タグ:滋賀県 ( 391 ) タグの人気記事

2017年 04月 25日
「丘峰喫茶」さん 「みつとし本舗」さん 「かぐや餅」 (長浜市木之本)
栗東のもんぺおばさんこと中井あけみさんのFB(3月5日を見るべし)で、その存在を知ってから虎視眈々と狙っていた、木之本にある丘峰喫茶さんへ。
d0108737_12201176.jpg

長浜市木之本の大音に到着。
古戦場で有名な賤ケ岳の麓の細い路地を車で走り、お店らしきものや看板を探すも、一切見つからず。
昔ながらの集落の風景のみ。

これよ、これこれよ~~~
すぐに目的地が見つからないことが嬉しく、にやけてしまう。
d0108737_12182930.jpg

電話で確認すると、「リフト乗り場の横に寺があり、その前のガードレールの間の石段を下に降りると見つかりますよ~」の石段がこれ。
このブログを見ておられる方には、私の好みが分かると思うのだが、ニヤニヤが止まらない。
車横づけできないところが、実にいい!
d0108737_12184328.jpg

誘導看板は無さそうなので、まず賤ケ岳リフトの駐車場を目指し、この屋根を目印に来るべし!
d0108737_12191587.jpg

築350年の建物、3代将軍徳川家光の時代だ。
梁はちょうなと呼ばれるもので削られ、がたがたの跡が残るものだが、それをきれいにカンナがけされている。
さらに、ケヤキを梁材に使っている、珍しい!
一応、建築学科卒業なので、こういったものに興味津々。
時代の変遷とともにいじくりまわしての今の姿なのかもしれないが、とにかく貴重な建物である。
d0108737_12193197.jpg

私は和食御膳、嫁はほうれん草カレーを。

営んでおられるのは、3月に式を挙げられたばかりの森下さんご夫婦。
「えええええ~~~~くま先生ですか~~~~~~~」と、私のこのブログを見ていてくださったのは、元大手新聞社に勤めておられた奥さんの通称ホリエッティさん
料理も得意なようで、写真を見ていたら、プロの料理人。
あっ、失礼、すでにプロでした。
d0108737_12194015.jpg

眺めがいいんですよ~~~とにかく。

と、ゆっくり眺めているより、いろいろ面白い話を聞かせていただき、とにかく楽しい。
d0108737_122141.jpg

写真が上手に撮れていなかったが、本当に美しくしい前菜。(見てはるやろな~~涙)
「敦賀から、朝に獲れた魚を行商の方が持ってきてくれるんですよ~~」の、敦賀のハタハタは南蛮漬けで。
原木シイタケやこごみやぜんまいなど山のものを。
畑も始められ、そこで採れた野菜も。
出来る限り、地のものを使って振舞ってくださる。
お世辞抜きで美味い!
d0108737_12212355.jpg

大家さんのごぼうと鳥のクリームあえ。
ごぼうが、ごぼうの味を主張するんですわ~~。
これがごぼうなんやと!

ごはん大盛り、はご主人の私に対する配慮かな?
d0108737_12213830.jpg

ほうれん草ととりにくのカレー。
手間がかかってそうなカレーである。
野菜の甘みがええ塩梅だ。

こっちも、ご主人がごはん大盛り!
ホリエッティさんからやんわり、大盛り具合を「こんなに盛っちゃて」と言われてはって、嫁と二人でクスクス。
d0108737_12215019.jpg

このすましが、なんともシンプルな味わいで、料理に対する姿勢を感じる。
塩漬けされた桜を噛みしめると、桜吹雪の情景がうかぶ。
d0108737_122222.jpg

ご主人はキター職人さん
スピーカーなど木工関係を手広く器用にこなされる。
それが本職。
フォークソング世代ですから、当然弾いてましたよ、私!
マーチンやギブソンに憧れてましたがな。
ちょっとだけ触ってみればよかったと、後悔。
d0108737_12221475.jpg

このお二人には、応援団がついている。
言葉では表しにくいんだが、応援するというより、かかわっていたいな~と思わす何か魅力があるんだな。
私が持っていないものを、持っておられる。

また、癒してもらいに行きますわ~
d0108737_14162079.jpg

***********************************************

丘峰喫茶をあとにして車で10分、向かったのはピーナッツ煎餅屋さん
現在、若い3代目さんがせっせと焼いておられる。
d0108737_14311241.jpg

ピーナッツがめっちゃ多く入っているわけでもない。
単なる普通の煎餅だが、侮ってはいけない、不思議な美味しさを持つ。
厚さなのか、焼き方なのか、原料のシンプルさなのか原因は不明。
車の中で食べだしたら止まらないから!
d0108737_12231644.jpg

煎餅屋さんから15分ほど、奥琵琶湖の岬の先へ。
実は、10年前に来たことがあるかぐや餅さん。
d0108737_12232960.jpg

現在も、昔と変わらず薪でもち米を蒸して、杵で突くやりかた。
お店を切り盛りしておられるのは、若い方に変わっていた。
d0108737_12233778.jpg

昭和感が香るこの箱。
賞味期限は当日のみと潔い!
10年前に心配していた後継者は、なんとかなったようだな。
d0108737_12234650.jpg

こちらへ来たなら、この餅も外してはいけない!(すでに車で3つ食べてしまっていた・・)
ちゃんと在庫を聞いてくること。
別のものと思っても、琵琶湖しかないから、ここまできたら。

心残りは、余呉湖畔にある「の遊び」さん
なんかよく分からないが、面白そうなお店で、ここも行っときたかったな~~
d0108737_12235225.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-04-25 14:46 | カフェ
2017年 04月 19日
「tuku-ta」さん 「比叡三九良」さん (滋賀県大津市)
こちらのお店の種別を、なんと呼べばいいのか、いつも悩む。
「自宅cafe」かな、いやごはん物がメインなので「自宅食堂」かな。
d0108737_1283339.jpg

家の裏口から入る感じ。

こちら、駐車場がないから注意して。
d0108737_1291344.jpg

単なる居宅ではなく、ちゃんと改装工事が施されてあるんだ!
d0108737_1292626.jpg

一か月も前に行ったので、料理の季節感がおかしいかも。
d0108737_1294273.jpg

坂本の日吉大社の門前通りに面した家だから、歴史はあると思う。
そして、この梁と柱の太さ。
案外、新しいものだと思うのだが、それにしてもこの太さには驚く。
d0108737_1295477.jpg

漆塗りの膳ででてきたこのランチは1100円。
写真では伝わりにくいが、一つづつ丁寧にこさえられていて、本当においしい。
これは、訪問して食べてみないことには分からないだろうな~~
d0108737_12103319.jpg

目を閉じると、酒蔵がイメージされるほど、鮮烈な新酒の香りがした。
実は、この粕汁をいただいて酒蔵訪問をしてみたくなったのだ。
当たり前のことだったのだが、酒粕にも旬があるんですな~
季節を認識させてくれる、そんな料理に出会うと得した気分になれる。
d0108737_12105975.jpg

*************************************************
この坂本まで来たなら、ここのよもぎ餅は絶対買うべし!
「tuku-ta」さんから歩いても行ける距離に店はある。
(実は、こちらこれで2回目の登場)
d0108737_12111244.jpg

聞いたところによると「となりの人間国宝」に認定されたとか・・・・・
いやいや、円広志さんおテレビのやつやで、お間違いのないように。
d0108737_12112625.jpg

ここもご自宅を利用。
上がっていただくことも可能。
d0108737_12132570.jpg

こしあんで、ほんまに旨い!
ひと箱いてまえるほどである。
d0108737_12133567.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-04-19 12:49 | カフェ
2017年 04月 09日
甲賀の酒蔵巡り
「白身魚の刺身と日本酒が、たまらんほど美味しい!」と、酒飲みは言う。
私は一滴も酒がダメで・・・・・・・いやそうであったはず、というか30年ほどは酒を口にしたことが無い。
ひょっとして、飲めるようになったのでは!?と、本日は酒蔵を巡ることに決定!

で、テーマは地酒であるのだが、何で魚の写真であるのかだが、刺身用の魚を求めて朝から京都市中央卸売市場まで来たからだ。
d0108737_17051692.jpg
いつものシーフーズ大谷さんで石鯛、ヒメジ、旬のマルアジ、カナガシラを購入。
これで6000円ほどだったかな。
それより朝の7:00でっせ、この時。
d0108737_17052007.jpg
最近、はまっているマグロの購入。
尾の方で筋は多いが、養殖本マグロ1キロが3000円は安く、自家消費なら十分。
109番も京都水産さんで自宅用と言えば、快く売ってくれはります。
プロ用に良い部位を渡す関係上、半端が出てくるみたいだな、予想だが。

これで酒の肴は入手完了!
d0108737_17052358.jpg
******************************************
おおっと!本命はこちらだった。
この日(3月25日)は美富久酒造さんでイベントが・・・・・大行列・・・・・・
初心者だから、よう分らんがとりあえず列の後ろに並ぶとしよう。
d0108737_17052640.jpg
受付を済まして奥に入ると、ステージが!
これから甲西高校の吹奏部の演奏があるそうな。
人数にまず圧倒されるわ・・・・・
d0108737_17280045.jpg
こっちは酒粕の500円でのつめ放題!
活気があってお祭り騒ぎ。
d0108737_17053235.jpg
嫁は試飲にどっぷりはまって、つぎつぎ行ってはります。

酒には全く興味がなかったから知らなかったのだが、滋賀の地酒蔵元の3分の1は甲賀市・湖南市にあるらしいですな。
さらに、地酒の消費率が極めて高い地域らしい。
d0108737_17053671.jpg
試飲の結果、これと梅酒を購入。

甲賀の方々は、灘や伏見の大手酒造メーカのTV宣伝に影響されず、地酒を愛していたんですな~
ちなみに親父は、死ぬまで「香の泉」を飲んでたで。
d0108737_17054297.jpg
こちらは甲賀町にある田中酒造さん

同じくイベント開催中。
なんかちょうどええ感じの人数だ。
d0108737_17463869.jpg
酒蔵の中で酒粕つめ放題200円に挑戦。
それより、昔からのこんな酒蔵が残っていて、現役で酒を造ってはるって、感動!
香りがすごくって、なんか飲めるような気になってきた!
d0108737_17055367.jpg
嫁は利き酒セット、で私はチーズケーキセット。
甘党が相変わらずである。
d0108737_17055803.jpg
さらに甲賀町の奥の望月酒造さんへ。
200年続いているとか。
d0108737_17060447.jpg

休日にもかかわらず、迎えていただき、試飲をさせていただいた。
若い方が「濾過の状況の確認お願いします」と社長に酒を持ってこられた。
聞くとその方は、息子さんらしい。
嫁がその濾過仕立てを飲んで「いや~~すっきりした味わい」「ちょと辛口です」とか3人で酒談義が・・・・・

蚊帳の外
d0108737_17060951.jpg
蔵元さん、ありがとうございました。

米と水、原材料は極めてシンプル。
だが、それぞれの酒蔵の歴史は複雑怪奇。
日本酒離れ、大手酒造の進出、酒造技術、宣伝、後継者、等々。
この地域は酒蔵が多く残ったとはいえ、昔は数えきれないほどの蔵があったはず。
よくぞ残ってくれていたと、お話を聞き思った次第だ。
d0108737_17061343.jpg
酒蔵訪問、これは面白い!
まだ時間があるし、もう一軒いったれと土山の安井酒造さんへ。

写真には写っていないのだが、どこの蔵も立派なエントツが存在感を主張していて、それが何とも昭和を感じて、ええんですわ。
d0108737_17062158.jpg
ええ感じですな~~~
「あの~~試飲させてもらえますか~~」と図々しく嫁が。
4軒目となると、もう慣れてきよったがな。
d0108737_17062669.jpg
忙しいのに、ありがとうございました。
どれが、どうなのかは、私にはよくわからないが、一番左側のを購入。
酒好きの嫁は、るんるんの酒蔵巡りであった。
d0108737_17062910.jpg
******************************************
しかし、知らなかったな~古くってこんないい酒蔵が近くに残っていていたなんて。
で、とりあえず美富久さんの三連星を飲んでみたら・・・・・
ううう旨い!飲みやすい。
ううっそ~~~香りがすごいわ~
こんなすっきりして旨いものだったのか~~
嫁「そやろ~刺身の後に飲んだら最高やろ~~」
んんんん・・・・・・それは、超~~~初心者には、ようわからん。

で、おちょこ3杯でダウン。
20分後には熟睡体制へ。
d0108737_17063333.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-04-09 18:26 | イベント
2017年 04月 06日
「焙煎函数 CAFÉ 2CV」さん 「トイロ」さん
何かと、忙しくって更新が遅くなってしまった。
こんな能天気な私も、忙しいときがあるんですって!

ブログ仲間のうさぴょんさんが行かれた大津にある面白そうなカフェに行ってきた。
d0108737_112710100.jpg

行ってきたといっても一か月も前の話だが。
まあ、個性的なカフェなんやわ~~
ただ、道が狭いし見つけにくいからご注意を。
(駐車場の情報を入手しておくといい!)
d0108737_11282417.jpg

我が夫婦はというと、到着してみたが、どこから入るのか分からず、こじんまりしていて、変わり者店主やときついな~~ちょっと入るのに勇気のいるな~~と、しげしげ眺めてから訪問、という感じ。
d0108737_11283866.jpg

マスターの一声は確か「世界一、小さなカフェです」やったかな。
テンションが高すぎず、この空間にぴったりくるペースで話される、気さくな元数学高校教師マスターでした。
d0108737_11285471.jpg

店名の「2CV」は、地球を何週もできるほどの距離を走っている愛車からもらわれたもの。

「深夜食堂」のカフェ版みたいなこのお店。
まあ面白い。
カフェスペースは一畳あるかどうかで、亭主と客人関係の茶室のようでもある。
d0108737_11291010.jpg

奥さんお手製のスコーンは自然な小麦の味わいで、やはり珈琲の友にぴったり。
レシピはパン職人であるお嬢さんからのものなのかもしれない。(←ここは推測)
d0108737_11293145.jpg

で、このインドネシアの珈琲豆を求めにきたんだった!
バリ島に行った時、毎食後にココナツミルクの入った苦いコーヒーが出るのだが、3日飲むと癖になるんですわ。
酸味が少なく、一種独特の味わいで、好みだったんですが、それにやっと出会えたということ。
d0108737_11294723.jpg

仕入れは、岩下さんという方から。
バイクでインドネシアの農場を直に巡って仕入れるというこだわりよう。
d0108737_1130269.jpg

そうそう、この味。
コーヒー通でもないのでうんちくは書けませんが、この味が好きですわ。

マスターに前職の面白い話をお聞きして、楽しい時間を過ごさせていただいた。
行く手順とか、いろいろ下調べして是非訪問して。
d0108737_11301660.jpg

*************************************************
もう一丁、投稿。

差し入れで頂いたパンが美味しく、訪問してみた大津市にある「トイロ」さん
ここも路地裏にありかつ狭いです。
後で気が付いたのだが、店内は、そう多くは入れないようで青い服の少年は順番待ちだったのかもしれない。
ずかずか入って行ってしまった、申し訳ない・・・・・
d0108737_1130332.jpg

お店はご夫婦だけで切り盛りされておられるのかな?
焼きたてが次々出ていて、ご近所さんがどんどん買いに来られる、そんな感じ。
そうそう、黒ごまたっぷりのパンが美味いんやわ!
近所に欲しいお店ですな!
d0108737_11304496.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-04-06 12:12 | カフェ
2017年 03月 26日
「ナナベーグル」さん(三重県伊賀市) 「HoooooBAL.」さん(東近江市)
自宅での販売を始められたナナベーグルさん。
先日の3月24日が初日でAM11:00ジャストに訪問。

d0108737_15095586.jpg


例にもれず、こちらもかなり分かりにくい場所にあり、ブログで下調べしていくべし!
近くには、先週載せた「三歩書店」さんがある。
d0108737_15100155.jpg


古さを上手に演出された内装で、置かれたベーグルが美味しそうに感じる。
d0108737_15100466.jpg
前週に行ったパン屋さんは、オープンの時間に訪問したら大行列で、ほぼ売り切れだった。
それを教訓と早めに来たが、数名のお客さんだけでゆっくり買えた。
こういった癒し系の店舗は、のんびりがええですな~
d0108737_15101049.jpg
オープンする日が書かれてあるが、見えにくいな~
開いている日は限られているから注意を。
3月31日、4月2日、14日、16日、21日、23日である。
d0108737_15101362.jpg
小さいの五個入りパックが食べやすくっていい!
d0108737_15101848.jpg
*******************************************
3月18日(土)はHoooooBALさんの第3回目のパン販売日。
店は、ヘムスロイドの森の中にあるBaseForRestさんを借りての販売らしい。
d0108737_15102945.jpg
販売時間のAM11:00に到着したが、すでに行列が・・・・
どこで情報を聞かれたんか、若い人たちでいっぱい。
d0108737_15103497.jpg

半分まできたが、まだ先は長い。
買い終わって帰られる方は、山盛りのパンを持っておられる。
奥さん一人でパンを焼いておられるらしく、売り切れが心配。
d0108737_15161591.jpg
おお・まい・が~~~~~~~~
もっと早く来るべきであった!
目の前で、売り切れや~~~~~~~~~
d0108737_15104179.jpg
助かった~
ウイークエンドシトロンが何とか残っていて買えた!
d0108737_15104617.jpg
奥さんがパンを焼き、ご主人はコーヒーを淹れ、ニコニコ笑顔で提供しておられる。
様子を見ていると、単にパンとコーヒーを貨幣と交換するというだけでなく、心を通わせたつながりを持ちたいと思っておられるような
予想よりお客さんが多すぎることに驚きを隠せない様子だ。
d0108737_00351276.jpg

次回は4月22日(土)のAM11:00から。
もし、挑戦されるなら開店時間より前には到着しておかないと入手は無理かも。
どんなパンだったか謎のままだが、またの楽しみのしておこう。
d0108737_00350954.jpg


[PR]

by guwaguwa58 | 2017-03-26 17:03 | パン | Comments(2)
2017年 03月 11日
「ルヴァン・ルパン・ルヴァン」さん  (滋賀県草津市)
やっと買いにくることができたパン屋さん
そのパン屋さん、水曜日のam11:00からpm3:00の間しか開いていない。
さらに、大行列で、あっという間にうりきれてしまうらしい。
d0108737_00352617.jpg

到着したのは1:00前。
行列&押し合いの状況は避けて、まあ少しでも買えればええか~という作戦。
d0108737_00355180.jpg
ほぼ売り切れの中、何個か確保。
あぶなかった~~~~~~~
価格は160円前後と自家製天然酵母パンとしては安い。
ハード系が欲しかったのだが、見つからず。
総菜系が多いのかもしれない。
d0108737_00354052.jpg

お客さんとお店の方は、ほぼ知り合いばかりのようだ。
お店の方は、とにかく楽しそうで、気持ちがいい!
d0108737_00354440.jpg

何で水曜日のみの営業なのか?
「よく聞かれるんですよ~~~3人でやっているんですが、水曜日にしか集まれないかれです~~~」とニコニコで答えていただいた。
なんとなくだけど、お金儲けは二の次で、楽しさや美味しい天然酵母パンの追及が先なのかもしれない。
d0108737_00354823.jpg

で、パンの味わいは、もちもち系のさっぱりタイプ。
総菜パンの中に入っている具材は、大盤振る舞いの大盛り!
かなり食べやすい天然酵母パンである。
d0108737_00355488.jpg

最後に、店の横に軽トラで野菜を売ってはるが、寄っていくべし。
おばちゃんが、なんかほのぼのしていてええんやわ~~
手に入れることが少し大変かもしれないが、挑戦してほしいパン屋さんだ。
今度は、もう少し早い時間に挑戦してみるわ。
d0108737_00390138.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-03-11 23:50 | パン
2017年 02月 24日
「向町cafe」さん  (滋賀県蒲生郡)
昨日、魂をもっていかれるくらいびっくりしたわ!草津東高校の出願倍率(1.72倍)に。
ローカルネタで恐縮だが、うそや~~!という感じ。

こ~~なったら、現実逃避の術!
で、この場所は蒲生郡日野町で、現在「日野ひなまつり紀行」のイベント中。
解放された桟敷窓から、飾られた昔から各家々に伝わるひな人形を見ることができる。
ひな人形を見てもな~~食えね~し!、というのが本音のところだが、昔からの町屋や桟敷窓が残るこの町を歩くことは、間違いなく傷ついた魂を癒してくれる。
d0108737_155282.jpg

すこし町の外れにある、向町カフェさんは、ひっそり営業されていた。
d0108737_1554250.jpg

シンプルで、古さを上手に残した設えだな。
若い女性が一人で切り盛りされておられる。
d0108737_156965.jpg

「知人の空き家を格安で借りて、営業しています」とのこと。
町内、というかご近所にお住まいのようだ。
d0108737_1562197.jpg

「50歳を超えてくると、ランチプレートを食べるのが、少し恥ずかしいかも・・・・」と、ポツリ嫁が言う。
ええええ????若者が食べるものなのか????
大丈夫!70歳になっても食うし!全く気にしないわ!
d0108737_1563575.jpg

ごま豆腐が美味い!

確かに、これを私一人でここで食べてる図は、変というかなんというか・・・・・・
いやいや、いかんって、こんなことを考えることから老けていくねんて!
d0108737_156456.jpg

タイヤもスタッドレスから履き替えたし、どんどん遊びにいくぞ~~
スタンドの店員さん「早いのでは・・・・」という表情だったが・・・・・
絶対、雪降るなよ~~~~~
d0108737_1565917.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-02-24 15:50 | カフェ
2017年 02月 17日
彦根総合地方卸売市場内の「市場の食堂」 (滋賀県彦根市)
受験が佳境に入ってきて、なかなか忙しい。
毎年のことだが、この時期はネタの在庫処分セールだ!
ということで、ごそごそ過去写真をほじくり返して、9月訪問の彦根にある「市場の食堂」さんのネタ。
d0108737_13593398.jpg

今も、人気があるんだか、それは不明だが昨年の時点では常に行列であった。
この日は、たまたま2時前の訪問でスムーズに入ることができた。
d0108737_13594185.jpg

おしながきが、近所の水口にある市場食堂さんと似ている。
閉店間際でいろいろ品薄状態で、二人ともまぐろ丼(790円)で。
d0108737_13594995.jpg

雰囲気は、まさに食堂そのもの。

せっかく市場に来たんやから、鮮魚とかも販売したらええのにと思ったりするが、それはなさそうだ。
d0108737_140089.jpg

さて、味わいはというと、この値段としてかなり旨いと思う!
キハダマグロかな?
結構脂がのっていてるんやわ~~キハダって、こんなに脂がのるのか????
ホンマグロも混ざっているのかな???まさかこの値段でな・・・・・
マグロの種別は分からずであった。
わざわざ車を走らせて、ここを目的にというのは考え物だが、そこそこいけまっせ~~
d0108737_1402144.jpg

何が凄いって、このアラの潮汁。
えげつなく凝縮した、魚のうま味と・・・・・・臭み・・・・・ハハハ
市場で大量に出るアラをふんだんに使った贅沢な品だが、ぬめりなどの臭みを取る手間までは、この金額で期待する方がおかしい。
癖になる味というか、好みは分かれると思うが、この潮汁は試してほしい一品やな。
(味噌汁の日もあるみたいで、出るとは限らない)

d0108737_1402979.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-02-17 14:23 | その他
2017年 02月 09日
ふくろう珈琲店 (滋賀県大津市)
37年前から聞き続けているアルバムがある。
とうの昔に、引退されておられるのだが、門あさ美さんって知ってます。
テレビにも出ない、コンサートもしないと、変わった方であったが、妙に今でも聞きたくなる。
私だけかと思ったら、他にも同じ方々がおられ、非公認のファンサイトがあったりする。
このファンサイトを訪れる方々は、私と同じようにバブル時代を楽しんできた世代なんだろうな~~と、しみじみ。

さて、このお店は、大津は田上の集落にある「ふくろう珈琲店」さん
d0108737_1626032.jpg

古いんだか、新しいのか、よくわからないが、落ち着く空間である。
最初、お客はわれわれだけだったのが、少しすると満員に!
d0108737_16262156.jpg

石窯があるらしく、それを使ったピザを注文。

FBでの情報だが、高校の先生をされておられ、退職を機会にオープンされたお店みたいだ。
店の名前も、置くものも、設計も、ず~~~と温めてこられた思いの実現なんだろうな~~としみじみ。
d0108737_16263426.jpg

ピザは、珈琲店としてなら合格!

マスター一人でてんやわんや~~
手伝ってあげたい・・・・・・
d0108737_16265052.jpg

石窯焼きカレー。
こちらの方が好きかも。
d0108737_1627797.jpg

珈琲は、まずこの小さなミルでガリガリから始める。
ええ香りが立ち込める。
d0108737_16271721.jpg

そう、こちらのお店は客がサイフォンで淹れるのである。
運ぶものも多く、説明とかも必要で、逆にマスターの手間がかかるシステム。
少しして、奥さんが助っ人で登場!
一安心。
d0108737_16273081.jpg

こちらのお店、ちょっと迷うかもしれないが、探してみてはいかがですか。
d0108737_16274881.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-02-09 17:27 | カフェ
2017年 01月 26日
「夢創庵」さん  (滋賀県甲賀市)
やっと、雪や寒波から解放され、春の香りすら感じる、今日の天気。
前から気になっていた看板に導かれて、そばを食べにいってみるか!
夢創庵さん?って、聞いたあるような名前だな・・・・・・・
d0108737_13375047.jpg

甲賀市水口町の広野台という住宅街の中に、お店はあると、看板は示していた。
d0108737_13382972.jpg

あった!
こんな場所に、という立地。
看板からすると、新しいお店のような雰囲気だが、年季が入っているような構えだし・・・・・不思議だな。
d0108737_1338427.jpg

表で、お店をしげしげ眺めていると、女将さんが愛想よく招いてくださった。

事情がつかめた!
信楽の牧にあった、あのいつも行列ができていた夢創庵さんが、ご主人の持病の腰痛の為、こちらに移転されのんびり営業。
移転して、まだ一年たっていないらしい。
で、こちらの店舗は、10年以上前に女将さんがされておられた空き店舗を再利用されたもの。
d0108737_13385534.jpg

もりそばの田舎(太い方)を注文(900円)。
ごはんは追加品。

5年ほど前かな?信楽で営んでおられたころに、一度訪問したことがあった。
その後は、いつも行列で近寄ることもままならない雰囲気だったな。
それを考えると、今はゆっくり食べられる、これはラッキーかも。
d0108737_1339767.jpg

太い、本当に太い!
「まずは、そのまま召し上がって、次に塩で試してみてください」と女将さん。
確かに、そばの味わいが口の中に広がる。
おいしい、と思うが、そばのことを語れるほどのツウではない。
d0108737_13391932.jpg

蕎麦も美味しかったのだが、山葵が抜群に美味しかった。
さらに、小皿にあった豚の燻製?これがめっちゃくちゃ旨くってびっくり。
d0108737_13393260.jpg

さらに、さらに、お土産で買って帰ったぼぼたもち(300円)を事務所で食べたのだが、これも旨い!
(写真を撮る前に、はしではさんでしまった、御免)

さて、このお店はこれからどうなるんだろうか?
行列が、少しづつできていくのか、そば好きがゆっくり楽しめるお店であるのか、見守っていきたい。
d0108737_13394318.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-01-26 14:32 | 蕎麦