<   2017年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2017年 11月 17日
「南果」さん 「手創り工房風樹の塔」さん (奈良市)

先週は、奈良県へある目的で。
どこで飯を食うか、考えたけど、情報も少なく、この手のカフェで老舗の南果さんへ。

d0108737_13171166.jpg


まあ、老舗ちゅうのもなんだが、12年ほどやってはるのかな(推測)。

d0108737_13171567.jpg


こういったカフェをされる方は、得てして芸術的センスを持ち合わせておられたりする。
何気ないものに美を見出し、少し手を加える、そんなものを。

d0108737_13172018.jpg


滋賀からと遠いし、地理にも疎いので予約は必修。
「11時30分なら2名入れますが、いかがされますか?」とのことだが、お客は我が夫婦と女性が1名の3名のみ。

d0108737_13172584.jpg


女性お一人で営んでおられるから、ゆったりできる範囲の、お客様の人数だけ、ということなんだ。

d0108737_13172824.jpg


一日10食限定の1400円ランチ。
美味しくいただかせてもらいました。

嫁は「そろそろ、カフェのランチは飽きてきたかな・・・・」と、えらそうな!
贅沢な姫様みたいなことを言いよりましたぞ~~~~~
えらいこっちゃで~~~

d0108737_13173352.jpg


*****************************************

で、奈良へ来た目的は無垢板のテーブル探し。
「風樹の塔」さんの奈良市のイオンタウンにあるショールームへ。

d0108737_13173875.jpg


これはオーク材。

無垢板といっても、何枚か貼り合わせたハギ板というものが主体のようだ。
軽いし、安いし、これもありかも。

d0108737_13174313.jpg

オーク材耳落としに、アイアンの足(6~7万円で買える)
シンプルで嫁好み。

何より軽いことは嫁にとって重要なことで、私の目論む無垢板は重いんだわ。
さらに、無垢板やと、民芸居酒屋みたいになって、センスが悪いと言いよる・・・
んん・・それはちょっと当たってる。
まあ、どちらがおれるかが勝負の分かれ目。

d0108737_13174933.jpg


この店の特徴は、まだ磨いていない板を決めるところから始まる。
この価格は、磨いて塗装をするまでの板の価格。
その完成した板に、どのような脚を選ぶか、又は自前で足を付けるか、それは自由選択(オプション)となる。

d0108737_13175578.jpg


大流行のウォールナット。
ナラ材の3倍位の価格で、これで15万円位かな。
私の標的ではない。

d0108737_13180101.jpg


今は、どこもウォールナットばかりだな。
人気で価格が高くなりすぎなんやわ!

d0108737_13180770.jpg


すごい、あった!オニグルミ!(東北のもの)
ウォールナットもクルミの木の仲間で、木目が似ているのだわ。
(ウォールナットのあの独特の木目は好き、色が苦手。)
ちょっと赤味がかっているが、好きな木目で、探している樹種の一つ。
なかなかないねんわ~~~
価格もナラより少し高い程度で、それも重要。
嫁はイマイチみたいだが・・・・・・

d0108737_13181332.jpg


栃の木。
ええ木目だが、形が合わない。

d0108737_13182054.jpg


これがすごい!
猫の遊び場兼、家具。
これ我が家のネコちゃん、大喜びやろうな~~~
これを見て、脳をクールダウンさせて、もう少し材木をあちこちで見て楽しもうか。

そうそう、面白い情報をいただいた。
岐阜の材木市は有名で、どこの家具屋や銘木屋に行ってもよく聞くのだが、素人も参加できるとのこと!
このまま、木と縁が無ければ、1月の市でプロと一緒に入札しているかも。
それがもし落札してしまったら、運ぶこと、磨くこと、嫁の意向、と問題山積み。
んんん~~悩ましい。

d0108737_13182570.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-11-17 13:54 | カフェ
2017年 11月 07日
「おばあちゃんの店」「膳」「アフリカンローズ」さん (三重県)

久しぶりの休日。
あるものを探しに三重県へ。
伊勢道の勢和多気インターを降りて、少し走るとやたら活気のある施設があった。
「おばあさんのお店」と看板に書かれてある。

d0108737_14142723.jpg


蛍光灯に虫が吸い寄せられるごとく、行ってみた。
めっちゃ安く柿とミカンが売られている。
次々に売れていく。

d0108737_14143104.jpg


嫁が「これ、人参が6本で200円!やで~~」と喜ぶが、私にとっては別にどうでもええことだわ。
とにかく柿とミカンは山ほど買って、昼飯へ急ごう!
後で知ったのだが、この施設のどこかに、あの有名な「まごの店」があるらしい。

d0108737_14143582.jpg

******************************************
とりあえず、腹ごしらえ。
この細い砂利道の奥の河川敷のような場所に「うなぎ 膳」はある。

d0108737_14143933.jpg


高級そうな建物で、他の三重のうなぎ屋さんとは風情が違う。

d0108737_14144408.jpg


「うな重の特上は4切れで一匹になります」とのこと。
三重のうなぎの標準価格かと。
私はその特上にして、嫁は上を注文。

d0108737_14144978.jpg


三重県のうなぎのクオリティーは安定して高く、ほぼ外れが無い。
おそらく、うなぎ好きの県民性で口がこえておられ、外れのお店は即退場になるのだろう。

d0108737_14145381.jpg


のお~~~~ええ感じ!!!
皮はサクサクで、身の厚みもちょうどいい!ここのうなぎ、好みかも。
ごはんは、すでにタレがまぶしてあるタイプで、これは好みから外れるかな。
といっても、色合い程味は濃くないので、大きな問題なしだわ。
というか、滋賀県民のくせに、えらそうに三重のうなぎを語るようになってしまっていることにびっくりやわ。
そう、全部そこそこ旨いとなると、次は好みの問題となるのだ。

d0108737_14145832.jpg


で、隣の芝は青く見えるか?シリーズ。
嫁の上うな重、3切れ。
んんん~~~今日は、大きく見えない。

ど~~でもことだが、先日、特上丼と上丼のどんぶりの直径が、微妙に違うことを発見したのだ(某、うなぎ屋さんで)!
上丼の器の直径が微妙に小さい。
だから、嫁の上丼のうなぎの一切れが大きく見えるのか!という話。

d0108737_14190523.jpg


**************************************
お腹も満たされ、目的のお店「アフリカン・ローズ」さん。
あやしい店名。
場末のピンサロみたいな風情のここ、何屋さんやと思います。

d0108737_14150397.jpg


無垢の天板の卸をやってはるのだわ。
アフリカンローズの店名はそういう銘木があり、そこからとったもの。
実は、食卓テーブルを無垢材で自作したくって、こういったお店で探しているだ。

d0108737_14153873.jpg


これは古代の欅で36万円ほど。

このお店の特徴はウォールナットとかの高級輸入材が多いこと。
それが人気で、圧倒的に売れるらしい。
国内材は欅等、高級な銘木ばかりだ。
私の探しているものはオーク等の白系のものだから、ちょと違うかなこのお店。

d0108737_14155443.jpg


値段は、値札からかなり安くしてくれはるはります。
ぶっちゃけ、このお店はめっちゃ安いです。
これ気にいてしまって、買おうか、と思ったが車に入らない。
いやいや冷静に!!!(と嫁)

d0108737_14160038.jpg


これは嫁が気に入ったが、私が却下。
実は、食べ物だけでなく、こういった無垢の板、大好きなんですわ~
これからも、あちこち楽しみながら天板をさがすとしよう。
本日は、情報だけということで、冷静に引き上げとするか。

d0108737_14160487.jpg




[PR]

by guwaguwa58 | 2017-11-07 14:36 | こだわり