タグ:守山、野洲、近江八幡 ( 39 ) タグの人気記事

2017年 09月 01日
「ラ コリーナ近江八幡」さん 「五果園」さん (滋賀県)

さすがに、8月の後半は忙しくってブログの更新もままならず、という顛末どした。
それも何とか落ちつき、8月31日に休みをいただき、超メジャーなラ・コリーナさんへ。
「休日は、ありえへんほどいっぱいらしい!」との嫁の情報で、ほな今日は平日やし行ってみるか!となったしだい。

d0108737_15035473.jpg

まあ、たいがい金かかってますな~~さらに、デザイン力も凄い!

d0108737_15035997.jpg
ほんまこんな金かけて儲かるの???と、感じるのはバブル時代に建てられた白浜のホテル川久見ていらいやわ。(ごめん、ちょっとオーバーでした・・・)
d0108737_15040445.jpg
どこ撮っても画になる。
日本人の写真撮影好き属性に、インスタなるものがでて、拍車がかかり、皆さん撮ってる撮ってる。
私も撮ってますが、ハハハ~
d0108737_15041040.jpg
これ、休日に来たら、噂通りすごい人なんやろうな~と、なんとなく感じる。
これが、最初で最後かもしれん。
d0108737_15041479.jpg
テーマは確か、「懐かしさ」みたいな感じやったような。
遠くに棚田を造って、人と稲穂との距離も近く、そのテーマ通りに感じてしまう。
見事な設計やな。
d0108737_15041915.jpg
昼飯は八幡カステラとオムライス。
d0108737_15042384.jpg
席に着くと、目の前は棚田の景色と幸せそうなカップル。
「死ね、死ね、どっかいけ、消えろ・・・・・・」という小声がどこかから。
お隣の女性二人組のつぶやき。
嫁と二人で笑いをこらえるのに必死。
d0108737_15042844.jpg
オムライスの完成度が高い。
トマトの酸味がほどよく、卵もええ感じで火入れされていて納得の品。
そつがないな~~たねやさん。
d0108737_15043213.jpg
これもなかなか美味い!
d0108737_15043661.jpg
食堂を出て、ちょっと物足らんのでライスコロッケを。
d0108737_15044527.jpg


これも、まああま美味い。


d0108737_15044917.jpg
ソフトも美味い。
隙がないというか、完成していますな~~
唯一、「死ね死ね・・・」と言っていた隣の女性位しかサプライズはないな~
d0108737_15045468.jpg
あ、あったあった。
焼きたてバームなるものが、一組限定3個で売っていて賞味期限は当日のみの品。
家で夜に、「焼きたてやから旨いで~」と食べてみたが、普通のタイプと差がなかったんやけど???
我が家で、夜に息子たちと盛り上がっっていた。
d0108737_15045874.jpg

******************************************
帰りは恒例の五果園さんへ。
ぶどうの進物用を頼みに。
d0108737_15050108.jpg
私が愛してやまないマスカットは、受粉時の温度低下で失敗とか。
「小粒になってしまたんです」とご主人。
d0108737_15050571.jpg

試食にと出していただいたのだが、うううううう美味い~~~~
いつもより美味いし、香りも強い!
「小粒になった分、味が凝縮しているんですわ~~でも、売りにくくはなってしまうんですがね」とご主人。
大きな房、大粒、どれも美味しい条件ではないということですな~

d0108737_15051013.jpg


ひまわりと試食の残りをいただき、車で食べながら家路へと。
帰りの車はマスカットの香りが充満。
この香りで、秋の始まりを、最近は感じるようになってきましたわ。

d0108737_15051486.jpg



[PR]

by guwaguwa58 | 2017-09-01 15:45 | 洋菓子
2017年 08月 03日
「ハクナマタタ」さん、そして今年の「ビワマス」!
夏の講習でへろへろ・・・
何か活力の高まるものを、ということでハクナマタタさんへ。
普通のカフェやんと、あなどったらあかんで。
超高カロリーな食べ物があり、私は毎週でも来たいものだが、嫁はそれを許さず。
d0108737_15560359.jpg
私一人でくりゃいいものだが、一人でここのヘビーな甘いものをむしゃぶりつく勇気はなく。
「頑張ったぞ~~~ファイアー」とアピールして嫁を引っ張り出すしかないのだが、悲しいものだ。
d0108737_15562602.jpg
ここの書かれてあるものも美味しいのだが、別のものを。
d0108737_15564947.jpg
こんなんもあるんや!
これ、いってみようか。
d0108737_15570287.jpg
のおお~~~なんじゃこりゃ???
パンの上にアイスやメープルシロップが山盛り!
血糖値が、ジャンプアップしそう、やばいな~~!
d0108737_15571598.jpg
甘~~~~い!
疲れた体に染み入る、温か冷たいこの美味さ。
これでまた仕事、頑張れるわで~~~

今日は、こんなもんでゆるしといたるわ~
d0108737_15572798.jpg
*************************************************
話変わって、ビワマス2017。
これは7月の末に行った、近江八幡のお馴染み淡水魚元さん。
d0108737_15574052.jpg
電話で予約しておいた2キロ物。
これで3200円。
安いな~~~~~~~!
d0108737_15574958.jpg
夏のこの時期が、まさに旬!
飽きっぽい私は、毎年同じことをやらないのだが、これだけは夏の恒例になっている。
いや、これを食べないと夏が来た気がしない。
d0108737_15575818.jpg
半身は刺身で、半身は塩をして寝かせて塩焼き。
d0108737_15581066.jpg
スイカとコーンも帰りの大中で購入。
コーンごはんとビワマスの刺身。
夏やな~~~!
皆さんも是非!
三枚にはさばいてもくれはしますで。
d0108737_15582227.jpg


[PR]

by guwaguwa58 | 2017-08-03 16:03 | カフェ
2016年 12月 27日
「兵主マルシェ」 「るぅた」  (滋賀県大津市、野洲市)
激務、とは出来るだけ書かないようにしているが、師が走るという暦どおり、忙しい。
なかなか出かけられないから10月に出かけた兵主マルシェのことを。
d0108737_16445455.jpg

お世話になった中井あけみさんが、出展されておられるらしい。

滋賀って、普通に存在する神社の、歴史が桁外れに古かったりする、ありがたい県だ。
だが、日常生活とは無縁のことで、忘れらがちになってしまうことが、現状なのかも。
d0108737_1645582.jpg

こういった催しは、その存在を思い出させてくれたりするよな。

りんごアメとあるが、トマトアメが!
d0108737_16453383.jpg

美味いのでは?
と思ったが、普通であった。
たこ焼きにはやはりタコが一番なのと同じで、りんごアメはりんごが一番かも!
(わけのわからん、話になっとるわ・・・・・)
d0108737_16454471.jpg

中井あけみさん、そしてお世話になった藤岡いずみさんも一緒に、伝統的ビワマスを使った兵主丼を提供されておられた。
d0108737_16455718.jpg

ぅぅぅ美味い!
たらん、一杯ではたらん、あと3杯はいけるで!
いやいや減量や・・・・・・
d0108737_1646859.jpg

本殿、立派ですやん!
d0108737_16462237.jpg

**************************************************
いや~~ゆっくりしすぎた!
兵主神社を後にして、琵琶湖大橋を渡って「るぅた」さんへ。
やばい、ぜったいやばいで!
d0108737_16464896.jpg

ほ~~~ら、ほぼ売り切れやん!
薪の石釜を使ってはるから、供給できるパンが限られるんやわ。
ああ~~あ・・・・・
d0108737_1647312.jpg

とりあえず、売ってはるものかき集めてレジへ。
本当は、シンプルな小麦の味わいを楽しむハード系のが欲しかったのだが、この時間だからそれは欲しがりすぎちゅうもんだな。
買った品は、当然、美味かったですぜ!
d0108737_16471818.jpg

「名古屋で修行していたんです」という少しシャイなご主人さんに釜を見せていただいた。
想像よりからり大きいことと、掃除が行き届いている。
これは、必ず再訪しなくっては、もっと早い時間に!
d0108737_1733613.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-12-27 16:43 | パン
2015年 05月 15日
「HAKO TE AKO」さん (滋賀県近江八幡市)
もう20年以上前から、気になってしかたない建物が近江八幡に存在していた。
ヴォーリズの建築物ではなく、お寺のような学校のような、そうでないような建物。
ある時、ユースホステルであることは分かったのだが、そこへ泊まりに行くこともないだろうし、でも見てみたい。
d0108737_15585556.jpg

その念願かなって、やっと来ることができた!
なんと、「HAKO TE AKO」というカフェを始められたとかで。
d0108737_1559541.jpg

昔の寺小屋みたいな感じだな。
d0108737_15591567.jpg

ええ、寺やったんか?
d0108737_15592415.jpg

「いつからカフェされていたのですか?」と話しかけた女性がAKOさん。
お爺さんがお寺(ここでは無い場所で)の和尚をされておられ、父の代でユースホステルを始められたとのこと。
そして、1年ほど前に双子の娘さんのHAKOさんとAKOさんで、ユースホステルの一部分を利用しこのカフェを始めたという流れである。
d0108737_1611826.jpg

双子のお嬢さんにとっては、ここが生活の場であり遊びの場であり、両親の仕事場であり、いろんな思い出が詰まった大切で特別な場所なんだろうな~~としみじみ。
d0108737_15593464.jpg

スイーツの四種盛りセットで。
d0108737_160435.jpg

トイレに行く、という理由で散策を開始!
実はユースホステルなるものを過去に利用したことがないのだ。
少し上の世代で流行したような気もするが、どちらかというと嫁も私もバブル世代そのものだったから。
それは別にして、いいや~~~何とも言えない味わいがある!
d0108737_1601550.jpg

明治のころの建物とのこと。
ヴォーリズの影響なのか、それらしい手すり。
d0108737_1602555.jpg

帰ってきたら、すでにケーキが!
d0108737_162245.jpg

「えええええ~~~双子なんですか~~!実は私も!」と双子の方には必ずテンションを高めてこう声をかける嫁。
「へええ~~そうなんですか~~」と相手も笑顔で大半共感され盛り上がる。

双子!だからどうしたん??
ある意味、ちょっと意味が分からないのが本音である。
どうやら、双子の方々には私たちには理解できないプレミアム感的なものがあるようだ。
だから「HAKO TE AKO」という名前になったのか!と妙に、そして勝手に納得。
d0108737_163566.jpg

「ここも泊まる場所に使っていて、大半はそのままなんです!」とのこと。
d0108737_1631456.jpg

踏み台が年季入っている。
d0108737_1632215.jpg

こちらはユースホステルの談話スペース。
ワンちゃんが「こっちへ来るな、寝てるねさかい・・・・」と気を送ってくるが、いやいや無理やりお友達になったで、当然!
d0108737_1634055.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-05-15 16:50 | カフェ
2014年 06月 14日
「中華菜 秀」さん 「スプーン野洲本店」さん  (滋賀県野洲市)
これといって、風変わりなお店等へ行ってないので、昼飯ネタ。

次男の春季総体サッカー試合の合間に行った、「中華菜 秀」さんが、これまたよかったのだ!
d0108737_1248352.jpg

880円の日替わりと、坦々麺を注文。
d0108737_12484377.jpg

ううううううう美味い!
酸味がエエ感じで、なんともセンスのいいウマさやな~~
d0108737_12484991.jpg

日替わりの餡かけ卵。
つやっつやの餡がええ!
日替わりなので本当の実力のほどは不明だが、美味しい中華のお店が少ない中、期待できる予感がした。
夜に来て一品をいろいろたべてみたい。
d0108737_12493133.jpg

次の試合まで、まだ時間があるから有名なスプーンさんへ。
d0108737_12495314.jpg

なるほど、人気なのが良く分かる。
サービスもいいし、お店の広さか、席が隣と離れているせいか、くつろげる。
d0108737_1250122.jpg

紅茶推しのようだが、大半がフレバリーティー。
香料が入ったものは、全て嫌いなんでちょっと高めのええ紅茶を選択。
名前は忘れたのだが、美味い!!!
d0108737_12501254.jpg

アップルパイ??やったかな。
普通に美味しい。
d0108737_12501995.jpg

こちらの方が好みだったような、抹茶のパフェ。

ビジネスとして、上手に計算された優秀なお店で、気兼ねなくしゃべりたい時は抜群にいいな~~
ただ、男子だけでは入れへんな~~~
d0108737_12502969.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2014-06-14 13:01 | 中華
2014年 06月 06日
いつか行きたかった近所のパン屋さん「Bon Appetit」さん そして「ル シエル」さん
仕事場の近くにあるから、いつか昼飯として買いにいこうと思ってから一年、念願かなってやっと手に入れられるBon Appetitさんのパン。
なかなか手に入れられない理由は2つ!
①月に一度の販売やさかい、気づけば売ってはる日が過ぎてしまっている。
②売ってはる場所が、分からなかった。
住宅街のこの道の先である。
d0108737_1401763.jpg

っで、売ってはるのがここ!
そりゃ分かりにくいわな~~
ご自宅で売っておられるのです。
d0108737_17272253.jpg

この張り紙があれば、販売中。
d0108737_1441986.jpg

玄関内はこんな感じ。
d0108737_1442788.jpg

チーズ入りを中心に、3個。
美味しくいただいた。
トースターで焼いたらさらに旨いやろうな~~~~、職場にはない!買ってこようかトースター。
容姿に似合わず、パンの昼飯率70%やさかい、パン屋さんのバリエーションが広がるのはありがたい。
d0108737_1443640.jpg


****************************************************

で、も一つパンネタ!
野洲の「ル・シエル (Le Ciel)」さん
d0108737_1455897.jpg

天然酵母パンだが、極めて食べやすい、クセのない味わい。
不思議なのだが、焼いたら焼き餅みたいな味わいや。
d0108737_1464717.jpg

素材にもこだわりが強いみたいだな~
d0108737_1465760.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2014-06-06 14:17 | パン
2014年 05月 15日
洋食屋さんの「カシトラ」さん (滋賀県守山市)
姉と嫁、そして私のそれぞれの車を守山の陸運局でユーザー車検を終え、昼飯へ。
来たのは守山駅前商店街にある「カシトラ」さん。


ユーザー車検、けっこう気力使うんやわ~~~
開放されて食欲全開!
d0108737_15125346.jpg

なかなかの人気で外で順番待ち。
客の大半はおなじみさんみたいだ。
d0108737_15131047.jpg

今時珍しいショーケース。
これね、田舎者、特に私の年代ではテンション上がるですわ~~
子どものころ草津線使って京都に出かけ、食堂のショーケース、どれにしようかワクワクしながら眺めていたんだわ。
今でもこれ見ると、不思議と嬉しくなる。
d0108737_15152076.jpg

やっぱりこれかな!
d0108737_1515374.jpg

さらに悩んでお店のお姉さんお勧めのカシトラランチ1080円。
d0108737_15155978.jpg

創業50年位とのことで、それをシャンデリアが証明している。
老舗には若すぎだが、滋賀としては十分古きよき洋食屋の部類に入るのではないかな。
d0108737_15161165.jpg

姉と嫁のハンバーグ。
d0108737_15162215.jpg

私のカシトラランチ。
牛肉の焼き加減が絶妙!
なんとも気取りの無い昼飯にうってつけだなこれ。

次回はとオムライスにカツ、さらにデミソースがかかっているやつを食おう!
CPもええし、近くに来たらもう一度来たい!
d0108737_15163448.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2014-05-15 15:36 | 老舗
2013年 08月 14日
もうこのパフェが最高!「逢茶 あまな」さん (滋賀県近江八幡市)
今、近江八幡が一番面白い!
古い家を改装しての、個性的なお店が増殖中だから。

ここも八幡掘に面したところにある、古い建物を改装しての新たなお店
d0108737_1032214.jpg

「CAFE CACHE(カフェ カシュ)」さんの後に来てみた。
有名な和た与さんの経営らしい。
私の偏見なのだが、地元有名店経営の新たなお店に面白いものなしと思っている。
d0108737_1031111.jpg

さほど期待をすることもなく、2階に上がってみる。
そこには大正の香りが。
思いのほかくつろげる。
d0108737_104185.jpg

注文の一つは決まっていた。
「あつあつ揚げういろ」500円。
和た与さんのういろは本当に旨い!
それを、あつあつに揚げたもの、どんなものなのか期待が膨らむ!
d0108737_1041489.jpg

熱いものと冷たいもの、いいですやん!
d0108737_1042588.jpg

んんん?・・・・・・・・・・・
いや、別に揚げんでもええのとちゃうか?
が、嫁との共通意見。
d0108737_1045113.jpg

地味~~~~な朝宮ほうじ茶パフェ800円。
まず、最中でソフトクリームをすくって食べる。
おおお~~最中が焼きたてで香ばしい!
さらに、ソフトクリームが旨い!高級なヤツやこれ。
そして、ういろとめっちゃ相性ええ!
中からほうじ茶味の、甘さ抑え目の薫り高いムースとゼリーが!
のおおお~~ほうじ茶の香りが口の中で、弾けよるがな~~~~~~~
バランスがいいし、ううう~~旨い!
さらに、中からは玄米のポン菓子。
これも、エエ仕事しよるな~~~~香ばしさと、少しの塩っけが。

いいいや~~~~~これは、めっちゃくちゃ旨~~~~~~~~~~~~~~~ひイ~~~~
地味やけど、逸品やな。
期待していないなんて、思っていたこと本当に申し訳ない。
偏見はいかんな~~。

一階に下りてお店の方に美味しかった旨伝えると、本当に嬉しそうであった。
「いろいろ考えて開発したんですよ~~~ほとんどが手作りです。」と、苦労報われた感、を全快で表現しておられた。

これはめっけもんやったな!
d0108737_1043850.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2013-08-14 10:05 | 和菓子
2013年 07月 29日
「CAFE CACHE(カフェ カシュ)」さん  (滋賀県近江八幡市)
久しぶりの近江八幡散歩である。
興味を惹かれるお店を目指して。
d0108737_136770.jpg

駐車場は満杯。
その多くの人は、たねやさんのお店へ吸い込まれるように流れていかれる。
人の流れに逆らって旧市街へ歩き出す。
汗をかきかき、嫁と歩きながら「私にとっての、良いお店の条件」を考え始めてしまった。
人間味を感じることのできるお店を良しとしていることは間違いないな~~。
d0108737_1361573.jpg

全て欠点を克服し、完成されたものには、逆に何か足りなさを感じたりもする。
才能が有り余る人の最上評価のお店、それも違うような・・・・・・・
考えをめぐらせると、かえってよう分からんようになってくるが、どうでもいいことかもしれん。
はっきりしていることは、人と少しずれていること、これ間違いなしかも。
d0108737_1362328.jpg

なんてこと考えているうちに到着の「CAFE CACHE(カフェ カシュ)」さん
2013年の4月18日にオープンされたところである。  
d0108737_1362967.jpg

ここまで来て売り切れでは、さすがにつらいので前日に予約済み、このランチ(900円)を!

予約時に「嫌いなものはありますか?」と聞かれたことに驚いた。
フレンチのコースならともかくランチでである。
その後、面白いやりとりさせていただいたのだが、文が長くなるので省略、笑。
d0108737_1364484.jpg

岩手より、草津市に移転され、そしてこの建物に出会われたとのこと。
まさに縁である。
ほとんど改装することなく、オープンされたこちらは、古い町屋建物のそのまんまである。
d0108737_1310383.jpg

食事は、前庭に面したこの部屋で。
d0108737_131164.jpg

「蜜蜂を研究して5年、大好きなんですよ~~なんでも聞いてくださいね~~」
と明るい笑顔で話してくださった。
ちょっとまてよ、蜜蜂が可愛くって好きなのか、ハチミツを食べることが好きなのかどっち???
あかん、気になって気になってしかたなくなってくるがな~~

どちらにしても、こういった個性的でレアな好みを持ったオーナーは面白い。
d0108737_13111826.jpg

スープランチ900円。
スープがスパイシーで、めっちゃ旨い!
d0108737_13113085.jpg

生クリームを入れるとさらにええ塩梅である。
d0108737_13113939.jpg

この日は、惣菜は三種の中から選択が可能であった。
パプリカが甘いこと!
それぞれ隠し味に蜂蜜が入っているのかな?(←あくまで想像)

食後、ほんの少し不安そうな表情で「食事は、いかがでしたか?」の問いかけがあった。
「美味しかった」旨伝えると、満面の笑みを返していただいた。
なんてこと無いやり取りかもしれないが、この距離感がわれわれにとってはすごく気持ちがいいのだな。
d0108737_13114766.jpg

蜜蜂の話が聞きたかったな~~~
他のお客さんもおられ、根掘り葉掘り攻撃は迷惑と考えお店を後にした。
また来てゆっくりしたいな~~と、強く思えた私の思う良いお店であること間違いなし。(嫁も同感)

門を出たら、こんな感じでヴォーリズ設計の協会がど~~んとあんで!
d0108737_13115383.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2013-07-29 13:12 | カフェ
2013年 03月 20日
天然酵母パン「パンの壺」さん   (滋賀県近江八幡市)
3月16日(土)近江八幡市を所要のため訪れたら、左義長祭りの真っ最中。
平安時代より続く祭りとか。
そんなことより、子供が青年が本当に楽しそうにしている姿が、何か気持ちいい!
d0108737_1115299.jpg

びっくりした~~

カメラを持って歩いていると「どうぞ!」と現れた青年。
昔風にいうなら「歌舞いているな~~」というところか?
d0108737_112038.jpg

用事までまだ少し時間があるので、狙っていた「パンの壺」さんへ。
八幡堀の前にある。
d0108737_112788.jpg

手作りっぽい温かい雰囲気の店内。
d0108737_1121714.jpg

食べた結果、もっとも気に入ったのがこれ!
若干の酸味が残る天然酵母らしさを感じる旨さ。
d0108737_1122494.jpg

イーストのパンもある。
d0108737_1131123.jpg

希望によりカットして下さる。
「モーターが悲鳴をあげるので、ちょっと時間かかります・・・」とのことだが、いいですよゆっくりで。

店主の女性一人で切り盛りされていて、昨年の8月にオープンされたところ。

d0108737_1132599.jpg

その違いが分かるわけでは無いが、必ず聞いているのが酵母の種。
「小麦を使っています」とのこと。
そうですか・・・・・・・・・・・

毎回だが、知識が無いからそこからそこから会話が続かない、ハハハ汗。
d0108737_1133866.jpg

ちょうど次の日、宴会があるのでそれ用に大人買い。
なかなかココまでは、これへんからな~~~
d0108737_1135420.jpg


店名:パンの壺
住所:近江八幡市玉木町1-8
営業時間:11:00~18:00
定休日:水・木・日
TEL:0748-36-5012
[PR]

by guwaguwa58 | 2013-03-20 11:56 | パン