人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2009年 05月 31日
絶品、釜揚げうどんのそばや「松吉」さん  (滋賀県彦根市)
彦根城があり多くの観光客が訪れる、ここ彦根市。
観光地だと、表の顔、そして裏の顔が存在するのが常識。
ちょっとへそ曲がりの旅行者は地元民の愛する裏の顔を訪ねたくなるものである。
絶品、釜揚げうどんのそばや「松吉」さん  (滋賀県彦根市)_d0108737_17191038.jpg

ここ「松吉」の釜揚げうどんがとにかく旨く、昼飯によく来たものである。
ただ、ちょっと個性的すぎて旅行者には難しいかも・・・・・・・・・・でも行って欲しい!

場所は彦根城表門側のちょっと町の中に入った場所にある。
絶品、釜揚げうどんのそばや「松吉」さん  (滋賀県彦根市)_d0108737_17193675.jpg

合計8枚の引き戸、何処からも入れるし、どんな広いお店かと思うが中はコの字型カウンターオンリーというのが面白い、吉野家と同じだ!
この戸を思いっきり開けたらビックリすることになる、いきなりお客の背中が50センチ前にあったりするのだ!
まず、何処でもいいので少し戸を開けてチラッと覗くのがポイント。そして空いている席のところの後の戸の、めぼしを付けてそこをガラ~と開けて席に座るということ。つまり、狭くってお客の後ろが通りにくいからこんな戸だらけになっているのだ。
絶品、釜揚げうどんのそばや「松吉」さん  (滋賀県彦根市)_d0108737_17194781.jpg

他にも、結構やっかいなルールがあったりでそれを知らないと「なんちゅ~サービスの悪い店や!」と怒って帰る羽目になるから注意が必要。
注文は、お茶が運ばれてきた時にすることとなっている。
ご夫婦だけで切り盛りされているのと、あくまで職人気質なので・・・・・・。
こちらも注文する間合いの配慮が必要というわけなのだ!
麺を茹でている時は真剣勝負なので、ご主人には間違っても声をかけてはダメ!
絶品、釜揚げうどんのそばや「松吉」さん  (滋賀県彦根市)_d0108737_1720565.jpg

注文はあらかじめ決めておく必要があるので、お勧めを書きたい。いや最初はこれを頼んでほしいのだ!
1、ざるそば(小)+釜揚げうどん(大) のセット 900円 (小と小だと800円、大と大だと1000円、これは胃の大きさで決定して下さいな~~~)

まず、蕎麦のつゆと薬味、そしてなんと生卵が無造作に前に、ポン!と置かれ、しかも一切の説明は無いが慌てない!これで蕎麦を食うのである。
絶品、釜揚げうどんのそばや「松吉」さん  (滋賀県彦根市)_d0108737_17201710.jpg

いっときますが「ワサビは?」なんて野暮なことは聞いてはなりません、生姜である。
といっても、私は未だそばで生姜を使ったこと無しなのだが・・・・・・勇気のあるかたはチャレンジ!
重要な事は、先っぽだけつゆにつけて蕎麦の香りを楽しむ、そういった類のものではないことを理解すること!
昼飯の蕎麦、おにぎりと一緒に食べる蕎麦だと思うべし!旨いと思うのだが、釜揚げうどんの前菜と思てほしいのだ、ハハハ~~
絶品、釜揚げうどんのそばや「松吉」さん  (滋賀県彦根市)_d0108737_17202532.jpg

んなもん、こうやって、ドバッ!と漬けて食べたらいいのだ!

ここで注目は、熱盛そばなるものが存在するのだ。(湯がきたての、熱々そばなのだが、まだ試した事無し)
ここまで説明して、ピンと来たら蕎麦通!300年の歴史を持つ大阪は堺の「ちく満」と非常に似ている。
接客のそっけなさも・・・・・・
いつかは、そのあたりのルーツをさぐりたいのだが、いまだ大将と間合いがとれないでいるのだ、笑。
絶品、釜揚げうどんのそばや「松吉」さん  (滋賀県彦根市)_d0108737_17205334.jpg

茹で時間の関係できっかり5分後に出てくる釜揚げうどん!
熱いつゆがうどん用として出てきて、今度は生姜を入れるのである。
昔はそばが主流でうどんは脇役的存在。それを食べるのが私の密かな楽しみだったのに、知れてきたんだな~このうどんの旨さが!
絶品、釜揚げうどんのそばや「松吉」さん  (滋賀県彦根市)_d0108737_17212100.jpg

そして喰らうのだが、旨ひぃ~~~~~~なのだ!
讃岐うどんとはまた違う味わい!
きしめんみたいに平べったい上にコシがきっちりあり、歯をはね返す!
うどん自体の旨味が十分あるので、かない醤油たっぷりの濃い目の汁に負けていないのだ!
そして、なにより生姜が利いているんだな~~~
決して上品な味わいではないが、個性的で本当に!本当に!旨いうどんと言い切ります。
絶品、釜揚げうどんのそばや「松吉」さん  (滋賀県彦根市)_d0108737_17211039.jpg

私は、案外ニコニコした接客が無くても平気なタイプなのだ。
職人気質の方の頑固さに、こちらを合わせることも楽しかったり、そして常連ルールも面白い。
別段、知らないならそう告げても十分楽しめるし、そういったルールがあったりするお店が好きかもしれない。
いろいろ書いてしまったが「厄介なお店やな~~」と思わずに是非、試して下さいな~~彦根民に愛されている
お店やしね~

そうそう、この徳利に入ったそば湯は熱いよ~~やけど注意!
絶品、釜揚げうどんのそばや「松吉」さん  (滋賀県彦根市)_d0108737_17211824.jpg

店名:松吉
住所:滋賀県彦根市立花町2-37
電話:0749-26-4991





松吉 (うどん / 彦根)
★★★★ 4.0



by guwaguwa58 | 2009-05-31 17:21 | 蕎麦


<< 珍しく京都に行ってみた、その①...      多賀大社前 「莚寿堂の糸切餅」... >>