人気ブログランキング |
2009年 09月 27日
駒出池キャンプ場その2 白駒池 八千穂レイクで岩魚釣り!
駒出池キャンプ2日目。(1日目はこちら)

とにかく山のキャンプは半端なく寒い!
5℃位まで冷え込んでいたのではないかな~
この日、初めて寝袋のチャックをすべてふさいで寝たのだが・・・・・・・・苦しい!!
まるでロープに縛られたSM状態、寝れるわけないやん。
寝袋って、こんなに小さいの????とつぶやくも、私以外深い眠りの中。
苦しいから外に手を出す→手が冷たく寝袋の中に手を入れる→また苦しくって手を出す・・・・・・の繰り返しで寝たのかどうだか怪しい状態で朝を迎えた。

寝袋で寝るの辛い、明日帰ろう(実は帰る日も決まっていなかったのだ、ハハハ~)

(数日後、寝袋干して分かったのだが、嫁の寝袋に対してかなり小さいし、ペラペラで性能が悪い・・・・嫁の計画的な犯行であったのだ)
d0108737_21334515.jpg

くま家のテントは少し高い位置から池を見渡せる場所とした。(朝の散歩で撮影)

この駒出池、周りの白樺樹林が風をふさぎ常に鏡のような湖面となり、惜しげもなく景色をうつし続ける。
時間の経過と、見る場所で表情がころころ変わるのも面白い。
(注、この写真を見て思い描くほど大きい池ではないですよ、笑)
d0108737_21341747.jpg

ここもキャンプ場でテント設営OK、くま家のテントの裏山。
得体のしれないキノコを見ている嫁と次男。
SW中、どこもかしこも人でいっぱいとのことを後で聞くのだが、ここは静寂の中だった。
d0108737_21343960.jpg

男の朝の時間、あまりに絵になっていたので激写。

私は寝不足でガッツ石松が不精ひげはやしたような朝の顔で散歩。
出会う奥様方もすっぴんで般若みたい、笑
お互い遠目で挨拶し、あまり目線を合わせない朝の一幕がこれまた面白いのである、にこにこ。
d0108737_21351093.jpg

このあたりに来るキャンパーは本格的な装備とエコ意識が高い。
この朝っぱらからパスタを作っていたりですごい!

に比べて、手抜き、反エコの我が家は紙皿で昨夜作っておいたロストビーフサンドと飲み物だけ!
d0108737_21451427.jpg

長野産の桃がええ仕事している!
それに淹れたてコーヒーとこの景色、この朝の一瞬のためにキャンプに来ていると言い切ってもいい!

でも、本当はコテージやロッジに泊まりたく探すのだがどこも満杯、早くから準備できない性格なのでいつも予約なしで泊まれるキャンプとなる。行き当たりばったりが好きだから仕方がないのかも・・・・・・・・・・
d0108737_21463749.jpg



*************************************************

ここはキャンプ場から3分の八千穂レイク、カナダの風景や!(カナダ行ったことないけど、笑)
本格的なフライフィッシング。
d0108737_2136714.jpg

センターハウスの隣には子供用の釣り堀があり、キャンプ宿泊者は通常1,500円→1,300円で5匹まで釣ることができる。餌から竿まですべて貸してくれるので大助かり。
d0108737_21362191.jpg

釣り堀といえどそう簡単には釣れない。
餌はイクラだが、見たとたん「またこれか!」とUターンする生意気な岩魚達。
長男がこれで釣れと持ってきた秘密兵器!
そりゃもう岩魚が取り合いで釣れる釣れる、うまうまの餌だったようだ。
(バッタには可哀そうだが・・・・・・・)
d0108737_21363370.jpg

こんなの5匹、ええ晩飯になるのだ~氷まで付けてくれるサービスぶり。
しかし、これで1,300円はめっちゃお得。
d0108737_213707.jpg



**********************************************

白駒池、キャンプ場から20分。
標高2200Mにある日本で最も標高の高い自然湖とのことだ。
ここまで来るとSWらしさを実感できる大勢の観光客に出会える、世間は休みなんだ~~
d0108737_21372351.jpg

観光地と馬鹿にしてはいけない、もののけ姫の世界が広がっている!
d0108737_21374639.jpg

池の周囲を30分、この木道を歩く。
人に出くわしたら、いんじゃんで負けたら降りるのがルール!(大ウソですよ~)
d0108737_214009.jpg

久しぶりに本格的な山小屋に出会った!北八ヶ岳白駒荘。
登山から離れてもう12数年になるな・・・・・・・
d0108737_21401439.jpg

ここで一服。
d0108737_21405484.jpg

山小屋も書き入れ時で子供さんまでお手伝い。
歩荷(ぼっか、食糧などを背にして運搬してくる人のこと)さんも頻繁に入ってくる。
d0108737_21411616.jpg

三色団子650円、小豆の餡、胡麻餡、胡桃餡など本格的でめっちゃ旨い!!
これも下から歩荷さんにより運ばれてきたありがたい食べ物なのだ。
山小屋で食べるものは、お腹が極度に空いているのもあるが旨い、旨過ぎるのである。
d0108737_21413652.jpg

下山後、空腹を見透かしたようにこんなお店が存在する。
長野の道端で売っているトウモロコシは絶対買うこと!
悔しいのだが寄るしかない!
d0108737_21423159.jpg

朝採れの生トウモロコシを焼いているのだから旨いに決まっているのだ!
d0108737_21424696.jpg


***********************************************
さて、キャンプ場へ帰還、2日目は近所で遊んでのんびり過ごした。

このキャンプ場は周囲に、飲食店らしきものがなく自炊が基本。
寒いから、ちゃんこ鍋を・・・・・・・・と思った矢先に貴重な高級銀座ちゃんこ出汁を嫁がすべて地面にすわしてしまったのだ、おおーまい・が~~~~~~~~~~~~~~~~~~~涙涙涙。

予備の調味料もなく、あるもの全てフライパンにぶち込み出来た物は、九州の皿うどんのようなものになってしまった、大笑。

笑うしかないような2日目の晩飯、外食したかったな~~~
d0108737_21441551.jpg


by guwaguwa58 | 2009-09-27 22:11 | アウトドア(キャンプ、他)


<< 駒出池キャンプ場 その3 スー...      長野 駒出池キャンプ場その1 ... >>