2015年 04月 18日
土佐へ行く④ 寿司「東吾」さん お食事処「萩の茶屋」さん (高知県)
10日ぶりくらいかな、申し訳ない。
土佐旅行の最終回。

腹筋修行が終わってからのつづき。
そのまま、四万十川に沿って下って行く。
上流からず~~~~~と四万十を見てきたのやからこのまま海までいこう。

四万十川、それは生命力豊かで昔と変わらず住んでいる人との関わりが強い、本当に素晴らしい川。
ここだけにこだわって、もっと深く探索するべきだったと後悔。
d0108737_23183381.jpg

もう一度来たいな~~いや、コレが最後かな・・・・・
などと考えながら下って海まで来た。
海は、黒潮がそこまで来ている太平洋。
d0108737_23183980.jpg

暗くなってきた。
夕飯はせっかく足摺岬近くの四万十市の魚をということで、食べログで適当に探した寿司屋「東吾」へ。
d0108737_23185170.jpg

でた~~価格表。
んんんん・・・・・・
人それぞれだと思うのだが、これがある店は、何かが足りないことが多いような。
好きではない。
d0108737_23185948.jpg

まず刺身。
嫁と二人分。
うううう美味い!
このあたりの魚の特徴は脂がのっていないこと。
純粋に身のうま味を楽しむ。
d0108737_2319101.jpg



生キハダマグロとトビウオ?
鮮度が命!
死後硬直中のモチモチ感も大切にしているよだな。
熟成させてうま味を引き出す戦法とはまた違って、これも美味い。
d0108737_23191651.jpg
d0108737_23192546.jpg


塩カツオ。
「まだ、このへんのは獲れないから九州のです」とご主人は控えめに。
d0108737_23213362.jpg

この寿司屋を選んだ理由は、写真に写っていた寿司の姿が美しかったから。
d0108737_23221344.jpg

疲れているからか息子たちは無口だ。
いや、ずいぶんあちこち連れまわしているが、いつも無口で楽しんでいるのやら、覚えているのやら良く分からない。
まあ、私が楽しけりゃいいか~~~と、気楽に思ってはいるが少しは気にかかる、ハハハ~
d0108737_23223559.jpg

それ以上に気にかかるのはネタケース。
キレイすぎであまり面白くない。
d0108737_2323075.jpg



あとは鯛とかいろいろ(写真以外もたっぷり食った)

もう少しこじんまりした常連ばかりの寿司屋を、本当は狙っていたのだが、それとは逆の雰囲気。
「どこから来たの?」「四万十では毎日カツオ食べるんです」とか、実は地元のお客さんや大将と自然に盛り上がる、そんなローカルな寿司屋が私の狙い。
なかなか難しい。
d0108737_23233665.jpgd0108737_23234471.jpgd0108737_2323551.jpgd0108737_2324366.jpg


最後にそれぞれ、すきなネタを注文して、4人で2万3千円位と安い。
(写真以外もたっぷり食った)

ここから宿まで一時間の運転か~~~~
四万十川にどっぷりの一日だったな。
d0108737_23241174.jpg

****************************************************
最終日、一応坂本竜馬縁の桂浜。
d0108737_23253499.jpg

長男は花粉症でずっとマスク。
d0108737_23254979.jpg

***************************************************
昼飯は宇佐漁港横の「萩の茶屋」さん。
焼肉有、海鮮焼き有、そうなんでもありの節操のないお店。
d0108737_23261714.jpg

入り口通路に、これみよがしに置かれた貝。
d0108737_23262566.jpg

旅行者は貝、地元民は肉を好むとか。
理由は、貝が高い!
正直、牡蠣以外の貝ってそのまま焼いてもヌメリがあったりでたいして美味しいと思わんのやけどな~~~心でつぶやいて、貝も何種類か頼んでみる。
d0108737_23263393.jpg

左が肉用で右が貝用。
d0108737_23264189.jpg

アサリの炊き込み飯。
そこそこ美味い!
d0108737_23273660.jpg

ホタテのようなのが長次郎といって高知で獲れるヤツとか。
味はほぼホタテ。


通路の貝を見たりして息子達はかなり期待していたのだが、予定通りの味わいで「美味い!!!」の声は聞こえなかった。
d0108737_23274499.jpg

地元民が注文する肉、これがめっちゃ美味かった。
んんん~~~漁港にきて何とも皮肉なものだが、これも旅の醍醐味。

これで土佐の旅も終了。
大学生、高校生となった息子達、次、いつ行けるのかな~~
もっと行きたくなるような企画を考えないとな、と考えながら車のハンドルを握っての帰路であった。
d0108737_23275295.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-04-18 23:28 | 旅行


<< 「うなふじ」さん 「cafe ...      土佐へいってきた③ 四万十川で... >>