タグ:滋賀県 ( 410 ) タグの人気記事

2007年 05月 25日
有機米銀シャリはいかが!「田舎の親戚 香想庵」by池田牧場(ジェラートもあるよ!) 滋賀県東近江市
昨日は嫁と永源寺(滋賀 東近江市)へランチに行った
目的のお店がつぶれていたの「田舎の親戚 香想庵」に急遽変更。

え~~~セミが鳴いてる!本物か?ちょっと早くないかい。

井戸水、スイカ、トマト、ラムネ、青いホース、蚊取り線香、線香花火、とうもろこし、夏休み・・・・・・・なんか、連想されていく・・・・・・・・

d0108737_23542720.jpg
d0108737_23545146.jpg
外観、ロケーションともに名前そのもの「田舎の親戚」ドンピシャリ!


ここは、ジェラートで有名な池田牧場の経営。ん~~~大丈夫かな~観光客がターゲットやしな~と心配が付きまとう(正直、あまり期待していませんでした)。



d0108737_23551812.jpg
d0108737_23553314.jpg


あら~~この景色はすごいゎ~~~
山、川見慣れている私が、びっくらこくんだから本当!
d0108737_065143.jpg

お~~~お~~~旨いやん、ご飯!
それもそのはず、無農薬、有機米をおくどさんでたいてるらしい、しかもお代わり自由。

今日のハイライトはこれなんや!滋賀が誇れるもので大切なものを主役にしてくれていることが嬉しいし、これは簡単にまねできないよ多分。
d0108737_071290.jpg

ここに書いている「こだわりの有機米 永源寺和南が産地。土からとことんこだわる坪倉さんの無農薬、有機米を毎日かまどで炊いています」
d0108737_072966.jpg

そして、自家製お漬物。
近くのお母さんたちが、漬けた田舎の味やね!これとご飯と味噌汁でも十分!
d0108737_074610.jpg

これが田舎定食950円
最低、ご飯3杯は皆お代わりしようね!ノルマですよ~~~。
d0108737_075517.jpg

隣には、ジェラート屋さん。外観撮るの忘れてた~~~~こちらはログハウス風で左隣に建っている。
当然別腹ですがな~~2個下さいな。
d0108737_084025.jpg

d0108737_13749.jpg
古代米でいきましょう(人の注文しないものをたのむのである)

昔は、本当に牧場の横にあって鼻をつまみながら列に並んで買って食べてたこともあったな~
4年前にここに移転したらしい!

最近は百貨店にも置いてるみたいですね!


そやけど、この景色見ながらセミの声を聞いて食べると格別やね~
自然の音しかしない。
隣では、山菜採りしている人もいる、のどかやな~~~~。
d0108737_133267.jpg

今日は、嫁も私も満足しましたが、これが日曜日で行列になったり待たされたりしたら、かなり印象もちがったと思う。おそらく、平日に来てゆっくり景色を眺めることにプレミアムがある場所ですね!
d0108737_134661.jpg


池田牧場のジェラートの物語?私はこれを読んで少し見方が変わりました。
http://www.bcap.co.jp/shochi/ikiru.rensai/arekara10/arekara.html

↓(滋賀では知らない人がいないほど有名ですが、一応住所などを書いておきます)

定休日:毎水曜日
   1月~3月は水・木が定休日になります。
営業時間:AM11:00~PM3:00
田舎の親戚『香想庵』
  〒527-0213 滋賀県東近江市和南町1572-2
  TEL 0748-27-1111
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-05-25 01:56 | 和食 | Comments(11)
2007年 05月 23日
そば処 藤村  (東近江市長町)
東近江市の外れにある田んぼに囲まれた集落の中に「そば処藤村」はあります。
私が最初に来たのは5年ほど前かな、オープンしたてで接客もぎこちなかったのを覚えている。
今日は久しぶりである(4年ぶり)。

滋賀の蕎麦屋では珍しく、凛とかまえた趣のある建物で緊張と期待を同時に与えてくれます。
d0108737_132190.jpg
d0108737_13373.jpg
こんな、風景の中にあります。
通りからは建物は見えません、この看板を見つけてください。


主人は長野で6年武者修行をされ自宅のある滋賀(東近江市)で開業されました。
長野での最終修行店が有名な「浅田」です。その浅田さんの師匠がかの有名な山梨(長坂)「翁」の高橋邦弘(現在広島の「翁達磨」におられる)さんです。同じ味の蕎麦は存在しないとは思いますが丁寧な仕事はその系譜を感じさせてくれます。
d0108737_134715.jpg

内装はモダンジャパネスクといった感じで、落ち着いている。
d0108737_135580.jpg
d0108737_14834.jpg
小上がりもあります


そら来た!
今日は十割そばと決めていた!
前評判で聞いていた通り、ビックリの喉越しの良さや!やっぱり予想通り旨い~~!
d0108737_142196.jpg
d0108737_144282.jpg
これが石臼、その日打つ分だけ引かはります。

(私は、そば好きではありますが、そば通でも、知識があるわけどもないので「旨い!」としか書けません、申し訳ない)

お品書き
二八そば 800円
十割そば 1000円(15食限定)
おろしそば1000円
そばがき 500円



d0108737_145319.jpg
分かりにくい場所にありますが、苦労してたどり着いた値打ちはありますよ!
お試しあれ!



おまけ写真「近江商人郷土館」です(近くにあります)
けっこう、滋賀のいたるところに、このような商いで財をなした近江商人の豪邸があります。
d0108737_15208.jpg
d0108737_152896.jpg


滋賀県東近江市長町116
TEL:0749-45-0039
営業時間 11:30~16:00(売り切れしだい)
定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日)
駐車場あり
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-05-23 00:44 | 和食 | Comments(6)
2007年 05月 20日
京都、滋賀ではチョー有名 山田牧場へ行ってみる 滋賀県甲賀市信楽町
京都、滋賀では知らない人がいない山田牧場さん
大手牛乳メーカーに地域の牧場が淘汰、再編される中、品質にこだわり独自のブランドを築き上げることに成功したローカル牛乳。100年の歴史がありますが、現在に至るまでは苦悩、挫折の連続であったように思う(hpより)。
d0108737_10451042.jpg

牛乳と卵だけは正直「こだわり」と言われても、あまり違いが分からない私です。
そんな私でも、「これは違う!」と実感した、生クリームを飲んでいるような感じかな。飲んでいるこの場所の開放感も影響しているのかな?
ヨーグルトも食べたけどこちらは?(あくまで私の感覚)

緑と動物たちに囲まれた夢人(無人)販売所。
d0108737_10452971.jpg

牛乳200ml 130円 (立ち飲みは100円)って腰に手をあってってことか?

この日、900mlの空ビンと新しい牛乳を交換して帰られる方が多くおられました。
d0108737_10454875.jpg

d0108737_1047680.jpg
特筆すべきはこの金額にあり。

牛乳
900ml 450円(ビン返却で350円)
200ml 130円(立ち飲み100円)
ヨーグルト
無糖400ml 330円
加藤100ml 100円
バター
100ml 350円
フレッシュチーズ
100ml 330円
生クリーム
200ml 400円

山田牧場の回し者ではないですよ!
宅配価格との差(30~40%OFF)でお得。
配達が無い分を還元してくれている、良心的。


ありがたい、休憩所もある。
ワイルドキッチンで買ってきた石釜パンをこの場所で、山田牧場のバターと牛乳と一緒に食べる、ちょっといいコースの出来あがりかな!
(犬、ネコ、羊などが来ます、そして写真で見るイメージほど掃除が行き届いていないので、綺麗好きな方には・・・・・・・)
d0108737_10471970.jpg

        「ありゃ~~~もたもたしてたら、お客のガキに捕まっちまったぜ~~
         爪たてたら怒られるしな・・・・・・・・・はよ、開放してくれ~~~」
d0108737_104839.jpg

       「あかんて!そんなんしたら、この手が勝手に動くんやから
       疲れるから、やめてくれ~~」
d0108737_10481794.jpg

         「モ~ちょっとで・・・・・とどくん・・・やけど・・・・・・
         何見てるのね~~!手伝ってほしいのよね~~~」
d0108737_10483356.jpg

              「ぼく、迷子やないんやよ!」
d0108737_10484448.jpg

       「これが、おかんやよ!」
d0108737_1048556.jpg

おまけ写真
「鶏鳴の滝」です、山田牧場の近くにあります
d0108737_10491079.jpg
d0108737_10491972.jpg
子供のころは、いたるところで牛を飼っていて、人と密接な関係であった。
牛乳は一升瓶を持っていって、絞りたてをその場で入れてもらうのが当たり前であった。少し青みのおびた一升瓶に7分目まで入った牛乳、絞りたての証である温かさと重さを今でも鮮明に覚えている。
気が付けば、近くから牛もいなくなり、学校給食でも大手のパック牛乳が配られる。
友達の小さな牧場も大手の看板を上げているか、廃業している。少し悲しい。

そのような環境で、山田牧場さん頑張っていると思う!


住所:甲賀郡信楽町神山2077
電話:0748-82-2007
時間:10:00AM~2:00AM(土・日・祝7:00AM~)
定休日:無休(無人販売のため24時間購入可能)
駐車場:あり
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-05-20 14:36 | こだわり | Comments(6)
2007年 05月 17日
青春の味「すやき」 谷野食堂  滋賀県甲賀市水口
暖簾がなければ普通の家のようだが、良き昭和時代を感じさせてくれる食堂である。ここには結構有名な「すやき」という食べ物がある。
d0108737_2233047.jpg


d0108737_22211467.jpg
先日行ったワイルドキッチン(石釜パン)のお店でもらった、一枚の情報誌でこんな広告を見つけてしまった。
普通なら見過ごしてしまいそうな広告?だが、「すやき」経験者なら見過ごさないだろう。


高校生のころ、ここの近くでおばあちゃん一人が切り盛りしていた食堂で良く食べていた。安いのでありがたかった、そして不思議に旨かった思い出がある。その食堂はある日、囲碁教室に改装されてしまった、30年も前の話である。
d0108737_22213759.jpg
d0108737_22215067.jpg


この谷野食堂は来たことはないが、同じルーツをもつ「すやき」なら無性に食べたくなってしまった。


これが、うわさの「すやき」である。
わたしの食べていたすやきは、もやしが無かったからだいぶ上等だ!

素焼きソバ⇒すやき、となったわけである。95%麺で構成された焼きそば、しかも味が薄い塩味だけである。
これは特大3玉使っている、食えるかな・・・・・・
(注、上にもやしがのってるだけで、下は麺がひしめいている)
d0108737_22222427.jpg

出てきた時、蒸しソバを少し焦がせた独得の香ばしさが漂う。

旨い~~~~~~麺の味がストレートに感じられる!
ラードを使っていますね~~~そしてところどころ出てくる、お焦げのカリッがたまらん~~

おそらく具の入っている焼きそばより美味しいよ!ホントに本当!
d0108737_22224055.jpg

d0108737_2223114.jpg
特大370円、当時の金額は忘れたが安い!


d0108737_22231896.jpg
重要なことが一つ!
味付けは自分でするのです。
胡椒とソース、胡椒と塩、醤油など好みとその日の気分で決まります。

本当なら塩コショーでいきたいところだが、今日のテーマは「青春の味」である。
そうなるとソースでしょ~

ラーメン鉢に盛られているのは、混ぜやすいからなんやね!


d0108737_22233229.jpg
じゃ~~ん!

ソース&コショーの出来上がりじゃ~~

しかし、昔食べたのよりはるかに旨い、谷野食堂恐るべし!


d0108737_22234791.jpg
実は、こちら製麺屋さんでもあるのです。麺のことを知り抜いておられるのからこの味が出るのやね!そして、この麺が旨い!


d0108737_2224728.jpg
青春の味ありがとうございました、30年間見向きもしなかった「すやき」でしたが思い出と一緒に味わうことが出来ました。
そして友達元気にしてるかな~



滋賀県甲賀市水口町城内8-12 水口中央公民館前
0748-62-2488
谷野食堂
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-05-17 23:43 | こだわり | Comments(13)
2007年 05月 16日
親玉饅頭 本店VS分店 滋賀県長浜市
全国に親玉饅頭は数々あるようですが、これは滋賀県(長浜市)の親玉饅頭本店。
江戸天保年間創業で150年の歴史があります。

とにかく、ここの親玉饅頭の旨いこと、恐るべし!5個や10個はあっという間に食べてします(私だけかも)。仕事の合間によく買って食べていた思い入れの強い饅頭です。

面白いことに、この長浜市には親玉分店もあり、地元民も本店派と分店派がいます(数的には本店派が主流と見ています)
d0108737_23482168.jpg

本店の親玉饅頭です!
餡が、みずみずしい。そして薄皮で餡を食べるという感覚に近い、それだけに餡をあっさり仕上げています。赤福餅の餡にかなり近いと想像してください、とにかく旨い。
酒饅頭ですがその風味はかなり少ない。
d0108737_23484984.jpg

こちらが親玉饅頭分店、本店との関係は分かりません。
d0108737_2349666.jpg

こちらの餡は普通の硬さ。酒の風味が強くきいていて酒饅頭そのものである。皮が本店と比較して厚めが特徴で、饅頭の皮派(餡子はいらんから皮だけ食べたい人)からは絶大な支持をうけている。
d0108737_0211856.jpg

私は餡が好きで皮はいらん派、完全無欠の甘党なので本店派になるかな、だけどどちらも美味しいのは間違いなし。その日の気分で食べわけるも良しですな!
d0108737_0213143.jpg

d0108737_0214439.jpg
なんか、落ちのない話で終わったかな、たまにはそれもいいか!

私の元職場の人、見てたら笑ってるやろな~
出た~~~って。
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-05-16 00:35 | 和菓子 | Comments(6)
2007年 05月 13日
石釜パン ワイルドキッチン 甲賀市信楽町
2008年1月22日追記
昨年の12月末、立ち退きにより現在はこの場所にはありません。
新しいお店の場所を物色中です。
新規開店しましたらお知らせしたいと思っております。



この写真、30年前のものでもテーマパークのものでもありませんよ!
焼物の里、信楽で石釜パンを売っておられるお店です。
しかし、たまらないね!この雰囲気。
d0108737_23481338.jpg

d0108737_23483139.jpg
お店の名前はワイルドキッチン。
招き猫「みかん」さんのブログで発見して、いそいで買いに来ました。


d0108737_2348432.jpg
来てびっくり、お店をやっておられる方が斜め向にお住まいの方ではないですか!天然酵母パンのお店をされているのは聞いていましたがここで出会うとはホントびっくり!



これが、石釜と今出てきたばかりのライ麦パン?
この石釜は陶器を焼く窯の材料で手作りされたようです(他HPよりの情報)
d0108737_2349044.jpg

       どれも、旨そう
d0108737_23492274.jpg
d0108737_23493511.jpg
d0108737_23494814.jpg
d0108737_2350338.jpg
もう一度、石釜。

(小麦や酵母にもこだわりがあるようですが、直接聞いていないので書き込みはやめておきます)


後で、じっくり写真撮ろうと思っていたのに、もう食べとるがな~~~~

こちらが、イチジクと胡桃、550円。
d0108737_23503296.jpg

こちらが、りんご550円
d0108737_23504912.jpg

旨ひィ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~。

小麦が生きとる、香ばしい中に大地の味がしよる、たまらん!

まず、ずっしり重いタイプです、当然外はパリで中はモチ~です。
天然酵母独特の酸味は控えめかな!
特にりんごは、天然酵母の石釜初心者コースやね!始めての人はここが登り口かも
(過去に天然酵母は個性が強いから口に合わないことが多くあったのです)

d0108737_0433127.jpg

子供は食べないかなと思っていたら、虜になってしまったようです。
また食べたいとうるさいこと!
今度は何にしようかな
d0108737_23514218.jpg

せっかく見つけたこのお店も、移転しなくてはならないようで、今いい場所を物色中です。
こんども、こんないいお店にしてほしいネ!頑張ってや~~~
d0108737_23515695.jpg



 ワイルドキッチン
 滋賀県甲賀市信楽町長野768
 11:00~ (金、土、日、月、祝、営業)  2007、5,13現在の情報
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-05-13 23:17 | パン | Comments(6)
2007年 05月 01日
信楽陶器祭り 滋賀県甲賀市信楽町
GWの期間中、信楽陶器祭りが開催されている。
高校生の時友人の家業(陶器屋)の手伝いで、出店で陶器を販売していた。それ以来始めての
見学です。
d0108737_16575710.jpg



d0108737_16582068.jpg
信楽高原鉄道の終点が信楽駅。降りて駅を出たらメイン会場となる。

駅はこんな感じ、のんびりしている。


d0108737_16583997.jpg
黄色い狸、「幸せの黄色いハンカチ」からきているのか?


売れてる?









安いのか、高いのか、どこで生産された物なのか、焼物を知っている人にとっては力試しの場でもある。掘り出し物に出会うのは根気と体力勝負となるだろう。そして、値段交渉も重要となる。


d0108737_16585255.jpg



d0108737_16591337.jpg
全てが格安ではないので注意が必要だが、お祭りと考えて楽しむことが重要!

このお祭りで、掘り出し物を格安で手に入れた時は至福の喜びとなること間違いなし!


d0108737_16592999.jpg
オークションである。
1~3000円位で大型商品が競り落とされていた。かなりお得であったが・・・・・・・・

何に使うもの?

買ってから考えるのか!


d0108737_16594138.jpg
かわいい店長さん

悪い男の子(息子)にごまかされたら、あかんよ!



d0108737_16595244.jpg
よう見とかないと・・・・・・・・・
そらそら、手が水につかってきたぞ~~~

ゴルフでは手の5番とかあったよね、手の5番禁止やで~~~~~


一応、狸のつもり。
身長は勝てても、あそこの大きさは絶対かてへんで~
d0108737_170141.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2007-05-01 17:47 | その他 | Comments(4)
2007年 04月 28日
幻のシフォンケーキ 「ママの手」 滋賀県湖南市
このお店の情報はミクシーで教えていただきました、みなみさんありがとうございます、このお店を知ることが出来たことに感謝いたします。


小さな時の夢って、覚えていますか?仕事や子育てに追われて頭の隅っこで埃をかぶっていませんか?

この「ママの手」の主もそうだったようですが、夢を実現させたきっかけをHPから引用します。

“長男の保育園の卒園式で何人かの女の子が「大きくなったらケーキ屋さんになりたいです!」と将来の夢を発表したのを聞いてドキッとしました。"ああ、私もそうだったんだ・・・"と、しぼみかけていた思いが再び膨らみはじめました”

それがきっかけでこのお店があるのです!一歩踏み出す勇気、すてきやね!

d0108737_0525180.jpg

d0108737_0533949.jpg
後で分かったことなのですが、ネット注文の場合は9ヶ月待ちです、ぎょえ~~~~~~~~~~~。
何も知らずに、ひょいひょいと買って、いいのですか!みたいな感じがしました。

本当に手作りで材料も限られている為、一日50個位しか焼けないとおっしゃってました。



置いてある商品はこれだけでした、大半のケーキは待っていただいている全国のお客さんへ送られるようです。
d0108737_0535764.jpg

じゃ~ん、これが「プレミアムプレーン」945円

うま~~~~~~~~~~~~い(もっと違う表現をしろ!)

卵感がすごい、お寿司屋さんの甘いふわとした卵と高級シフォンケーキを足して2で割ったような感じ(余計にわからんぞ~)

しっとりしていて、一人で軽くワンピース食べられるくらいやね!
d0108737_054525.jpg


材料にもこだわっておられます

卵  ⇒ やすださんちの“茜ちゃん卵” 平飼い鶏から生まれた有精卵を使用(滋賀県野洲)
牛乳⇒ 山田牧場の低温殺菌牛乳(滋賀県信楽町) これも有名プレミアム物
小麦粉⇒ 北海道産 有機栽培物
砂糖 ⇒ きび砂糖

私にとっては、「子供のころに持っておられた夢」が一番のこだわり材料だと思うね!
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-04-28 02:12 | 洋菓子 | Comments(16)
2007年 04月 27日
小さなギャラリー 風曜日へようこそ  滋賀県大津市
d0108737_2319353.jpg
知人の七曜工房さんのの木工品と無農薬レモンを目的に、「風曜日へようこそ」へ行ってきました。

ここは期間限定の自宅を利用したギャラリーです(看板が出ていない時は開催されていません、ご注意を)。人柄の良さがにじみ出たご夫婦が開催、対応されておられました。

まず、庭がすばらしい!それもそのはず、ご主人はプロの庭師。草花や木を視覚的に上手く配置して、自然の中にいるような錯覚をしてしまう、私好みの庭だ!


d0108737_23201250.jpg

七曜工房のご主人が、作られたブローチ。
色の違う6つの木を寄せ木にして作られています、手作り感がいいね~!
d0108737_23203494.jpg

d0108737_23205736.jpg
こちらはニャンコの一輪挿し。

ぶな材を使っておられます。

ちょっと、トトロに見えるんだけど・・・・・・トトロも猫やね!


これが、無農薬レモン。見た目で判断したらあかんで!
薬がかかっていないから、皮も安全で香りがいい!

七曜工房さんの、温州みかんはすごいよ!みかん三個が一個に凝縮したような、濃厚な酸味と甘味の芸術品だね!八朔、伊予柑は香りがすばらしい、皮を利用してほしいですね!

d0108737_23211669.jpg



靴下  (ようわからん・・・が、かわいい!)

d0108737_23214036.jpg
d0108737_2322780.jpg




長靴とジョロ。
こんなの使うと、庭いじりも楽しくなるやろうね!

d0108737_23222833.jpg
d0108737_23225382.jpg


d0108737_23231969.jpg


庵原久美子さん(大津市の方らしい)作の手作り帽子


嫁さんが「似合う、似合う(買って、買って)」とうるさかったが、聞こえないふり・・・・・・


d0108737_23234395.jpg

これは、何だ?






ひらやまなみ さんの版画
d0108737_232457.jpg



d0108737_23242094.jpg
自宅開放のギャラリーは初めてで、主催者のご夫婦に対しての挨拶やマナーの点で私自身、反省するべきことが多くありました。勝手に上がっていったり・・・・・・
このような催しの場合は、謙虚に対応し主催者様との心の交流を温めることを忘れてはいけませんね!
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-04-27 00:53 | こだわり | Comments(2)
2007年 04月 24日
我が家にも筍が来た!毎年持ってきていただく極上筍 甲賀市甲賀町
毎年この季節、カブ(バイク)に乗ってで朝採れ筍を持ってきてくれます!

この筍が来てすぐ、春祭りになるので、連鎖的に気持ちが高ぶった子供のころを思い出す。今も続いている、嬉しい風物詩一つ。

カメラを構えると「どうや!ことしのはえ~で~」と仁王立ちです。
(前掛けと長靴がいいね~)
d0108737_0245624.jpg

d0108737_0254792.jpg
大切に子供のように箱から出します。
どこにも負けないと自信満々で説明(うんちく)が続きます、気合が入ってる。


おじさんいわく「色が白く、先が(葉)が黄色いのが旨いんや!」。つまり土から出たら話にならないらしい。素人では絶対美味しい筍は採れないとまで断言されましたが、一度挑戦してみたいな!
d0108737_0261258.jpg

d0108737_0262360.jpg
お袋が、必死でどれが旨そうか選んでいます、あれを持ったりこれを触ったり。

最後には「どれが、美味しいのや!」
お~い、今の話、聞いてないんかい!しかも毎年言ってはるやろ!

この人たちは毎年同じ会話してはります、楽しんでるんだねきっと。


d0108737_0264223.jpg
昔ながらの、ばねはかり登場!

そして、箱は空っぽ!
うそ~~~結局全部買ってるやないか!

と、今日は突っ込みっぱなしでした。


今日の晩飯は当然、筍のお刺身。
おいおい、ちょっとまて~~~なんでこんなけなんや!
あんな、い~~~~~ぱいあったのに・・・・・・子供が食べたのね(涙)
d0108737_0244134.jpg


おじさんは現在72歳!いつまでも元気で旨い竹の子持ってきてくださいね!
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-04-24 00:11 | 特選素材 | Comments(10)