<   2017年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2017年 05月 31日
名古屋へ行ってきた!
半分仕事、そして半分遊びで。
名古屋市にある豊田工業大学さんのオープンキャンパスの抽選に当たったので5月27日に見学。
d0108737_12362575.jpg

あのトヨタさんを筆頭に日本の主要企業が寄付をされ運営されている大学。
その特徴を箇条書きに。
① 私立なのに、授業料が安い!年間70万円ほどと国立並。
② 生徒一人当たりにかかる教育費が700万円強と日本一高い!(実質、超超赤字でっせ~)
③ 1回生は全員寮に入ること!寮費2万円。 金のことばかり書いている気がする・・・・
④ 大企業就職率が高い!(順位を忘れた)
d0108737_12381025.jpg

クリーンルーム。

一学年90名、大学全体での400~500名ほどだから、中学校くらいの小さなキャンパス。
私的には魅力的なのだが、生徒が見たらがっかりするのだろうな~~
見た目の華やかさが、受験生にとっては大切で、それは無い。
d0108737_1238173.jpg

昨年に新築された久方寮。

パンフレットのパースみたいだが写真である。
d0108737_12384867.jpg

全寮制(1年間だけは強制で2年目から自由)、これは受験生からは敬遠される要因だと思うのだが、私は拍手喝采。

大学での寮生活、これは一生付き合える仲間を作れる大切な場になる。
寮生活をしたものでないと理解できないかも。
悲しいかな、その価値は卒業してからでないと分からない。
d0108737_123917.jpg

賄いは自分たちで。
8人が一つのグループで炊事当番もある。
d0108737_1239729.jpg

個室は5畳くらい。
十分である。
d0108737_12393412.jpg

グループごとにリビングとキッチンが備わってある。

いつもここに集まってテレビを見て、勉強して、喧嘩してと共同生活を楽しむ。
企業で働く共同作業の訓練的なものを目的としている。
d0108737_12394199.jpg

庭からリビングを通って、個室に入るシステムとなっている。

さて、この大学はどれほどの難易度か。
独自の試験は無く、センターの点数と面接で合否を判定される。
センターで75%から80%が合格ボーダーだから、大阪市立大学くらいかも?(センターのみだから)
私立なら同志社の少し上かな。
授業料の10倍、教育で投資してくれるねんから、そら難しいわな~
ちなみに、倍率は2.5倍くらい。
d0108737_12394762.jpg

本当はスープパスタか味噌煮込みうどんの予定でしたが、腹が減りすぎなので学食へ。
d0108737_14121142.jpg

鳥唐揚カレーは400円。
なんか懐かしい塩っぽい味わいで、学食は極めて普通。
d0108737_1240510.jpg

************************************************
名古屋の名所視察である。
覚王山という町
ここ面白いぞ!
d0108737_14293456.jpg

創業50年のお好み焼き屋さんもアート感が!
d0108737_14295589.jpg

「行くとこ決まってるねん!」と珍しく嫁に連れていかれた覚王山アパート
まあ、この辺では有名どころなんでしょうな。
d0108737_12401772.jpg

住人は、一人、二人・・・・・11人。
d0108737_12402628.jpg

しかし、面白い町やな~~
大阪で言えばアメ横のような感じになるのか?
名古屋って、近いのにまず来ることがないからな~
d0108737_12404295.jpg

店内は撮影禁止で、ここのみ許可をもらったsyoboii*さんのお店。
こんな個性的な屋台のようなお店がぎっしり詰まったアパート。
午前のデジタルの世界から、おもいっきりアナログの世界へ変わり、とまどってしまうが、こちらの方がくつろげる。
d0108737_1240482.jpg

梅花堂さんへ。
鬼まんじゅうを求めて。
d0108737_12405655.jpg

その鬼まんじゅうはこれ。
「どんな味がするんや~~~~????」と、興味津々になってしまう容姿。
いや~~~自然な甘さの癖になる饅頭???かな。
美味いです!
まあ、買って食べてもらわな、わからん味ですわ~
d0108737_1241315.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-05-31 13:05 | その他
2017年 05月 21日
「の遊び」さん (滋賀県長浜市)

気になったらどうしても行ってしまう。
ちょっと遠くても。
ここは余呉湖の畔の川並。
d0108737_23121129.jpg
駐車場から、少し歩くと大木が。
d0108737_23121631.jpg


水路横の石垣と苔。
先には余呉湖。

d0108737_23122077.jpg


「の遊び」さんに到着。
普通の居宅で営業されておられるようやな〜。

d0108737_23122538.jpg


和室の続き間を改装。
fbでは、のんびりやっておられるのかと思ったら、次々お客さんが。
あっという間に満員。

d0108737_23123142.jpg


おおおおお〜〜大好きなブルーチーズニョッキ
ほんまは、パスタの方が好きだが、私はそれを。
嫁はバジルの方を。

d0108737_23123457.jpg
ううわ〜〜ええ香りが!
ご主人が「〇〇のブルーチーズです」の名前を忘れてしまったのだが、旨い!
チーズ好きにはたまらん。
d0108737_23123850.jpg
「お好きなんですね〜〜」と追いチーズをサービスいただいた。
嫁は苦手やから顔をそむけよるが、これを溶かしてさらに濃厚に!
ううううう旨い!
d0108737_23124676.jpg
バジルソース。
ニンニクが苦手私にはちょっと・・・・・・
d0108737_23125078.jpg


ここはどうやら、ご自宅のようだ。
ここで料理を提供され出した経緯とか、いろいろ聞きたかったのだが、満員で手一杯。
しかし、よくこのような穴場を見つけられるものだと不思議思う。
あっ、私もか、ハハハ〜

d0108737_23125531.jpg
「焼き上げるのに時間がかかりますが、よろしいでしょうか?」
というフレンチトーストが美味し!
d0108737_23130000.jpg
さあ、食べ終わったら、何をしようか?
「登山靴をもってきているから、賤ケ岳へ登ろう!」と嫁は言う。
いや・・・・それは勘弁してくれ・・・・
と思っていたところへご主人が助け舟。
「リフトの足元は、今しゃかの花でいっぱいですよ」
d0108737_23130537.jpg
******************************************
ということで、リフト乗り場へ。
d0108737_23131015.jpg
すごい絨毯のようなシャカの花。
というかシャカの花を見ることじたい初めてのことだ。
ず〜〜〜〜〜と、こんな感じだわ。
d0108737_23131408.jpg
びわ湖も、余呉湖も一望。
のんびりした休日。
d0108737_23131801.jpg


[PR]

by guwaguwa58 | 2017-05-21 00:09 | 洋食
2017年 05月 13日
「ZOO」さん 「リジュール」さん (滋賀県大津市)
近江神宮近くの住宅街の中にある「ZOO」さん
このお店を何で見つけたんやろ???
「うさぴょん」さんのブログやったかな?
思い出せないが、たまたま見つけて行ける場所にはない。
d0108737_22290199.jpg
モダンな名前に反し、いたって普通のお家で営業。
靴を脱いで上がらせていただく。
d0108737_22285682.jpg


11時に到着したときは、私だち2人のみ。
貸し切りか〜〜と、思っていたら次々予約のお客さんが来られあっという間に満員。
危なかった〜〜大津まできて、ランチ難民になるとこやった〜

私は春キャベツズッキーニのポーク巻き、1,100円
嫁は生麩と9種野菜牛肉巻き、1,200円

d0108737_22285248.jpg


前菜から。
おいし〜〜〜〜い!
温かい美味しさや!

d0108737_22284985.jpg


奥さんが調理で、ご主人が給仕。
「ごはんは大盛りですか?」のお誘いに、断れずのタケノコごはんはこんもり。
さらにメインのボリュームがすごい!
そして、美味し〜〜〜〜〜〜いがな。

d0108737_22284595.jpg


嫁の注文したものは、手が込んでいる。
9種の野菜がきれいや!
人気なのが理解できる。

d0108737_22284186.jpg


*******************************************
「も〜〜なんにも食べられへんで〜〜〜コーヒーだけや!」
という、嫁を乗せて「リジュール」さんというカフェの住所をナビにぶち込んで、案内されるがまま。
そうそう、ここも「うさぴょん」さんのブログでみたんやわ。

d0108737_22283763.jpg


教習所の超意地悪なs字カーブを行くがごとく、集落の中を前進。
本当は、もっと広い道があるのに、なぜかこの道を案内しよる。

d0108737_22283396.jpg


少しひらけた土地に、ぽつりとこんな建物が。
十字架が屋根に付いていたら、教会である。
写真で見るより、実物はもっとシンプルで美しい形をしている。

d0108737_22282908.jpg
静かだ。
お店は、女性一人で、客がくつろげる距離を保って営んでおられる。

お腹がいっぱいやのに、甘いものを見るとやっぱり食べたくなる。
「私も食べるわ〜」と言う嫁のアゴは、最近二重になりつつある。
私と行動を共にしていると、そうらそうなるわな〜〜
d0108737_22282586.jpg


友人とべらべらしゃべるより、単行本を片手に一人でゆっくりしたくなる、そんなお店だ。

d0108737_22282231.jpg
6年営業されているのに、不要な張り紙とかの生活臭が無い。
センスのいい内装や置物。
やたら安らぐ。

運転が苦手な人は、ナビを信用しきらず、道を調べてくるべし!
d0108737_22281885.jpg


********************************************
Rの付かない5月に、牡蠣は最高の旨さになる!
この時期になると、どこの牡蠣業者も売り切って在庫なし状態。
何とか手に入れられたなら「牡蠣ってこんな旨かったんか〜〜〜〜〜」と涙にむせぶこと間違いなし。

d0108737_22281246.jpg


もう、信じられないほどの濃厚さ!
秋に食べたものは、いったい何だったのかと、怒りをおぼえる!
ああああああああ〜〜〜〜旨い!

といっても、さすがこれから手に入れるのは厳しいから、来年にトライ。
4月から5月上旬の牡蠣は、おもらししてしまうほど旨いでっせ。

d0108737_22280876.jpg



[PR]

by guwaguwa58 | 2017-05-13 23:37 | カフェ
2017年 05月 04日
「にこぱん」さん (三重県)
ちょっと前に行った、三重県多気町にある噂の「にこぱん」さん
d0108737_14565832.jpg
細い道をくねくね、山里に店はあった。
d0108737_14570135.jpg
開店時間は12時。
その10分前に来たら、すでに待っておられる方が7組。
とりあえず、8組目に名前を書いて、そこまではいいのだが何の順番なのだ?
d0108737_14570543.jpg
名簿に書いたのは、パンを買える順番であった!
前後の方から情報を聞き、状況が少しずつ見えてきた。
大人気で、30分くらいで、ほぼ売り切れてしまうらしい。
パンを買いに来たのではなく、ランチ目的なのだが、ここは流れに身を任せ、適当に買うとするか。
d0108737_14571744.jpg
クッキー?かな。

それぞれの値段がよくわからない。
値札がないのである。
後でわかったことだが、カットしてあるのが、だいたい350円~450円くらい。
d0108737_14572797.jpg
8組目だと、残り具合はこんなもの。
まあまあ選べる。
パンは、木の実や乾燥フルーツが入ったものが主体。
d0108737_14573155.jpg


丸い揚げドーナツ。
下の棚にはオーガニック・メロンパンは高級で、なんと500円ほど!
食べましたぜ!
皆さんが想像しているメロンパンとは全く別もんでっせ~

d0108737_14573549.jpg


パンを買った人から、順番にランチをいただく。
半数以上はパン購入目的の方で、その方は帰っていかれる。
ランチだけも並ぶのかな?⇒それは不明。

これは嫁が注文したものだが、名前も値段も忘れてしまった。
塩っ気の強いパンで、中がもっちもち、うまし!
生ハムとポテトサラダとパン、そこに蜂蜜がかかっていて、最高に旨い!

d0108737_14574049.jpg


これは私のだが、チーズとナッツと蜂蜜の相性がめっちゃいい!
うううう旨いわ~~~~
中に何が挟んであったのかは、すでに忘れたが、美味かった。

金額はスープ付てそれぞれ1200円~1400円位で忘れた・・・

d0108737_14574471.jpg


近所には幻のきりん屋さん(現在産休中)がある。
あそこもたいがい人気だったが、ここも開店時間前に到着しておく必要があるお店のようだ。
そこそこええ値段だが、旨い個性のあるパンだと思う。
天然酵母パンは山の中へ、が現在のスタンダードになりつつあるのか!?

d0108737_14574731.jpg


****************************************

にこぱんさんの近所の、「長新」さんのまつかさ餅さん。

d0108737_14575074.jpg


伊勢参りの旅人に提供していたらしい。
「いがもちのような感じですか?」とお聞きしたら「いえ、まつかさ餅です!」と、ご主人がピシャリ!
その理由は後で判明した。

d0108737_14575450.jpg


よくあるビジュアルの餅。
何となく味が想像できるがな、この手のヤツは~~モグモグ・・・・・・
うっそ~~~~黒糖の餡?????
なるほど、これはこれ!想像していたものとは、全く違う!
地元の方は、この味に懐かしさを感じるのかも。
試しに、買ってみるべし!

d0108737_14575875.jpg


[PR]

by guwaguwa58 | 2017-05-04 16:04 | パン