「ほっ」と。キャンペーン
タグ:犬上郡、愛知郡 ( 3 ) タグの人気記事

2009年 10月 09日
懐かしい味わいの金沢カレー 元祖中村カレー堂
追記、残念ながら無くなっていました、

d0108737_12341443.jpg

これをどう表現するか非常に悩ましい・・・・・・・・・・・
旨い、不味いと簡単に表現しにくい。
でも、私にしてはめっさ旨く、懐かしすぎる味わいなんだな~~金沢カレー

現在、金沢の3大B級グルメと呼ばれているのが「第七餃子」 「8番ラーメン」「そしてこの「金沢カレー」である。(私的には8番ラーメンではなく、宇宙軒のトンバラ定食を入れたいところなんだがな~)
ややこしいのが金沢カレーと呼ばれるものの、そのお店はいったいどこなのかという問題が生じる。
おそらく、カレーのチャンピオンターバンカレーゴーゴーカレーの各お店で供されるものがそれにあたると思う。

こちらの元祖中村カレー堂さん、金沢カレーと書かれているものの金沢カレー研究家(自称)の私は聞いたことが無い。
じゃあ、一回食ったれと、車で1時間かけて出かけてきたわけなのだ。

d0108737_12342694.jpg

何故に私が金沢カレーにこだわるか?
学生時代に過ごした町が金沢で、仕送りがはいるとターバンカレー(金沢カレー発生の店)のLジャンボカツカレーを食っていた想い出深きものなのである。
d0108737_12343687.jpg

金沢カレーの特徴としてお皿がステンレス、そしてスプーン一本で平らげるのである。
どろどろに何もかもが溶け込んだ濃厚なルーだからスプーンだけで、事たるのだ!
d0108737_12344434.jpg

んでもって、ソースのかかったトンカツとキャベツ!これで決まりなのだが、こちら中村カレー堂さんのは磁器の皿である。

小さなターバンカレーというお店からスタートしたのが源流なのだが、喧嘩したり裁判したりと分裂していろいろなお店が誕生したわけなのだ。こちらはどうやら独立店のようなのだが、不明である。

だが、味わいは間違いなく記憶しているターバンカレーや!(若干曖昧だが・・・・・・)
d0108737_12345869.jpg


たまらんな~~この味わい!そして、この独特の香りと濃厚さ!!!
めッちゃ旨い!!

でも、これって看板に書いている通りで「くせになる味」!
舌がこえてしまった人が食べても?マークが頭上に点灯するだけなのかもしれない、ハハハァ~
誰にでも受け入れられる味わいではなく、食べ続けると習慣性の出るカレーなのである。
私は間違いなく、その媚薬にやられてしまった一人で、この写真を見ているだけで、禁断症状が出ていまうのだ!

とにかく、恐ろしきカレーなのである。

このお店が本流なのかどうなのか、ターバンカレーが分裂してしまった今となってはもうどちらでもいい!
この味わいが得られて禁断症状から開放されたらそれで満足!よくぞ滋賀にできてくれたものである。
d0108737_1235710.jpg


**********************************************

何とも、自己満足100%の記事となってしまった、ついでにこの店も紹介。
この日は無かったのだが、能登川町のかわもとのニッキ餅はそりゃ絶品!あればの話ですがね~~
近くに来れば、必ず寄っていたお店なのだ!
d0108737_12351525.jpg






元祖 中村カレー堂 (カレーライス / 豊郷)
★★★★ 4.0


[PR]

by guwaguwa58 | 2009-10-09 12:39 | B級グルメ
2007年 07月 19日
私の一押し醤油(勝負醤油) 丸中醤油 滋賀県愛知郡愛荘町
普通の家に見えますが、私一押しの「丸中醤油」はここで造られ、小売りもされています。
今も200年前と変わらぬ製法で頑固に杉樽で仕込んでおられます。

入り口戸をくぐると、これでもか~~と言うくらい醤油の香りが攻撃してきます。
d0108737_2155431.jpg



d0108737_21571955.jpg
入って左手に蔵があります。中は保菌の為見学禁止、写真はここまでです。
樽ごとに、住んでる菌が違い同じ醤油は絶対出来ないとのこと、それは了承して欲しいとのこと。

仕込む材料は一緒だが特定の樽が絶妙な仕上がりになるらしいのです。それを製品にしたものが「醤油、蔵出し 杉樽」でどっちの料理ショーに出た醤油です。

「滋賀の他の蔵にも行っています」と職人さんにお話したら目がキラリ!
奥に行って醤油をお皿に入れて持ってきていただきました。言葉には出されませんでしたが、どこにも絶対に負けない強い自信を感じました。


蔵の外壁。漆喰で仕上げていないのは呼吸をさせるためかな・・・・
d0108737_21573536.jpg

この醤油、キャップをはずすと醤油の香りが、ふわ~~~~~~~~~~~~~ん。
圧倒されますよ!そして旨味が凝縮した味、料理が楽しくなります。
醤油を楽しむと言えば、卵がけごはんでしょうね!

本当に滋賀を代表する醤油だと思っています(私見ですが・・・)
d0108737_21574782.jpg



d0108737_215864.jpg
こちらの職人さんは、坊主頭。無駄口一つたたかず黙々と作業をされておられました。
少し、緊張が走るような凛とした空気があります。

頑固な大将のいる少し緊張した雰囲気のすし屋さんに近い感覚!
期待を決して裏切らない物を出してくる予感をさせてくれ、そしてその通りの醤油を出してくる、そんな醤油屋さんです。

お知らせ:7月20日から25日まで福井県の越前(鮎川キャンプ場)に行っています。
皆様にコメント返すのが帰ってからになると思います。
内容は報告しますね~~
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-07-19 22:50 | 老舗 | Comments(10)
2007年 03月 29日
粋な蕎麦屋!そば吉  滋賀県犬上郡多賀町

滋賀県は完全に麺後進国である、それはうどん、ラーメン、そして蕎麦、全てにおいて他県から後れをとっている。食文化的な問題だと思われるが、県民の大半は本物に出会う機会が極めて少ない。わたしも、社会人になって初めて本物の蕎麦を食べた、それまではスーパーに売っているビニールに入ったものが本物と思っていたのでショッキングであった。

「そば吉」は比較的新しくできたのだが、本物を安く提供してくれる滋賀にとっては貴重な店である。
d0108737_224475.jpg


前の会社で営業をしているときはここで昼をよく食べた。これが私の定番で細打ち(普通の太さ)。いつもは、これの大と稲荷を頼み、最後に蕎麦湯でしめる。
d0108737_2245631.jpg


こちらが太打ち、私の好みでは細打ちだが飽きたときにこちらを食べる。
d0108737_2265178.jpg


これが、日替わりの四色もり、今日はゆず、茶、細、太であった。
d0108737_227179.jpg


最近はうわさも広がり今日も行列が出来ていた、このもりで600円は安いよね!
四色もりなんか、量がすごいよ!けど、うまいからベロといけてします。
d0108737_2274196.jpg


何よりつゆが口に合う、長野や関東で有名店に行っても美味しいと感じたことが無い、つゆが関西の味と違うのである。もちろん本場は関東なので大きな声では言えないが、うどんを含めその味覚だけは変えられないのである。

七味はこの店で配合している、香りがいい。このあたりがさりげなく、にくいね~~。
d0108737_228586.jpg


「蕎麦は高価なもの」と皆の意識も変わってきたが、本来は大衆のものであったのではと考える。そう言ういみでは、変な講釈もたれないで、三角巾をした普通のおばちゃんが普通に持ってくる極上の蕎麦は「粋(いき)」と言えるのではないかな。
d0108737_2282771.jpg


d0108737_2284154.jpg
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-03-29 03:42 | 和食 | Comments(4)