タグ:滋賀県 ( 387 ) タグの人気記事

2016年 05月 21日
「喫茶 古良慕」さん  (滋賀県高島市)
たまには、湖西方面へ。
たまたま見つけたhpをたよりに、訪問してみた。
本当は、焼肉バンバンでホルモン三昧がしたかったが、嫁の抗議にあってここへ。

看板は「島村葭商店」、これが本業のようだ。
d0108737_1222291.jpg

昔ながらの、倉庫?店舗?を改装。
d0108737_12225930.jpg

嫁は日替わり1080円。
私はタイ風チキンカレー850円。
d0108737_12231111.jpg

なかなかいい雰囲気に仕上げられてある。
d0108737_12232429.jpg

お店の奥はギャラリー。
d0108737_12233873.jpg

屋外にも席がある。
今の時期は、外の方がええかも。
d0108737_12235150.jpg

薪釜で炊飯されておられるみたいだ。
これは楽しみやな。
d0108737_1224191.jpg

日替わり。
丁寧に作られてあり、それぞれが美味い。
d0108737_12241951.jpg

でた~~~~~お焦げ!
ごはん旨いし、お代わりも自由(自分でジャーからいよそうシステム)
d0108737_12243690.jpg

タイ風カレー。
d0108737_12244979.jpg

hpを見て想像していたより、良かった。
d0108737_1225235.jpg

***************************************************
遊びに行った夜飯は、簡単なものがええ!というリクエストに応えて、名物のとんちゃん焼きの材料を買いに橋本かしわ店さんへ。
d0108737_12251459.jpg

「近江しゃもは、売れてしまったから、近江黒鶏はどうですか?」とのこと。
ええ鳥は、タレに漬けない方がいいとのこと。
ということでタレ漬け(とんちゃん)と近江黒鶏を700gづつ。
d0108737_1226216.jpg

近江黒鶏は塩コショウで!(写真手前左側)

これが、ううううう旨め~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
200円/100gと安かったさかい、どうかと思ったが旨い!
鶏の味わいが濃いし、歯ごたえもちょうどええ感じだ。

とんちゃん焼き(味噌ダレ)は、慣れた味わいでごはんが進むこと。
野菜を切って一緒に焼くだけで手間いらずでありかつ、旨い!
湖西方面へ遊びにいったら、必ずお土産で買って帰るべし。
d0108737_12261422.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-05-21 13:29 | カフェ
2016年 05月 13日
「エイトヒルズ・デリカテッセン」さん  (滋賀県彦根市)
そっけない、というか何のお店かわからん外観。
ここ、ちょっと名が知れてきたデリカテッセン(惣菜を売る飲食店)なのである。

場所は自宅から少し遠く彦根市の県立大学前。
d0108737_14345061.jpg

初めてだと、間違いなく、どうしたらいいのか迷う。
好きなものを、一つずつ選ぶのか?と。
d0108737_15321351.jpg

初心者は、まず「デリカデッセン盛り合わせ 1300円」か「日替わりプレート1000円」のどちらか、腹の減り具合で選べば間違いないとのこと。
細かな惣菜類は、それぞれ少しずつ盛ってくれはる。
d0108737_15322865.jpg

これが大仕事や!
メインをどれにするのか選べばええのだが・・・・・・・
ああああ~~~選べへんがな~~どれも目移りして~~~~
d0108737_15323989.jpg

超肉食派にとっては、この中から何か一つだけを選ぶことは、かなり辛いことだが、仕方ない。
ブタのリブロース殿にするか!
ポルケッタ殿、パルマ産生ハム殿、申し訳ない。
今度出会おう!

嫁は、日替わりにしたからヤキブタで、とのこと。。
d0108737_1533290.jpg

惣菜はこんな感じ。
d0108737_15331350.jpg

これが私の盛り合わせ13000円。
手前にあるのが、リブロース。
こんな山盛り食べられるか?と思ったが、少量つづやから味見感覚で、あっというまに完食。

ご主人は、東京のフレンチレストランで技術を磨かれていたそうな。
そして世界を旅してまわり。
数年前、ご両親が営んでおられた、このお店(西村cafeという名だった)を継がれ、現在のような形式に。
西村料理研究所のブログは必見で、今につながる手がかりが見えてくる。
d0108737_15351014.jpg

裏から撮ったのがこれ。
惣菜も見てほしい。
d0108737_16385137.jpg

これ美味い!
300円追加でエビのスープに変更。
エビのミソ味濃厚でうううめ~~
d0108737_15352089.jpg

嫁の日替わり定食(ヤキブタ)1000円。
曰く、「惣菜が美味しく、もっと食べたかったから、盛り合わせにしたらよかった・・・」とのこと。

小食の方も盛り合わせでokかも。

ああ~~もっと家の近くにあってほし~~~い、お店である。
d0108737_15353151.jpg

***************************************************
飯が終わって、せっかく彦根まで来たんやしと有名どころのvokkoさんへ。
まあ、想像通りの有名店らしい優等生的で、ええお店ですな。
d0108737_15354374.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-05-13 14:34 | 洋食
2016年 05月 05日
「ワイルドキッチン」さん (滋賀県東近江市)
明日、仕事やけど、ちゃんとできるやろか・・・・・
GWは、社会人を廃人にしてしまよるわ~ホンマ。


信楽で、ワイルドキッチンさんに出会ってから、9年。
念願のお店が完成したと聞き、GWに駆け付けた。
一から、お二人でこつこつ建てられた建物は、粗削りな部分に味わいを感じる。
d0108737_229579.jpg

場所は、本当にわかりにくいので、ワイルドキッチンさんのブログを参考にして。
簡単には見つけられへんで!
d0108737_229534.jpg

ここの羊の里まで来たら、大丈夫。
その横の未舗装の道を奥へ!
d0108737_2210589.jpg

もう少しまっすぐ先へ。
屋根が見えてくる、それを目指すべし。
d0108737_22101379.jpg

到着!
んんん?
扉が3つ?
やってはるのか?
一瞬迷うが、何となく真ん中とあたりをつけて、扉を開く。
d0108737_22102149.jpg

実は、まだ骨組みの時にお邪魔したことがある。
何を手伝ったわけでもないが、完成したことがものすご嬉しく思う。

おお~~この木製のケースは信楽のお店で使ってたやつですやん!
後で気が付いたのだが、玄関の上の照明も信楽の店の再利用ですね!
d0108737_22103034.jpg

写真を撮り忘れたのだが、石窯を使って焼いてはることを強調したい。
天然酵母を利用したパン屋さんは、今ではかなり多くなってきているが、石窯を使ってるとなると滋賀でも数えるほどしかいない。
薪代金や、その手間は電気釜やガス釜とはわけが違う。
パンを食べての好みの問題とは思うのだが、私は味わいにその価値を感じる。
d0108737_22103750.jpg

9年来好きなのがカンパーニュとリンゴ、そしていちじゅく。
食べ方は、説明が書かれてある通り1cm位にスライスして焼いて食べてほしい。
それが一番おいしいと私も思っている。

好みはあると思うが、是非訪ねて試してほしいパンである。

ワイルドキッチン:滋賀県東近江市池之脇町忠連谷 473-2
d0108737_22104579.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-05-05 23:01 | パン
2016年 03月 02日
「日野ひなまつり紀行」を見つつ「らっこや」さんへ (蒲生郡日野町)
数年前は、小さな息子たちとこの日野の町を、ちょうどこの時期(ひなまつり紀行:3月13日まで)にぶらぶら歩いたものだな~~
と、しみじみ思いながら、今は嫁と二人でぶらぶら。
d0108737_14455338.jpg

いっぷくはここ!
d0108737_14462859.jpg

2年位前から、ぼつぼつ営業はじめてはる「らっこや」さん
建物は、旧家そのもので町並みを壊さず、いい!
d0108737_14464087.jpg

建て替え前の我が家みたいや・・・・・。

玄関を開けると奥さんが出迎えて、案内してくれはる。
d0108737_1446533.jpg

この時計が「俺を撮れ!」と、催促してきよったような気がして。

営んでおられるのは、名古屋からこの地を気に入って移り住んでこられたご夫婦。
このカフェを利用して、少しづつこの地に馴染んでいっておられるようだ。
d0108737_1447444.jpg

大地堂さんのほっとケーキを注文。
デュンケル小麦の全粒粉を使ってはるのやろ。
d0108737_14471213.jpg

ゆっくり本を読みたくなる、すぐに馴染む静かなカフェだわ。
ちょっとクセのある本が、オーナーの個性を現す。
d0108737_14472460.jpg

嫁が探してきた本がこれ。

嫁さん、もう完全なネコ依存症になってしまっとるんですわ。
スマホでいつもネコの写真を探して見とるし。
ネコのかわいさ、恐るべしやね・・・・・・
d0108737_14473414.jpg

深みのある味わいで、美味!
写真にはないが、コーヒーもかなりいい。
d0108737_14474958.jpg


店名:らっこや
住所:蒲生郡日野町大字大窪674
電話:090-8457-8848
休日:らっこやさんのブログで確認を!
d0108737_1447582.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-03-02 15:22 | カフェ
2016年 02月 25日
「嘉原」さん (滋賀県草津市)
昔に勤めていた会社の旧友に誘われて、南草津(南草津駅前)へ。
「美味しい、行きつけのお店やし」と、その呑み助が選んだお店は“嘉原”さん。
調べると、珍しいことに食べログに載っていない。
開店されて浅いからか。
d0108737_1511029.jpg

料理人さんとの垣根の低い割烹料理店さんやわ。
全てのネタ・調理を見て楽しみながら、出てくるのを待つ。

付け出しはアワビの酒蒸し。
ええ?味わ?って。
美味いにきまっとるがな~ハハハ。
d0108737_151199.jpg

イカはマイカかケンサキかな?
それが一番美味かった。
寝かせて甘みを出しているそうだ。
後はマダイとクロマグロ。
d0108737_15111759.jpg

煮ダコ。
といっても想像しているすし屋の煮ダコとは違う。
d0108737_15112524.jpg

ヒラメの昆布〆。
ヒラメの美味しい季節もあと少しだな~~
d0108737_15113212.jpg

これが、この日一番の大ヒット!
しゃきしゃきトリガイ。
いったい、今まで食べとったやつは、なんだったんだろう。
というほど美味かった。
d0108737_15114135.jpg

煮アナゴ。
この類に外れなしやわな~~美味い。
d0108737_15115261.jpg

煮牡蠣。
まさにこの季節の牡蠣らしく大きくプリップリだわ。
そやけど、牡蠣の美味いのはいっぱい食べられるから、驚きはないかな。
d0108737_15115936.jpg

フグの白子。
そらあ~~た、美味いの間違いないわな~~
ああああ~~永遠に食い終わらないでくれ~~と祈りたくなる。
d0108737_15122499.jpg

白魚の天ぷら。
春ですな~~
d0108737_15123411.jpg

サワラのタタキ。
ちゃんと藁で炙ってだしてくれはります。
一番いい部位を選んでいただいた!
d0108737_1512427.jpg

焼きシイタケと白ネギ。

とにかく、ストップというまで出してくれはります。
「どこまで、食べはるねやろ・・・・」と大将と旧友。
今、腹7分目やし、もうちょっとだけ食べるわ。
d0108737_15125022.jpg

ねこんぶ。

大将は、元ホテルの料理人。ちょうど1年前くらいに独立して、この店を開かれたとか。
「実家は魚屋で、継ごうかとも最初は考えていたんです」とのこと。
魚ばかり食べてますが、牛肉ステーキも独特の火の通し方で、うならせること間違いなしとか。
d0108737_15125760.jpg

そろそろ、ラストにしようかで、出していただいたウナギの白焼き。

目の前に炭火があって、そこでいろんなものに火を通して出してくださる。
それも、こちらの特徴かな。
d0108737_1513556.jpg

〆に煮物サラダ。
野菜の煮物が入っているんんやけど、なかなか美味い。

これで、飲み代込みで2人で3万円ジャスト。
そこそこの値段やけど、品質を考えると、納得かな。
d0108737_15131413.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-02-25 15:44 | 和食
2016年 02月 11日
「カフェ・ド・ココ」さん 「薪火石窯パン工房アウビング」さん (滋賀県東近江市)
もうスタッドレスは、はずしてもいいのかな~~と思案させてくれる快晴でしたな。
気持ちがいい。
d0108737_2116811.jpg

東近江市にある、南欧の服や雑貨を売っておられるルトンセランさん
その裏手に、カフェがあるみたいなのだわ。
d0108737_2116309.jpg

普通の家ですやん・・・・
靴を脱いでスリッパに履き替える。
d0108737_21165289.jpg

一階はこんな感じ。
正体不明の男性が、「2階がゆっくりできますから」と誘導いただき、2階へ。
d0108737_21175554.jpg

ここ、寝室やったな。
貸し切りでゆっくりできるが、話の続かない夫婦がここに封印されたら、拷問やろな~~
d0108737_2118577.jpg

ガレット登場!!!!
んんん???ナイフ・フォークがないがな。
ご案内いただいた男性、コーヒーも忘れたりと、いろいろ間違えはるので、ご注意を。
d0108737_21181330.jpg

オレンジのクレープ。
クレープは美味いのだが、今度はコーヒーが出てこない・・・・。

ご案内いただいた方が男性なら、いろいろ間違えはるので、復唱して伝えてくださいな。
d0108737_21182734.jpg

************************************************
帰り、久しぶりにアウビングさんへ。
時間が遅いので、残り少しだった。
d0108737_21183930.jpg

この写真は味噌やけど、オレンジのカンパーニュが残ってて、それを持ち帰り。
旨いんだわ~~~
d0108737_21184780.jpg

で、こえも持ち帰り。
キンピラに入れたら結構旨いんやわ。
d0108737_2118545.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-02-11 21:53 | カフェ
2016年 02月 03日
「肉食堂、最後にカツ!」さん (滋賀県大津市)
ずいぶん大きくなった、我が家のにゃん(7ヶ月)。(安直ではあるが、いろいろあって“にゃん”が名前なのである)
イヌ派の私も、不思議な魅力にひきつけられ、毎日ネコグッズをネットで探すありさま。
今日、家に届いたのは、「水洗トイレでしつけ練習キット」3,670円
つまり、人間様の水洗トイレでウ〇コさせることができる、すばらしい商品である。

「それはそれで、ドア開けとかなあかんし大変やで・・・」との嫁の意見で、われに返った私。
それもそやな・・・・・
トイレ行くからドア開けよ!と要求しよって、誰がこたつから出て開けに行くかでもめるわな・・・・・
さらに、ドア開けたら帰ってくるまで待たなあかんし・・・・
「猫が自分でドアを開けるしつけ練習キット」ちゅうのを探さなあかんということか・・・ないなそれ。
申し訳ないがamazonさんに返品するか。
d0108737_14533254.jpg

芸もしないし、来い!といっても来ないし、愛想がまるでないのに、惹かれる。
いや癒されるが正解かも。
さらに、我が家の“にゃん”が一番可愛く思うの、これネコ派になりつつあるってことか?
d0108737_14534012.jpg

で、こちらは肉派の話。
以前、訪問した大津市の島ノ関にある「最後にカツ」さんの関係のお店。
こちらは、かなり牛肉寄りでもある。
d0108737_14535043.jpg

お店の場所が分かりにくい。
大津駅からすぐの、飲み屋街にある。
隣はおふくろの味「ぺし」さんで、その奥が「利ゃん」
想像だが、この肉という看板には「たえこ」とか「はなちゃん」とかが書かれていたのだろう。
d0108737_14535984.jpg

何!俺のカレー黒500円。
心惹かれる・・・・・・・
が、この日は牛肉と決めてある!
初志貫徹。
d0108737_1454951.jpg

狙いはステーキ丼1200円。

店内は男ばかり。
前来た時も狭い店内スーツ姿のオッサンのすし詰め状態。
さすが肉食堂!!!
d0108737_1454418.jpg

で、これがステーキ丼。
ミディアムレア状態で出される。
ちょっと牛肉食いたいな~~ちゅう日が、男には必ずあんねんわ!
何かの勝負が控えている時、ちょっとした仕事の達成感があった日、家でしばらく牛肉が出ない寂しい時(ステーキ出せと言えない現実・・)、等々。
そんな日は、是非この丼を!
d0108737_14552079.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-02-03 15:25 | 洋食
2016年 01月 20日
おすしとおはぎの「駅長さん」  (滋賀県大津市)
SMAPのネタばかりの今日この頃!
特に生会見?を見て、私もいろいろ考えてしまう。
今日あたり、ちょっと飽きてきたかな?(←飽きっぽい日本人らしい日本人)

今週の日曜日は、所要で湖西の比良へ。
このあたりの風景、やっぱりええですな~
d0108737_1349493.jpg

湖西線の比良駅前にある「ほっとすてーしょん比良」さん、ここの定食美味いでっせ~~
春先には、裏の田んぼで菜の花に囲まれ、比良山を眺めながら食べることができる。
比良山麓の別荘地の中には、ええお店が山盛りある
d0108737_13491467.jpg

いや~~なんですのん!
このような、お店が残ってくれているのが嬉しい!
比良山の登山帰りにここでいっぷくするのだろう。
d0108737_14114941.jpg

目的のお店は、この「おはぎ」ではなく「駅長さん」
"おはぎ”が店名かと思いましたやん。
d0108737_13493012.jpg

ちゃんと店名は、窓に張ってある。
お店、というよりキオスクのような雰囲気。
営業を始められて10年ほどらしい。
d0108737_14173249.jpg

「今日はええ鯖が入っているし、少しまってもろたら握ります」とのことでお願いした、鯖の寿司。
一パック500円と消費税だったと思う。
d0108737_13495370.jpg

「写真撮っていいですか」というと、Vサインを出されるのでカメラを向けると、やっぱり恥ずかしいって。
いや、ぼたもちの写真を撮ろうとしただけやのに、おちゃめです。
駅長さんの由来を聞くと「あかんねん、私おしゃべりやろ~~話が長なるし、これ見て」とそのことが書かれた地域の新聞を頂いた。
あくまで、想像ですが、本当は話したかったのではと思う。
「時間あるし、ええで~」と一言応えれば、ダムの放水のごとく30分くらい聞けたのでは。
残念、息子のサッカーの送迎の時間があるゆえ、聞けない・・・・・・
d0108737_1350342.jpg

さて、ぼたもちだが、さすが注文してから作るというこだわりがあるだけに、美味い!
餡も美味いが、もちが美味いし、混ぜ物なしだ。
次の日にはカチカチに硬くなる本物やわ。
d0108737_13501223.jpg

鯖寿司は、田舎の寿司らしく酢飯が普通の2倍はあり、おにぎりのような雰囲気だが美味い。

で、この日の晩飯は鯖寿司とたこ焼き。
別段、意味はない。
炭水化物に炭水化物を組み合わせる、大阪の嫁のなせる技。
d0108737_13545427.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-01-20 14:36 | 和菓子
2016年 01月 01日
おめでとうございます!
あけまして、おめでとうございます!
何がうれしいって、仕事から解放されたことかな。
正月休みはええわ~~~

とはいえ、12月31日は朝の8:30から行列に並ぶ!
何の行列か、分かれば甲賀市検定合格やな。
d0108737_1253546.jpg

朝から並ばんでも買えるねけど、塊で欲しいから並ぶのだわ。
頼まれものも含め5キロほど購入予定。
d0108737_12531176.jpg

はい、水口町にある肉の山村さんである。
無事、イチボの塊も買えてご機嫌であった!
d0108737_12531725.jpg

帰ってきたら届いてた牡蠣。
d0108737_12532481.jpg

今年は、年末もokの広島の匠の牡蠣。(←別段、お勧めというわけではないので、ご注意を)
70個ファミリーパック5980円、送料込。

なんか、小さいな・・・・・・Mサイズて書いてたけどSやわ。
けど、ノープレブロム、牡蠣は小さくても旨いから!
d0108737_12533011.jpg

牡蠣は蒸しで。
焼くと殻が割れてその欠片が気になるから蒸すのが一番!
d0108737_12533724.jpg

すき焼きの前菜が、この牡蠣。
d0108737_12534531.jpg

だがだが、おおお~~まい・が~~~~~~~
中身小さい!
小さすぎやろ~~~
d0108737_12535162.jpg

と騒いでたら、こんな身入りの当たりがあった!

そう、これは牡蠣の問題ではなく、蒸し方の問題だった。
水を入れすぎて、下に入っていた牡蠣が湯だってしまったようだ。
蒸す場合は、水の量にご注意を!

それにしても、ぷりっぷっりで、めっちゃ旨い!
去年一年、旨いもんいっぱい食ったな~~
今年も食うぞ~~~~~
d0108737_12535710.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-01-01 13:19 | その他
2015年 12月 25日
ああ~~香ばしい!「楽豚」さんの豚丼 (三重県伊賀市)長寿寺(湖南市)
先日、高校の同窓会があり、そのとき湖南寺在住の友より「われわれが必至で守りしている歴史ある寺があるから来るべし!」との誘いがあった。

本当だな!
近くに、こんな歴史、味わいのある寺(湖南市・長寿寺)があるなんて!
d0108737_23422089.jpg

のおおおお~~~
えええわ~~~
味あるわ~~~
d0108737_23422843.jpg

歴史を感じる木部の風化が何ともたまらない。
中は、地元の方が拝みにこられるんだろう、ぺちゃんこの座布団がのった椅子が並んでいた。
地域と密接なつながりを感じることに、言葉にできない良さを感じる。
d0108737_23514499.jpg

いい寺に出会うと、気分よく昼飯が食える。
今日は、少し遠いが伊賀市の楽豚さんへ。
移転してからは初めてだ。
d0108737_2343356.jpg

嫁は豚丼並。
d0108737_23431181.jpg

私は、もうちょっと欲張りたいからな~~とミックス丼特盛。
d0108737_23431898.jpg

ちょっと遅く、1時を過ぎたからかガラガラである。
d0108737_23432572.jpg

運んでこられた瞬間から、もう旨い!
そう、炭火焼きの香ばしさがこぼれおちるほどだ。
d0108737_23433393.jpg

私のは、炭火焼き豚、と豚トロ。
豚トロ、ハシでほぐれてとろけるがな~~
炭火焼き豚も香ばしくって旨い!
d0108737_23434011.jpg

さらに、うれしいことが!
中からも豚が出てきよった!

体験したことがない方は、是非一度食べてみて。
普通の豚丼でいいから。
d0108737_23434762.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-12-25 00:43 | その他