タグ:滋賀県 ( 393 ) タグの人気記事

2015年 08月 29日
なっとくの鯖寿司 「すし慶」さん  (滋賀県木ノ本町)
夏も終わりですな~~~
空が青くなってきた。
仕事に追われまくりの、ちょっとの隙を見つけて湖北のへ。
鯖が美味しくなってきた時期かと、すし慶さんを訪ねてみた。
d0108737_193059.jpg

が・・・・・満員で1時間待ち。
しまった!予約しておくんだった~~
とりあえず、1時間後に予約。
満員の原因は、木之本地蔵さんの法要だわ。
そっか、忘れてたわ。
どこもかしこも、8月16日は地蔵盆やわな。
d0108737_1931117.jpg

子どものころは、そら楽しみやった地蔵盆。
夜、自由に遊べるんやから。
大人になって、仕事に追われだして、季節感がなくなったな・・・・・
d0108737_1931923.jpg

七本槍で有名な富田酒造さん。
d0108737_1932929.jpg

酒は飲めへんが、これならいける。
d0108737_1933913.jpg

ふらふら散策していたら、あっというまに予約の時間。
d0108737_1915547.jpg

いつもは即決なのに、珍しく注文の品で悩む。
鯖寿司は必修やから、“きのもと”か“田上山”。
いや、鯖寿司だけでええねんけどな・・・・・
d0108737_1934916.jpg

では、ちょっと変わった注文方法で!
鯖すし、一本(3780円)と赤だし2つ。
つまり一本の鯖寿司を嫁と分けるのある。
たぶん、嫁はそんなに食べられへんから、私はたらふく鯖寿司が食べられるという自分勝手な計算である。
d0108737_1935792.jpg

「鯖寿司は注文が入ってから作るんです~」とのことで、庭を眺めてのんびり待つとしよう。
d0108737_194533.jpg

で、こんな感じに真ん中に鯖寿司が鎮座。
d0108737_1941344.jpg

なるほど!
こちらのを始めて食べるのだが、ええ鯖使っているな~~
脂が背まで入っているし、肉厚やし納得。
酢加減も、つかりすぎず、生すぎずの好みやわ。
少し、酢飯がやわらかめだが、ちりばめられた山椒がええ仕事してくれてます。

評判だけ一人歩きするお店も多いが、ここのは大満足の鯖寿司だったわ。
d0108737_194229.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-08-29 19:37 | 寿司
2015年 08月 03日
パン屋がでけた!「Mont pain」さん (滋賀県甲賀市)
嫁に「パン屋さんが、出来てたで!」と教えてもらったが、半信半疑。
よくその情報で出かけると、美容室だったりするからだ。

これは、まぎれも無く新しいパン屋さんやわ。
d0108737_1418163.jpg

「果物から作った天然酵母を使っています。そんなに多く焼けないんです」とご主人。
d0108737_14183021.jpg

申し訳ない、ピンボケぎみだな。
天然酵母なら、まずはハード系は絶対買わねば!
d0108737_14184166.jpg

菓子パンが結構多いのも特徴。
d0108737_14184968.jpg

ソーセージ&ズッキーニ400円。
こりゃ高級だ!
d0108737_14185860.jpg

家に帰って写真を撮ってると「もうええかな~~」と高級パンをつかんでパクリ!の次男。
それ、私が食べよおもててんけど・・・・・

で、味わいはというと、ずっしり重い天然酵母らしい、酸味も少し感じる仕上がりかな。
菓子パンだと、もったいないような気がする。
ハード系で何も入っていないシンプルなヤツを楽しんでほしい。
d0108737_1419643.jpg


Mont Pain (モンパン)

滋賀県甲賀市水口町新町1丁目3-4
[PR]

by guwaguwa58 | 2015-08-03 14:29 | パン
2015年 07月 25日
「Tea Room Maman」さん   (滋賀県栗東市)
よく、「あそこのお店の人、感じ悪いな~」とサービスのことで話を聞く。
私はというと、気にはなるが重要ではない、と思っている。
それが料理を出す店だと、なおさらである。
お客様に素晴らしいものを出したい!という信念があっても、上手に言葉で表現できない店もあるのだからと考えている。
信念には必ずといっていいほど手がかりが存在し、それを見つけることで料理提供者の気持ちを察するようにしている。

このお店の信念を形として見つけることは、いかにも簡単であった。
嫁が亡霊のように写り込むカトラリーの磨きようだ!
(そうそう、こちらのお店のサービスは非常にいいです。あくまで例としての話やから)
d0108737_12335456.jpg

住宅街の中にある「Tea Room Maman」さん。
まだ開店して数ヶ月とか。
d0108737_123446.jpg

喫茶店のような洋食屋さんのような、位置づけが難しいそうだな、こちら。
d0108737_12341310.jpg

お勧めはとの問いに「ミートローフとキッシュです」ときっぱり。
d0108737_12342253.jpg

私はビーフシチュー1280円。
ハイジのパンとローストビーフが付いてくる。
んんんまい!
ワインの凝縮されたうま味がいい!
d0108737_12343164.jpg

ミートローフ980円
このミートローフがうううううううううううめ~~~~~~~~
実は、あまり食べたことが無いので、表現するのがおこがましいのだが、何と言うのだろう、家でミンチをスーパーで買って作ってもこうはならないことは、間違いない!
やわらかく、ジューシーで豚の味わいが湧いてくる感じだな。
当然、ウインナーも手作り。
d0108737_12344240.jpg

これ家で作れへんかな~~
どうしたら、こんな肉汁たっぷりになるんだ~
コツは火の通し加減だろうか?
表面を焦がし、低温でじっくりオーブンで焼くのか?ローストビーフのように・・・・
肉の挽き方だろうか?
わからん・・・・・・・
d0108737_12345086.jpg

まだあまり知られていないのかお客は2組のみだった。
この値段で、この内容、急いでいくべし!
そうや、お勧めのキッシュまだ食べてへんわ!それも試してみて。
d0108737_12345816.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-07-25 13:17 | 洋食
2015年 07月 17日
行きたかった「松葉」さん (滋賀県甲賀市水口町)
なんとか長男の部屋の改装も終了し、解放された感が凄い!
どこか出かけたい!が、仕事が忙しい!
夏期講習期間に突入。
はあぁ~~~~~~~

で、少し前に行ったお店。
やっぱり、変わり者なんかな~~~こういった店が気になって仕方が無い!
何年も前から入りたくってしかたがないのだが、入るの勇気いる店構えだ。
d0108737_13492085.jpg

入ってみると、何でもない、普通の定食屋さんである。
くううう~~~~急須がシブイな~~~しびれるわ~~
d0108737_1349298.jpg

どうやらおじさん1人で営んでおられるようだ。
おそらく、一見で入るお客さんも少ないだろうから、間合いがなんとなくぎこちない感じだな。

テレビは、残念なことに液晶だ。
いったい何に期待しているんだ、私は。
そうやら、リアル昭和展示館的なものを、無意識に期待していたようだ。
d0108737_13493932.jpg

駐車場もないし、訪れるお客さんはどんな方々なんだろうと、考えてしまう。
軽く半世紀以上は営業されているように思う。
d0108737_13494762.jpg

昔は、私の住んでいる近くにもあったな、このようなお店が。
おばあちゃんに連れられて、鍋焼きうどんを食っていた記憶がある。
d0108737_13495534.jpg

注文はカツ丼。
期待を上回ることも、下回ることもない、予想通りの品物。

なにか、一つやるべきことを終えた、そんな満足感がった松葉さん。
この後も、ずっと営業していてほしいものだ。
d0108737_1350245.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-07-17 14:09 | 和食
2015年 07月 07日
「想夫恋」水口店さん (滋賀県甲賀市)
自宅の息子の部屋の改装、私がやっているんです。
もうかれこれ1年半かけて。
本当は、大学受験の勉強をしやすいようにと、昨年の夏に完成する予定が、ずるずると・・・・
さすがに親父の威厳も危機状態やしと、今急ピッチで竣工に向けてダッ~~~シュ!
ということで、土日は何処へもでかけていない、大工さんの日々。

で、昼飯ネタ。
「知ってはいるが、よう入いらんお店、甲賀市ランキング」てなものがあるなら、確実上位に位置するこちら。
そ、そう、そうおっと、・・・・・・・読めへんがな。
「想夫恋」“そうふれん”と読む。
d0108737_142849100.jpg

調べたのだが、九州ではかなり人気のチェーン店。
私が愛してやまない金沢のターバンカレーのようなものかな。
寂しいことに、地方B級グルメは、その地域を出ると一気に勢いをなくしてしまう。
その原因は価格にあるような気がする。
元々、金沢カレーも激安で、月末の学生の胃袋を満たしてくれるありがたい存在だった。
それを食べるほどに虜になっていったというのが始まりだった。
彦根のちゃんぽんも安かった。
それが、チェーン店になってから、ええお値段になってしまうものである。

やっぱり、ええ値段しよるで、汗。
d0108737_142913.jpg

で、大盛り1,188円をお願いしてみた。

しかし、お客は私だけやぞ・・・・
このまま、食べ終えるまで1人か?気まずいな・・・・・と、思っていたらちらほらお客様が。
d0108737_14291052.jpg

一から蒸して焼いてで10分以上かかった。
結構手間がかかるようだな。

で、これが1,188円の大盛り焼きそば。
モヤシは正解だ!
焼きそばに合う野菜の一番は、私もモヤシだと思っている、がだ、お店で出すには殺風景だな。
d0108737_14291847.jpg

モグモグ・・・・・ああああ~~なるほど、ローカル食ぽく、個性的だわ!
パリパリ!
ベビーラーメンとモヤシ混ぜた感じほどパリパリ。
こだわりを感じる!
リピートして、なぜかまた食べたくなる、そんな感じの焼きそばだな。

まあまあ、皆様も是非試してみて。
d0108737_14292795.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-07-07 14:54 | こだわり
2015年 06月 27日
なかなかしびれるお店だ!「丸二果実店」さん
姉の入院見舞いで大津の赤十字病院へ。
見舞いの品を探しに、菱屋町商店街をぶらぶら。
この商店街は、かなり好きである。
毎回、何か発見ができるから。
d0108737_22155035.jpg

滋賀ではすっかり珍しい存在となってきた、果物専門店
姉が、何か食べられるならここの物でもいいのだが、盲腸なので食べ物がNG。
スルーしかけたが、看板の文字に誘われる。
宮崎マンゴーミックス500円、興味惹かれますな~~~~~
d0108737_22155775.jpg

注文して、店前の椅子で出来上がりを待つ。
ご近所さんが、ちょくちょく買にこられる。
接客の会話が長く、楽しそうだ。
商店街のゆっくりした買い物風景が懐かしい。
今は、いかにさっさと買い物をすませるかが重要な時代だから。
d0108737_2216515.jpg

マンゴーミックス。
果物そのものの味わいで、砂糖等の混ぜものなしだ!
甘みが足りなく感じるが、じっくり果実本来の味を楽しむそんな一品。
今度はフルーツサンドを試してみたい。
d0108737_22161429.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-06-27 22:41 | こだわり
2015年 06月 12日
「石釜カフェ蕗だわら」さん (三重県) 「クリスピー・クリーム・ドーナツ」
“こんなところに、お店があったんかい”シリーズの第二段!
これも、田んぼに囲まれた集落の中にある「蕗だわら」さん。
d0108737_1549658.jpg

看板等の雰囲気から察するに、こだわりの農家カフェでもなさそうだ。
さらに、企業系のスマートさもない。
地元の女性数名で何かやりたいと起業されてのお店である。
まさに、そんな雰囲気。
d0108737_15491777.jpg

カフェというより、ごはん屋さんだな。
食べ物が充実して美味しそうだ。
d0108737_15492763.jpg

見える場所に石窯があり、そこで焼かれるピザが目玉商品でもある。
サービスも含めて洗練されていないし、何かちぐはぐだったりするが、これはこれで好きである。
完成したものは、何か味気ないものなのだ。
d0108737_15493793.jpg

**************************************************

ついでにもう一つ。
先週、甲西高校の守山であった定期演奏会に行った帰りによったピエリ守山。
d0108737_15494623.jpg

にぎわっていますやん!
運営主体が変わるだけで、こうなりますか~~
d0108737_15495420.jpg

目的はここ。
前からど~~~~~~しても食べてみたかった「クリスピー・クリーム・ドーナツ」さん。
d0108737_1550375.jpg

12個、自由に選んで2000円。
嫁は、当たり前だが高い品を選べと言う!
だが、私はデフォのオリジナル・グレーズド160円が食べたい。
その綱引きの末の12個がこれ!

で、味だが「甘~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~い」!
口に入れた瞬間にアメリカの菓子の味だわ、これ!となる。
息子たちも「これは・・・・・」と絶句。
ふわふわ感はいいのだが・・・・・・・・・なかなかやりよるわ!
d0108737_15501298.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-06-12 15:57 | カフェ
2015年 05月 15日
「HAKO TE AKO」さん (滋賀県近江八幡市)
もう20年以上前から、気になってしかたない建物が近江八幡に存在していた。
ヴォーリズの建築物ではなく、お寺のような学校のような、そうでないような建物。
ある時、ユースホステルであることは分かったのだが、そこへ泊まりに行くこともないだろうし、でも見てみたい。
d0108737_15585556.jpg

その念願かなって、やっと来ることができた!
なんと、「HAKO TE AKO」というカフェを始められたとかで。
d0108737_1559541.jpg

昔の寺小屋みたいな感じだな。
d0108737_15591567.jpg

ええ、寺やったんか?
d0108737_15592415.jpg

「いつからカフェされていたのですか?」と話しかけた女性がAKOさん。
お爺さんがお寺(ここでは無い場所で)の和尚をされておられ、父の代でユースホステルを始められたとのこと。
そして、1年ほど前に双子の娘さんのHAKOさんとAKOさんで、ユースホステルの一部分を利用しこのカフェを始めたという流れである。
d0108737_1611826.jpg

双子のお嬢さんにとっては、ここが生活の場であり遊びの場であり、両親の仕事場であり、いろんな思い出が詰まった大切で特別な場所なんだろうな~~としみじみ。
d0108737_15593464.jpg

スイーツの四種盛りセットで。
d0108737_160435.jpg

トイレに行く、という理由で散策を開始!
実はユースホステルなるものを過去に利用したことがないのだ。
少し上の世代で流行したような気もするが、どちらかというと嫁も私もバブル世代そのものだったから。
それは別にして、いいや~~~何とも言えない味わいがある!
d0108737_1601550.jpg

明治のころの建物とのこと。
ヴォーリズの影響なのか、それらしい手すり。
d0108737_1602555.jpg

帰ってきたら、すでにケーキが!
d0108737_162245.jpg

「えええええ~~~双子なんですか~~!実は私も!」と双子の方には必ずテンションを高めてこう声をかける嫁。
「へええ~~そうなんですか~~」と相手も笑顔で大半共感され盛り上がる。

双子!だからどうしたん??
ある意味、ちょっと意味が分からないのが本音である。
どうやら、双子の方々には私たちには理解できないプレミアム感的なものがあるようだ。
だから「HAKO TE AKO」という名前になったのか!と妙に、そして勝手に納得。
d0108737_163566.jpg

「ここも泊まる場所に使っていて、大半はそのままなんです!」とのこと。
d0108737_1631456.jpg

踏み台が年季入っている。
d0108737_1632215.jpg

こちらはユースホステルの談話スペース。
ワンちゃんが「こっちへ来るな、寝てるねさかい・・・・」と気を送ってくるが、いやいや無理やりお友達になったで、当然!
d0108737_1634055.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-05-15 16:50 | カフェ
2015年 05月 07日
再び「ハクナマタタ」さん 京都市中央卸売市場の仲卸「シーフーズ大谷」さん (滋賀県甲賀市)
GWは何処にも行かなかったので、その前週の休日の話。

桜が満開のころ、何も知らずに土山の鮎河のこのハクナマタタへ来てびっくり!
花見客がわんさか。
有名なんだ、鮎河の桜って。
当然、お店に入れるわけ無く、本日が出直しのハクナマタタさん。
d0108737_12361290.jpg

時折、表のポン菓子の爆発音が山にとどろきわたり聞こえてくる。
その後の静寂さが、かえって静かさを強調してくれる。
本来の鮎河やな。

さて、注文だが難しい。
嫁が、前回私が食べた「ベリーホワイトチョコケーキ」と来る道中決めていたらしい。
いやいやいや、前回食べたものもう一度注文するって、どうよ。
私の計画では嫁が「薬膳パウンド」を食べる予定であったのに・・・・・・
d0108737_12362818.jpg

過去、私が理不尽な思いをしたことを理由に、なんとか薬膳パウンドに変更、交渉成功や。
私は右側のPM3:00以降にしか注文できないパンプティングで!
d0108737_12363844.jpg

計画通りの注文に満足。
しばし、好きな本を読みつつ待つ。
d0108737_12365060.jpg

「薬膳パウンド」。
本当に酒かすの香りがして、体によさげなものも入っているような・・・
d0108737_1237052.jpg

でっか~~~~~~~~~~!
生クリームも山盛り!
いくら甘いものが好きやちゅうても・・・・・・・・ううううう美味い!

全て食べきった!
これ、カロリーなんぼあるねん。

3回目訪問で、やっとハクナマタタの名前を素で言えるようになった。
その前はハタタマクナとかいろいろ言っていた。
合ってたのはハとマだけだった。
d0108737_12371021.jpg

***************************************************
ハクナマタタへ行った朝は京都市中央卸売市場へ。
いつもより遅くAM7:00ごろの買出し。
d0108737_12372178.jpg

この時間だと、シーフーズ大谷さんの店先は、市場で落札した商品も並び充実している。
「写真撮るのか、このクエどや」と大将。
いつも人間の子どもと同じくらいの大きさのクエがあるが、誰が買うのか不思議に思う。
d0108737_12373159.jpg

われわれには、こちらの普通のサイズの魚。

春の魚は難しい。
ほとんどが脂を落としてしまっているから。
その中でもイシダイは、間違いないとのこと。
一応、私の魚好きは認知いただき、エエ品物しか薦めてこられなくなった。
いやいや、もっと安い下魚でもええねんけど・・・・・
d0108737_12374127.jpg

「ハマダイもまあまあかな~~」と話すのは息子の健斗くん。
個人のお客様の担当でもあり正直なんですわ~~~
d0108737_12375126.jpg

で買ったのが5品。
ハマダイ2300円/キロ×2.2キロ。
クロムツ2200円/キロ×1.5キロ。
岩牡蠣 450円/1個×2個。
赤貝 350円位/1個×4個。
ウニ 1800円/1箱。
(ゆうときますが、いつもこんなん食べてるわけや無いで!ちょっと美味い魚が食べたいときだけやから)
d0108737_1238080.jpg

クロムツは歯が危険。
深海魚で、煮つけが美味い。
ただし、この時期旬は過ぎて脂はあまりのっていないがそれでも美味い。
d0108737_1238998.jpg

ハマダイは高級魚。
癖のない優等生の白身魚。
大きすぎてもいけないし、小さいのはさらにダメとのこと。
本日は、こちらの方が美味かった。
d0108737_12381763.jpg

汚い背景で申し訳ないが、なかなか豪勢な晩飯である。
やはり、魚以外もそろえるとええ感じになるな~~~。

そう、今年の6月~7月は絶対にフエダイを食べてほしい。
タイミングも難しいし、値段もそこそこだが美味い!
魚好きなら挑戦するべし!
d0108737_12382737.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-05-07 21:01
2015年 03月 15日
「ハクナマタタ」   (滋賀県甲賀市)
前から行ってみたいと思いつつ、なかなか行けなかったお店
甲賀市は土山町の鮎川という山奥の集落にあるカフェ。
こんな辺鄙な場所で、30年以上営業されておられるというから、不思議だ。
d0108737_1545879.jpg

ううううそやろ~~~~満杯!
しかも待っている方、3組。

青土ダムの奥だけに、とにかく静かで気持ちええし。
外をぶらぶらしながら待つこととしよう。
他に行く店もないし、選択はそれしかない。
d0108737_15451769.jpg

店前の席が空いたので注文するものを決める。
d0108737_15452510.jpg

連花茶・・・・・・はすちゃ、読めなかった、汗。
d0108737_15453774.jpg

アジアを意識した食べ物が多いのか?
d0108737_15461689.jpg

30分後、やっと店内へ。
とにかくケーキに悩む。
オーナーのブログでは、薬膳パウンドケーキが赤字率no1とのこと。
薬膳とか体にいいワードは、美味くないイメージがつきまとい選べない。
無難にホワイトチョコケーキ400円で(←赤字率no3)。
d0108737_1546431.jpg

現在の店主で3代目で、ちょうど一年前に交代したばかりとか。
建物は初代店主の昭和の香りと、旅行好き女性店主の好みの備品が混ざり合って面白い空間である。
完成しすぎた作品のような内装のカフェより、はるかに落ち着く。
d0108737_15465439.jpg

嫁のインドネシア風のワンプレートランチ。
金額は忘れたが、アジアンな味わい。
d0108737_15481622.jpg

d0108737_1548279.jpg

私のチキン南蛮プレート。
これが、この店の名物らしく、先代の女性店主から受け継がれたものか?

お店が少し落ち着いたこと、店主と話したのだが、まあ気さくで元気な方だわ。
途中、鮎川のおじいちゃんが遊びに入ってこられたのだが、満杯で申し訳なさそうに謝っておられた。
普段は、地元の方にも受け入れられたゆったりしたお店なのかもしれない。
d0108737_161592.jpg

うううううううう美味い!
これか~~~~~~~順番待ちの原因は!
ホワイトチョコが濃厚で中のベリーの酸味があっさりさせてくれて絶妙!
これは値打ちアリやわ~~~~人気の理由がわかった!
d0108737_1548382.jpg

ちょっと遠いけど、ホワイトボードに書かれた6種のケーキを制覇せずにはおれない、そんなお店だ。
ブログ見ていてのこだわりが十分感じられた一品だわ。
d0108737_15484813.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-03-15 15:47 | カフェ