タグ:滋賀県 ( 393 ) タグの人気記事

2007年 03月 29日
粋な蕎麦屋!そば吉  滋賀県犬上郡多賀町

滋賀県は完全に麺後進国である、それはうどん、ラーメン、そして蕎麦、全てにおいて他県から後れをとっている。食文化的な問題だと思われるが、県民の大半は本物に出会う機会が極めて少ない。わたしも、社会人になって初めて本物の蕎麦を食べた、それまではスーパーに売っているビニールに入ったものが本物と思っていたのでショッキングであった。

「そば吉」は比較的新しくできたのだが、本物を安く提供してくれる滋賀にとっては貴重な店である。
d0108737_224475.jpg


前の会社で営業をしているときはここで昼をよく食べた。これが私の定番で細打ち(普通の太さ)。いつもは、これの大と稲荷を頼み、最後に蕎麦湯でしめる。
d0108737_2245631.jpg


こちらが太打ち、私の好みでは細打ちだが飽きたときにこちらを食べる。
d0108737_2265178.jpg


これが、日替わりの四色もり、今日はゆず、茶、細、太であった。
d0108737_227179.jpg


最近はうわさも広がり今日も行列が出来ていた、このもりで600円は安いよね!
四色もりなんか、量がすごいよ!けど、うまいからベロといけてします。
d0108737_2274196.jpg


何よりつゆが口に合う、長野や関東で有名店に行っても美味しいと感じたことが無い、つゆが関西の味と違うのである。もちろん本場は関東なので大きな声では言えないが、うどんを含めその味覚だけは変えられないのである。

七味はこの店で配合している、香りがいい。このあたりがさりげなく、にくいね~~。
d0108737_228586.jpg


「蕎麦は高価なもの」と皆の意識も変わってきたが、本来は大衆のものであったのではと考える。そう言ういみでは、変な講釈もたれないで、三角巾をした普通のおばちゃんが普通に持ってくる極上の蕎麦は「粋(いき)」と言えるのではないかな。
d0108737_2282771.jpg


d0108737_2284154.jpg
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-03-29 03:42 | 和食 | Comments(4)
2007年 03月 25日
ロールケーキ? 三中井のオリンピア  滋賀県彦根市


彦根城の近くにある「彦根キャッスル・ロード」に目当てのお店はある。
休日だとこんな人通り、売り切れで無ければいいが、心配だ!
d0108737_23394892.jpg


洋菓子の「三中井」
満州で三中井百貨店という店を多数経営、それで財をきずかれたらしいのですが、戦争終結とともに裸一貫でこの地にて洋菓子屋を始められたそうです。
d0108737_2341839.jpg


彦根では「たねや」に行かれる方が多いのかな、美味しいとは思うのですが、私は少数派の「三中井」が大好きです。
d0108737_2343855.jpg


な~~~い~~~~売り切れか、「オリンピア!」
「一本だけ、ありますよ」と奥から大おばあさん(88歳)が出してきてくれました、ラッキ~~~

このショーケースを見たら、都市部の洗練された洋菓子屋を見慣れている方は、海老のようにしゅる~しゅる~~~と逃げられると思います。何の期待も持てないと思われるのでしょうね、それが違うのです。
d0108737_23432326.jpg


これが、「オリンピア」です。
ロールケーキの大半がスポンジケーキ系ですが、これはちょっと個性的。正直この手のものをまだ他の店で見たことがありません、完全オリジナル(おそらく)だと思いますが、見たことある方は書き込みをお願いいたします。
d0108737_23444080.jpg


後ろは、これです。高級ケーキ店では許されませんよね!しか~し、この後ろが一番美味しいのです(私だけか?)、それに、手作り感が嬉しい!この生地はクレープのような玉子焼きのような、シュー生地のような・・・・・・・・・・・・とにかく美味しいのです。
d0108737_23463845.jpg


だれのが大きい、小さい、と言いながら家族で切り分けて食べる、我が家では「アンリ・シャンパンティエ」のケーキより人気があります。洗練されてないが、地元に愛されている、いいケーキだと思います。次に彦根に来られたら「たねや」だけではなく、「三中井」ものぞいてください、大おばあさんが元気なうちに。
d0108737_23464429.jpg


だまされたと思ってイチゴショートも買ってみてください、スポンジケーキに新鮮味を感じまよ!あくまでだまされたと思ってトライ。
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-03-25 01:08 | 洋菓子 | Comments(9)
2007年 03月 22日
湯葉製造司 「大半」 創業100年 滋賀県彦根市

彦根城築城400年祭、行ってきました。
とにかく祝日でもあり、人、人、人・・・・・・・・・。
彦根城は焼失していないため、そのまま保存されている数少ない城である。見ごたえがあるのだが、行列にしたがってぞろぞろ見学するのでは味気ない。
すぐ脱出だ!!!(本当は目当てのお店に行きたかっただけ!)
d0108737_018445.jpg

ここまでくれば、静かだわ!観光客もいない。

ここが、湯葉の「大半」

湯葉といえば京都を連想されると思うが、ここはそれを上回る!
表に積まれたマキが物語っている!
d0108737_23372998.jpg


暖簾をくぐると、あらびっくり!仕事場である。

ここはご夫婦で営んでおられます。

そのご夫婦とも人柄がすばらしい、つれて来た2人の息子に湯葉とは何か、どうして出来るかを丁寧に教えていただけるのです。笑顔が本物でした、いいものが出来るはずや!
d0108737_2338217.jpg


昔、ご夫婦が知人より京都においしい湯葉屋さんがあると聞き、食べにいかれたらしいのです、その時「え!これがおいしいの?」「親父が作っている湯葉のほうがおいしいやん」と言うことになり、初めて両親と家業のすばらしさに気がつかれたそうです。それがきっかけで現在があるらしいのです。(これは雑誌に書いていたこと)
d0108737_23393030.jpg


歴史は古いのですか?とお聞きしたとき、ご主人の目がキラリ(職人の目になった!)
明治の中ごろ創業し昔の製法を守りとおしているとのことです
豆乳を作るのにマキを使い、豆乳から湯葉を作るのに炭を使われています。
「京都では、大半が湯せん(直火より温度管理しやすく効率的)となったけど、ここは京都と距離があるさかい取り残されてるんですゎ、それがかえってよかったんや!」
d0108737_23394954.jpg



息子たちは興味津々で前に出てくる、すると私の撮影の邪魔になる。「下がりなさい、お仕事の邪魔になるやろ!」と私が前にでる、ちょっとするとまた画面に息子が・・・・・・・・・堂々巡りであった(子供のような親である)。
d0108737_2340447.jpg


あ~帰りたくない、ずっと見ていた~い、鍋に入りた~い(ウソ!)気持ちだが、嫁の鋭い目線が背中に突き刺さる。振り返ると「そろそろ、迷惑やで!」と嫁の顔にサインが出ている。
男3人(息子含め)「ありがとうございました」といいながら、後ろ髪引かれる思いでお店を後にするのであった。
d0108737_1324781.jpg


これが、生湯葉。「最初に上げる上質な物だけ生湯葉にできます」とのこと、この日のラスイチであった。

レモン醤油でいただく。口の中に豆の濃厚で上品な味がポワ~~んと広がる。これは、おすましに入れても、何に入れても堂々と主役をはれる!豆製品は脇役が多いのだがこれは違う!

私はお酒が飲めない、それはこの手の物を食するときに残念でならない、それ以外で合う飲み物が存在しないからである、神様って非常やね!
d0108737_2349029.jpg


これ、おから50円です。まだ食べてませんが、これも絶対の自信があるようです。
行かれたら、必ず買うことにしてください。
d0108737_23492529.jpg


今日は講釈が長くて申し訳ありません。
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-03-22 02:04 | 老舗 | Comments(4)
2007年 03月 14日
天天有(てんてんゆ) ラーメン 今日の昼こはん (湖南市石部町)

京都市一乗寺にある、有名ラーメン店のフランチャイズ(だと思う)。
20年前、京都で仕事しているころ,よく食べに行った(若かりしころ)。
d0108737_0171865.jpg


そのころは、まだ本店しかなく、夫婦で細々と営業されておられました。
結構人気があり、いつもいっぱいだったように記憶している。いろいろ思い出がある店だ!

多店舗化すると、評価はお約束のように下がりますが、私はこの味好きである。
細めんで、とろーりスープ。見た目と違い思い切りあっさりしている。
ただし、今日の味は????いつもと違うなぜ?麺固めやったのに、やわらかい。
次回にきたいやね。
d0108737_0172757.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2007-03-14 00:34 | 中華 | Comments(0)
2007年 03月 13日
量り売りのあられ 藤あられ本舗 (滋賀県蒲生郡日野町)

田園風景にこの建物、沖縄なら結構ありそうだが、滋賀では浮いている。
勇気や好奇心の強い人か、知人から聞いた人しか入っていけない。
d0108737_1533387.jpg


私も、初めて入るときは少し勇気いりました、中では本当にあられが売ってているのかと。
d0108737_153463.jpg


ここは工房直販、しかも昔なつかしい量り売り(といっても、私はあまり経験無し)である、好みの種類を好きな分量だけ注文して、おばちゃんに入れてもらう。こう見えても結構売れている、知る人ぞ知るお店である。
d0108737_154199.jpg


今日は何にしようかなと、いつも悩む。種類多すぎ、だがはずれは無い、どれも激ウマである。この手のものは新潟を代表するように、田舎の米どころ(近江米)が得意とするものです。
d0108737_1541125.jpg


手前がキムチ、真中がコーン、奥がえびである。子供はコーン、私はえびが好みであった。
ガリガリと入れはるから、割れまくりだがそんなの気にしてはいけないない、口に入れたらどうせ割れるのである。
d0108737_1542572.jpg


最近、甘いものが多かったのでたまには塩味物でいきました。
d0108737_1543893.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2007-03-13 02:33 | こだわり | Comments(0)
2007年 03月 12日
ういろ餅 和た与 創業文久3年(1863年)  (滋賀県近江八幡市)

「和た与」のういろ餅

私がこれに出会ったのが10年ほど前でした、今日、久しぶりに食べましたが変わらず、うまいです!
140年続く老舗でありますが、この味を守るのに壮絶なドラマがあったのです。
d0108737_22133588.jpg


和た与(わたよ)の看板、5年前に新しくされました。それには事情があります、漏電による火災で店舗を焼失されたのです。同時に奥さんと子供さん(3人)もお亡くなりになりました。
d0108737_2214046.jpg


今の店舗がこれです。

ご主人はショックで味覚、臭覚をうばわれ、後を追うことも考えたそうです・・・・・・
そんな中、早々にお父さんはお店を再建しようと、焼け跡から使える什器を運び出したそうです、毎日、毎日。最初は「大事な家族が死んだのに」と考えていたらしいのですが、老いた体で黙々と働く姿を見ていて「のれんをたたんだらあかん!」という気持ちが湧いてきたそうです。
d0108737_22141853.jpg


ういろ餅です

そのときの心境をこう語っておられたそうです
「父にしても大切な嫁やかわいい孫、将来の跡取りを失ったショックは相当なものに違いない。その悲しみと一生懸命に闘いながら、黙々と老いた体を動かしている。そう思い直して眺めた父の後ろ姿からは、どうか息子の私に立ち直ってもらいたい、という親心がひしひしと伝わってきて、私の目頭は思わず熱くなるのでした」
d0108737_22143780.jpg


白と抹茶の混合を買いました(500円)

その後、店主の応援団が次々とあわられ、何より、「和た与」のういろ餅の絶大なファン(私もそうです!)が再開を願い、それが励ましにもなったようです。そして、1年後やっとの思いで再開されました。(いの一番に買いに走った事を思い出します)
d0108737_22151433.jpg

d0108737_2215248.jpg


ういろ餅は米粉からできています。その米粉からいかに甘味、旨みを引き出すかが勝負です、それが熟練した伝統技法によるものです。砂糖はほんの少しで主張していません。
d0108737_22154526.jpg


昔のまま、いやそれ以上です。安心した。
このういろ餅は我が家では大人気で壮絶なバトルとなります  お~い、のこしといてくれよ~お父さんの分。
d0108737_22155869.jpg


店主のブログを見ていると、どうやら再婚されたようですね、当時まだ30代で若かったからね。
着実に新しい人生を、新しい道を歩んでおられるようです。それが、このういろ餅にでていると思います。

おまけ写真。近江商人屋敷街です、お店から歩いて1分とところにあります。
d0108737_22161685.jpg


参考HP  http://www.watayo.com/
       http://blog.mag2.com/m/log/0000145862/107500552.html

この内容は、当時の新聞やNHKの特集で覚えている内容や、「致知」2006年8月号からの情報を元に書いています。
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-03-12 00:11 | 老舗 | Comments(9)
2007年 03月 04日
信楽焼き 藤本秀さんの穴窯見学 最終 甲賀市信楽町
これが穴窯(あながま)です。お銚子をねかせてケツに穴をあけたような形です。大きさ的にはキャンプ用大型テント2個分位かな。藤本さんの手作りらしいです、何度も改はされているようです。
d0108737_204037100.jpg


これが、内部です。壁の厚みがあるため想像以上に狭い、作品は大小あわせて300個しか入りません。重要なのは置く位置らしいのです、手前は温度も高く灰も多く積もる、奥はその逆となります。全ては過去の経験に基づいて完成のイメージを描きながら配置していくのである。
d0108737_2041746.jpg


藤本秀さんです。野焼きから始められ、独学で信楽焼きの伝統技法である穴窯の焼き締めにこだわり、追い求めておられます。

一度に使うマキは写真の束の200個分です。5日間燃やし続け、5日間冷ます、完成出来る作品も少量とくる、効率の悪さは天下一品である。
d0108737_20413842.jpg


炎の神にお祈りをする。最後の担い手は神の炎。
d0108737_20421036.jpg


作品のひとつ。
d0108737_20424459.jpg


このグリーン色のガラス質のものがビードロとよばれている。マキで焼付け、粘土内から溶け出したガラス質と降り積もった灰が反応して出来上がる。還元(酸欠)状態にすることにより、見事なエメラルドグリーンに変貌する。
d0108737_2043257.jpg


この作品は、奥の方でできあがったのではないかな、料理人の創作意欲を刺激するだろうな。
(あくまで、私の推測です)
d0108737_20432986.jpg


これは、入り口に近いところで大半を灰の下に埋まっていた、俗に言う「灰かぶり」とよびます。
d0108737_20434831.jpg


3月末には次の展示会用のために、窯に火が入る。そのための準備で今は忙しい状況です、それにもかかわらず見学させていただきありがとうございます。
d0108737_20441849.jpg


最後にマキの写真、やはりきれいだ!次は火が入っている窯を見てみたいな。
d0108737_20444498.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2007-03-04 21:56 | 職人 | Comments(0)
2007年 03月 03日
信楽焼き、藤本秀さんの穴窯見学その2 甲賀市信楽町
藤本さんの窯は信楽(雲井)の山中にあり行くまでが一苦労。

まず、こんな川が行く手を阻んでくれます、当然橋など存在しません、跳ぶしかないのです。私はいまだに靴をぬらさず渡れたためしがありません。
橋をかけてくれ~~~~

大雨の日は多分だれも渡れまい。

d0108737_022888.jpg


濡れた靴で数分歩き、車などの機械音が消え、自然だけの音に切り替わったとき、このような門が出迎えてくれます。数奇屋造り?の味がある門である。ここまできたら一安心、道中クマとか出そうで怖いのだ。

d0108737_025220.jpg


この建物は、展示室であり、作業場であり、生活空間でもある。

d0108737_033562.jpg


中はこんな感じ。

d0108737_0381120.jpg


これがすごい、五右衛門風呂である。昔、おじいちゃんの家がこの手の風呂で、とにかく怖いのなんのって、それが原因で風呂嫌いになったのである。(それでも、一日一回は入っているからね!)

d0108737_0382412.jpg


ここが、工房兼窯である。自然林に囲まれて最高の環境です。
(軽自動車だけ実は入れるのです)

d0108737_0393522.jpg


工房の中はこんな感じです。もうすぐ鶯が渡って来るそうです、そして新緑と季節の移ろいを見ながら自然の音に囲まれて、焼物の原型が生み出されるのです。

d0108737_04018.jpg


お手伝いいただいている方です(お弟子さんというのかな)。大学卒業後、一度は会社に就職されたのですが、焼物が好きで、退職してこの世界に入られました。

頑張れ将来の巨匠。

d0108737_041516.jpg


先ほどの工房で作成されたものを乾燥させています。私には単なる粘土細工にしか見えませんが、粘土の配合など数え切れない失敗から学んだ、計算された技が仕込まれているのである。

d0108737_0414048.jpg


出来上がりがこれだ。釉薬を使わず、炎を操り粘土の中より景色(模様)を引き出す、本当にすばらしいの一言である。写真が下手で、伝えきれないのが悔し。

とにかく、だまされたと思って一度使ってほしい。その時、焼き締めのすごさが分かります。

d0108737_042178.jpg


続きは明日にします、いよいよ穴釜と先生の登場ですよ!


(うんちくたれていますが、本当は私もよく理解していません、間違った表現などありましたらお許しください。)
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-03-03 02:03 | 職人 | Comments(0)
2007年 03月 02日
信楽焼き、藤本秀さんの穴窯見学その1 甲賀市信楽町
どの家にも一番お気に入りの器がありますよね、頑張って作った料理をのせたくなる器。我が家ではこのお皿がそれである。8年前に藤本秀さんの工房(信楽の窯)で購入した焼締めの皿である。

その当時は、まだ信楽焼きの土っぽいところに魅力を感じなかった。たまたま、お向かいの藤本さんが信楽に窯をお持ちであると聞き、遊びに寄せていただいた時、購入したのがこのお皿である。失礼な話だが「信楽焼きも有ってもってもいいかな」てな感じででした。

それが、使い始めると不思議な輝きをはなつのです、しかも使い込むほどに。
私の写真では表現できないのですが、金のベールをまっとったように光り、色調、模様が自然そのものなのです。使い込み、時間の経過とともに良さを出してくる、本物の証である。

d0108737_0213014.jpg


お皿の裏側もなんとも言えない良さがあるのです。これを作るには、小さな窯(穴窯という)で赤松のマキを5日間、夜通したきつける必要があるのです。炎と時間がこの模様(景色というらしい)を作り出すのです、まったく釉薬なしで。

今日は、このお皿を8年前に世に生み出した藤井さんの窯に遊びに行きます。
続きは、また明日。(もう、眠いのである、無念!)


d0108737_0214866.jpg


工房の門横にあるつぼ、自然と同化している。

d0108737_0221078.jpg


次に焼かれるのを待っているマキ、全て赤松(間違っていたらゴメン)

d0108737_0224310.jpg


信楽は何故か自然に笹ばかり生えるのである、理由は分からない(誰か教えて)

d0108737_0271235.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2007-03-02 01:15 | 職人 | Comments(0)
2007年 02月 27日
「くのいち本舗」 黒いお餅の入ったぜんざいセット300えん 滋賀県甲賀市甲南町
古い空き家を借りてケーキを出しているお店があると、噂を聞いての参上である。
何度も前を通っているがまったく気がつかなかった、ごく普通の田舎の家である。
お店の名前が「くのいち本舗」そらわからんわな。

近くに甲賀流忍者屋敷があり、この名前(安直)、ちょっと、ちょっとちょっと!!

d0108737_0151282.jpg


何を食べようかとお品書きを見てびっくり、[ぜんざいのセットが300円]安すぎて怖い。こういった場合、嫁にぜんざいセットを押し付け、私は高い方のシフォンケーキセット600円にする。
つまり、大きい葛篭(つづら)を選ぶのである。
d0108737_01542100.jpg


え~~~~~~~~~~~~~これで300円。
しかも、黒影(古代米)100%のおこわが付いてるやん。うそ~(ちゃんと、お品書きに書いてるやん!)
d0108737_0155925.jpg


しかも、ぜんざいに入っているお餅も黒影(古代米)でんがな。(それも、書いてあるちゅうねん!)
お情けで一口だけもらったが、こしのあるお餅に仕上がっている(餅にはうるさいのである)。ぜんざいも田舎作り(上品でない)で好みの味である。
d0108737_0161264.jpg

お口直しも気に入った、日野菜漬け(滋賀名産のお漬物)のドライフルーツ?みたいなやつ。
正直説明しにくいが、食べたことの無い味、食感。
d0108737_0164714.jpg


私のシフォンケーキもまあまあだが、黒米を入れる必要があるのだろうか・・・・・・・・・

完敗である、ぜんざのセットの圧勝であった。そう、私は注文が分かれたとき、相手よりうまいかどうかに、ものすごくこだわる、ケツの穴の小さな男である。(私だけではないと思うが・・・・)

そして、欲の深い私は、大きな葛篭(つづら)を選んではいつも後悔している。

d0108737_017948.jpg


友達の家に来ているような感覚である。

ここは地元の女性が数名で有限会社を設立し、運営されているようであう。
もうけることより、村おこし的な感覚をである。

d0108737_0172751.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2007-02-27 02:09 | その他 | Comments(2)