「ほっ」と。キャンペーン
<   2016年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2016年 07月 26日
詩仙堂 「エントツコーヒー舎」さん (京都市)
小さなお寺が、山ほどあるのが京都。
本物もあれば、首をかしげる商業主義のもあり、ラインナップが豊富だ。
d0108737_16141996.jpg

これは見事やわ!
ここ詩仙堂さんは、ヒグラシのなき声が染み入るような、時が止まって感じる美しさがある。
和の底力を、再認識させられる。
メジャー級の寺より、よっぽどいい!
d0108737_16143184.jpg

竹の樋に、木製の樋受け。
昔と変わらないよう、この建物を守り、受け継いでおられる方々の強い意志を感じる。
d0108737_16144071.jpg

*****************************************************
せっかくの京都やし、穴場のカフェで昼飯。
今年の春、この西陣にオープンされたところのエントツコーヒー舎さん。
d0108737_16145383.jpg

自ら1年半かけて改装した、遊び心満載のお店。
これはトイレの扉。
d0108737_16151778.jpg

ここ通るのか??
幅は55cm位か、壁に体をスリスリしながら入っていく。
でっかい私だけが、スリスリするだけで、普通は余裕で通れるで。
d0108737_16153024.jpg

アプローチが狭い分、店内は広く感じるが、写真をよく見ると1間半ないぞ、横幅。
「もともと一軒家だったのを、借りて、改装したんです」と若いオーナーさんが。
d0108737_16154292.jpg

かぼちゃの冷製スープ。

席数は全てで9つ。
満員になっても、売り上げがそんなに多くならないな・・・
夢を追いかけてのこのお店なのかもと思うと、成功してほしいな~
いろいろ考えてしまう。
d0108737_16155826.jpg

コーヒーがメインのお店だが、軽食もある。

隠れ家的で、面白いお店だ。
d0108737_16161126.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-07-26 16:50 | カフェ
2016年 07月 16日
「八右衛門」さん (三重県)
海なしの滋賀県民は、どうしても魚を求めて遠くへ足をのばしてしまう。
これだけ流通が発達しているから、滋賀でも美味しい魚が手に入るようになたとしてもだ。

ここは、三重県の多紀郡多気町にある八右衛門さん。
んん????
おもいっきり山の中ですやん・・・・・
d0108737_22152538.jpg

山中ではあるが、尾鷲まで30分ほど。
複雑な流通経路を通さずに魚をしいれていて、鮮度の高い天然魚にこだわっておられる。

しかし、何を注文したらええものやろうか?
とりあえず刺身か焼きか、揚げかの3択のようだ。
d0108737_22153398.jpg

嫁の刺身定食1,880円。
アズキマス(アコウ)、アオリイカ、ワラサの三種。
イカがめちゃ旨い!
他はあっさり、さっぱり、鮮度抜群刺身。
最近は、大型魚を熟成させて食べることが多くなってきただけに、これもまた良しだな。
d0108737_22154168.jpg

私の店主のお任せ唐揚げ定食1,880円。
異常なデカさ!
こんなん、よう揚げられるな~
d0108737_22154955.jpg

何を揚げてるねんと、よく見ると小鯛の開いたのと、ワラサ(小さい鰤のこと)の頭か・・・・
そら、でっかいはずやわ。
美味いのだが、嫁に手伝ってもろて、食っても食っても、減らない。

なかなか個性的なお店だわ。
d0108737_22155631.jpg


****************************************************

これは、先週あのよくしゃべる姉が作って持ってきてくれたバタークリームのケーキ。

「上手に撮ってや~」と言われていたが、いまいちの写真になったかな・・・
d0108737_2216359.jpg

好みもあるとは思うのだが、旨いんやわ~
少しづつ、流行りだしてとのことやが、すぐにクリームが溶けてしまうのが問題やな。
おそらく冬限定のケーキなんかもしれんな。

また持ってきて下さいな~~今度は、ちゃんと撮りますわ~
d0108737_22161050.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-07-16 22:59 | 和食
2016年 07月 08日
これで3回目!「ビワマス」魚元淡水さん (滋賀県近江八幡市)
7月、梅雨といえばビワマス!
連想ゲームのように、ふっと思い出した。
そして、すぐに行動。

朝の8時に、電話でまずk今日は獲れたか近江八幡の魚元水産さんへ確認。
d0108737_0292724.jpg

「いっぱいあがってますよ~~~~今年のは大きいです。何匹残しておきますか?」
とのことで、でっかいヤツを1匹取り置きお願いして。
よっしゃ~~~走るで~~と、9時に到着!
時間が早いと、ご主人が内臓を取り出して開いてくださる。
d0108737_0294164.jpg

ほんまに大きい!
60cmはゆうに超えている。
2.2キロ(1600円/キロ)で3500円。
しかし、こちらで購入するとめちゃくちゃ安いわ~~
d0108737_0295488.jpg

釣りものほどの品質ではないが、今日のはかなり状態もいい!
「さっきまで、動いていましたから!」とのことだった。
d0108737_0305538.jpg

メスで、少しだが卵をもっていた。
この卵が大きくなるほど身はやせてくる。
まさに今が、旬のど真ん中!
そば出汁に漬けて美味しくいただいた。
d0108737_031243.jpg

いや~~ええ感じの脂ののり具合だわ。
時鮭とええ勝負するで!
d0108737_031982.jpg

切り分けたはいいが、えらいこっちゃ!
ウロコを取るの忘れてたやんか~~

この魚は、全く魚の生臭さがない!
無臭といってもいいくらいだが、鮮度の問題なのかビワマスの特徴なのか。
さらに、歩留まりが極めて高く、アラがほとんど出ない。
d0108737_0311643.jpg

味噌漬けの作り方。
1、薄めに、塩を切り身に振り、半日~1日置く。
2、味噌に漬ける。(白味噌、酒少々、みりん少々)
3、2~4日ほど漬けて、水洗いして焼いて食べるのみ。
一番難しいのが1の塩加減。これでよく失敗してしまうが、今回は大成功!
料亭の味わいですがな!
d0108737_0312922.jpg

うううううま~~~~ひ~~
だが、鮮度がよすぎで本当の実力が出きっていない!
2日ほど寝かし熟成させると至福の旨さになるだろう。
d0108737_0314743.jpg

魚を一切食べない、一歳になった我が家のニャンちゃん。

滋賀県民なら、絶対ビワマスを食べてほしい!
大きい方が、美味しい確率が高いと思うから、それを参考に。
d0108737_0315334.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-07-08 00:32 | こだわり