タグ:滋賀県 ( 406 ) タグの人気記事

2016年 11月 08日
「HONMACHI93」さん  (東近江市)
近江鉄道の八日市駅前にあるアーケードのある商店街。
冬眠中のような雰囲気だな・・・・・・・
d0108737_14234549.jpg

放送禁止用語が書かれたガラス。
d0108737_15276100.jpg

少し歩くと、開いているお店に出くわす。
d0108737_14262671.jpg

その先に、道に置かれた黒板が見えてくる。
日記が書かれた案内看板!
これ、ええがな~~と、思うのは、ちゃんとここに的を絞って来たから。
通りがかりの人は、「イノシシの肉が食べられるのか?」と勘違いしはるかも・・・・・
d0108737_14263879.jpg

建物は、見たとおりのヴォーリズ建築。
昔、歯科医院をされておられたとか。
d0108737_14264983.jpg

2階で、何かしてはる、はず・・・・・・
d0108737_14271446.jpg

いいいや~~~~保存状態がええですやん!
ドアとかも当時のままやがな!
d0108737_14272699.jpg

2階に上って正面に、革製品をオーダーメイドされておられる北浦耀司さんの制作室がある。
北浦さんは、突然の来客が珍しいのか、きょとんとされておられた。
翠さんのブログを見て来たんですよ~」という話で、「あ、なるほど!」となったしだい。
d0108737_14273973.jpg

北浦さん、今年京都の大学を卒業されたばかりで、かなり若い革細工作家さん。
就職の道を選ばず、この世界に飛び込んこととか、あれや、これや、私と嫁とでほじくりまくった次第で、申し訳なかったな。

興味が沸き上がった、というか、親って、いや大人って何故普通の道を子供たちに歩んでもらおうと、道案内をしてしまうのか?普通って、何なのか?わからんようになってきたんやな~~~~~~最近。
とりあえず、ええ高校へ、そしてええ大学へ、が親の普通でもある(私も)。

で、普通のものはつまらなく、普通と違う個性に魅かれる私。
いったいどうなってるねん!
d0108737_1427497.jpg

「こちらも、見てください」と案内いただいたのが、安高製作所さん
『衣』を扱う安田奈織子さんと『飾物』の高山直美さんの二人の作家さんのお店、というか部屋。
火・水曜日だったか、水・木曜日だった、とにかく平日にここへ来られるらしい。

いいや~~この部屋の窓は、当時のまま保存さてますやん!
d0108737_14275854.jpg

革カバンや服もある。
麻のワンピースの値段を見てびっくり!
めっちゃ安い!
もっと高い値段付けなあかんやろ、と、ワンピースは私には関係の無いものやから書いてしまったわ。
d0108737_1428584.jpg

置いてある商品も気になるが、いいや~~~金具もそのまんまやん!と建物がさらに気になる。
住みたい、ここに!
ちなみに、一階はこの建物のオーナであるご婦人が住んでおられる。

ヴォーリズ好きの方、是非どうぞ!
商品も買ってや~~
d0108737_14281449.jpg

**************************************************

食べ物ネタわ?!!!!

と、怒られそうなので、少しだけ。
永源寺ふるさと市場へ行ってみた。
というより、紅葉はまだかいなと車を走らせた帰りに寄っただけだが。
d0108737_14283275.jpg

まだまだ、色づくには早かった。
d0108737_14283978.jpg

インスタに載せたくなる色やな!
d0108737_14284873.jpg

この梅干しが大当たり!

ここ数年、市販の梅干しが食べられへんようになってきたんですわ、夫婦とも。
昔は、はちみつ入りの、甘いうす塩のが好きやったのに、今は口にも入れられない。
化学調味料が多く入りすぎなのが原因やと思う。
これは、梅と塩と紫蘇のシンプルな味だけで、塩加減が好みと一致。
d0108737_14314095.jpg

最近は、あちこちいっぱい直売所ができているが、規模が小さいほど、本当の近隣の農家さんのおすそわけだったりする。

永源寺の紅葉見て、野菜買って、HONMACHIさんへ寄るというコースはどう!?
d0108737_14315043.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-11-08 15:24 | 町並み
2016年 10月 15日
「円輪曲(ワルツ)」さんの秋の日のマルシェ 自作スモークサーモン
今年も、甲南町にある美容室の円輪曲(ワルツ)さんのマルシェへ。
森田さんの“好き”なものが表現されている。
それが、なかなかええんですわ~
d0108737_21471950.jpg

本当に、ありがとうです!
嫁も参加させてもろて、カバン並べさせてもらったしだいで。
d0108737_21473779.jpg

で、やはり私の興味は食べ物。
昼飯を調達に。
d0108737_214750100.jpg

減量中だが、ちょうどええ感じのものが多く、ありがたい!
結び月さんのsotoko弁当700円は、ちゃんと予約済でして。
ええええ・・・どんぶりとかもあったんか・・・・
青空キッチンで、出来立てを食べられるんやな。
d0108737_2148568.jpg

やさしい!
減量中のこの身に、ちょうどいい!
超空腹やと野菜の美味しさが際立つ。
d0108737_21481792.jpg

ふっと、横を見るとウル・ウールさんのランチセット。
美味しいそう!
欲しい!
これも予約やったよな~~と、思いつつダメ元で在庫を確認したところ「あと5個あります」とのこと。
この状況で弁当2個はあかんやろ~という理性を飛び終え購入!
これも美味しく頂いた!が、食べ過ぎやろ。

自分に負けてしまった秋のマルシェであった。
d0108737_21501499.jpg

***********************************************
9月30日が、ビワマス漁の最終日。
その最終日に手に入れて、ビワマスのスモークサーモンを作ることを計画。
だが、自然相手の天然もの故、今年は荒天で手に入らず。

ということで、ハズイのノルエー産のサーモンで練習。
この汚らしい写真は、ソミュール液(←簡単に言うと塩水だわ)というものに漬けているところ。
d0108737_21503775.jpg

これなんか知ってはります?
18枚入りで2100円とかなり高級な脱水シート。
d0108737_21505282.jpg

塩抜きをして、冷蔵庫で水分を抜く必要があるのだが、このシートを使うと3日かかるものが数時間で完了する。
何でこんな高速で水分が抜けるんか原理はよくわからんが、画期的なしなものだ。
d0108737_2151597.jpg

装置は、じゃ~~~~ん、これ!
なんちゅうせこいやっちゃ!と笑ってやってくださいな。
まあ、火事はこわいねけど、小学生の工作以下の段ボール製。
作れたぞ~~という楽しみより、コストや労力が、美味しさと釣り合うかどうかが私には重要(いや、嫁の許可を得るのにもさらに重要)。

で、そのホースはなんいぇねん?という素人さんに、説明しよう!(というか、私も今回初めてのド素人だが)
下の小さな箱でスモークウッドを焚いて煙だけをホースで上の大きな箱に送り込み、そこで燻す、ということ。
まあ、熱を処理したいということ。
d0108737_21512617.jpg

料理みたいなもん、たいがいツボさえおさえといたら、美味しなんねん!
スモークサーモンでいえば、適度に塩分を染み込ませ乾燥、20度以下で燻す、一日寝かせる、だけやと考えた。

9月30日のぎりぎりを狙ったのが、この20度以下というところがポイント。
今なら、確実に外気温は20度を切るが、ビワマスは禁漁期間。
ビワマスは、冷燻ができにくい夏に多く出回り旬を迎える。
まあ、簡単にはスモークサーモンにできない運命にあるちゅうことですわ、ビワマスは。
外気温と旬の交差するポイントが、一年の中で9月30日という織姫と彦星的な運命の日ちゅうわけである。
さらに私の休みとも関係するから、よけいに関係はごちゃごちゃ状態。
d0108737_21521029.jpg

で、完成がこれ!
美味~~~~~~~~~~~~~~~い!
売ってるやつより旨い!
たしかに旨いが、やはり養殖のサーモンの臭さが残る。
もっと、水分を抜くべきなのかも・・・・・・

またのチャンスを狙うとするが、ビワマスの入手に成功したなら、あの段ボールの燻製機でも最上級のスモークサーモンに仕上がると確信。
12月以降のビワマス解禁で、安く手に入るか挑戦してみる価値大である。
d0108737_21522369.jpg

おまけで、牡蠣の燻製オリーブオイル漬けも。
ちょっと塩加減をミスったが、美味しいねん!
これは、牡蠣が安価に手に入る冬場に再挑戦だな。
うまいんだわ~~~
d0108737_21524433.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-10-15 21:53 | イベント
2016年 10月 07日
「でこ姉妹舎」 (滋賀県東近江市)
我が家の姫様も、すくすく成長され、1歳とちょっと。
いやしてくれますな~~にゃんこって!
我が家の姫様が一番かわいいと、家族全員親ばか状態。
d0108737_1614357.jpg

で、本題はこのバッチに書かれてある「でこ姉妹舎」さん。
その存在は知っていたが、お店を見つけることもできず、何を提供してはるかもよくわからずで放置状態だった。
さらに、お店に行ったとき、こんなおでこの広い姉妹が出てこられ、それを目の当たりにした時の、私自身のリアクションがどう出るか怖かったのも行けなかった理由の一つ。(相手様を傷つけてしまわないかと・・・・)
d0108737_16226.jpg

この8月に、お店が移転され、その場所は非常に特定しやすかったので、意を決して訪問。
「駐車場はどこなのか、お店の人に聞いてきて」と嫁に頼んだのだが、知りたかったのは、おでこの状況。
「男の人が出てきゃはったで~~」とのことで、安心半分、がっかり半分。
d0108737_162939.jpg

おでこの話については「な~~~んや!」というオチ付きのネタであったが、それは行って確かめて。

店先では、安全な商品の販売がある。
d0108737_1621938.jpg

これが、このお店の考え方。
d0108737_1623027.jpg

読み物はたんまりある。

奥の間で食事をいただく。
d0108737_1624182.jpg

実は、今月末まで超減量月間でして、野菜中心のものしか食べない(予定)。
2か月で15キロ体重を落とす計画。
それで、いったい何キロになるかというと99キロ目標(11月1日)。
元は114キロ・・・・・・まさき熊、というよりグリースリーなみ・・・・・・
結婚した当時は70キロしかなかったんですよ~~それが、このありさま。
まあ、このブログ見てたら、そらそうなるわ~~と容易に想像できるでしょうが・・・・・・・
d0108737_1625029.jpg

野菜と雑穀の玄米でこ定食1000円を2つ注文。
これなら減量に支障ないでしょう!
d0108737_162578.jpg

メインのから揚げは豆腐が主原料。
鶏肉みたいな味わいで旨いんだわ。
がっつり系の方には不向きでしょうが、こだわりのつまった野菜ごはん、試してみはったら。
d0108737_163478.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-10-07 16:41 | こだわり
2016年 09月 29日
「山のごはん よもぎ」さん  (滋賀県米原市)
くっそ~~~~~~
もっと早くに、来たらよかった。
「山ごはん よもぎ」さんのことは知っていたのに、食べに行ったのが先週の9月25日。
いいお店過ぎて、なぜもっと早く来なかったかと、地団駄を踏む。

その店は、奥伊吹スキー場手前の集落の甲津原の中にある。
この写真のさらに奥だ。
d0108737_14245052.jpg

この甲津原の集落は、半世紀前の姿を残している。
このような家が、20~30軒あるのみ。
昔は林業が、主な仕事だったのだろう。
(この建物、よもぎさんではない)
d0108737_1845787.jpg

お店は、散歩がてら人の気配を感じない集落を歩くと、すぐに見つかる。
d0108737_14245959.jpg

店の前には山水が湧き出て、野菜の泥を落とすことに役立っている。

大根とか、冬場に洗うの、死にそうになるねんな~~これが。
子どものころ、よくやらされてたから。
d0108737_1425842.jpg

100年の古民家を、そのまま利用しているから、土間が広く8畳分くらいある。
冬場は2mの雪に閉ざされてしまうから、この土間で餅つきなどの作業場として、重要な役割を果たすのだろう。
d0108737_14251891.jpg

昼ごはんは、予約制で2300円。
薬膳料理かいな~~~と、一瞬ひるんでしまった。
薬膳って、高麗ニンジンとかあやしげな漢方薬が入った゛薬苦いごはん”というイメージを勝手にいだいていたが、それ全く違った、ハハハ~~~~~~~~
実際は深~~~い話なんでしょうが、浅く考えると゛美味しいうえに体にもいい”であった。
d0108737_14253750.jpg

実は、朝にたまたま見つけたこちらのFBに「3名さまキャンセルで空きがあります」ちゅのを見つけ予約したのが、訪れたきっかけ。
だから、まったく前情報無しでの訪問なのだが、この山奥にして、2年目で予約満杯って、どうよ!って感じ。

女性一人で、はんなり、そしててきぱきとこなす動作、本物のにおいがただよい、感性アンテナを120%フル稼働状態。
d0108737_14254911.jpg

前菜。
抜群に旨いし、取り合わせが絶妙。
イカとオクラのブルーチズ和えの、濃厚なうま味の後、裏庭で採れた茗荷の酢づけが、あっさりでめっちゃ旨く感じる。(実は、茗荷が嫌いやったのに、好きになっちまった)
アーモンドと長芋のスープも旨いし、トマトとぶどうのマリネも、それぞれの組み合わせが新しく、そして旨い。。
「岐阜で、カフェをやってて、2年前にこちらに来たんです。」と女将さん。(勝手に女将さんて呼ばせてもらうわ)

なるほど、そりゃ予約が入るわ、この内容なら!
d0108737_14264455.jpg

「朝から摘んできた野草を、てんぷらにしました」
4~5種類あって、聞いたこともない名前だった。
「ニラが裏の土手に自生しているんですよ~~」とのことで、それは和え物として出てきて、香り高いこと。

客をもてなす、その下準備にも余念がない。
d0108737_14265724.jpg

外のススキを見ながら、頭の中はフル回転で、これだけの技をもっていて、何故この不便なこの地にお店を?と考えていた。
岐阜の街中で、これだけの料理を出すカフェなら、めっちゃ流行っていたのでは・・・・・・・
ああああああああ~~~~あの「うららか」さんかよ~~~3年まえに行った!(本に書いてあったのを見つけた)
めっちゃお客さん入っていて、惜しまれて閉店されたお店である。

ゆったりした気持ちで、食材と向き合い、お客をもてなしたい、ということが今の女将の出した答えなのかも・・・・・
d0108737_1427849.jpg

薬膳料理で焼売って、漢方薬が詰まってるのか???(まだに疑っている、笑)
いやいや、豚も含め、食べ物にはそれぞれ効能があり、それを何と組合すのかを考えることも薬膳料理とか。
ハイ、豚も入ってるし、めっちゃ旨いです!!!
d0108737_14271735.jpg

豚とマコモダケとキノコのスープの味わいが、濃厚・凝縮で旨いこと!

お店は金、土曜日のみの営業で、ランチは11:00~と12:30~の2部制(予約制)。
14時~17時は予約なしでカフェ利用が可能。
営業は雪の関係で4月から11月末まで。

このお店を楽しむのは、もてなしや集落の景色、自生している茗荷を発見したりと、料理以外の何かを発見することが肝要。
d0108737_14272937.jpg

「35年生きてきて、最高の杏仁豆腐やった」と嫁が言ったこれ、杏仁の香りを引き立ててくれる、梨のほんのり甘いコンポートが入った傑作品。

まあ、滋賀のわれわれにとって紅葉なんて日常のものですが、奥伊吹のは本物らしい。
10月末から11月上旬にかけてが見ごろだから、それと抱き合わせで行ってみはったら。
訪れた次の日に、私は再予約しましたぜ。

注意:嫁の35年生きて・・・・・は、フィクションでっせ。
d0108737_14273620.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-09-29 14:40 | こだわり
2016年 09月 23日
「ビワコ・アート・フェスティバル」へ出店。「すみ蔵」さん 「よこせ梨園」さん
9月18日、大津のびわこホールで開催されていた、フリマに嫁が出店するちゅうことで、運転手兼荷運び兼時々店番にて出動。
d0108737_15281354.jpg

前回は、仲間と陶器で出店して撃沈したイベントやのに、今回は出展料無料に魅かれて布関係で挑戦。
懲りませんな~~~
d0108737_15282141.jpg

店名は「toda cosa」。
嫁がデザインから手掛けたオリジナルの布を使った手作りカバン。
ま~~かなり奇抜ですな。
d0108737_15283842.jpg

これを滋賀で売るのは厳しいやろから、都市部で売る手立てを考案中。

「ちょっと店番しといて~~」と、嫁は他の作家さんと情報交換という隠れ蓑を被った世間話に夢中。
いやいやいや、やっぱり、これの店番は勘弁してくれよ~~~恥ずかしいがな。
d0108737_1529512.jpg

何とか店番から解放してもろて、そば屋で一服。
できてまだ半年くらいの、「すみ蔵」さん。
石山寺の近く。
d0108737_15292268.jpg

美味しくいただきました。
それから・・・・・・
そつのない、洗練されたお店は、そこからのコメントがでてこない。
d0108737_15292945.jpg

************************************************
ちょっと、もの足らんのでネタをもう一つ。
滋賀の梨の話。
先日、「滋賀で梨の旨いのないかいな~~」と書ていたが、いろいろありましたわ滋賀にも。
その中で、ちょっと面白いのが、2回目の登場になるのだが、昨日行った「よこせ梨園」さん。
d0108737_15294127.jpg

ちょっと梨、買おうかな~~~~と思ったら「収穫してもらって、計り売りになるんですよ~~」とのこと。
「まず食べて」と味見させてくれはったのが、少し酸味があって二十世紀と豊水の間ぐらいの味わい美味いんだわ!!
「豊水は終わって〇〇〇という品種になります」とのこと。(←もう、忘れている)
んんん・・・・その品種が何であったかより、昨日のことも忘れちまっているわれわれ夫婦の脳が気になる・・・・・・・・
d0108737_1529543.jpg

「梨は完熟で収穫してこそ値打ちがある!」と、えらそうに家族に言いまくっていたな~~色が重要!
店主は「傷があるのも避けた方がいいですよ~~」と言ってはった。
さらに「大きい方が甘いことが多いですよ~~~」とのこよ。
さらに「これはええ!!!と、思ってもお尻のへこんだところが黒いと芯がだめかも~~」とのこと。

条件が数々あるにもかかわらず、スズメバチがおったり、蚊に攻撃されたりで集中できへんがな~~~~~~
d0108737_15302286.jpg

こんなにいっぱい梨はなっているが、条件に見合うのはなかなか無いのが現実。
誰よりも美味しいものを見つけようとする欲望、それを阻止する難解な条件、さらにハチや蚊が集中を乱してくる・・・・・・これは、ミッション・インポッシブルの世界や~~~

というほどでもないが面白いのは間違いなし。
d0108737_15301314.jpg

めっちゃでっかいのを3個選択で1500円。(一個で普通の大きさの梨2個分)
店主より、2個は合格のお墨付きをいただいた。
昨日食べてみたが、やはり美味かった。
今シーズン、これが最後の梨かな。
d0108737_15303452.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-09-23 15:31 | その他
2016年 08月 24日
「くつろぎ茶・幸」さん (滋賀県東近江市)
久しぶりの滋賀ネタ。
滋賀が大好き!と言いながら、滋賀ねネタが少ないことに、心を痛めとります。

7月の末ごろおじゃました「くつろぎ茶・幸」さん。
日本茶を専門にしておられる、珍しいお店だ。
d0108737_1633637.jpg

日本茶、ではなくスープランチを注文。
おなかが空きすぎていて。
d0108737_1634343.jpg

大根のすりおろしが入ったキノコの冷たいスープ。
無添加でさっぱりした美味しさ。
d0108737_1635953.jpg

******************************************************
東近江市のマーガレットステーション近くにああったスイカ直売所。
手作り看板が気になり、車で通りすぎでから、Uターンして戻ってきた。
何たる偶然!
今日は8月16日やんけ~~

でも、この時期のスイカって、美味しくないよな~~と、勝手な思い込みがあり、心は売り尽くしセールとの綱引き状態。
d0108737_16492.jpg

無人販売所かと思ったら、どこからかご主人現る。

一個1000円前後、安い!
それが、さらに、その半額でワンコイン(500円)程度。
いやいや、これとよく似た経験が近江八幡であったよな~~1個買ったら9個おまけでついてきて、それがまずいのなんのって。
d0108737_164161.jpg

「これは、今、畑で採っていたところやわ」というやつを、500円で一個購入。

冷蔵庫で冷やして次の日食べてびっくり!
ううううう旨ひ~~~~~~~~~~~~~!
一口食べると、じゅわ~~と甘いスイカジュースが、湧き出してくる、そんな感じ。
そうなんだ!スイカも鮮度が重要なんだ!
ここ数年の中で一番美味しかった。
あと3個買っておけばよかった~~~と、後悔。
d0108737_1642286.jpg

スイカ販売所を後にして、200M走ると、イチジクの販売所。

目的の場所に、なかなか到着でいないぞ。
障害物競争やな!
d0108737_164298.jpg

イチジクの新品種を販売されておられたのだが、これは試食で好みと合わず、見送り。
d0108737_1643844.jpg

日本が世界に誇る、無人販売。
年季の入ったこのカンカンを、いつまでも、使い続けられるといいよな~~
d0108737_1644441.jpg

**************************************************
目的の場所は旧五箇荘町にある五果園さん。
当然、ぶどうを求めてやってきたのであるが、訪問の時間が遅かったことと、盆で採りまくって熟したぶどうが少ないとのこと。
障害物競争の弊害やわ・・・・・・
d0108737_1645189.jpg

で、私が愛して止まないマスカットのでき具合を見せていただいた。
「美味しいんですが、見栄えがしないから、最近は積極的に売ってないんですよ・・・・」とご主人。
最近は、品種改良が進んで、新品種の方が客受けがよく、並べると品祖に見えるから表に出さず自家消費らしい。生産量もほんの少しに減らしたとか。

こちらのマスカットは、至福の一粒。
一粒つづ皮をむいて食べるのだ。
種もあり面倒だとは思うのだが、それの何倍も価値ある香りが苦労に報いてくれる。

気になった方は、9月末から10月初旬に収穫されるので、「マスカットありますか?」と尋ねてみてください。(気候により、香りが出ない年もありますで)

五果園:滋賀県 東近江市 五個荘小幡町31
電話:0748-48-0048
d0108737_165420.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-08-24 16:20 | カフェ
2016年 07月 08日
これで3回目!「ビワマス」魚元淡水さん (滋賀県近江八幡市)
7月、梅雨といえばビワマス!
連想ゲームのように、ふっと思い出した。
そして、すぐに行動。

朝の8時に、電話でまずk今日は獲れたか近江八幡の魚元水産さんへ確認。
d0108737_0292724.jpg

「いっぱいあがってますよ~~~~今年のは大きいです。何匹残しておきますか?」
とのことで、でっかいヤツを1匹取り置きお願いして。
よっしゃ~~~走るで~~と、9時に到着!
時間が早いと、ご主人が内臓を取り出して開いてくださる。
d0108737_0294164.jpg

ほんまに大きい!
60cmはゆうに超えている。
2.2キロ(1600円/キロ)で3500円。
しかし、こちらで購入するとめちゃくちゃ安いわ~~
d0108737_0295488.jpg

釣りものほどの品質ではないが、今日のはかなり状態もいい!
「さっきまで、動いていましたから!」とのことだった。
d0108737_0305538.jpg

メスで、少しだが卵をもっていた。
この卵が大きくなるほど身はやせてくる。
まさに今が、旬のど真ん中!
そば出汁に漬けて美味しくいただいた。
d0108737_031243.jpg

いや~~ええ感じの脂ののり具合だわ。
時鮭とええ勝負するで!
d0108737_031982.jpg

切り分けたはいいが、えらいこっちゃ!
ウロコを取るの忘れてたやんか~~

この魚は、全く魚の生臭さがない!
無臭といってもいいくらいだが、鮮度の問題なのかビワマスの特徴なのか。
さらに、歩留まりが極めて高く、アラがほとんど出ない。
d0108737_0311643.jpg

味噌漬けの作り方。
1、薄めに、塩を切り身に振り、半日~1日置く。
2、味噌に漬ける。(白味噌、酒少々、みりん少々)
3、2~4日ほど漬けて、水洗いして焼いて食べるのみ。
一番難しいのが1の塩加減。これでよく失敗してしまうが、今回は大成功!
料亭の味わいですがな!
d0108737_0312922.jpg

うううううま~~~~ひ~~
だが、鮮度がよすぎで本当の実力が出きっていない!
2日ほど寝かし熟成させると至福の旨さになるだろう。
d0108737_0314743.jpg

魚を一切食べない、一歳になった我が家のニャンちゃん。

滋賀県民なら、絶対ビワマスを食べてほしい!
大きい方が、美味しい確率が高いと思うから、それを参考に。
d0108737_0315334.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-07-08 00:32 | こだわり
2016年 06月 30日
「マイミータン」さん (滋賀県東近江市)
「くま先生のブログに掲載されてあるお店の料理は、間違いなく美味しい!」と言っておられる方がいると、耳にすることがある。
ある意味少しプレッシャーにもなるし、「そうじゃない店も、載ってるんやけどな~」と心でつぶやいたりもする。
゛美味しい”は間違いなく重視している。
単にそれを追求するなら大阪や京都の才能あふれ、資本力もあるお店へ行けば、間違いなく満足するはず。
そやけど、それは違うねんな~~私の好みとして!
゛美味しい”に、予想外!人間味!不器用やけど、頑張っておられる!等々のエッセンスを求めているのだわ。
理由は特になく、ただ楽しいから、それらを追求しているのみである。
完璧なんぞは、全く求めないし、それに近づくほどに、無味無臭となっていく。
自分ながら、変わってるな~~と思う。

要するに、グルメブログではなく、色物ブログとして見てもらっていたほうがいいかもです。
d0108737_1315754.jpg

今回、訪れたのは、東近江市の山の中。
旧町名で永源寺町の政所という場所。
湧水が、サラサラ~~どころか、轟音となって流れ出ている。
d0108737_1354485.jpg

3年前に、一度訪問したが留守で、これで2回目の挑戦。
店名はマイミータン
(FBもあります)

タイ語で「お金がない」という意味らしい。
d0108737_1355723.jpg

中は、なんと説明したらいいのか、まあ写真のまんま。

とにかく、着座するまでの所要時間は、普通のお店の3倍以上かかるな、余裕で。
何がどうなってんの?ほんまにカフェなの?どこに座るの?これ何?等の不安&探索&好奇心が脳内を駆け巡る時間を必要とするから、行動が遅くなってしまう。
d0108737_136259.jpg

座ったら、ゆっくり周囲を観察。
おとなしいわんこが、外の番をしている。
d0108737_1364248.jpg

気まぐれランチ(1500円)を2つ注文。

「今日は、嫁さんと息子は不在で私一人なんで、時間がかかりますが、すみません」とご主人。
d0108737_1365625.jpg

天窓を上手に利用しておられる。

店名のマイミータンの解釈は「お金がない」ではなく「お金に縛られない、自由な生き方」が、正しいと思う。
置いてあるものなどを見て、何となくそう思った。
d0108737_137699.jpg

嫁の首筋にとまった虫、「ええ??見えない、カメムシか?」
一か八か払いのけたらコガネムシであったとのこと。
はあ~~助かった、と嫁。
私が外へ散歩に出かけている間の出来事。
d0108737_1393478.jpg

魔除けか??

ゆっくり話がしたかったのだが、9名の団体さんがこられて、ご主人は手一杯。
子供さん連れの団体さんの、入ってくるのの遅いこと。
牛歩戦術ほど遅く、子供さんは、周囲をきょろきょろで、遊園地のアトラクションに入ったような不思議が顔、それが面白くって!
d0108737_13104098.jpg

前菜は自家製パンと煮豚?とかいろいろ。
本当に、料理がおいしい!
片手間のカフェ料理ではない。
d0108737_13105186.jpg

私のパスタだが、ゆで加減が絶妙!
裏庭で採れた新鮮パセリのパンチが凄いわ!
d0108737_13105963.jpg

ココナッツ風味が、なんとも懐かしい、嫁選択のタイカリー!

これ食べたら、タイが懐かしくなって。
アジアの旅の話が聞きたい!
d0108737_1311716.jpg

摘みたてのハーブ類。

料理も美味しかったし、次はタイなどの旅の話を聞きに、もう一度訪ねよう。
人生の迷路で、迷っている人を連れてきてあげたいな~~ここへ。
d0108737_13112567.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-06-30 15:21 | カフェ
2016年 06月 15日
立木さん 「伽藍堂」さん (滋賀県大津市)
石段を登るのが、たいがい大変なことで有名な立木さん
運動不足が、たいがいひどいので、何を思ったが、挑戦してしまった。
d0108737_0382957.jpg

は~~は~~~は~~
息が切れて、心臓ばくばく。
逆に健康に悪いわ・・・・・

子どもたちが、すいすい登っていかはる。
d0108737_0435942.jpg

立木観音は弘法大師が高野山より先に、この地に開基され、「元高野山」とも呼ばれているほどの歴史がある。
d0108737_0385312.jpg

休憩所も風情がある。
真言宗のお寺は、どこも俗っぽくなく、きもちのいい空間を提供していただける。
d0108737_039370.jpg

****************************************************
ももが、パンパンにはって、歩くのがつらい・・・・
この痛みを和らげてくれるのは、甘いものやわな~
石山の平和堂横にある伽藍堂さん
d0108737_0393017.jpg

久しぶりに来てみたら、かき氷で有名になっていた。
まだ、汗がひかない状況やから、ちょうどいい!
特・緑茶氷で。
d0108737_0394529.jpg

汗一つかいていない嫁は、緑茶パフェ。

しかし、流行ってまっすな~~
常に満員。
d0108737_0393883.jpg

ううううううま~~~い!
氷がふわふわや!
甘さ控えめで、緑茶の味わいを前面に押し出してくるな~~~
上にのってるのは、オプションのホイップクリーム。
d0108737_0395362.jpg

緑茶パフェ。
こっちの方が美味い!
緑茶ゼリーの苦みや香りと、自家製アイスの相性が抜群!
めりはりのある旨さや~

久しぶりやが、やっぱり旨い!
d0108737_040186.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-06-15 01:12 | 和菓子
2016年 05月 21日
「喫茶 古良慕」さん  (滋賀県高島市)
たまには、湖西方面へ。
たまたま見つけたhpをたよりに、訪問してみた。
本当は、焼肉バンバンでホルモン三昧がしたかったが、嫁の抗議にあってここへ。

看板は「島村葭商店」、これが本業のようだ。
d0108737_1222291.jpg

昔ながらの、倉庫?店舗?を改装。
d0108737_12225930.jpg

嫁は日替わり1080円。
私はタイ風チキンカレー850円。
d0108737_12231111.jpg

なかなかいい雰囲気に仕上げられてある。
d0108737_12232429.jpg

お店の奥はギャラリー。
d0108737_12233873.jpg

屋外にも席がある。
今の時期は、外の方がええかも。
d0108737_12235150.jpg

薪釜で炊飯されておられるみたいだ。
これは楽しみやな。
d0108737_1224191.jpg

日替わり。
丁寧に作られてあり、それぞれが美味い。
d0108737_12241951.jpg

でた~~~~~お焦げ!
ごはん旨いし、お代わりも自由(自分でジャーからいよそうシステム)
d0108737_12243690.jpg

タイ風カレー。
d0108737_12244979.jpg

hpを見て想像していたより、良かった。
d0108737_1225235.jpg

***************************************************
遊びに行った夜飯は、簡単なものがええ!というリクエストに応えて、名物のとんちゃん焼きの材料を買いに橋本かしわ店さんへ。
d0108737_12251459.jpg

「近江しゃもは、売れてしまったから、近江黒鶏はどうですか?」とのこと。
ええ鳥は、タレに漬けない方がいいとのこと。
ということでタレ漬け(とんちゃん)と近江黒鶏を700gづつ。
d0108737_1226216.jpg

近江黒鶏は塩コショウで!(写真手前左側)

これが、ううううう旨め~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
200円/100gと安かったさかい、どうかと思ったが旨い!
鶏の味わいが濃いし、歯ごたえもちょうどええ感じだ。

とんちゃん焼き(味噌ダレ)は、慣れた味わいでごはんが進むこと。
野菜を切って一緒に焼くだけで手間いらずでありかつ、旨い!
湖西方面へ遊びにいったら、必ずお土産で買って帰るべし。
d0108737_12261422.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-05-21 13:29 | カフェ