<   2016年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2016年 12月 27日
「兵主マルシェ」 「るぅた」  (滋賀県大津市、野洲市)
激務、とは出来るだけ書かないようにしているが、師が走るという暦どおり、忙しい。
なかなか出かけられないから10月に出かけた兵主マルシェのことを。
d0108737_16445455.jpg

お世話になった中井あけみさんが、出展されておられるらしい。

滋賀って、普通に存在する神社の、歴史が桁外れに古かったりする、ありがたい県だ。
だが、日常生活とは無縁のことで、忘れらがちになってしまうことが、現状なのかも。
d0108737_1645582.jpg

こういった催しは、その存在を思い出させてくれたりするよな。

りんごアメとあるが、トマトアメが!
d0108737_16453383.jpg

美味いのでは?
と思ったが、普通であった。
たこ焼きにはやはりタコが一番なのと同じで、りんごアメはりんごが一番かも!
(わけのわからん、話になっとるわ・・・・・)
d0108737_16454471.jpg

中井あけみさん、そしてお世話になった藤岡いずみさんも一緒に、伝統的ビワマスを使った兵主丼を提供されておられた。
d0108737_16455718.jpg

ぅぅぅ美味い!
たらん、一杯ではたらん、あと3杯はいけるで!
いやいや減量や・・・・・・
d0108737_1646859.jpg

本殿、立派ですやん!
d0108737_16462237.jpg

**************************************************
いや~~ゆっくりしすぎた!
兵主神社を後にして、琵琶湖大橋を渡って「るぅた」さんへ。
やばい、ぜったいやばいで!
d0108737_16464896.jpg

ほ~~~ら、ほぼ売り切れやん!
薪の石釜を使ってはるから、供給できるパンが限られるんやわ。
ああ~~あ・・・・・
d0108737_1647312.jpg

とりあえず、売ってはるものかき集めてレジへ。
本当は、シンプルな小麦の味わいを楽しむハード系のが欲しかったのだが、この時間だからそれは欲しがりすぎちゅうもんだな。
買った品は、当然、美味かったですぜ!
d0108737_16471818.jpg

「名古屋で修行していたんです」という少しシャイなご主人さんに釜を見せていただいた。
想像よりからり大きいことと、掃除が行き届いている。
これは、必ず再訪しなくっては、もっと早い時間に!
d0108737_1733613.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-12-27 16:43 | パン
2016年 12月 20日
「田舎の市場」で蜜柑を! 「洋食mogu」 (三重県)
何度も取り上げているが、鈴鹿市にある「田舎の市場」さん。
ちょっと傷があったりするが、とにかく旨い蜜柑が買える、御浜の蜜柑専門店。
いつも賑わっていて、めっちゃ売れている。
d0108737_0444321.jpg

この時期は温州みかんのみ!
値段はいろいろ、大きさ、生産者、傷などにより段々ある。
ここの良さは、味見をがっつりして決められること!
蜜柑って、買って帰って食べてがっかりが多いが、それが無い。
d0108737_0445516.jpg

「少し高いですが、ここのは同じ生産者で安定して美味しいですよ~~」とのことで、340円/キロを5キロほど購入。
12月とあって、高いな~~これでも。
でも、これを買って食べたら、またここへ買いにこなければならなくなる。
d0108737_0451578.jpg

抜群に旨かったがな!
息子達にも大好評。

店名 田舎の市場(鈴鹿店?)
住所 三重県鈴鹿市稲生町9590−80
電話 059-386-0312
d0108737_0452285.jpg

*************************************************
この日曜日、「田舎の市場」さんのお店が津市にもあるとを知り、出かけてみた。

んんん・・・ほとんど同じやな。
d0108737_0453112.jpg

年末に近づいてきたから、どんどん値上がりしていくんやな~~
d0108737_045395.jpg

とにかく美味しいヤツは?の問いに「早生が美味しいのやけど、もう終わりやから・・・・」とのこと。
あと一箱だけ残っていて、それを購入。
d0108737_0454749.jpg

試食は美味しかったのだが、帰って食べたら熟成し過ぎで酸味が全くなくなってしまってた。
もう早生も終わりで、これからは皮の厚い真冬の蜜柑だけなんだな。
皮の薄いのが大好きな私にとっては、もう温州蜜柑は終わりみたいなもんだわ。
2月から八朔や清見オレンジなどが主流になってくる、それまで待つか。

店名 田舎の市場(津店)
住所 三重県津市河芸町中瀬24−2
電話 059-245-7177
d0108737_0455459.jpg

**************************************************
昼飯を載せとこ。
三重県鈴鹿市にある「洋食mogu」さん。
かなり人気のようで、表で20分席が空くのを待った。
d0108737_0462100.jpg

待ってる間にメニュで注文するこもを選ぶ。
嫁はAランチ1080円とのこと。
d0108737_0461024.jpg

ここって、大盛りで有名なはずやのに、やたら女性や子供連れが多いのが気になる。
d0108737_0461832.jpg

中の張り紙の品も注文できるそうだ。
で、でっかいステーキの定食(1600円位)に決定。
別に意味はないが、この日は牛肉が無性に食べたかっただけ。
d0108737_0462572.jpg

待たせたお詫びの「ハムの天婦羅」は定番。
d0108737_0463155.jpg

嫁のAランチ。
多そうに見えただけで、野菜たっぷりで十分女性でも食べられる。
d0108737_046426.jpg

私のはなかなかハードそうだが、脂が少ないからぺろっと食べられた。
しかし、硬かったが、安いので文句なしだわ。
なんか、肉食ったな~~とい充実感。
d0108737_0464977.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-12-20 01:35 | 洋食
2016年 12月 11日
「石窯パン・なごみカフェゆるり」「カフェウチダ」 (三重県)
三重県の桑名市へ遊びに行きたかったが、道を間違え、なんやかやで断念。
で、石窯パンも食べられる「ゆるり」さんへ。
ちょっとバタバタしていて、今日はあっさりしたコメントで申し訳ない。
d0108737_22241884.jpg

なかなかの人気で、2組待ち。
急ぐこともないので、野菜やパンを見ながらゆっくり待つとしよう。
d0108737_22243035.jpg

女性ばかりや・・・・
d0108737_22244136.jpg

ここへ来たからには、石窯パンを食べな!
とうことで嫁のフィッシュサンド。
パンは、癖のない味わい。
d0108737_2225542.jpg

カリードリアセット。
なんか、女性に人気なのがよくわかる。
d0108737_2226235.jpg

ゆっくりできるカフェだな。
d0108737_22263220.jpg

**************************************************
コーヒーをと、もう一軒。
旅館幸楽、ではなく「カフェウチダ」さん。
d0108737_22264193.jpg

元は看板通りの古い旅館であったそうな。
それを改装されて開店。
d0108737_22265423.jpg

入ってすぐは、雑貨屋さん。
古物も交じって面白い品揃えだ。
d0108737_2227246.jpg

土間を抜けて奥の離れがカフェスペース。
d0108737_22275797.jpg

全体的に、古さを上手に残した落ち着いた雰囲気に仕上がってある。
何より、表に残ってある「旅館幸楽」の看板がいい!
d0108737_22281566.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-12-11 22:52 | カフェ
2016年 12月 01日
「ギャラリーPolarSta 咲sacra楽」さん 「高級鮮魚マイ・ウェイ」さん (京都市)
翠さんのブログを、フッと見たら、くま先生って載ってるがな・・・・・
あわてて、ペンを、いやマウスを持ったしだいで。
d0108737_13412213.jpg

ここは京都。
いろいろ、知り合いの、知り合いなど、くるくる回りまわって、いつか来たいと思っていた、polarstaさん
オーナー兼作家の「冨金原塊(カイ)」さんの、劇的改装奮闘記(古い記事にあったような?)を見ていて、何が出来るんだろうと、興味津々だったことも来たきっかけ。
さらに、翠さんの息子さん経由(我が家の次男がツレ)で案内状もいただき、来ない理由が見つからない。
d0108737_13413884.jpg

京都らしい、長屋住宅。

この日は、ちょうど咲楽さんの秋の催し「灯りの下で」の真っ最中。
すいているのではないかと11月29日(火)に突撃してみた。
(イベントは12月7日まで、やってはりますで)
d0108737_13415083.jpg

ブログを見ていて、いつ完成するねんやろ~~と、気長に待っていた。
写真より、実物のほうが味わいありやわ。

実際の工期は2年半とのことと、元の状態の写真を見せていただき「そら、手造りでコツコツやるねやったら、かかるわな~~」という結論。
d0108737_1342189.jpg

これが塊さんの作品。
淡い色合いの、普段使いのカップ。
d0108737_13423243.jpg

ここが2階で、この日はギャラリーやけど、ゲストハウスとしても利用可能。
ここを拠点に、京都を楽しむというプラン・・・・・・・
あれ、何で私が案内しとるねん!?
d0108737_13425424.jpg

人それぞれ、好きなものはいろいろあるでしょうが、これええ型しとらへん?
京都のすっぽんの大市の土鍋みたいなフォルムが、ええわ~~~
曲線が、美しいな~~
すっぽん、食いた~~~い!(そこへ行くか!)
d0108737_1343537.jpg

で、この日のメインは、タイトル?にあるとおり、これ!
福井の「えむに」さんの作品。
全部、コツコツ削ったはるねん!
d0108737_13432756.jpg

この日はYetiさん(彦根のお店、一度訪問しましたよ!)。
日替わりで、いろいろな方が入って、コーヒーや食べ物を提供しておられる。

今日は、嫁のツレで塊(カイ)さんの旧友のナオエちゃんも一緒。
車の中で、塊(カイ)さんの若かりしことろのレクチャーはばっちりで、訪問。
d0108737_13433960.jpg

チーズケーキとコーヒーと肴は一輪挿し?。

この肴がすごいねん!
d0108737_13435678.jpg

アップがこれで、のえぇ~~~~~~~~
細かなところまでは、老眼で見えへんたけど、写真で粒々まで鮮明に見ると、恐ろし~~~~~
この絵付けされておられる先生の下で、習い始めはったのが、ナオエちゃん。
頑張れ、未来の巨匠。
歳なんか、関係あらへん!(気にしてないのに、書かれると気になるってか?)
d0108737_1344941.jpg

これは、その先生のお弟子さんの作品。
もや~~としか、見えてへんたけど、こんななっとったんかい!
d0108737_13442243.jpg

塊さんが、お代わりの品を出して来てくれはりました(非売品ですよ、これは)。
すすすすご~~~~

で、細かい匠の品シリーズの金額は、行って見てきて。
手間を考えると、私は安いかな~~と思う。
d0108737_13443491.jpg

なんか、ゆっくりしてしもて、最後に翠さんが、ええええ~~と、名前が思い出せないが、なんと23歳のにゃんこちゃんを連れてきてくださった。
かわい~~~~~がな!
知ってます、猫は100年生きたら、妖怪になるって!


これといって、売り上げに貢献することもなく、飲んで食べてしゃべって楽しんで、翠さん、塊さん、お騒がせいたしました。
d0108737_14521549.jpg

**************************************************
帰りは、虎視眈々と狙っていた魚屋さんへ。
d0108737_13452518.jpg

「卸のお客さんが9割ですが、一般の方歓迎ですよ~~」と、いろいろ食べ方まで、こまかく説明していただいた。
イカ類で一番美味しいと思っている、アオリイカを購入。
刺身にまでしていただいたことに感激!
d0108737_1345386.jpg

京都の中央卸売市場での買い物になれてしまっているから、少しのサービスが身にしみるほどありがたい。

ただ、嫁とナオエちゃんに言わせると「魚が並んでるだけで、値札のないお店では買い物しずらいわ~」とのこと。
私は全く問題ないが、もっともな意見だな。
d0108737_13455469.jpg

買ったものを撮るの忘れてしまったが、タラの白子、真鯖、アジ、アオリイカで6,000円ほど。
どれも、美味しく、高級鮮魚の看板に偽りなし!

嫁がよく言うとるのだが、食材なんて、食べたら一晩でなくなるのに6,000円。
そのお金で陶器とかを買えば、何年も使える、楽しめる。
そう考えると、陶器やガラス製品や細工物って、安いよな~~とつくづく。(←昔、嫁が陶器作ってたこともあり)

ほおぉ~~~~ほな、タラの白子、食べへんにゃな!
嫁「いや、それは食べる」
d0108737_1346855.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-12-01 13:56 | ギャラリー