「ほっ」と。キャンペーン
タグ:滋賀県 ( 384 ) タグの人気記事

2017年 02月 17日
彦根総合地方卸売市場内の「市場の食堂」 (滋賀県彦根市)
受験が佳境に入ってきて、なかなか忙しい。
毎年のことだが、この時期はネタの在庫処分セールだ!
ということで、ごそごそ過去写真をほじくり返して、9月訪問の彦根にある「市場の食堂」さんのネタ。
d0108737_13593398.jpg

今も、人気があるんだか、それは不明だが昨年の時点では常に行列であった。
この日は、たまたま2時前の訪問でスムーズに入ることができた。
d0108737_13594185.jpg

おしながきが、近所の水口にある市場食堂さんと似ている。
閉店間際でいろいろ品薄状態で、二人ともまぐろ丼(790円)で。
d0108737_13594995.jpg

雰囲気は、まさに食堂そのもの。

せっかく市場に来たんやから、鮮魚とかも販売したらええのにと思ったりするが、それはなさそうだ。
d0108737_140089.jpg

さて、味わいはというと、この値段としてかなり旨いと思う!
キハダマグロかな?
結構脂がのっていてるんやわ~~キハダって、こんなに脂がのるのか????
ホンマグロも混ざっているのかな???まさかこの値段でな・・・・・
マグロの種別は分からずであった。
わざわざ車を走らせて、ここを目的にというのは考え物だが、そこそこいけまっせ~~
d0108737_1402144.jpg

何が凄いって、このアラの潮汁。
えげつなく凝縮した、魚のうま味と・・・・・・臭み・・・・・ハハハ
市場で大量に出るアラをふんだんに使った贅沢な品だが、ぬめりなどの臭みを取る手間までは、この金額で期待する方がおかしい。
癖になる味というか、好みは分かれると思うが、この潮汁は試してほしい一品やな。
(味噌汁の日もあるみたいで、出るとは限らない)

d0108737_1402979.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-02-17 14:23 | その他
2017年 02月 09日
ふくろう珈琲店 (滋賀県大津市)
37年前から聞き続けているアルバムがある。
とうの昔に、引退されておられるのだが、門あさ美さんって知ってます。
テレビにも出ない、コンサートもしないと、変わった方であったが、妙に今でも聞きたくなる。
私だけかと思ったら、他にも同じ方々がおられ、非公認のファンサイトがあったりする。
このファンサイトを訪れる方々は、私と同じようにバブル時代を楽しんできた世代なんだろうな~~と、しみじみ。

さて、このお店は、大津は田上の集落にある「ふくろう珈琲店」さん
d0108737_1626032.jpg

古いんだか、新しいのか、よくわからないが、落ち着く空間である。
最初、お客はわれわれだけだったのが、少しすると満員に!
d0108737_16262156.jpg

石窯があるらしく、それを使ったピザを注文。

FBでの情報だが、高校の先生をされておられ、退職を機会にオープンされたお店みたいだ。
店の名前も、置くものも、設計も、ず~~~と温めてこられた思いの実現なんだろうな~~としみじみ。
d0108737_16263426.jpg

ピザは、珈琲店としてなら合格!

マスター一人でてんやわんや~~
手伝ってあげたい・・・・・・
d0108737_16265052.jpg

石窯焼きカレー。
こちらの方が好きかも。
d0108737_1627797.jpg

珈琲は、まずこの小さなミルでガリガリから始める。
ええ香りが立ち込める。
d0108737_16271721.jpg

そう、こちらのお店は客がサイフォンで淹れるのである。
運ぶものも多く、説明とかも必要で、逆にマスターの手間がかかるシステム。
少しして、奥さんが助っ人で登場!
一安心。
d0108737_16273081.jpg

こちらのお店、ちょっと迷うかもしれないが、探してみてはいかがですか。
d0108737_16274881.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-02-09 17:27 | カフェ
2017年 01月 26日
「夢創庵」さん  (滋賀県甲賀市)
やっと、雪や寒波から解放され、春の香りすら感じる、今日の天気。
前から気になっていた看板に導かれて、そばを食べにいってみるか!
夢創庵さん?って、聞いたあるような名前だな・・・・・・・
d0108737_13375047.jpg

甲賀市水口町の広野台という住宅街の中に、お店はあると、看板は示していた。
d0108737_13382972.jpg

あった!
こんな場所に、という立地。
看板からすると、新しいお店のような雰囲気だが、年季が入っているような構えだし・・・・・不思議だな。
d0108737_1338427.jpg

表で、お店をしげしげ眺めていると、女将さんが愛想よく招いてくださった。

事情がつかめた!
信楽の牧にあった、あのいつも行列ができていた夢創庵さんが、ご主人の持病の腰痛の為、こちらに移転されのんびり営業。
移転して、まだ一年たっていないらしい。
で、こちらの店舗は、10年以上前に女将さんがされておられた空き店舗を再利用されたもの。
d0108737_13385534.jpg

もりそばの田舎(太い方)を注文(900円)。
ごはんは追加品。

5年ほど前かな?信楽で営んでおられたころに、一度訪問したことがあった。
その後は、いつも行列で近寄ることもままならない雰囲気だったな。
それを考えると、今はゆっくり食べられる、これはラッキーかも。
d0108737_1339767.jpg

太い、本当に太い!
「まずは、そのまま召し上がって、次に塩で試してみてください」と女将さん。
確かに、そばの味わいが口の中に広がる。
おいしい、と思うが、そばのことを語れるほどのツウではない。
d0108737_13391932.jpg

蕎麦も美味しかったのだが、山葵が抜群に美味しかった。
さらに、小皿にあった豚の燻製?これがめっちゃくちゃ旨くってびっくり。
d0108737_13393260.jpg

さらに、さらに、お土産で買って帰ったぼぼたもち(300円)を事務所で食べたのだが、これも旨い!
(写真を撮る前に、はしではさんでしまった、御免)

さて、このお店はこれからどうなるんだろうか?
行列が、少しづつできていくのか、そば好きがゆっくり楽しめるお店であるのか、見守っていきたい。
d0108737_13394318.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-01-26 14:32 | 蕎麦
2017年 01月 12日
「TORASARU」さん (滋賀県甲賀市)
信楽に、こんなええ喫茶店があったなんて。
静かで、雨とJAZZが似合うTORASARUさん
d0108737_1537542.jpg

ゴルゴンゾーラって、あの・・・・・
初めて食べた時は、吐き出したな、ハハハ~
今では、大好きだが、ケーキとして成立するのかな・・・・・
d0108737_15381585.jpg

ここ数日、下宿していた大学時代の夢を連続で見た。
目が覚めてからも、不思議にその時代のことを思い出しては、一人でニヤついている(気持ち悪いやろな・・・)
音信不通の仲間のこと、スキー旅行で泊まったペンション、コンパのこととかあれこれ。
元気にしてるのかな~あの建物は残っているのかな~と。

「今の若い者は・・・・」と「昔は、楽しかったな・・・・」の2つの言葉は、口にしない、思ってはいけない、と自分に言い聞かせて生きてはいるのだが・・・・・
こういった、しんみりした喫茶店だと、さらに拍車をかけて昔を思いおこしてしまう。
d0108737_15382912.jpg

こんなに大学時代のことを何度も夢に見たり、思い出すのは、次男が来年受験で、「家から通える大学を受験しろ!」と言う、せこい私に対する、あてつけなんやろか・・・・

あああああぁ~~~死んだ親父の仕業か!?
「自分だけ、親のお金で、一人住まいを謳歌しやがって!わしの言葉を忘れたんか!わしに返さんでもええ、将来のお前の子供に同じことしたれ!って言ってたやろ」って、伝えたいのか!
都合の悪いことを、思い出してしもたがな・・・・・・
d0108737_15384083.jpg

ああああ~~~ぅぅぅうまい!
あばれん坊のゴルゴンゾーラを上手に手なずけてある。
そうそう、こちらはチーズケーキが専門やった。
d0108737_15385037.jpg

「昔はよかった・・・」と思わないようにしているのは、歳を重ねても、新たなものを見つけ、何かに挑戦したいと考えているから。
つまり、前を向いておきたいと。
まあ、楽しく生きていくための、自分だけの決め事的なものかな。

でも、ちょっこっとだけ、許して。
下宿先や、遊んでいたあの街へ、久しぶりに出かけてみようかな。
次男のことは、場合により許そうか・・・・・・・・・(←往生際の悪い、けつの穴小さな男・・・)
d0108737_1539089.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-01-12 16:30 | カフェ
2017年 01月 05日
あけましておめでとうございます!
今年の、初投稿であるにもかかわらず、どうでもええ内容なこと、お詫びいたします。
(にゃんちゃん、可愛くないな~~というか、少し気持ち悪い・・・・・・)
d0108737_12232639.jpg

私の休日は、仕事柄あまり長くない(と思うねけど、普通かな?)。
12月31日から1月3日の4日間。
その貴重な休日の、12月31日は、朝早くに甲賀市水口町にある山村さん(お肉屋さん)に並ぶことが恒例行事。
9時開店で、今年は8:30分位かな?それでこの列。
d0108737_12233780.jpg

もっと、ゆったりした休日にならんかと考えながら、寒さに震え待つこと1時間で注文できるポジションへ。

この日は、頼まれものも含めて4.5キロを購入予定。
d0108737_1224297.jpg

これは書くべきなのか悩むところだが、よそにない品があるからこそ、並ぶのである。
それが、この1100円のヒレ肉。
厳密に言えば、ヒレ肉の真ん中(シャトーブリアン)を切り取った端っこではあるのだが、味わいは抜群!
見た目が悪いからか、不思議にだれも注文しなく、今年も無事にありつけた!
出されてあるこれ全部(1.5キロだった)を購入で、おそらく本日のヒレ肉(焼肉用)の販売終了!?

あかんで、あかんで、絶対あかんで、私より先に並んでこれ買い占めたら!
d0108737_12241176.jpg

肉の次は餅である。
栗東市にある「あかね軒」さんへ。

残念ながら、本日売り切れだったが、ここの苺もちは、絶品!
苺大福でなく苺もちと表現してあるのは、球肥ではなく、本物の突いた餅を使っているということ!
d0108737_1224244.jpg

本日は、豆餅を購入。
これは元旦のお雑煮に使う。
ここに至るまで、嫁と一ヶ月話し合っていたのだわ。
とるにたらんことではあるが、ハハハン~
d0108737_1224335.jpg

我が家の大晦日は、そこそこ食いまっせ~~~
蒸し牡蠣は、安い上に美味いし間違いなし。
だが、芸がないな~
来年は趣向を変えよう。
d0108737_12244312.jpg

明日は、間違いなく焼肉やから、しゃぶしゃぶ!
山村さんのは、紛れもなく黒毛和牛やから、肉の香りがいい。
(黒毛和牛と交雑種は、見ただけでは分かりにくいからご注意を!)

あれこれ、食いっぱなしの大晦日なのが我が家。
来年は、蕎麦復活かも?
d0108737_12245237.jpg

**********************************************
元日の朝は、恒例のお節の食いつくし!
言葉通り、ほぼ食い尽くす。
最近ちょっと疑問をもっていて、7人で何で2セットもいるねんと考えている。
それって、なんか違うような気がするし、何より面白くない。

来年のお節は、昔から伝わる黒豆、田作りとかだけにして、日本の旨い食べ物を単品で集めよう!
d0108737_1225435.jpg

で、本日の主題はこの雑煮。
去年も書いたが、嫁の実家のお雑煮は、白味噌仕立てに餡餅を入れてはって、これがめっちゃ旨いねん。
で、初挑戦!試しに豆餅を入れてみたのだが、これが大失敗。
豆が主張しすぎて、白味噌の香りが無くなり、雑煮を台無しにしてしまよる。

ええ?
豆ではなく、それ以前に餡の入った餅を入れることが気持ち悪いって?

素人さんですな~~
狐色焼かれた、杵つき餅にくるまれた香ばしい餡餅と、出汁の利いた白味噌の塩っけが渾然一体となって、えも言われぬ美味さになるのだわ。
重要なのは餡餅で、出来立てでやわらかいのはだめやし、2~3日前に作って硬くなって、それをええ塩梅で焼き色をつけてこそ、たどり着く至福の味わい。
まずもって本物の硬くなる餅を使った餡餅を探すことが大変やった。
というか、見つけられなかった。
あかね軒さんの餅は、その本物やから、それを使った餡餅を、と思ったのだが、それは作ってはらなく、この豆餅で試してみたということである。

来年に期待やな!
d0108737_12251764.jpg

元旦の昼ごろ、にゃんちゃんをアヤハのペットホテルへ預け、大阪の嫁の実家へ。
d0108737_12252850.jpg

************************************************
で、これが大阪の本家本元の餡餅の雑煮。
ヨモギ餅で出てきたぞ~~冒険しゃはりますな~~~~~~。
ここ数年、義母の手首の調子が悪く、既製品の餡餅なんです(ヨモギ餅も)。
ごちそうになっときながら、言いにくい、というか書きにくいねんけど、昔のい手作り餅と違うから、もの足らないんやな~~~~~
嫁も、それを知っていて、何とかあの味を再現したく、本物の餅を探したが見つからず。
一から、教えてもろて、手作りであの餡餅をこさえるしかないか・・・・・・・・

ともかく、嫁に(私も)とっての餡餅雑煮は、変わった品物だが、極めて大切なもので、その再現に思いをはせての元旦であったとさ。

今年も、宜しくお願いいたします。
d0108737_16444717.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-01-05 13:26 | その他
2016年 12月 27日
「兵主マルシェ」 「るぅた」  (滋賀県大津市、野洲市)
激務、とは出来るだけ書かないようにしているが、師が走るという暦どおり、忙しい。
なかなか出かけられないから10月に出かけた兵主マルシェのことを。
d0108737_16445455.jpg

お世話になった中井あけみさんが、出展されておられるらしい。

滋賀って、普通に存在する神社の、歴史が桁外れに古かったりする、ありがたい県だ。
だが、日常生活とは無縁のことで、忘れらがちになってしまうことが、現状なのかも。
d0108737_1645582.jpg

こういった催しは、その存在を思い出させてくれたりするよな。

りんごアメとあるが、トマトアメが!
d0108737_16453383.jpg

美味いのでは?
と思ったが、普通であった。
たこ焼きにはやはりタコが一番なのと同じで、りんごアメはりんごが一番かも!
(わけのわからん、話になっとるわ・・・・・)
d0108737_16454471.jpg

中井あけみさん、そしてお世話になった藤岡いずみさんも一緒に、伝統的ビワマスを使った兵主丼を提供されておられた。
d0108737_16455718.jpg

ぅぅぅ美味い!
たらん、一杯ではたらん、あと3杯はいけるで!
いやいや減量や・・・・・・
d0108737_1646859.jpg

本殿、立派ですやん!
d0108737_16462237.jpg

**************************************************
いや~~ゆっくりしすぎた!
兵主神社を後にして、琵琶湖大橋を渡って「るぅた」さんへ。
やばい、ぜったいやばいで!
d0108737_16464896.jpg

ほ~~~ら、ほぼ売り切れやん!
薪の石釜を使ってはるから、供給できるパンが限られるんやわ。
ああ~~あ・・・・・
d0108737_1647312.jpg

とりあえず、売ってはるものかき集めてレジへ。
本当は、シンプルな小麦の味わいを楽しむハード系のが欲しかったのだが、この時間だからそれは欲しがりすぎちゅうもんだな。
買った品は、当然、美味かったですぜ!
d0108737_16471818.jpg

「名古屋で修行していたんです」という少しシャイなご主人さんに釜を見せていただいた。
想像よりからり大きいことと、掃除が行き届いている。
これは、必ず再訪しなくっては、もっと早い時間に!
d0108737_1733613.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-12-27 16:43 | パン
2016年 11月 19日
「Gallery & Cafe ENSOU」さん  (滋賀県甲賀市)
情報通の円舞曲さんに教えていただいた、信楽にできたカフェ&ギャラリー
いや~~~凄かったな~~本物やったな~~

この橋を渡ると別世界となる。
d0108737_2251270.jpg

嫁は、3日前に訪問済み。
「ジブリの世界みたいやで~~」とのことで、その世界ってどんなのかわからんが、これらがそれらしい。
d0108737_2252845.jpg

そこから5000坪の敷地を歩いていると、豪華な建物に至る。
一瞬、田舎風の建物のように見えるが、滋賀でよくある荒壁の建築物とは、全く別物。
屋根を支える垂木は、なんとケヤキであり、こんなのは見たことが無い!
d0108737_2254139.jpg

玄関を入ったところの、荒壁の味わいや床が何とも素晴らしい。
あいた口がふさがらなく、はあぁ~~~ほおぉ~~とため息が漏れる。
d0108737_2281347.jpg

まず、好みで奥さん作のタルト(500円)を選ぶ。
(飲み物のみでもいい。)
d0108737_226851.jpg

コーヒーか紅茶を選ぶのだが、コーヒーはセルフである。(どちらも500円)
自由に飲んで、読書したり、編み物したり、音楽を楽しんだり、くつろいでいただきたいとのオーナーの思い。
d0108737_2263639.jpg

タルトの命のサクサク感が心地よく、旨い!
さらに、当然だが器は四代目・森岡嘉祥さんの作。
d0108737_226523.jpg

私のプチフール プレート(700円)。
奥にある、キャラメル・ショコラ・オレンジがとろける美味しさ。
よく考えたら、減量してたから、4か月ぶりのケーキかも。
ううううまいな~~やけど、これを昼飯としておこう。
d0108737_2265960.jpg

ギャラリーの窓は絵画のようだ。

正面の大きい窓の先の景色も素晴らしく、そこに時々2人の息子さんが、ウルトラマンの人形を握りしめて、こちら目線で表れてくれ、何とも癒される。
d0108737_2271325.jpg

この空間は、先代のリスニングルームとなっていたそうな。
置かれてある、コレクションのレコードや真空アンプなどにドキドキ。
d0108737_2272884.jpg

見たことも、聞いたこともなりアンプだが、めっちゃ美しい!
ケチを付けるなら、私が写りこんどること。
d0108737_2273797.jpg

タンノイのスピーカーから、優しく柔らかい音楽が流れている。
われわれの年代は、みな音響機器に熱中したものだ。
スピーカーの下のブロックを置き換えてみたり、レコード針をいくつも買ってみたり、ほんの少しの違いを楽しんでいた。
追いかけるほどに、重要なことはカタログに書かれたスペックではなく、味わい的なものであることに気づいていった。
CDが出始めてから、不思議と、その熱は冷めていってしまったな・・・・・
d0108737_2274519.jpg

建物は泉州の繊維問屋やったかな、その倉庫だったものを移築されたそうな。
その会社の、当時のありあまる富が、この建物の柱に表れていて、不思議に朝ドラを連想してしまう。

お店はまだ開店されて間がなく、今はゆっくりできますぜ。
好きな本を片手に、静かなこの空間でくつろがれてみては。
超超超超超、お勧めだわ。
d0108737_2275953.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-11-19 23:13 | カフェ
2016年 11月 16日
再び「山ごはん よもぎ」さん (滋賀県米原市)
今日は、写真の量がたんまりあるので、文章は短めに。
このお店へ、晩秋のこの時を見計らってやってきた。
d0108737_23504513.jpg

村は、冬支度の雪囲いをし始めていて、そんな風景はおそらくテレビでしか見たことないはずなのに、不思議に懐かしく思う。
d0108737_2351028.jpg

自生の植物が少なくなってきた、この月は何がいただけるのか楽しみだ。
d0108737_23512612.jpg

前菜
自家製柚子胡椒和えのエビとブロッコリーが、旨い!
黒豆と伊吹牛乳のスープもいける!
黒は、今日の料理のテーマ。
d0108737_23513633.jpg

おばんざい盛り
黒木耳と韮のチジミ、が全部読めたら、それはすごい。
「黒キクラゲも含めて、黒い食べ物は腎臓にいいんですよ~」と女将さん。
ええとこついてますわ~~腎機能の低下が減量に励む原因にもなっただけに、せっせと食べるとしよう。
d0108737_23514743.jpg

野草の天婦羅
アザミとヨモギ、ムカゴとそして・・・・もう一つが思い出せない。
「もう、だいぶ野草も少なくなってきました。」とのことでしたが、アザミが美味しいとはびっくり!
d0108737_23515526.jpg

黒米と黒豆の入った薬膳粥を嫁が絶賛!
すっかり感化して、帰りに道の駅で黒米を買ってはりましたわ。

養生スープ煮には、生薬が入っているそうだが、生薬ってなんやろ?
d0108737_2352349.jpg

ここの料理は、シンプルに素材の味を引き出す、引き算的でもある。
この黒豆胡麻ぜんざいもしかり。(これも腎臓にええ!)
甘さ控えめで、ゴマの風味と、黒豆の旨さを味わうぜんざい。
「最近、化学調味料が苦手になってきたかな~」と思う方こそ是非お勧めしたい、こちらの料理。
d0108737_23521830.jpg

「11月で今年の営業は終わりなので、よいお年をお迎えください、ですよね~~」と、見送っていただいた。
そうか、もうそんな時期か・・・・・・年賀状を書かなあかんがな~~~
d0108737_23523140.jpg

*************************************************
「ダムの紅葉を見て帰られるといいですよ~~」とのお話をいただき、寄ってみた。
いいいや~~~~~~~見事な紅葉!
だが、素人にはそれを上手に写真に収めることはできない。
d0108737_23524681.jpg

で、この奥伊吹へ行く道中に、バズーカ砲のような高級カメラを構えて、何かをひたすら待っておられる方々をいっぱい見かける。
気になって仕方なく、聞いてみると「くま鷹が出るのを待ってるんです。一日出ないときもしょっちゅうあります」とのこと。
なんか、すっきりした・・・・ような、くま鷹って、どんなの?と、また気になって・・・・堂々巡り。
d0108737_23525829.jpg

************************************************
醒ヶ井によってみたが、ここは夏にくる場所なんだな。
d0108737_23542242.jpg

お客は、ほとんどいない。
d0108737_23543999.jpg

ちょっと離れた、この店にちょっと興味があって。
d0108737_23551144.jpg

これでも買ってお土産にするか。
d0108737_235741.jpg

店内は、今は見かけない、魚屋さんのような八百屋さんのような、お菓子屋さんのような、懐かしい雰囲気。
d0108737_2359493.jpg

一匹240円の骨までやわらかい、甘露煮。

いや、決してお勧めとかではなく、ちょと寄ってみたかっただけやからここは。
d0108737_23591735.jpg

************************************************
ここはお勧めできるわ!
d0108737_23593382.jpg

馬の燻製が、米原特産、らしい。
d0108737_23594576.jpg

100gで700円くらいだったかな、これはなかなか旨い!
それより、売ってはる牛肉(黒毛和牛)が安い!
岐阜の養老に近いことが、原因なのかもしれないが、お買い得だわ。
馬刺しもあるし、ここは寄るべしかも。
d0108737_23595698.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-11-16 00:00 | こだわり
2016年 11月 08日
「HONMACHI93」さん  (東近江市)
近江鉄道の八日市駅前にあるアーケードのある商店街。
冬眠中のような雰囲気だな・・・・・・・
d0108737_14234549.jpg

放送禁止用語が書かれたガラス。
d0108737_15276100.jpg

少し歩くと、開いているお店に出くわす。
d0108737_14262671.jpg

その先に、道に置かれた黒板が見えてくる。
日記が書かれた案内看板!
これ、ええがな~~と、思うのは、ちゃんとここに的を絞って来たから。
通りがかりの人は、「イノシシの肉が食べられるのか?」と勘違いしはるかも・・・・・
d0108737_14263879.jpg

建物は、見たとおりのヴォーリズ建築。
昔、歯科医院をされておられたとか。
d0108737_14264983.jpg

2階で、何かしてはる、はず・・・・・・
d0108737_14271446.jpg

いいいや~~~~保存状態がええですやん!
ドアとかも当時のままやがな!
d0108737_14272699.jpg

2階に上って正面に、革製品をオーダーメイドされておられる北浦耀司さんの制作室がある。
北浦さんは、突然の来客が珍しいのか、きょとんとされておられた。
翠さんのブログを見て来たんですよ~」という話で、「あ、なるほど!」となったしだい。
d0108737_14273973.jpg

北浦さん、今年京都の大学を卒業されたばかりで、かなり若い革細工作家さん。
就職の道を選ばず、この世界に飛び込んこととか、あれや、これや、私と嫁とでほじくりまくった次第で、申し訳なかったな。

興味が沸き上がった、というか、親って、いや大人って何故普通の道を子供たちに歩んでもらおうと、道案内をしてしまうのか?普通って、何なのか?わからんようになってきたんやな~~~~~~最近。
とりあえず、ええ高校へ、そしてええ大学へ、が親の普通でもある(私も)。

で、普通のものはつまらなく、普通と違う個性に魅かれる私。
いったいどうなってるねん!
d0108737_1427497.jpg

「こちらも、見てください」と案内いただいたのが、安高製作所さん
『衣』を扱う安田奈織子さんと『飾物』の高山直美さんの二人の作家さんのお店、というか部屋。
火・水曜日だったか、水・木曜日だった、とにかく平日にここへ来られるらしい。

いいや~~この部屋の窓は、当時のまま保存さてますやん!
d0108737_14275854.jpg

革カバンや服もある。
麻のワンピースの値段を見てびっくり!
めっちゃ安い!
もっと高い値段付けなあかんやろ、と、ワンピースは私には関係の無いものやから書いてしまったわ。
d0108737_1428584.jpg

置いてある商品も気になるが、いいや~~~金具もそのまんまやん!と建物がさらに気になる。
住みたい、ここに!
ちなみに、一階はこの建物のオーナであるご婦人が住んでおられる。

ヴォーリズ好きの方、是非どうぞ!
商品も買ってや~~
d0108737_14281449.jpg

**************************************************

食べ物ネタわ?!!!!

と、怒られそうなので、少しだけ。
永源寺ふるさと市場へ行ってみた。
というより、紅葉はまだかいなと車を走らせた帰りに寄っただけだが。
d0108737_14283275.jpg

まだまだ、色づくには早かった。
d0108737_14283978.jpg

インスタに載せたくなる色やな!
d0108737_14284873.jpg

この梅干しが大当たり!

ここ数年、市販の梅干しが食べられへんようになってきたんですわ、夫婦とも。
昔は、はちみつ入りの、甘いうす塩のが好きやったのに、今は口にも入れられない。
化学調味料が多く入りすぎなのが原因やと思う。
これは、梅と塩と紫蘇のシンプルな味だけで、塩加減が好みと一致。
d0108737_14314095.jpg

最近は、あちこちいっぱい直売所ができているが、規模が小さいほど、本当の近隣の農家さんのおすそわけだったりする。

永源寺の紅葉見て、野菜買って、HONMACHIさんへ寄るというコースはどう!?
d0108737_14315043.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-11-08 15:24 | 町並み
2016年 10月 15日
「円輪曲(ワルツ)」さんの秋の日のマルシェ 自作スモークサーモン
今年も、甲南町にある美容室の円輪曲(ワルツ)さんのマルシェへ。
森田さんの“好き”なものが表現されている。
それが、なかなかええんですわ~
d0108737_21471950.jpg

本当に、ありがとうです!
嫁も参加させてもろて、カバン並べさせてもらったしだいで。
d0108737_21473779.jpg

で、やはり私の興味は食べ物。
昼飯を調達に。
d0108737_214750100.jpg

減量中だが、ちょうどええ感じのものが多く、ありがたい!
結び月さんのsotoko弁当700円は、ちゃんと予約済でして。
ええええ・・・どんぶりとかもあったんか・・・・
青空キッチンで、出来立てを食べられるんやな。
d0108737_2148568.jpg

やさしい!
減量中のこの身に、ちょうどいい!
超空腹やと野菜の美味しさが際立つ。
d0108737_21481792.jpg

ふっと、横を見るとウル・ウールさんのランチセット。
美味しいそう!
欲しい!
これも予約やったよな~~と、思いつつダメ元で在庫を確認したところ「あと5個あります」とのこと。
この状況で弁当2個はあかんやろ~という理性を飛び終え購入!
これも美味しく頂いた!が、食べ過ぎやろ。

自分に負けてしまった秋のマルシェであった。
d0108737_21501499.jpg

***********************************************
9月30日が、ビワマス漁の最終日。
その最終日に手に入れて、ビワマスのスモークサーモンを作ることを計画。
だが、自然相手の天然もの故、今年は荒天で手に入らず。

ということで、ハズイのノルエー産のサーモンで練習。
この汚らしい写真は、ソミュール液(←簡単に言うと塩水だわ)というものに漬けているところ。
d0108737_21503775.jpg

これなんか知ってはります?
18枚入りで2100円とかなり高級な脱水シート。
d0108737_21505282.jpg

塩抜きをして、冷蔵庫で水分を抜く必要があるのだが、このシートを使うと3日かかるものが数時間で完了する。
何でこんな高速で水分が抜けるんか原理はよくわからんが、画期的なしなものだ。
d0108737_2151597.jpg

装置は、じゃ~~~~ん、これ!
なんちゅうせこいやっちゃ!と笑ってやってくださいな。
まあ、火事はこわいねけど、小学生の工作以下の段ボール製。
作れたぞ~~という楽しみより、コストや労力が、美味しさと釣り合うかどうかが私には重要(いや、嫁の許可を得るのにもさらに重要)。

で、そのホースはなんいぇねん?という素人さんに、説明しよう!(というか、私も今回初めてのド素人だが)
下の小さな箱でスモークウッドを焚いて煙だけをホースで上の大きな箱に送り込み、そこで燻す、ということ。
まあ、熱を処理したいということ。
d0108737_21512617.jpg

料理みたいなもん、たいがいツボさえおさえといたら、美味しなんねん!
スモークサーモンでいえば、適度に塩分を染み込ませ乾燥、20度以下で燻す、一日寝かせる、だけやと考えた。

9月30日のぎりぎりを狙ったのが、この20度以下というところがポイント。
今なら、確実に外気温は20度を切るが、ビワマスは禁漁期間。
ビワマスは、冷燻ができにくい夏に多く出回り旬を迎える。
まあ、簡単にはスモークサーモンにできない運命にあるちゅうことですわ、ビワマスは。
外気温と旬の交差するポイントが、一年の中で9月30日という織姫と彦星的な運命の日ちゅうわけである。
さらに私の休みとも関係するから、よけいに関係はごちゃごちゃ状態。
d0108737_21521029.jpg

で、完成がこれ!
美味~~~~~~~~~~~~~~~い!
売ってるやつより旨い!
たしかに旨いが、やはり養殖のサーモンの臭さが残る。
もっと、水分を抜くべきなのかも・・・・・・

またのチャンスを狙うとするが、ビワマスの入手に成功したなら、あの段ボールの燻製機でも最上級のスモークサーモンに仕上がると確信。
12月以降のビワマス解禁で、安く手に入るか挑戦してみる価値大である。
d0108737_21522369.jpg

おまけで、牡蠣の燻製オリーブオイル漬けも。
ちょっと塩加減をミスったが、美味しいねん!
これは、牡蠣が安価に手に入る冬場に再挑戦だな。
うまいんだわ~~~
d0108737_21524433.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-10-15 21:53 | イベント