タグ:滋賀県 ( 402 ) タグの人気記事

2017年 10月 11日
「肉王」さん 「A&H カフェ&ギャラリー」さん (栗東市 東近江市)

久しぶりに家族4人そろって夜飯。
今年、栗東にオープンされたばかりの肉王さんへ。

d0108737_13193219.jpg


もう10年も書き綴っているんですね、私のブログ。
その初期のころ、幼い姿で登場していた二人の息子も、こんなに成長。
今は、私の遊びに全く付いてきてくれない・・・・・トホホ。
しかし、うまそうに食べてますな~~

d0108737_13193792.jpg


長男は大学3回生で来年就活、次男は高校3年で受験勉強中。
あれやら、これやら、助言したいとは夫婦ともどもいっぱいあるんですわ(特に嫁)~~でも、ほっとくほうがいいのかも。
こうゆう場面で思い出すのは、私のこいつらと同じころのこと。
両親から何も言われず全て自分自身で選択して、勝手気ままに生きていた。
親父、おふくろ、凄いな~~と思うが、単にほったらかしやったのかもハハハ~
どちらにしろ、親にとっては、とやかく言わないことも勇気がいることですな~

d0108737_13194483.jpg


そうそう、肉王さんのこと。
バラ肉やったかな、これ。
美味いな~~~

d0108737_13194991.jpg


あなたは、無煙ロースター派、それともけむりもくもく派。
スーツの時は、無煙ロースターを好む。
ヤル気満々で美味い焼肉が喰らいたい時は、断然けむりもくもく派。
焼肉とうなぎは香りを食え、ということわざがある通りで、絶対にけむりもくもくが美味く感じる。
(注意:そんなことわざは無いです)

d0108737_13195406.jpg


焼肉は、やっぱり焼肉屋やな~~と息子達実感。
どんな高級な肉を買っても、家ではこのダイナミックな味わいには勝てない。

d0108737_13195977.jpg


奥がカッパという部位で、あっさりポン酢でいただく。
手前は赤身やったかな?モモ肉で、私の好みだ。

d0108737_13200413.jpg


他にもいろいろ頼んで食べまくって4人で15000円。
やっすいな~~
このお店、私が頼りにしている方のお父さんが経営さてれいるのだ。
そういった人間関係を抜きにしてもお勧めできる。
そうそう、ランチもやってはります。

d0108737_13200834.jpg


*************************************

先日、昼飯をいただきにA&H カフェ&ギャラりいーさん。
何故か、内部の写真が無い・・・・ごめん。

d0108737_13201355.jpg


多くの方が、投稿されていますので、そちらを参考に。
しかし、撮った写真、どこへいたんやろ・・・・

d0108737_13201806.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-10-11 14:20 | 焼肉
2017年 10月 05日
「galleryサラ」「カナリア茶家」「ひらぱん」「炭んこぱん」「ant・re」さん (大津市) (滋賀県大津市)


先週の続き。
「コジィコジィ」さんでピザ食べた後に訪れた「ギャラリーサラ」さん。

d0108737_12472262.jpg


この日は、草間喆雄さんの展示をされいた。
落ち付いた女性オーナーに案内いただいた。
「大津の市街から7年前にこちらに移ったのです」というこの建物、かなり手が込んである。

d0108737_12472658.jpg


奥は中国茶をだしておられる「カナリア茶家」さん。

d0108737_12474165.jpg


・・・・・・ええ~~と、何をお願いしたらいいものやら・・・
中国茶と台湾茶をお任せで!

d0108737_12474642.jpg


おおおお~~薫り高いこと!
「ピザ喰った後に、これもってこいやわ~~」とは、さすがに言える雰囲気でもなく、心の中でつぶやく。

d0108737_12473286.jpg


見たことあるで、この絵柄。
鎌倉在住の作家さんのものらしい。
嫁と「ええな~~」と盛り上がる。
ギャラリー併設だけあって器のセンスもいい!

d0108737_12473764.jpg


「とにかく庭の手入れが大変なんですよ~~」という庭がこれ。
確かに!
外庭は全てご主人の担当。
うわ~~家の庭の手入れせなあかんこと思い出してそもたがな・・・・

d0108737_12474919.jpg


*************************************

もう一軒いこかと「ひらぱん」さんへ。
ギャラリーサラさんの近所。

d0108737_12475446.jpg


何とか数個購入でけた。
ホシノの天然酵母を使って、丁寧に焼かれたパンは噛み応え、味わいともにええ感じ!
陳列で想像する味よりはるかに高いレベルにある。

d0108737_12475863.jpg


***********************************

さらにもう一軒。
「ひらぱん」さんから100mくらのところにある。
今年オープンしたばかりの「炭んこぱん」さん。
fbを見ていて、大きいお店かと思ったら、こじんまりしている。
酵母は、何種類もの種を使い分けっておられる、かなりのこだわり派。
時間が遅くって山葡萄(カレンズ) を練り込んだメランジェをちょっと購入できただけ。
美味い~~~もう一度来て、違う種類のパンを買わなければ。

d0108737_12480227.jpg


***********************************

もう一丁、いったるで~~~
こちらも同じ北比良にある。
「アンティークギャラリーant.re」さん。

d0108737_12560939.jpg


オーナーは、単にアンティーク家具を売る、というよりそれをリメイクして利用してほしい、という職人さん。
現役リタイヤ好きなこやったるで~~という羨ましいお店。

以上、久しぶりの北比良特集でした。

d0108737_12561328.jpg



[PR]

by guwaguwa58 | 2017-10-05 13:50 | ギャラリー
2017年 09月 25日
「cosi-cosi」さん 「oluoluカフェ」さん (滋賀県大津市、三重県伊賀市)


久しぶりの比良(大津市)へ!
ここの住人は、個性にあふれている。
そんな比良の中で、月に一度だけピザを振舞うお店を開かれている「cosi-cosi」さん。

d0108737_14003800.jpg


9月の開店は、23日と24日のみ。
たまたま前日に見つけて、予約に成功!
で、来てみたらこんな感じの路地を奥へ奥へ。
(追記:次回は10月8日、9日みたいです)

d0108737_14004498.jpg


ぎょえ~~失礼ながら趣味程度、と思っていたら、本格的すぎな窯!
こりゃ、プロですな。
もっと多くの日数開店されたら?の質問にご主人は「いやいや、会社勤めで、これが限界ですわ~~」と。

d0108737_14005965.jpg


安す~~~~~~い上に、一周年記念でさらに安い。
マルゲリータ600円って、これピザーラ一枚の値段で4枚食べられるで~~

d0108737_14005023.jpg


席は、裏の山に面したテラス。
時々、スタッフのゴマちゃんが見回りに来る。

d0108737_14010574.jpg


マルゲリータ800円⇒600円。
うううううまい!
生地はもっちりタイプで、美味いな~~
それもあるが、緑に囲まれたこの席が、気持ちよすぎだわ!

d0108737_14011046.jpg


燻製生ハムのビスマルク1200円。
わざわざ、私が「ううううまひ~~~~~」と書かんでも、この焦げ具合から分かるでしょう、美味いのが!
これはええわ~~~!

d0108737_14011669.jpg


10月も多分、開店されると思いますが予約は絶対必要でっせ~
開店日は、fbで確認してや。
天気が良ければ、絶対に外席がええで。

d0108737_14012143.jpg


************************************************
コジコジの次が、オルオル。
そのオルオルカフェさん。
3年ぶりの訪問。

d0108737_14012853.jpg


場所は三重県伊賀市の柘植の住宅地内。
前回の訪問時と違うところは、人気になっていてお客さんがいっぱいなこと(女性比率がまあ高いこと、しかもべっぴんさんばかり)。
女性オーナーさんは、私のことを覚えてくださっていた、ありがたし。(3年前の記事)

d0108737_14013495.jpg


無類のマスカット好きの私の目当ては、このスムージー。

d0108737_14013944.jpg


くう~~酸っぱくって美味い!
申し訳ないのは、もう商品として終了(季節商品)しているかもしれないこと。
3週間ほど前に訪問しておいて、今になっての投稿で時期がずれてしまっとるのだわ。

d0108737_14014667.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-09-25 14:15 | カフェ
2017年 09月 19日
「nest」さん 「風子」さん (滋賀県大津市)

    
先週の大津の坂本へ行く前に、訪問した「nest」さん
住所は大津市になるのだが、文化は京都に近いような気のする比叡平に店はある。

d0108737_13340155.jpg

お店は、女性おひとりで切り盛りされておられる。
といっても手際がいい!
お聞きすると「京都でカフェをやっていたので」とのこと。
d0108737_13340757.jpg


本職はパテシエで、洋菓子が得意分野。

しかし、静かでいいな~このお店。

d0108737_13341260.jpg


20種類の野菜プレート1100円。
「ひゃ~~~立体的で、インスタ映えする~~」と喜ぶ嫁。
味もいけるし、これは見事なランチプレートやわ!

d0108737_13341620.jpg

おいものモンブランパフェ750円。
芋の自然な甘さ、旨みがちゃんと主張した一品。
90%、私が食べて、まだデブ街道をひた走るのか??
いやいや、減量せな・・・・・
d0108737_13342145.jpg

*************************************************

比叡平に来て、ふっと思い出した、風子さん
調べれば、前に来たのは10年前
信じられない場所にあったな~~~たしか。

あったぁ~~~~~~~~~~

d0108737_13342575.jpg


懐かしい!
10年前に買ったのと同じウイークエンドシトロンを一本、持ち帰らせていただいた。
なんちゅうかな、言葉に表しにくい、嬉しさがあるわ!

d0108737_13342988.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-09-19 13:53 | カフェ
2017年 09月 11日
「むあ文庫」さん 「なかお農園」さん (滋賀県大津市、甲賀市)

あああ~気持ちのええ天気!
ということで少し遠出して大津市の坂本まで来てみた。   

d0108737_13360614.jpg


比叡山の数あるお寺の庫裡が建ち並ぶ静かな街並み。
その中に、目当ての「むあ文庫」さんがある。
看板みっけ!
d0108737_13361094.jpg


森やな。
その中に家がある。
自宅を開放されて、土日限定のカフェ。

d0108737_13361613.jpg
二人のお嬢さんの名前からつけられた「むあ文庫」。
d0108737_13362152.jpg
静かな洋間と和室に先客が二組。
「色と形の物語」のテーマで4000冊の蔵書から選ばれた絵本を静かに読まれている。
私語は抑えないと。
d0108737_13363387.jpg
この日は、お嬢さんが店番をされていた。
「母が大学生のころから絵本を集めていたんです。父は児童文学の研究をしています。」とのことで、なろほどこの環境になるわなと納得。
d0108737_13362574.jpg
「花梨が落ちてきます、注意してください」の花梨の木の先に書庫が。
d0108737_13364279.jpg
天井までびっしり。
ここでも読むことができるとか。
d0108737_13365141.jpg
本が好きな方にはたまらないカフェですな。
d0108737_13365525.jpg

*****************************************************

無花果好きの方、甲賀市甲賀町にある「なかお農園」さんに集合。
とにかくナビに「甲賀市甲賀町五反田780」と打ち込んで!
(なかお農園 090-8985-7605で無花果があるか確認を)
d0108737_13370172.jpg
二日連続で来てしまいましたやん!
「今日は、朝から採りにいってへんわ、5分待っておいてね~~」とお母さんが、軽トラで、びゅ~~~~んと。
で、採り立て無花果がこれ。
d0108737_13370748.jpg
ここは好きなものを選んで量り売り!
100gで100円。
これだけで1000円ポッキリ!

いやいや、それ以前に青くって美味しくなさそう・・・・・・という声が聞こえてきそうですが、素人ですな~~~ハハハ(という、私も3日前まではそうでした・・・)
d0108737_13371182.jpg


3日前に知ったばっかりで、ウンチクを語るのは気が引けるが書いてしまおう。
一般的に食べられているのがドーフィンという品種。
確かに美味しいのだが、「美味しいから!」ということで広まったのではなく、量が採れて輸送がしやすいという理由だそうだ。
で、ここで売ってはるのは・・・・・・覚えられない・・・・・だから、お母さんが書いてくださった。

d0108737_13371607.jpg


こんな感じのややこしい名前の品種だが、青くてもすでに熟しているのだ。
「カラスも、青い無花果はおいしくないと思っていて、食べよらへんのんやわ」と親父さん。
つまり、私たちの美味しい無花果の感覚はカラス並ちゅうことですわ~~

d0108737_14363178.jpg


では、3種ほど紹介。
というか、名前書いてもろてもどれがどれかがイマイチ分からない、ゆえに間違えていたらごめん。

小さくって、初日に「これサービスで」とお母さんがくれはったんやけど、内心こんなんもろてもな~~と思っていた「カドタ」。

d0108737_13372186.jpg


とにかく甘い!
当然、皮からがぶっといくべし!
イチジクの癖が少なく、果実~~~という感じ。
無花果の表現って、難しいな・・・・・

d0108737_13372518.jpg


「ブリジャソットグリース」というややこしい名前。
マリーアントワネットが食っていたぽいな~
ちょっと小ぶり。
これが最高に旨い!

d0108737_13373072.jpg


まず、中の色が素晴らしい。
酸味があって、ベリーのような感じで、ジャムになってしまっているような味わい。
これ食べたら、あ、これが本物の無花果なんやな!と実感する。
皮からどうぞ!

d0108737_13373402.jpg


「バナーネ」
これもファンが多いらしく、バケツ一杯買っていく方がいるとか。
私が食べたものは当たり外れが多かった。
美味しいものに当たれば、抜群に旨い。
皮が甘いことに特徴がある。
皮は食べられへん、という人は食わんでよろしい!


なるほどね、どれも皮が柔らかく流通させられないし、店先に出したところで絶対売れない品物。
だが、本当に美味く、目から鱗が落ちる。
これらの無花果は、これからが最盛期とか。

d0108737_13373956.jpg


[PR]

by guwaguwa58 | 2017-09-11 14:40 | こだわり
2017年 09月 01日
「ラ コリーナ近江八幡」さん 「五果園」さん (滋賀県)

さすがに、8月の後半は忙しくってブログの更新もままならず、という顛末どした。
それも何とか落ちつき、8月31日に休みをいただき、超メジャーなラ・コリーナさんへ。
「休日は、ありえへんほどいっぱいらしい!」との嫁の情報で、ほな今日は平日やし行ってみるか!となったしだい。

d0108737_15035473.jpg

まあ、たいがい金かかってますな~~さらに、デザイン力も凄い!

d0108737_15035997.jpg
ほんまこんな金かけて儲かるの???と、感じるのはバブル時代に建てられた白浜のホテル川久見ていらいやわ。(ごめん、ちょっとオーバーでした・・・)
d0108737_15040445.jpg
どこ撮っても画になる。
日本人の写真撮影好き属性に、インスタなるものがでて、拍車がかかり、皆さん撮ってる撮ってる。
私も撮ってますが、ハハハ~
d0108737_15041040.jpg
これ、休日に来たら、噂通りすごい人なんやろうな~と、なんとなく感じる。
これが、最初で最後かもしれん。
d0108737_15041479.jpg
テーマは確か、「懐かしさ」みたいな感じやったような。
遠くに棚田を造って、人と稲穂との距離も近く、そのテーマ通りに感じてしまう。
見事な設計やな。
d0108737_15041915.jpg
昼飯は八幡カステラとオムライス。
d0108737_15042384.jpg
席に着くと、目の前は棚田の景色と幸せそうなカップル。
「死ね、死ね、どっかいけ、消えろ・・・・・・」という小声がどこかから。
お隣の女性二人組のつぶやき。
嫁と二人で笑いをこらえるのに必死。
d0108737_15042844.jpg
オムライスの完成度が高い。
トマトの酸味がほどよく、卵もええ感じで火入れされていて納得の品。
そつがないな~~たねやさん。
d0108737_15043213.jpg
これもなかなか美味い!
d0108737_15043661.jpg
食堂を出て、ちょっと物足らんのでライスコロッケを。
d0108737_15044527.jpg


これも、まああま美味い。


d0108737_15044917.jpg
ソフトも美味い。
隙がないというか、完成していますな~~
唯一、「死ね死ね・・・」と言っていた隣の女性位しかサプライズはないな~
d0108737_15045468.jpg
あ、あったあった。
焼きたてバームなるものが、一組限定3個で売っていて賞味期限は当日のみの品。
家で夜に、「焼きたてやから旨いで~」と食べてみたが、普通のタイプと差がなかったんやけど???
我が家で、夜に息子たちと盛り上がっっていた。
d0108737_15045874.jpg

******************************************
帰りは恒例の五果園さんへ。
ぶどうの進物用を頼みに。
d0108737_15050108.jpg
私が愛してやまないマスカットは、受粉時の温度低下で失敗とか。
「小粒になってしまたんです」とご主人。
d0108737_15050571.jpg

試食にと出していただいたのだが、うううううう美味い~~~~
いつもより美味いし、香りも強い!
「小粒になった分、味が凝縮しているんですわ~~でも、売りにくくはなってしまうんですがね」とご主人。
大きな房、大粒、どれも美味しい条件ではないということですな~

d0108737_15051013.jpg


ひまわりと試食の残りをいただき、車で食べながら家路へと。
帰りの車はマスカットの香りが充満。
この香りで、秋の始まりを、最近は感じるようになってきましたわ。

d0108737_15051486.jpg



[PR]

by guwaguwa58 | 2017-09-01 15:45 | 洋菓子
2017年 08月 03日
「ハクナマタタ」さん、そして今年の「ビワマス」!
夏の講習でへろへろ・・・
何か活力の高まるものを、ということでハクナマタタさんへ。
普通のカフェやんと、あなどったらあかんで。
超高カロリーな食べ物があり、私は毎週でも来たいものだが、嫁はそれを許さず。
d0108737_15560359.jpg
私一人でくりゃいいものだが、一人でここのヘビーな甘いものをむしゃぶりつく勇気はなく。
「頑張ったぞ~~~ファイアー」とアピールして嫁を引っ張り出すしかないのだが、悲しいものだ。
d0108737_15562602.jpg
ここの書かれてあるものも美味しいのだが、別のものを。
d0108737_15564947.jpg
こんなんもあるんや!
これ、いってみようか。
d0108737_15570287.jpg
のおお~~~なんじゃこりゃ???
パンの上にアイスやメープルシロップが山盛り!
血糖値が、ジャンプアップしそう、やばいな~~!
d0108737_15571598.jpg
甘~~~~い!
疲れた体に染み入る、温か冷たいこの美味さ。
これでまた仕事、頑張れるわで~~~

今日は、こんなもんでゆるしといたるわ~
d0108737_15572798.jpg
*************************************************
話変わって、ビワマス2017。
これは7月の末に行った、近江八幡のお馴染み淡水魚元さん。
d0108737_15574052.jpg
電話で予約しておいた2キロ物。
これで3200円。
安いな~~~~~~~!
d0108737_15574958.jpg
夏のこの時期が、まさに旬!
飽きっぽい私は、毎年同じことをやらないのだが、これだけは夏の恒例になっている。
いや、これを食べないと夏が来た気がしない。
d0108737_15575818.jpg
半身は刺身で、半身は塩をして寝かせて塩焼き。
d0108737_15581066.jpg
スイカとコーンも帰りの大中で購入。
コーンごはんとビワマスの刺身。
夏やな~~~!
皆さんも是非!
三枚にはさばいてもくれはしますで。
d0108737_15582227.jpg


[PR]

by guwaguwa58 | 2017-08-03 16:03 | カフェ
2017年 07月 24日
「ラムちゃん」 (滋賀県東近江市)
夏期講習に突入。
過酷なんですわ~~これが!

まあ、仕事のことはそっちおいといて「ラムちゃん」のことを。
ラムちゃんって、だれやねん!
いやいや、この国旗の国の料理が出てくるお店の名前(店主の名前でもある)。
d0108737_19141601.jpg
お店の名前と言い、この普通のお家といい、入りにくさは★3つ!
ほんまに、やってはるのか?
d0108737_19142077.jpg


玄関を入ると、にこにこでラムさんがお出迎え。
ラムさん「義父が住んでいた家なんです。空き家にしておくのももったいないと思って」
ラムさん「さあ、あがってください」

d0108737_19142398.jpg


日本へ嫁いできて30年。
3人のお子さんも独立して、やっと自分の時間が持て、このお店を始められたそうな。
「タイに帰るときには、カツオ出汁とか持って帰るんです」とニコニコ笑って話してくださる。
遠いこの日本で、大変なことも山ほどあったはずなのに、そんなことは微塵も感じない、ラムさん。

d0108737_19142804.jpg


心配事が一つ。
30年前に行ったタイで食べた料理、くっさい草(パクチーのことね)が原因で、ほとんど食べられなかった。
あの便所の消臭剤の香りの草(パクチー)、最近流行っているそうだが、食えるだろうか・・・・

d0108737_19143150.jpg


「今日はBとCのランチです」とのことで、その2つをお願いした。

d0108737_19143476.jpg


嫁のBのランチ。
ココナッツミルクのタイカレーである。

d0108737_19144038.jpg


ううううううううう美味い!
「こんな美味いカレーをタイの家庭で普通に食べてるんですか?
ハウスバーモンドカレーみたいにルーが売っているんですか?」
ラムさん「タイではココナッツのしぼりたてが市場で売っていて、それを使い、全て母の味で作るんです」とのこと。

d0108737_19144475.jpg


ででで、でた========臭い草(←嫁は大好物)。
「苦手な方も多いので、そえておきました。庭で採れたものです。お好みで」
とのことだが、せっかくなので30年ぶりに食ってみるか・・・・・モグモグ・・
ううううう美味いがな~~~。
何で、いったい何で今になって美味しいと感じるの?????
ごはんもタイ米で、パクチーも含めてのタイの一皿料理。
パクチーなしでは成立しないのかも。

パクチー癖になるかも~~~~~~

d0108737_19144717.jpg


駐車場は、お店の近所にありるから心配なし。
「どこにありますか~」とラムさんに聞いてくださいな。

d0108737_19145148.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-07-24 19:52 | その他
2017年 06月 26日
「茶ろん・坪六」さん (滋賀県東近江市)
夏で連想されるものは、何故か京都。
他の人はどうなんかな~??
京都で働いていたころの、あの蒸し暑さと、祇園祭や送り火が印象的すぎたからかな。
d0108737_15083018.jpg
なんとなくだが、夏の似合う「茶ろん・坪六」さん。
土間と苔に覆われた庭を見ると⇒京都⇒夏となる。
まあ、わけのわからん連想ゲームやな。
d0108737_15084392.jpg
緑に覆われた、ゆったり席。
d0108737_15083850.jpg
ああ~不思議に、くつろげる。
カフェの値打ちって何だろうと、最近よく思う。
センスか?美術的要素?食べ物?
求めるものは、それぞれだと思うのだが、くつろげるかが大切かも。
d0108737_15084816.jpg
庭を見ながらくつろげる一等席は、先着3組まで。
先着にもれたわれわれは、店内をうろうろ面白いものは無いかと徘徊。
d0108737_15085454.jpg
嫁の抹茶パフェ登場!
中庭を眺めておられる幸せそうな方々を眺めながら、食べてはる。
ひんやり、美味しそうだ。
d0108737_15090028.jpg
何故か、湯気が・・・・
温かいのも、乙なものである。
ここは、それぞれの席が離れていてゆっくりできていい!
d0108737_15090627.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-06-26 15:34 | カフェ
2017年 05月 21日
「の遊び」さん (滋賀県長浜市)

気になったらどうしても行ってしまう。
ちょっと遠くても。
ここは余呉湖の畔の川並。
d0108737_23121129.jpg
駐車場から、少し歩くと大木が。
d0108737_23121631.jpg


水路横の石垣と苔。
先には余呉湖。

d0108737_23122077.jpg


「の遊び」さんに到着。
普通の居宅で営業されておられるようやな〜。

d0108737_23122538.jpg


和室の続き間を改装。
fbでは、のんびりやっておられるのかと思ったら、次々お客さんが。
あっという間に満員。

d0108737_23123142.jpg


おおおおお〜〜大好きなブルーチーズニョッキ
ほんまは、パスタの方が好きだが、私はそれを。
嫁はバジルの方を。

d0108737_23123457.jpg
ううわ〜〜ええ香りが!
ご主人が「〇〇のブルーチーズです」の名前を忘れてしまったのだが、旨い!
チーズ好きにはたまらん。
d0108737_23123850.jpg
「お好きなんですね〜〜」と追いチーズをサービスいただいた。
嫁は苦手やから顔をそむけよるが、これを溶かしてさらに濃厚に!
ううううう旨い!
d0108737_23124676.jpg
バジルソース。
ニンニクが苦手私にはちょっと・・・・・・
d0108737_23125078.jpg


ここはどうやら、ご自宅のようだ。
ここで料理を提供され出した経緯とか、いろいろ聞きたかったのだが、満員で手一杯。
しかし、よくこのような穴場を見つけられるものだと不思議思う。
あっ、私もか、ハハハ〜

d0108737_23125531.jpg
「焼き上げるのに時間がかかりますが、よろしいでしょうか?」
というフレンチトーストが美味し!
d0108737_23130000.jpg
さあ、食べ終わったら、何をしようか?
「登山靴をもってきているから、賤ケ岳へ登ろう!」と嫁は言う。
いや・・・・それは勘弁してくれ・・・・
と思っていたところへご主人が助け舟。
「リフトの足元は、今しゃかの花でいっぱいですよ」
d0108737_23130537.jpg
******************************************
ということで、リフト乗り場へ。
d0108737_23131015.jpg
すごい絨毯のようなシャカの花。
というかシャカの花を見ることじたい初めてのことだ。
ず〜〜〜〜〜と、こんな感じだわ。
d0108737_23131408.jpg
びわ湖も、余呉湖も一望。
のんびりした休日。
d0108737_23131801.jpg


[PR]

by guwaguwa58 | 2017-05-21 00:09 | 洋食