<   2017年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2017年 12月 29日
「NOTA&shop」さん (滋賀県甲賀市信楽)

ナビを頼りに、細い道をくねくね、何とかたどり着いた。
信楽にこんなギャラリーが一年前にできてたって、知ってました!

d0108737_15175474.jpg


なにここ~~~~~~~~~~~~~~と、嫁は大喜び!
伊賀のヤマホンさんを彷彿とさせる内装。

d0108737_15175933.jpg


オーナーさんとの面識はないので、オープンに至る詳細は不明。
hpで各自確認を。

d0108737_15180722.jpg


この日は2軒、コーヒー屋さんが店内出店。
淹れ方の解説を聞き、目から鱗が100枚ほど、音をたててぽろぽろと!
豆全体にお湯を回しかけるの、ダメな理由を物理の法則まで使って説明されていた。
これを機会に、淹れ方を改善したら、驚くほど家で淹れたコーヒーが美味くなった。

d0108737_15181291.jpg


解説を聞くと、当然飲みたくなる。
信楽のトラサルさんが来られていて、淹れていただいた。
ううううううま!
コーヒーの美味しさを再認識。

d0108737_15181723.jpg


時を重ねた森の中で、倒れた大木の根本から、生え出した新芽のようなこのギャラリー。
歴史のある信楽に、新たな風を感じさせていただいたような。

d0108737_15182171.jpg


*************************************

本日、午前10:10の「うなふじ」さん。
列が予想より少ない・・・・・・
昼食に今年最後のうなぎおば喰らいに。(わざわざ三重まで)
正月用の長焼3本購入の、お使いもかねて。

d0108737_15190750.jpg


昨日、私のブログを見ていただいている方が「三重のうなぎ、気になっているんですよ~」と。
では、どアップ写真おば!(特、2160円、中に一枚入っている)
あああああ~~~~美味い!
これで明日の30日まで、頑張って仕事できるわ。
今日のは身が分厚くって、当りや!!!!!

d0108737_15191266.jpg


本日の肝焼き!
うううううううう美味い!

d0108737_15191616.jpg


**************************************

今年の投稿はこれが最後!
皆さま、よいお年をお迎えくださいな~

d0108737_15192091.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-12-29 15:59 | ギャラリー
2017年 12月 22日
蕎麦「吉祥庵」さん 「レガル (regal+e)」さん (京都府)

12月17日、用事があり奈良へ。
そのついでに吉祥庵という木津市の山間の蕎麦屋へ。
お店の駐車場は無く、近くの浄瑠璃寺の有料駐車場を利用。

d0108737_12323209.jpg


用事のついでの昼飯とはいえ、休日の場合は抜かりなく、面白そうなお店を探しまくる。
かれこれ30年、こんな調子だ。
こちらは、なんとなく食べログの内装の写真が気になって選んでみた。

d0108737_12313724.jpg


門前に猫が。
客は我々夫婦の二人のみ。
設えが素晴らしい。
お客のスペースは6畳ほどの広さで、テーブル3卓と椅子10脚。
狭いが極めて心地よい。

d0108737_12314444.jpg


私の記憶が確かなら、この土壁の錆びた風合いをだすのは、特定の土を使ったり、鉄分をふくませたりと技術が必要だったような。
千利休の時代より、培われた技法があるとか(間違えていたらゴメン・・・)
学生時代に習った、当時は興味のかけらもなかったことが、今頃になって好きになるとは・・・

d0108737_12315022.jpg


不要なものを極力排した茶室のような空間。
この空間に対して、家具のチョイスも見事。
こうなると、嫁も私もお店の方の素性が気になって仕方なくなる。

d0108737_12315429.jpg


メニュも極めてシンプル。

静かだ。
木々のこすれる音のみ。

後で分かったことは、奥に茶室があることと、店主は陶芸家さんかも?ということ。

d0108737_12315935.jpg


私はとりせいろ1200円。
鴨でない分、安くなっている。
繊細な細打ちで、きっちり歯ごたえもある。
だが、温かいつゆに浸けると、やわやわになる。
そのコントラストがなかなか面白い。
あああ~~、美味い!

奥の嫁のはせいろそば900円。

d0108737_12320753.jpg


ぜんざい800円。
うるしの盆に椀。
白い陶器?磁器?の湯呑も美しい!

d0108737_12321165.jpg


餅を一口噛むと、適度に反発してくる。
後から、ふわ~~~と、鼻腔から感する香ばしい香り。
ぜんざいに入った餅は、焦げ具合が命!
田舎ぜんざいではあるが、塩気をおさえぎみにした京風仕立て。
美味いな~~~~~~~~~~~~~~~!

d0108737_12321712.jpg


あと三枚は食べられたな、あの蕎麦。
逆にお腹が空いてしもたかも。

隣の国宝の本堂のある浄瑠璃寺さん。
せっかくなので散策おば。
あっ、これ逆やな。
主役の浄瑠璃寺を散策したついでに門前蕎麦を食す、それが正しいルートだわ。

d0108737_12322200.jpg

**********************************************

奈良での用事を済ませて、帰り道。
有名なレガル (regal+e)さんへ。

d0108737_12323831.jpg


飛ぶように売れてましたぜ。
厨房では、店主が馬車馬のように働き、パンを焼いてはります。

d0108737_12324256.jpg


めっちゃ美味い!ここのパン。

本日は、全てのお店が当りの日かも。
いやいや、そんな日はめったにないからな~~

d0108737_12324736.jpg

**********************************************

奈良⇒木津市⇒和束町⇒信楽⇒自宅、こんな感じで帰っている。
その道中の和束町で、小さな小さなお店発見。
行き過ぎてUターン。

d0108737_12325231.jpg


「もう一人暮らしで、こうやって朝から餅を作って買ってもらうことが楽しみなん」とお婆さん。
昔ながらのやり方で、木の灰を使って灰汁を取るから時間がやたらかかるとか。
「5個入りで500円」って安くないですか!
昔ながらの固くなるよもぎ餅で、焼いて食べたらなお美味しい。
もし、赤いフードを見かけたら是非どうぞ!

この後、さらに信楽で感動のギャラリー発見、次回へ。

d0108737_12325778.jpg


[PR]

by guwaguwa58 | 2017-12-22 13:26 | 蕎麦
2017年 12月 15日
「韓国ランチの店 チャヨン」さん (滋賀県甲賀市)

嫁が、商工会主催の創業塾なるものに行ってまして。
そこで出会った方が、この11月から自宅を改装しての韓国ランチのお店をオープンされたとか。
甲南町の希望が丘と近場でもあり、いつ行こうかと話していたところに、円舞曲さん(美容院)よりお誘いが。

d0108737_14453994.jpg


この日は月曜日で、本当は休日。
こちらのお嬢さんが、アロマハンドクリームを作る??教室??先生(ゴメン、よく分からない)。
要するに、朝から嫁や円舞曲さん、そのお知り合いの方々でハンドクリームを作ってはったちゅうことでした。
ハンドクリーム教室??の後のランチにくま先生もどう?
という誘いで、来たものの、どこが入口???

d0108737_14454842.jpg


まあ、皆さんご存知の通り、入口の分かりにくいお店、好きです!
案内に従い、リビングに直接入ってもらったらいい!

d0108737_14455248.jpg


机はご主人の手作り。
このお盆もらしい。
ランチは日替わりで1200円。
この日はビビンバであったのだが、とにかく素材に対してのこだわりが強い!

d0108737_14455771.jpg


ううう美味い!
これは、焼肉屋で食べるごま油の香りを前面に押し出したものとは別物。
無農薬野菜をふんだんに使った、サラダ感覚のビビンバ!
ほ~~~こういうパターンもあるんや~
「くま先生は、キムチが苦手でしたよね~」と私の好みをリサーチ済みで、キムチ抜き。
その手作りキムチが旨いとか。

d0108737_14460257.jpg


このお餅とお茶セットも凄いねん!(500円)
黒焼き玄米茶、家族3人交代で真っ黒になるまで2時間煎るとか!
我が家では絶対無理やな・・・嫁や息子たちにアルバイト代を請求される。
このお茶は初体験の味で、苦く、香ばしく、甘いものとよく合う旨さ。
(黒焼き玄米茶は、出るとは限らいからね、念のため。)

d0108737_14460759.jpg


岐阜のなんとかゆうお店の三色の餅。
餅の味、餡の味、素材それぞれの旨みをシンプルに引き出した、見事な餅だな。
「美味しいものが好きなんです!」ということを、この餅を探し出してこられたことで証明されたようなもの。

しかしなんだな、3歩歩くだけで、聞いたこと(店名)を忘れてしまう、怖い。

d0108737_14461203.jpg


チャヨンさん、通常営業は木・金・土曜日の12:00~17:00。
ランチはその日により、変わりまっせ~~
お勧めしますよ!

d0108737_14461662.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-12-15 15:39 | こだわり
2017年 12月 07日
「ウルーウール」さん 「ショッパー桜川」さん (甲賀市、東近江市)

これ、久しぶりの大ヒットやわ~~~~~~家族皆絶賛!
先日コンテストがあって、日本一に輝いたウルーウールさんガレット・デ・ロワ
旨いわ~~
美味しい焼き菓子とコーヒーで、一日を終える私にはたまらない。
(おかげで、100キロオーバーですわ~ハハハ)

d0108737_13213488.jpg


甘さの塩梅といい、パイ生地のサクサク感といい絶妙やな~~
「今まで、さぞようけガレット・デ・ロワを食べてきゃはったんやろね?」
と聞かれたら、これが初めてやけど、何か!
語るべき資格は無いと思うが、旨いことに変わりなしやわ。
(これは、19cmのフェーブ無し2,430円)

d0108737_13214050.jpg


*************************************

12月3日(日)は、相棒の嫁は大阪へ遊びに。
おっさん一人で、出かける場所はと・・・・
怖~~~めっちゃ限られてしまうがな~~~

で、前から何度か訪れている東近江市にあるショッパー桜川さんへ。
ここなら、おっさん一人でも浮くことなし!

d0108737_13214629.jpg


滋賀のスーパーはオセロゲームの一人勝ちのように、ハトマークのお店が占領中。
そこと、個性ある商法で戦っておられるのが、こちら。

d0108737_13215544.jpg


よく研究しておられる!
そう、鮮魚が重要。

d0108737_13220089.jpg


天然のクエもあったりする。

d0108737_13221994.jpg


「もうこんな仕事のしてある・・・・・・ココダケです!」

d0108737_13221240.jpg


生姜みそぽん酢!。

d0108737_13222586.jpg


いやいや、昼飯を食べにきたんやった!
入口の左側に併設のフードコートのようなものがあり、そこで昼飯が食べられる。
だが、そこで座って待っていても一生飯にはありつけない。

d0108737_13223074.jpg


鮮魚コーナーへ行って注文をする。
ここでは、何を食べるかの注文のみやで。

d0108737_13223570.jpg


注文書と番号札をもってレジで精算。

d0108737_13224082.jpg


後は、社員食堂のようなこの場所で、番号が呼ばれるのを待てばいい!

d0108737_13224741.jpg


これが、こちらで最も高級な1000円の海鮮丼。
で、評価なんやけど・・・旨いねんで、そやけど満足感が少ないのは何故?
隣の家族が食べていた500円のフライ定食のcpの高さはえげつないと思うが、それをわざわざ食べにくるのもな・・・・・・・

d0108737_13225434.jpg


売ってあるパックの高級刺身を選んで300円追加を支払い定食化する手もある。
いやいや、それなら家でゆっくり、ちゅう考えに行きつくしな・・・・

どうせ差別化するねやったら、3000円~5000円クラスの「空前絶後の超絶怒涛の刺身定食」とかどや。
売ってはる、クエとかサワラとかアオリイカを使って。
小売りしてはるねんから、注文が無くても問題ないやろし。

私がそんなことを考えてどうするねんな!
どちらにしろ、このショッパー桜川さん、鮮魚の質は間違いなくいいし、極めて面白いと思う。

d0108737_13230019.jpg


[PR]

by guwaguwa58 | 2017-12-07 14:03 | 洋菓子
2017年 12月 01日
「ニノマチストーリートクッキー」さん 「うなふじ」さん (三重県)

オルオルカフェさんの姉妹店ができたと、伊賀市へ。
お店の大家さんが二ノ町という前の通りが好き、という理由でこの店名に、と書かれてあったものを見た気がする。
通りが好き、というより、この町、そこで暮らす人々が好きということなんだろう。

しもたことした~~~~~~~!
通りの写真が無い!
それが店名のルーツやったら、通りと一緒にお店の写真を撮るやろ、普通わ!
おまえアホけ!

ちゅうて、もし情報誌ならこっぴどく上司に叱られるやろな。

d0108737_14460125.jpg


通りに名前があり、そこに生活がある。
なんか、京都に似ている。

というコメントも通りの写真がないと、むなしく感じる・・・・・

d0108737_14460623.jpg


店内はシンプルに、ええ感じに仕上がっている!

d0108737_14461400.jpg


私がお店に入り、少しすると、どどど~~とお客さんが。
「くま先生がお客さんを招いてはるんですよ~」とオーナーが。

d0108737_14462082.jpg


息子たちへのお土産と、車の中で食べる分を確保。
しかし、よく考えたらクッキーをこのようにオープンな、並べ方をやっているところはあるのだろうか?
必ずガラスケースの中に入っているよな。
これは購買意欲を高めるいい手法だわ。

d0108737_14462533.jpg


コーヒーも買って、車て食べながら帰路へ。
抹茶のスコーンとコーヒーが美味しかった!!!!

d0108737_14463037.jpg


*************************************

うなぎ修行レポートを。

贔屓にしている「うなふじ」(三重県津市)さん。
毎年のパターンではあるが、寒くなってくると行列は少なくなる。
とはいえ、並んでいると体の芯まで冷えて、やはり修行であることに変わりなし。

d0108737_14463660.jpg


時には、価格表も載せておこう。
安い!

最近思うことがある。
うな丼の美味しさの決め手は、ごはんかもと。
米の銘柄選定も含め、安定してうな丼に合うよう炊き上げることは至難の業なんだろうな~~おそらく。
うなぎを持ち帰って家でうな丼をしても、何か違う。
にぎり寿司と原理は同じなのかも。

d0108737_14464340.jpg


特は上に四枚と中に一枚で2,160円。
さあ、ど~~~や~~~~~~
食べたくなりまっしゃろ~~~~~

d0108737_14464879.jpg


先に並んだ人の特権は肝が注文できること。
10個位で売り切れかな・・・・そんな気がする。
あれば注文するかな、というもの。

d0108737_14465378.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-12-01 15:44 | 洋菓子