タグ:滋賀県 ( 407 ) タグの人気記事

2017年 12月 15日
「韓国ランチの店 チャヨン」さん (滋賀県甲賀市)

嫁が、商工会主催の創業塾なるものに行ってまして。
そこで出会った方が、この11月から自宅を改装しての韓国ランチのお店をオープンされたとか。
甲南町の希望が丘と近場でもあり、いつ行こうかと話していたところに、円舞曲さん(美容院)よりお誘いが。

d0108737_14453994.jpg


この日は月曜日で、本当は休日。
こちらのお嬢さんが、アロマハンドクリームを作る??教室??先生(ゴメン、よく分からない)。
要するに、朝から嫁や円舞曲さん、そのお知り合いの方々でハンドクリームを作ってはったちゅうことでした。
ハンドクリーム教室??の後のランチにくま先生もどう?
という誘いで、来たものの、どこが入口???

d0108737_14454842.jpg


まあ、皆さんご存知の通り、入口の分かりにくいお店、好きです!
案内に従い、リビングに直接入ってもらったらいい!

d0108737_14455248.jpg


机はご主人の手作り。
このお盆もらしい。
ランチは日替わりで1200円。
この日はビビンバであったのだが、とにかく素材に対してのこだわりが強い!

d0108737_14455771.jpg


ううう美味い!
これは、焼肉屋で食べるごま油の香りを前面に押し出したものとは別物。
無農薬野菜をふんだんに使った、サラダ感覚のビビンバ!
ほ~~~こういうパターンもあるんや~
「くま先生は、キムチが苦手でしたよね~」と私の好みをリサーチ済みで、キムチ抜き。
その手作りキムチが旨いとか。

d0108737_14460257.jpg


このお餅とお茶セットも凄いねん!(500円)
黒焼き玄米茶、家族3人交代で真っ黒になるまで2時間煎るとか!
我が家では絶対無理やな・・・嫁や息子たちにアルバイト代を請求される。
このお茶は初体験の味で、苦く、香ばしく、甘いものとよく合う旨さ。
(黒焼き玄米茶は、出るとは限らいからね、念のため。)

d0108737_14460759.jpg


岐阜のなんとかゆうお店の三色の餅。
餅の味、餡の味、素材それぞれの旨みをシンプルに引き出した、見事な餅だな。
「美味しいものが好きなんです!」ということを、この餅を探し出してこられたことで証明されたようなもの。

しかしなんだな、3歩歩くだけで、聞いたこと(店名)を忘れてしまう、怖い。

d0108737_14461203.jpg


チャヨンさん、通常営業は木・金・土曜日の12:00~17:00。
ランチはその日により、変わりまっせ~~
お勧めしますよ!

d0108737_14461662.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-12-15 15:39 | こだわり
2017年 12月 07日
「ウルーウール」さん 「ショッパー桜川」さん (甲賀市、東近江市)

これ、久しぶりの大ヒットやわ~~~~~~家族皆絶賛!
先日コンテストがあって、日本一に輝いたウルーウールさんガレット・デ・ロワ
旨いわ~~
美味しい焼き菓子とコーヒーで、一日を終える私にはたまらない。
(おかげで、100キロオーバーですわ~ハハハ)

d0108737_13213488.jpg


甘さの塩梅といい、パイ生地のサクサク感といい絶妙やな~~
「今まで、さぞようけガレット・デ・ロワを食べてきゃはったんやろね?」
と聞かれたら、これが初めてやけど、何か!
語るべき資格は無いと思うが、旨いことに変わりなしやわ。
(これは、19cmのフェーブ無し2,430円)

d0108737_13214050.jpg


*************************************

12月3日(日)は、相棒の嫁は大阪へ遊びに。
おっさん一人で、出かける場所はと・・・・
怖~~~めっちゃ限られてしまうがな~~~

で、前から何度か訪れている東近江市にあるショッパー桜川さんへ。
ここなら、おっさん一人でも浮くことなし!

d0108737_13214629.jpg


滋賀のスーパーはオセロゲームの一人勝ちのように、ハトマークのお店が占領中。
そこと、個性ある商法で戦っておられるのが、こちら。

d0108737_13215544.jpg


よく研究しておられる!
そう、鮮魚が重要。

d0108737_13220089.jpg


天然のクエもあったりする。

d0108737_13221994.jpg


「もうこんな仕事のしてある・・・・・・ココダケです!」

d0108737_13221240.jpg


生姜みそぽん酢!。

d0108737_13222586.jpg


いやいや、昼飯を食べにきたんやった!
入口の左側に併設のフードコートのようなものがあり、そこで昼飯が食べられる。
だが、そこで座って待っていても一生飯にはありつけない。

d0108737_13223074.jpg


鮮魚コーナーへ行って注文をする。
ここでは、何を食べるかの注文のみやで。

d0108737_13223570.jpg


注文書と番号札をもってレジで精算。

d0108737_13224082.jpg


後は、社員食堂のようなこの場所で、番号が呼ばれるのを待てばいい!

d0108737_13224741.jpg


これが、こちらで最も高級な1000円の海鮮丼。
で、評価なんやけど・・・旨いねんで、そやけど満足感が少ないのは何故?
隣の家族が食べていた500円のフライ定食のcpの高さはえげつないと思うが、それをわざわざ食べにくるのもな・・・・・・・

d0108737_13225434.jpg


売ってあるパックの高級刺身を選んで300円追加を支払い定食化する手もある。
いやいや、それなら家でゆっくり、ちゅう考えに行きつくしな・・・・

どうせ差別化するねやったら、3000円~5000円クラスの「空前絶後の超絶怒涛の刺身定食」とかどや。
売ってはる、クエとかサワラとかアオリイカを使って。
小売りしてはるねんから、注文が無くても問題ないやろし。

私がそんなことを考えてどうするねんな!
どちらにしろ、このショッパー桜川さん、鮮魚の質は間違いなくいいし、極めて面白いと思う。

d0108737_13230019.jpg


[PR]

by guwaguwa58 | 2017-12-07 14:03 | 洋菓子
2017年 11月 24日
「sato kitchen」さん 「アイ・ビーンズ甲南店」さん (滋賀県高島市)

夏のころには来たかったんや、ここ
できるなら、情報誌に掲載される前の静かな時に伺いたかった。
情報誌と競っているわけではない。
なんとなくだが、お店を始められた意気込みなんかを聞くと、妙に自分自身のヤル気につながるから。
情報誌の掲載前だと、ゆっくり話ができたるする。

d0108737_13065287.jpg


5年前に農家になられ、今年(2017年)の8月5日に週末のみのレストランを開かれた。
平日は、みのり農園で野菜と向き合っておられる。
そのみのり農園のfbには、この前の台風の傷跡が載せられてあった。
「そう、自然薯の蔓が根こそぎ、飛びました!」と奥さんが話しておられた。

d0108737_13070042.jpg


料理は2種類。
夫婦でそれぞれ注文。

d0108737_13070530.jpg


時間が少し早かったから貸し切り状態。
ありがたいことに、そこでゆっくりお話しさせていただいた。

そのあと、12時前にあれよあれよとお客が、そして満員近くに。

d0108737_13071030.jpg


風景も、建物も、そしてご夫婦も、言葉にはしにくいのだが、何かいい!
自分の置かれている環境と、真逆の非日常?

d0108737_13071627.jpg


築100年の家に巡り合い、改装されての営業。
難点は、古い建物だけあって、ちょっと寒いかな。
厚着をしてくるべし。

d0108737_13360185.jpg


私のAセット「ごはんとおかず」(1400円)調理は、料理人であるご主人が担当。
豚汁がメインだが、優しい味付けで、里芋等の野菜の味がちゃんと主張している。

d0108737_13072403.jpg


名前は失念したが、3種のカブの刺身?がみずみずしく旨い!
味付けはオリーブオイルと塩だけかな???
野菜の味の邪魔をしないよう考えておられる。

d0108737_13073054.jpg


焼いただけのカブが何とも旨い!

d0108737_13073508.jpg


嫁のBセット「パスタ」1400円。
パスタに添えられた鹿のローストが絶品!
あの淡白な鹿の味を上手に引き出している。
鹿を何度も食べてはるんやろうな~~と思える品だ。

なかなか心にしみる、ええ店だわ~

d0108737_13074311.jpg


********************************************

こちらのお店、縁がないんですわ~~~
もう3回くらいフラれているような気がする・・・・

d0108737_13075253.jpg


高島市に行くぞ~~~という日は必ず満杯。
めげずに、挑戦しますわ~~
電話予約して行きます。

d0108737_13075781.jpg


***********************************************

家の近くに、アイビーンズさんの甲南店がオープンしていた。

d0108737_13080618.jpg


いやまた、なんで甲南にお店をとの問いに。
奥さん「話せば長いんですよ~~~~~」
「こちら方面のお客さんが多くって」
「・・・・・・・」

ええええ~~みじか。

d0108737_13081286.jpg


まあ、いろいろあってのオープンなんだと思う。
気が向きましたら、試してみてはどうかな。

d0108737_13081745.jpg


[PR]

by guwaguwa58 | 2017-11-24 13:36 | こだわり
2017年 10月 31日
「いきなりステーキ」さん 「コイタロウ水産」さんの海鮮丼 (滋賀県湖南市)

やっと来たぜ、「いきなりステーキ」さん。
ユーチューブで、何度も何度も、肉をカットするところからの映像を再生し、恋焦がれていたのである。
場所は、京都のイオンのフードコート。
これだけを食べに、わざわざ滋賀から足を運ぶのも、なんか違う。
何か仕事のついでとかがあれば、というちょうどええ日が10月29日の京都での勉強会の日。

d0108737_13291410.jpg


ここでは、目の前でのカットは無し。
といっても、この場面はユーチューブで見慣れた光景。
おおおおおお~~~~と、写真撮っておのぼりさん状態。

d0108737_13292017.jpg


やっぱり肉には脂やわな~~~とサーロインの300gを注文(3000円位)。
後は、この機械がブウ~~~~ンというのを待つだけ。
3キロ食べたらゴールドカードになるが、それは遠い道のりだな・・・

d0108737_13292453.jpg


あれ??????想像してた、サーロインとは違う姿をしとる。
絶対、サーロインちゃうぞ~~~文句いわなあかんのちゃうやろか・・・・と思う反面、滋賀県民は不思議に京都に来ると弱気になる悪い習慣で、まあええかと。

d0108737_13292858.jpg


あ!なんかやわらかく、そこそこいける!
これヒレ肉や!
得したんか?とレシート見たらきっちりヒレ肉の値段になっとる。
まあ、単にレジのおねえさんが間違えただけであった。

総評としては、オーストラリア牛の草を食べたあの独特の臭さが微妙に残った、アメリカ穀物牛という感じか。
コストコの肉の方が一段上かもしれない。
値段を考えるとまあまあだな。

d0108737_13293250.jpg


****************************************

さすがに「いきなりステーキ」だけのネタではなんなので、もう一つ。
こっちの方が面白い。
最近、甲西駅前に事務スペースを時間貸しされる、今プラスさんがオープン。

d0108737_13293779.jpg


いや、事務スペースだけでなく、キッチンや食堂スペースも借りれる。
それをレストラン等の開業前の腕試しとして、料理をされる方が借りて、ランチを出される日がある。
そのランチを食べられる日は、いつやねん!という問題なのだが、よくわからない。
たまたまこの日、前を通たらオープンしてはった、ということだ。

d0108737_13294164.jpg


小さなオフィスや勉強、仕事に借りるのが隣のこのスペース。

d0108737_13294534.jpg


キッチンスペースはこちら。
この日はコイタロウ水産さん。
コイタロウさんのことを書くと長くなるので簡単に。
今年の春、釣り好き高じて、それと関連する独自のビジネスを考え起業されたばかり。

d0108737_13295022.jpg



それよりなにより、私が狙っているのは、鳥取の境港まで直接仕入れされてこられる紅ズワイガニなのだわ。
「往復10時間かかるんです!」とのこと。
体力勝負ですな~~
そのおかげで、朝水揚げされたカニが手に入り、ぴちぴちの刺身にできるとか。
刺身にする写真は、今後に期待を。
私より先に、カニ買い占めたらあかんで。

d0108737_14255363.jpg

で、この日は海鮮丼(1000円)。
鯛のヅケ、カンパチ、オリーブハマチ(小豆島)。
まあ、てんこ盛り。
なかなか旨い!

ちがったらゴメン的な話やけど、コイタロウちゅう名前、釣りバカ日誌のハマちゃんの息子の名前をもろたんちがうか。
んん~~どやろ。
d0108737_13295786.jpg


鯛のうしお汁。

この場所を使って、昨日は別の方がカレーを出しておられたとか。
そうそう、今知ったのだが、今プラスさんのFBを見たらランチのあるなしが分かる。
なかなか面白いで!

d0108737_13300256.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-10-31 14:13 | 和食
2017年 10月 22日
「茶ノ木カフェ」さん (滋賀県栗東市)

いや~~~ご無沙汰でした~~~忙しすぎ!

ちょっと前に行った、パンも売ってはるカフェ「茶ノ木カフェ」さん。
昼飯を食いに。

d0108737_13122021.jpg


なかなか人気で、外の椅子で順番待ち。椅子の下に玉ねぎ。
なんか微笑ましくって。

d0108737_13122568.jpg


お店に入ったところがパンコーナー。
これ、いつ買うの?食事の前か、途中か、後か?

d0108737_13123044.jpg


持ち帰りで、家で食べたのだが、ここのパン旨い!
嫁や息子達にも好評。

d0108737_13124238.jpg


姉妹さんで運営されておられるとか。
パンだけでなく、カバンも作ってはるそうやから、それも見てくるように、と嫁は言っていたが、それは分からず。

d0108737_13123402.jpg


さて、ご飯はオムライスを。
なんか、丁寧に作ってくれてはるわ~~もうちょっと多いとさらにいいのだが。
また、行きますわ~~~

d0108737_13124772.jpg


*********************************************
ちょっとだけ。
ちょっとだけ、自慢してもええかな~~~釣りの腕前を。
いつもの福井県のディープオーシャンさんでの釣果を。

d0108737_13125030.jpg


じゃ~~~~~~~ん。
どや!!!!!
大きさがよくわからないでしょうが、でっかいんですよ~~
鯛にヒラメにメジロにアコウにガシラに、もうてんこ盛りや~~

d0108737_13125414.jpg


問題は、その処理。
この鯛は70cm位やからなんてことない。

d0108737_13125850.jpg


これは90cm!美味けりゃ文句もないのだが、こんな大きな鯛はまずいのだわ。
こいつ10キロほどあって、も~~大変。
そやkd、何年生きとったんやろう?
なんやかやら、全ての魚を処理をするのに、4時間。
冷蔵庫は満杯で、嫁のクレームが半端ない。

ああああ~~天才釣り師も、釣れすぎは困ったことになるんですわ~~~ハハハ。
最後までオチなく、自慢でした。

d0108737_13130289.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-10-22 13:37 | カフェ
2017年 10月 11日
「肉王」さん 「A&H カフェ&ギャラリー」さん (栗東市 東近江市)

久しぶりに家族4人そろって夜飯。
今年、栗東にオープンされたばかりの肉王さんへ。

d0108737_13193219.jpg


もう10年も書き綴っているんですね、私のブログ。
その初期のころ、幼い姿で登場していた二人の息子も、こんなに成長。
今は、私の遊びに全く付いてきてくれない・・・・・トホホ。
しかし、うまそうに食べてますな~~

d0108737_13193792.jpg


長男は大学3回生で来年就活、次男は高校3年で受験勉強中。
あれやら、これやら、助言したいとは夫婦ともどもいっぱいあるんですわ(特に嫁)~~でも、ほっとくほうがいいのかも。
こうゆう場面で思い出すのは、私のこいつらと同じころのこと。
両親から何も言われず全て自分自身で選択して、勝手気ままに生きていた。
親父、おふくろ、凄いな~~と思うが、単にほったらかしやったのかもハハハ~
どちらにしろ、親にとっては、とやかく言わないことも勇気がいることですな~

d0108737_13194483.jpg


そうそう、肉王さんのこと。
バラ肉やったかな、これ。
美味いな~~~

d0108737_13194991.jpg


あなたは、無煙ロースター派、それともけむりもくもく派。
スーツの時は、無煙ロースターを好む。
ヤル気満々で美味い焼肉が喰らいたい時は、断然けむりもくもく派。
焼肉とうなぎは香りを食え、ということわざがある通りで、絶対にけむりもくもくが美味く感じる。
(注意:そんなことわざは無いです)

d0108737_13195406.jpg


焼肉は、やっぱり焼肉屋やな~~と息子達実感。
どんな高級な肉を買っても、家ではこのダイナミックな味わいには勝てない。

d0108737_13195977.jpg


奥がカッパという部位で、あっさりポン酢でいただく。
手前は赤身やったかな?モモ肉で、私の好みだ。

d0108737_13200413.jpg


他にもいろいろ頼んで食べまくって4人で15000円。
やっすいな~~
このお店、私が頼りにしている方のお父さんが経営さてれいるのだ。
そういった人間関係を抜きにしてもお勧めできる。
そうそう、ランチもやってはります。

d0108737_13200834.jpg


*************************************

先日、昼飯をいただきにA&H カフェ&ギャラりいーさん。
何故か、内部の写真が無い・・・・ごめん。

d0108737_13201355.jpg


多くの方が、投稿されていますので、そちらを参考に。
しかし、撮った写真、どこへいたんやろ・・・・

d0108737_13201806.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-10-11 14:20 | 焼肉
2017年 10月 05日
「galleryサラ」「カナリア茶家」「ひらぱん」「炭んこぱん」「ant・re」さん (大津市) (滋賀県大津市)


先週の続き。
「コジィコジィ」さんでピザ食べた後に訪れた「ギャラリーサラ」さん。

d0108737_12472262.jpg


この日は、草間喆雄さんの展示をされいた。
落ち付いた女性オーナーに案内いただいた。
「大津の市街から7年前にこちらに移ったのです」というこの建物、かなり手が込んである。

d0108737_12472658.jpg


奥は中国茶をだしておられる「カナリア茶家」さん。

d0108737_12474165.jpg


・・・・・・ええ~~と、何をお願いしたらいいものやら・・・
中国茶と台湾茶をお任せで!

d0108737_12474642.jpg


おおおお~~薫り高いこと!
「ピザ喰った後に、これもってこいやわ~~」とは、さすがに言える雰囲気でもなく、心の中でつぶやく。

d0108737_12473286.jpg


見たことあるで、この絵柄。
鎌倉在住の作家さんのものらしい。
嫁と「ええな~~」と盛り上がる。
ギャラリー併設だけあって器のセンスもいい!

d0108737_12473764.jpg


「とにかく庭の手入れが大変なんですよ~~」という庭がこれ。
確かに!
外庭は全てご主人の担当。
うわ~~家の庭の手入れせなあかんこと思い出してそもたがな・・・・

d0108737_12474919.jpg


*************************************

もう一軒いこかと「ひらぱん」さんへ。
ギャラリーサラさんの近所。

d0108737_12475446.jpg


何とか数個購入でけた。
ホシノの天然酵母を使って、丁寧に焼かれたパンは噛み応え、味わいともにええ感じ!
陳列で想像する味よりはるかに高いレベルにある。

d0108737_12475863.jpg


***********************************

さらにもう一軒。
「ひらぱん」さんから100mくらのところにある。
今年オープンしたばかりの「炭んこぱん」さん。
fbを見ていて、大きいお店かと思ったら、こじんまりしている。
酵母は、何種類もの種を使い分けっておられる、かなりのこだわり派。
時間が遅くって山葡萄(カレンズ) を練り込んだメランジェをちょっと購入できただけ。
美味い~~~もう一度来て、違う種類のパンを買わなければ。

d0108737_12480227.jpg


***********************************

もう一丁、いったるで~~~
こちらも同じ北比良にある。
「アンティークギャラリーant.re」さん。

d0108737_12560939.jpg


オーナーは、単にアンティーク家具を売る、というよりそれをリメイクして利用してほしい、という職人さん。
現役リタイヤ好きなこやったるで~~という羨ましいお店。

以上、久しぶりの北比良特集でした。

d0108737_12561328.jpg



[PR]

by guwaguwa58 | 2017-10-05 13:50 | ギャラリー
2017年 09月 25日
「cosi-cosi」さん 「oluoluカフェ」さん (滋賀県大津市、三重県伊賀市)


久しぶりの比良(大津市)へ!
ここの住人は、個性にあふれている。
そんな比良の中で、月に一度だけピザを振舞うお店を開かれている「cosi-cosi」さん。

d0108737_14003800.jpg


9月の開店は、23日と24日のみ。
たまたま前日に見つけて、予約に成功!
で、来てみたらこんな感じの路地を奥へ奥へ。
(追記:次回は10月8日、9日みたいです)

d0108737_14004498.jpg


ぎょえ~~失礼ながら趣味程度、と思っていたら、本格的すぎな窯!
こりゃ、プロですな。
もっと多くの日数開店されたら?の質問にご主人は「いやいや、会社勤めで、これが限界ですわ~~」と。

d0108737_14005965.jpg


安す~~~~~~い上に、一周年記念でさらに安い。
マルゲリータ600円って、これピザーラ一枚の値段で4枚食べられるで~~

d0108737_14005023.jpg


席は、裏の山に面したテラス。
時々、スタッフのゴマちゃんが見回りに来る。

d0108737_14010574.jpg


マルゲリータ800円⇒600円。
うううううまい!
生地はもっちりタイプで、美味いな~~
それもあるが、緑に囲まれたこの席が、気持ちよすぎだわ!

d0108737_14011046.jpg


燻製生ハムのビスマルク1200円。
わざわざ、私が「ううううまひ~~~~~」と書かんでも、この焦げ具合から分かるでしょう、美味いのが!
これはええわ~~~!

d0108737_14011669.jpg


10月も多分、開店されると思いますが予約は絶対必要でっせ~
開店日は、fbで確認してや。
天気が良ければ、絶対に外席がええで。

d0108737_14012143.jpg


************************************************
コジコジの次が、オルオル。
そのオルオルカフェさん。
3年ぶりの訪問。

d0108737_14012853.jpg


場所は三重県伊賀市の柘植の住宅地内。
前回の訪問時と違うところは、人気になっていてお客さんがいっぱいなこと(女性比率がまあ高いこと、しかもべっぴんさんばかり)。
女性オーナーさんは、私のことを覚えてくださっていた、ありがたし。(3年前の記事)

d0108737_14013495.jpg


無類のマスカット好きの私の目当ては、このスムージー。

d0108737_14013944.jpg


くう~~酸っぱくって美味い!
申し訳ないのは、もう商品として終了(季節商品)しているかもしれないこと。
3週間ほど前に訪問しておいて、今になっての投稿で時期がずれてしまっとるのだわ。

d0108737_14014667.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-09-25 14:15 | カフェ
2017年 09月 19日
「nest」さん 「風子」さん (滋賀県大津市)

    
先週の大津の坂本へ行く前に、訪問した「nest」さん
住所は大津市になるのだが、文化は京都に近いような気のする比叡平に店はある。

d0108737_13340155.jpg

お店は、女性おひとりで切り盛りされておられる。
といっても手際がいい!
お聞きすると「京都でカフェをやっていたので」とのこと。
d0108737_13340757.jpg


本職はパテシエで、洋菓子が得意分野。

しかし、静かでいいな~このお店。

d0108737_13341260.jpg


20種類の野菜プレート1100円。
「ひゃ~~~立体的で、インスタ映えする~~」と喜ぶ嫁。
味もいけるし、これは見事なランチプレートやわ!

d0108737_13341620.jpg

おいものモンブランパフェ750円。
芋の自然な甘さ、旨みがちゃんと主張した一品。
90%、私が食べて、まだデブ街道をひた走るのか??
いやいや、減量せな・・・・・
d0108737_13342145.jpg

*************************************************

比叡平に来て、ふっと思い出した、風子さん
調べれば、前に来たのは10年前
信じられない場所にあったな~~~たしか。

あったぁ~~~~~~~~~~

d0108737_13342575.jpg


懐かしい!
10年前に買ったのと同じウイークエンドシトロンを一本、持ち帰らせていただいた。
なんちゅうかな、言葉に表しにくい、嬉しさがあるわ!

d0108737_13342988.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-09-19 13:53 | カフェ
2017年 09月 11日
「むあ文庫」さん 「なかお農園」さん (滋賀県大津市、甲賀市)

あああ~気持ちのええ天気!
ということで少し遠出して大津市の坂本まで来てみた。   

d0108737_13360614.jpg


比叡山の数あるお寺の庫裡が建ち並ぶ静かな街並み。
その中に、目当ての「むあ文庫」さんがある。
看板みっけ!
d0108737_13361094.jpg


森やな。
その中に家がある。
自宅を開放されて、土日限定のカフェ。

d0108737_13361613.jpg
二人のお嬢さんの名前からつけられた「むあ文庫」。
d0108737_13362152.jpg
静かな洋間と和室に先客が二組。
「色と形の物語」のテーマで4000冊の蔵書から選ばれた絵本を静かに読まれている。
私語は抑えないと。
d0108737_13363387.jpg
この日は、お嬢さんが店番をされていた。
「母が大学生のころから絵本を集めていたんです。父は児童文学の研究をしています。」とのことで、なろほどこの環境になるわなと納得。
d0108737_13362574.jpg
「花梨が落ちてきます、注意してください」の花梨の木の先に書庫が。
d0108737_13364279.jpg
天井までびっしり。
ここでも読むことができるとか。
d0108737_13365141.jpg
本が好きな方にはたまらないカフェですな。
d0108737_13365525.jpg

*****************************************************

無花果好きの方、甲賀市甲賀町にある「なかお農園」さんに集合。
とにかくナビに「甲賀市甲賀町五反田780」と打ち込んで!
(なかお農園 090-8985-7605で無花果があるか確認を)
d0108737_13370172.jpg
二日連続で来てしまいましたやん!
「今日は、朝から採りにいってへんわ、5分待っておいてね~~」とお母さんが、軽トラで、びゅ~~~~んと。
で、採り立て無花果がこれ。
d0108737_13370748.jpg
ここは好きなものを選んで量り売り!
100gで100円。
これだけで1000円ポッキリ!

いやいや、それ以前に青くって美味しくなさそう・・・・・・という声が聞こえてきそうですが、素人ですな~~~ハハハ(という、私も3日前まではそうでした・・・)
d0108737_13371182.jpg


3日前に知ったばっかりで、ウンチクを語るのは気が引けるが書いてしまおう。
一般的に食べられているのがドーフィンという品種。
確かに美味しいのだが、「美味しいから!」ということで広まったのではなく、量が採れて輸送がしやすいという理由だそうだ。
で、ここで売ってはるのは・・・・・・覚えられない・・・・・だから、お母さんが書いてくださった。

d0108737_13371607.jpg


こんな感じのややこしい名前の品種だが、青くてもすでに熟しているのだ。
「カラスも、青い無花果はおいしくないと思っていて、食べよらへんのんやわ」と親父さん。
つまり、私たちの美味しい無花果の感覚はカラス並ちゅうことですわ~~

d0108737_14363178.jpg


では、3種ほど紹介。
というか、名前書いてもろてもどれがどれかがイマイチ分からない、ゆえに間違えていたらごめん。

小さくって、初日に「これサービスで」とお母さんがくれはったんやけど、内心こんなんもろてもな~~と思っていた「カドタ」。

d0108737_13372186.jpg


とにかく甘い!
当然、皮からがぶっといくべし!
イチジクの癖が少なく、果実~~~という感じ。
無花果の表現って、難しいな・・・・・

d0108737_13372518.jpg


「ブリジャソットグリース」というややこしい名前。
マリーアントワネットが食っていたぽいな~
ちょっと小ぶり。
これが最高に旨い!

d0108737_13373072.jpg


まず、中の色が素晴らしい。
酸味があって、ベリーのような感じで、ジャムになってしまっているような味わい。
これ食べたら、あ、これが本物の無花果なんやな!と実感する。
皮からどうぞ!

d0108737_13373402.jpg


「バナーネ」
これもファンが多いらしく、バケツ一杯買っていく方がいるとか。
私が食べたものは当たり外れが多かった。
美味しいものに当たれば、抜群に旨い。
皮が甘いことに特徴がある。
皮は食べられへん、という人は食わんでよろしい!


なるほどね、どれも皮が柔らかく流通させられないし、店先に出したところで絶対売れない品物。
だが、本当に美味く、目から鱗が落ちる。
これらの無花果は、これからが最盛期とか。

d0108737_13373956.jpg


[PR]

by guwaguwa58 | 2017-09-11 14:40 | こだわり