_2118545.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-02-11 21:53 | カフェ
2016年 02月 03日
「肉食堂、最後にカツ!」さん (滋賀県大津市)
ずいぶん大きくなった、我が家のにゃん(7ヶ月)。(安直ではあるが、いろいろあって“にゃん”が名前なのである)
イヌ派の私も、不思議な魅力にひきつけられ、毎日ネコグッズをネットで探すありさま。
今日、家に届いたのは、「水洗トイレでしつけ練習キット」3,670円
つまり、人間様の水洗トイレでウ〇コさせることができる、すばらしい商品である。

「それはそれで、ドア開けとかなあかんし大変やで・・・」との嫁の意見で、われに返った私。
それもそやな・・・・・
トイレ行くからドア開けよ!と要求しよって、誰がこたつから出て開けに行くかでもめるわな・・・・・
さらに、ドア開けたら帰ってくるまで待たなあかんし・・・・
「猫が自分でドアを開けるしつけ練習キット」ちゅうのを探さなあかんということか・・・ないなそれ。
申し訳ないがamazonさんに返品するか。
d0108737_14533254.jpg

芸もしないし、来い!といっても来ないし、愛想がまるでないのに、惹かれる。
いや癒されるが正解かも。
さらに、我が家の“にゃん”が一番可愛く思うの、これネコ派になりつつあるってことか?
d0108737_14534012.jpg

で、こちらは肉派の話。
以前、訪問した大津市の島ノ関にある「最後にカツ」さんの関係のお店。
こちらは、かなり牛肉寄りでもある。
d0108737_14535043.jpg

お店の場所が分かりにくい。
大津駅からすぐの、飲み屋街にある。
隣はおふくろの味「ぺし」さんで、その奥が「利ゃん」
想像だが、この肉という看板には「たえこ」とか「はなちゃん」とかが書かれていたのだろう。
d0108737_14535984.jpg

何!俺のカレー黒500円。
心惹かれる・・・・・・・
が、この日は牛肉と決めてある!
初志貫徹。
d0108737_1454951.jpg

狙いはステーキ丼1200円。

店内は男ばかり。
前来た時も狭い店内スーツ姿のオッサンのすし詰め状態。
さすが肉食堂!!!
d0108737_1454418.jpg

で、これがステーキ丼。
ミディアムレア状態で出される。
ちょっと牛肉食いたいな~~ちゅう日が、男には必ずあんねんわ!
何かの勝負が控えている時、ちょっとした仕事の達成感があった日、家でしばらく牛肉が出ない寂しい時(ステーキ出せと言えない現実・・)、等々。
そんな日は、是非この丼を!
d0108737_14552079.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-02-03 15:25 | 洋食