2008年 09月 21日
(どっちでもいい内容)今年の新米、そして激旨無花果(イチジク)
田舎にいくと必ずあるこの建物、何か分かりますか?
米の自販機と間違える人もいると聞く。
お米の精米機、滋賀で知らない人はいないと思う。
d0108737_2040835.jpg

ちょうどこの時期、我が家では知り合いの農家から一年分、30キロ×10袋を一気に買うのである。
d0108737_20412998.jpg

精米機の正しい使い方教室!
一年間ストックするのは麦芽を含んだ玄米。精米はその麦芽(ヌカ?)や表皮を削り白い普通のお米に仕上げてくれるありがたい機械である。
まずは玄米30キロを入れ、300円投入。精米度合い調整ができるのだが普通のボタンを押してスタート。
d0108737_20413878.jpg

玄米はこんなのです。
d0108737_20414756.jpg

こうやって普通のお米になって出て来る。
ただし、白米になると一気に劣化が進み長持ちしないのである。無論、精米したては旨い!
ましてや、新米の精米したてはたまらん旨さである。
d0108737_2042214.jpg

このお米、玄米30キロでだいたい8,000円が買値。
農協への出荷価格がこの金額なんですよ~~
それは丹精込めて美味しく作っても、そうでなくても一律。
それなら美味いお米が採れる場所、農家さんを探して分けていただいたらこれほど安全で嬉しい事はありませんよね!
d0108737_20421450.jpg

もう一つ、今はまっているイチジク!
ご近所の名人田中さんの芸術作品、6個350円。
d0108737_20423351.jpg

樹上完熟で皮までやわやわ、すぐ傷がつく品種でもあり市場に出荷できないそうである。
スーパーで売っているのは皮が厚いものが主流とのことだ。
d0108737_20462815.jpg

何と、これは皮ごと食べるのである。
皮を残そうと食べても殆ど残らないのでビックリ。
あの独特の味がとにかく濃厚、そして白い部分が美味しいのも特徴。
正直、私も今年初めて食べたのだが、今では有名で人気との事。
購入方法は前日に田中さんのお宅に電話で必要量を伝え、次の日それを頂に伺うのである。
田舎ならではやね~~~たまにはいいことあるよ!田舎もね~
d0108737_20464258.jpg


小ネタなのでコメ閉じときます~
[PR]

by guwaguwa58 | 2008-09-21 21:47 | その他


<< 京都百万遍手作り市 そして出来...      明日香村、自転車探索 絶品アイ... >>